LCP LOW BEND MEDIAL DISTAL TIBIA PLATE ... LCP¢® LOW BEND MEDIAL DISTAL TIBIA PLATE 3.5 Anatomic plates

  • View
    12

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of LCP LOW BEND MEDIAL DISTAL TIBIA PLATE ... LCP¢® LOW BEND MEDIAL DISTAL TIBIA PLATE 3.5...

  • LCP® LOW BEND MEDIAL DISTAL TIBIA PLATE 3.5 Anatomic plates with low pro�le head for intra- and extraarticular fractures

    SURGICAL TECHNIQUE

  • DePuy Synthes 1

    目次

    はじめに

    手術手技

    製品情報

    LCPディスタルティビアプレートローベンド 2

    AOの原則 4

    適応 5

    術前計画 6

    整復 7

    プレートの挿入 8

    スクリューの挿入 12

    インプラントの抜去 15

    セットリスト 16

    スクリュー 17

    手術器械 18

    イメージインテンシファイヤーによる操作

    警告 この手技書で示す内容は、手術における器械の使用に関して十分ではありません。 器械の使用を熟知した医師による指示が強く推奨されます。

    デピューシンセス製医療機器の再処理、手入れおよび保守点検 一般的な指針、機能制御および複数の部品で構成される機器の分解については、 www.systhes.com/reprocessingを参照してください。

  • 2 DePuy Synthes LCP® Low Bend Medial Distal Tibia Plate 3.5 SURGICAL TECHNIQUE

    LCP® Low Bend Medial Distal Tibia Plate 3.5 mm

    LCPディスタルティビアプレート ローベンドは、ロッキング スクリューテクノロジーとコンベンショナルプレートテクニッ クが融合したシンセススモールフラグメント LCPシステムの 一部です。 LCPリミテッドコンタクトプレートのシャフト部にあるコンビ ホールは、ダイナミックコンプレッションユニット(DCU)ホー ルとロッキングスクリューホールが組み合わされたものです。 プレートシャフト部のコンビホールは、軸方向の圧迫とロッ キング機能の柔軟性を提供します。 LCPディスタルティビアプレートローベンドはいくつかの重 要な改良を施しながらも、従来のプレート固定方法と多くの 共通点があります。 ロッキングスクリューは標準的な AOプレートテクニックを用 いながら、角度安定性を構築する性能を提供します。ロッキ ング機能は、骨粗鬆症や多骨片骨折などのスクリュー把持が 得られない症例における角度安定性のために重要となりま す。これらのスクリューは患者の荷重に抗するために、プレー トと骨との圧着力に依存しません。しかし、機能は複数の小 さいアングルブレードプレートに類似します。

    注意:LCPディスタルティビアプレートローベンドを骨粗鬆 症患者に用いる場合は慎重に使用してください。

  • DePuy Synthes 3

    プレートの特徴 ‐プレートヘッドはロープロファイル形状になっており、内 果への突出を最小限に抑えることが期待できます。

    ‐コーテックスクリュー 3.5mmとキャンセラススクリュー 4.0mmは、スクリューの突出を最小限に抑えるために、 遠位コンビネーションホールのノンロッキングホールと同 一平面上で固定されます。

    ‐プレート遠位部はラウンド形状になっており軟部組織への 刺激を最小限に抑えます。

    ‐シャフト部はリミテッドコンタクト形状 ‐チタン合金製

    シャフトとヘッドのコンビホールには次のスクリューが 適合します: ‐コーテックススクリュー 3.5mm ‐ Tiロッキングスクリュー 3.5mm ‐キャンセラススクリュー 4.0mm

    ヘッドの 6穴のロッキングホールには以下のスクリューが適 合します: ‐コーテックススクリュー 2.7mm ‐コーテックススクリュー 3.5mm ‐ Tiロッキングスクリュー 3.5mm ‐キャンセラススクリュー 4.0mm

    3本の遠位ロッキングスクリューが軟骨下骨全体に分 散し、関節に平行になっている

    4~ 14穴の コンビネーションホール

    遠位コンビネーション ホール

    プレート設置のための Kワイヤー用ホール(最 大径 2.0mm)

  • 4 DePuy Synthes LCP® Low Bend Medial Distal Tibia Plate 3.5 SURGICAL TECHNIQUE

    AOの原則

    1958年に AO ASIFは内固定のガイドラインとなる 4つの基 本原則を打ち立てました ¹ ²。 LCPディスタルティビアプレー ト ローベンドにも適用されるこれらの基本原則は、

    解剖学的整復 アナトミカルプレート形状が骨幹端部と骨幹部の整復を補助 し、スクリューを適切に設置することにより関節面を復元す ることが期待できます。

    安定した固定 ロッキングスクリューによりスクリューの角度を固定すること が可能になり、角度安定性が期待できます。

    血行の温存 プレート端部がテーパー形状になっているため、プレートを 皮下に挿入することができ、軟部組織の温存が期待できます。

    リミテッドコンタクトプレートデザインはプレートと骨の接触 を減少させ骨膜の血流の温存を助けます。

    早期授動 AOテクニックと組み合わされたプレートの特徴により、骨 の早期癒合環境と機能回復の促進が期待できます。

    1 Müller ME, Allgöwer M, Schneider R, Willenegger H (1995) Manual of Internal Fixation. 3rd, expanded and completely revised ed. 1991. Berlin, Heidelberg, New York: Springer

    2 Rüedi TP, Buckley RE, Moran CG (2007) AO Principles of Fracture Management. 2nd expanded ed. 2002. Stuttgart, New York: Thieme

  • DePuy Synthes 5

    適応

    LCPディスタルティビアプレート ローベンドは、デピューシ ンセススモールフラグメント LCPシステムの一部として、遠 位脛骨の関節内多骨片骨折および関節外骨折の固定、およ び骨切り術に使用されます。

  • 6 DePuy Synthes LCP® Low Bend Medial Distal Tibia Plate 3.5 SURGICAL TECHNIQUE

    術前計画

    X線撮影による術前評価を行ってから、術前計画を策定しま す。プレートの長さおよび使用する器具を決定します。

    患者を X線透過性の手術台に仰臥位にします。

    警告:ロッキングスクリューの方向はプレートの設計により あらかじめ決定されています。徒手的にプレート成形が必 要な場合は、10ページのスクリュー設置の確認方法により、 新たなスクリューの挿入角度を確認してください。

    注意:従来法およびロッキングプレート法による固定原理に 関する情報については、LCPロッキングコンプレッションプ レートの手技書を参照してください。

    追加オプション器械

    321-120 カラーゲージ付圧迫固定器巾20mm

  • DePuy Synthes 7

    関節面の整復

    アプローチ 骨折形態に応じてオープンまたは閉鎖的アプローチを用い ます。

    整復

    テクニックヒント:創外固定器またはラージディストラク ターを用いることで関節の可視化および整復が容易になる 場合があります。

    骨片を整復し、イメージインテンシファイヤーで整復位を確 認します。整復を保持するには、以下のような方法がありま す。 ‐単独の Kワイヤー ‐プレートに通した Kワイヤー ‐単独のラグスクリュー ‐プレートに通してのラグスクリュー ‐プレートと共に用いるロッキングスクリュー

    ロッキングスクリューは骨片間に圧迫力をかけることはでき ません。スタンダードラグスクリューを用いて望ましい圧迫 を行う必要があります。関節内骨折は、LCPディスタルティ ビアプレート ローベンドをロッキングスクリューで固定する 前に、整復および圧迫されている必要があります。

    技法のヒント:独立したラグスクリューがプレートの設置を 妨げないことを確認するために、術中にイメージインテンシ ファイアーにて AP像と外側像で設置位置を確認してくださ い。

    整復

  • 8 DePuy Synthes LCP® Low Bend Medial Distal Tibia Plate 3.5 SURGICAL TECHNIQUE

    プレートの挿入

    1 プレートを挿入する

    経皮的挿入 経皮的アプローチを行う場合、内果に進入するために皮膚 を切開し、プレートを軟部組織の下に挿入します。

    テクニックヒント:経皮的挿入時に、スレッド付の曲げピ ンまたは LCPドリルガイドを遠位ホールのいずれかに設置 してハンドルとしてください。

    オープンインサーション 骨折部位を必要に応じて切開し、関節部を露出させます。 骨幹部の上に設置するために、軟部組織の下側にプレート を挿入します。

    プレートを内果の中央に設置します。

    重要:経皮的アプローチを選択した場合は、伏在神経また は伏在静脈を損傷しないように注意してください。

    伏在静脈(青) 伏在神経(黄)

  • DePuy Synthes 9

    2 プレート設置、仮固定

    プレート

Related documents