1331
FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ , ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム ETERNUS CLI ユーザーズガイド P2X0-1210-27Z0 設定/管理/保守時の CLI 操作

ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

  • Upload
    others

  • View
    12

  • Download
    0

Embed Size (px)

Citation preview

Page 1: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

FUJITSU StorageETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ , ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

P2X0-1210-27Z0

設定/管理/保守時の CLI 操作

Page 2: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

第 1 章 概要 24

1.1 CLI へのアクセス ..................................................................................................... 251.1.1 ユーザーポリシー ............................................................................................................................... 26

1.2 コマンドの構文 ....................................................................................................... 281.2.1 コマンドの書式 .................................................................................................................................. 28

1.2.2 キーワードおよびパラメーター ......................................................................................................... 29

1.2.3 コントローラーエンクロージャの構文 .............................................................................................. 30

1.2.4 ドライブエンクロージャの構文 ......................................................................................................... 30

1.2.5 ドライブの構文 .................................................................................................................................. 31

1.2.6 エイリアス名の構文 ........................................................................................................................... 31

1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文 .............................................................................................. 32

1.2.8 Flexible Tier Pool の構文 .................................................................................................................... 33

1.2.9 Flexible Tier Sub Pool の構文 ............................................................................................................. 34

1.2.10 RAID グループの構文 ......................................................................................................................... 35

1.2.11 ボリュームの構文 ............................................................................................................................... 36

1.2.12 ホストの構文 ...................................................................................................................................... 37

1.2.13 ホストグループの構文 ....................................................................................................................... 38

1.2.14 ホストレスポンスの構文 .................................................................................................................... 39

1.2.15 ホストインターフェースポートの構文 .............................................................................................. 40

1.2.16 ポートグループの構文 ....................................................................................................................... 41

1.2.17 LUN グループの構文 .......................................................................................................................... 42

1.2.18 エコモードスケジュールの構文 ......................................................................................................... 43

1.2.19 サーバの構文 ...................................................................................................................................... 43

1.2.20 ドメインの構文またはユーザー ID の構文 ......................................................................................... 43

1.2.21 共有フォルダーの構文 ....................................................................................................................... 44

1.2.22 共有フォルダーの所有者名またはグループ名の構文 ......................................................................... 44

1.2.23 NFS 接続ホスト、CIFS 接続ホスト、または NFS/CIFS 接続ホストの構文 ..................................... 45

1.2.24 CIFS ユーザー名または CIFS グループ名の構文 ............................................................................... 45

1.3 ドライブと論理ユニットの容量 .............................................................................. 46

1.4 コマンドの自動補完と履歴呼び出し ....................................................................... 46

1.5 編集キーの割り当て ................................................................................................ 47

1.6 コマンドヘルプの表示 ............................................................................................. 48

1.7 エラーメッセージの書式 ......................................................................................... 49

1.8 複数セッション ....................................................................................................... 49

1.9 スレーブコントローラーのログイン ....................................................................... 50

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

2

Page 3: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

1.10 CLI のユーザー権限 ................................................................................................. 50

1.11 FTP サーバ指定時の注意事項 ................................................................................. 50

1.12 コマンドの説明 ....................................................................................................... 50

第 2 章 ステータスの表示 51

2.1 装置のステータス .................................................................................................... 51show status ..................................................................................................................................... 53

show enclosure-status .................................................................................................................... 54

show fru-ce ..................................................................................................................................... 65

show fru-fe ...................................................................................................................................... 91

show fru-de ..................................................................................................................................... 99

show disks .................................................................................................................................... 102

show hardware-information .......................................................................................................... 107

第 3 章 構成の設定と表示 109

3.1 RAID グループの管理 ............................................................................................ 1093.1.1 RAID グループ .................................................................................................................................. 109

show raid-groups .......................................................................................................................... 110

show raid-group-progress ............................................................................................................. 113

create raid-group .......................................................................................................................... 115

set raid-group ................................................................................................................................ 117

delete raid-group ........................................................................................................................... 119

expand raid-group ......................................................................................................................... 120

3.1.2 ホットスペア .................................................................................................................................... 122set global-spare ............................................................................................................................ 123

release global-spare ..................................................................................................................... 124

set dedicated-spare ...................................................................................................................... 125

release dedicated-spare ............................................................................................................... 126

3.1.3 エコモード管理 ................................................................................................................................ 127show eco-mode ............................................................................................................................ 128

set eco-mode ................................................................................................................................ 129

show eco-schedule ....................................................................................................................... 130

create eco-schedule ..................................................................................................................... 132

set eco-schedule ........................................................................................................................... 135

delete eco-schedule ...................................................................................................................... 138

show eco-raid-group ..................................................................................................................... 139

set eco-raid-group ......................................................................................................................... 141

release eco-raid-group .................................................................................................................. 143

3.2 ボリュームの管理 .................................................................................................. 1443.2.1 ボリューム ....................................................................................................................................... 144

show volumes ............................................................................................................................... 145

show volume-progress .................................................................................................................. 156

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

3

Page 4: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show volume-mapping .................................................................................................................. 159

create volume ............................................................................................................................... 162

set volume .................................................................................................................................... 171

delete volume ............................................................................................................................... 173

delete all-volumes ......................................................................................................................... 175

format volume ............................................................................................................................... 177

expand volume ............................................................................................................................. 179

set volume-parameters ................................................................................................................. 183

show migration .............................................................................................................................. 185

start migration ............................................................................................................................... 187

stop migration ............................................................................................................................... 193

stop external-volume-data-synchronization .................................................................................. 194

show balancing-thin-pro-volumes ................................................................................................. 195

start balancing-thin-pro-volume .................................................................................................... 197

stop balancing-thin-pro-volume .................................................................................................... 198

start zero-reclamation ................................................................................................................... 199

stop zero-reclamation ................................................................................................................... 200

show volume-qos .......................................................................................................................... 201

set volume-qos ............................................................................................................................. 203

3.2.2 Flexible Tier Volume ......................................................................................................................... 204

create flexible-tier-volume ............................................................................................................. 205

set flexible-tier-volume .................................................................................................................. 208

format flexible-tier-volume ............................................................................................................ 210

expand flexible-tier-volume ........................................................................................................... 211

delete flexible-tier-volume ............................................................................................................. 212

delete all-flexible-tier-volumes ...................................................................................................... 213

start flexible-tier-migration ............................................................................................................ 214

3.2.3 ODX バッファーボリューム ............................................................................................................. 216show odx-mode ............................................................................................................................ 217

set odx-mode ................................................................................................................................ 218

create odx-buffer-volume .............................................................................................................. 219

set odx-buffer-volume ................................................................................................................... 222

delete odx-buffer-volume .............................................................................................................. 224

3.2.4 Extreme Cache ................................................................................................................................. 225

show extreme-cache ..................................................................................................................... 227

set extreme-cache ........................................................................................................................ 230

set volume-exc .............................................................................................................................. 233

show extreme-cache-pool ............................................................................................................. 235

create extreme-cache-pool ........................................................................................................... 237

delete extreme-cache-pool ........................................................................................................... 240

3.2.5 VVOL ................................................................................................................................................ 241

show vvol-mode ............................................................................................................................ 242

set vvol-mode ............................................................................................................................... 243

show vvol-task .............................................................................................................................. 244

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 ..................................................................... 2483.3.1 シン・プロビジョニングプール ....................................................................................................... 248

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

4

Page 5: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show thin-provisioning .................................................................................................................. 253

set thin-provisioning ...................................................................................................................... 254

show thin-pro-pools ...................................................................................................................... 256

show thin-pro-pool-progress ......................................................................................................... 260

create thin-pro-pool ....................................................................................................................... 262

set thin-pro-pool ............................................................................................................................ 268

delete thin-pro-pool ....................................................................................................................... 270

expand thin-pro-pool ..................................................................................................................... 271

format thin-pro-pool ...................................................................................................................... 273

3.3.2 シン・プロビジョニングプールのエコモード管理 .......................................................................... 274show eco-thin-pro-pool ................................................................................................................. 276

set eco-thin-pro-pool ..................................................................................................................... 277

release eco-thin-pro-pool .............................................................................................................. 279

3.4 重複排除/圧縮 ..................................................................................................... 280

3.5 Flexible Tier の管理 ............................................................................................... 2863.5.1 Flexible Tier Pool .............................................................................................................................. 286

show flexible-tier-mode ................................................................................................................. 287

show flexible-tier-pools ................................................................................................................. 288

show flexible-tier-pool-progress .................................................................................................... 292

delete flexible-tier-pool .................................................................................................................. 295

show flexible-tier-sub-pools .......................................................................................................... 296

set flexible-tier-sub-pool ................................................................................................................ 299

stop shrinking-flexible-tier-pool ..................................................................................................... 300

3.5.2 FTRPE マイグレーション ................................................................................................................ 301show ftrpe-migration ..................................................................................................................... 302

3.5.3 FTRP 平準化 .................................................................................................................................... 303show balancing-flexible-tier-pools ................................................................................................. 304

start balancing-flexible-tier-pool .................................................................................................... 306

stop balancing-flexible-tier-pool .................................................................................................... 307

3.6 ホストインターフェースの管理 ............................................................................ 3083.6.1 ホストインターフェースポートのパラメーター .............................................................................. 311

show fc-parameters ...................................................................................................................... 312

set fc-parameters .......................................................................................................................... 319

show sas-parameters ................................................................................................................... 324

set sas-parameters ....................................................................................................................... 326

show iscsi-parameters .................................................................................................................. 328

set iscsi-parameters ...................................................................................................................... 333

show fcoe-parameters .................................................................................................................. 344

set fcoe-parameters ...................................................................................................................... 347

3.6.2 ホスト識別子(ホストのニックネーム) .......................................................................................... 350show host-wwn-names ................................................................................................................. 351

create host-wwn-name ................................................................................................................. 352

set host-wwn-name ....................................................................................................................... 354

delete host-wwn-name .................................................................................................................. 356

discover host-wwn-names ............................................................................................................ 357

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

5

Page 6: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show host-sas-addresses ............................................................................................................. 359

create host-sas-address ............................................................................................................... 360

set host-sas-address .................................................................................................................... 362

delete host-sas-address ............................................................................................................... 364

discover host-sas-addresses ........................................................................................................ 365

show host-iscsi-names ................................................................................................................. 366

create host-iscsi-name .................................................................................................................. 368

set host-iscsi-name ....................................................................................................................... 372

delete host-iscsi-name .................................................................................................................. 375

discover host-iscsi-names ............................................................................................................ 376

3.6.3 マッピング(LUN グループを使用する場合) .................................................................................. 378show host-affinity .......................................................................................................................... 379

set host-affinity .............................................................................................................................. 386

copy host-affinity ........................................................................................................................... 390

release host-affinity ....................................................................................................................... 392

3.6.4 マッピング(ホストアフィニティモードが無効の場合) ................................................................. 395show mapping ............................................................................................................................... 396

set mapping .................................................................................................................................. 400

copy mapping ............................................................................................................................... 402

release mapping ........................................................................................................................... 404

3.6.5 ホストグループ ................................................................................................................................ 406show host-groups ......................................................................................................................... 407

create host-group .......................................................................................................................... 410

set host-group ............................................................................................................................... 412

delete host-group .......................................................................................................................... 414

3.6.6 ポートグループ ................................................................................................................................ 415show port-groups .......................................................................................................................... 416

create port-group .......................................................................................................................... 418

set port-group ............................................................................................................................... 420

delete port-group .......................................................................................................................... 422

3.6.7 LUN グループ ................................................................................................................................... 423show lun-groups ........................................................................................................................... 424

create lun-group ............................................................................................................................ 426

set lun-group ................................................................................................................................. 428

copy lun-group .............................................................................................................................. 430

delete lun-group ............................................................................................................................ 431

show host-path-state .................................................................................................................... 432

set host-path-state ........................................................................................................................ 434

show host-lu-qos-performance ..................................................................................................... 436

start host-lu-qos-performance ....................................................................................................... 444

stop host-lu-qos-performance ....................................................................................................... 445

3.6.8 ホストレスポンス ............................................................................................................................. 446show host-response ...................................................................................................................... 447

set host-response ......................................................................................................................... 450

delete host-response .................................................................................................................... 456

3.6.9 ホストセンスの変換 ......................................................................................................................... 457

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

6

Page 7: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show host-sense ........................................................................................................................... 458

set host-sense .............................................................................................................................. 459

delete host-sense ......................................................................................................................... 461

3.6.10 ホストインターフェースポートのリセットグループ ....................................................................... 462show ca-reset-group ..................................................................................................................... 463

set ca-reset-group ......................................................................................................................... 465

3.6.11 iSCSI ホストに対する ping コマンド ............................................................................................... 466test iscsi-ping ................................................................................................................................ 467

3.6.12 Host LU QoS .................................................................................................................................... 469

show qos-mode ............................................................................................................................ 470

set qos-mode ................................................................................................................................ 471

show lu-qos-groups ...................................................................................................................... 472

set lu-qos-group ............................................................................................................................ 474

delete lu-qos-group ....................................................................................................................... 475

show host-lu-qos ........................................................................................................................... 476

set host-lu-qos .............................................................................................................................. 483

show qos-schedule ....................................................................................................................... 486

set qos-schedule ........................................................................................................................... 487

delete all-qos-setting ..................................................................................................................... 490

show qos-bandwidth-limit ............................................................................................................. 491

set qos-bandwidth-limit ................................................................................................................. 493

3.6.13 ログイン中のホスト表示 .................................................................................................................. 496show ca-port-login-host ................................................................................................................ 497

第 4 章 コピー機能の設定と表示 502

4.1 アドバンスト・コピー管理 ................................................................................... 5024.1.1 SnapOPC+ の概要 ........................................................................................................................... 503

4.1.2 コピーの準備 .................................................................................................................................... 504

4.1.3 コピーセッションの管理 .................................................................................................................. 509show advanced-copy-license ........................................................................................................ 511

set advanced-copy-license ........................................................................................................... 512

delete advanced-copy-license ...................................................................................................... 513

show advanced-copy-policy .......................................................................................................... 514

set advanced-copy-policy ............................................................................................................. 515

show advanced-copy-parameters ................................................................................................. 516

set advanced-copy-parameters .................................................................................................... 517

show snap-data-volume ................................................................................................................ 519

initialize snap-data-volume ........................................................................................................... 520

show snap-data-pool .................................................................................................................... 521

delete snap-data-pool-volume ...................................................................................................... 522

show advanced-copy-sessions ..................................................................................................... 523

start advanced-copy ..................................................................................................................... 529

stop advanced-copy ...................................................................................................................... 530

4.1.4 Remote Equivalent Copy 管理 .......................................................................................................... 531show host-port-mode .................................................................................................................... 546

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

7

Page 8: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

set host-port-mode ........................................................................................................................ 547

show rec-path ............................................................................................................................... 549

import rec-path .............................................................................................................................. 552

show backup-rec-path-information ............................................................................................... 554

export backup-rec-path ................................................................................................................. 555

convert rec-path ............................................................................................................................ 557

measure rec-round-trip-time ......................................................................................................... 559

set rec-round-trip-time .................................................................................................................. 561

set rec-multiplicity ......................................................................................................................... 562

show rec-buffer ............................................................................................................................. 564

set rec-buffer ................................................................................................................................. 565

delete rec-buffer ............................................................................................................................ 569

show rec-disk-buffer ..................................................................................................................... 570

create rec-disk-buffer .................................................................................................................... 573

set rec-disk-buffer ......................................................................................................................... 575

delete rec-disk-buffer .................................................................................................................... 577

format rec-disk-buffer .................................................................................................................... 578

release rec-disk-buffer .................................................................................................................. 579

set rec-path-qos ............................................................................................................................ 581

4.1.5 Veeam Storage Integration .............................................................................................................. 583

show veeam .................................................................................................................................. 585

set veeam ..................................................................................................................................... 586

show veeam-volume ..................................................................................................................... 588

第 5 章 システムの設定と表示 590

5.1 ユーザー管理 ......................................................................................................... 5905.1.1 ロール(役割) .................................................................................................................................. 591

show role ...................................................................................................................................... 592

create role ..................................................................................................................................... 593

set role .......................................................................................................................................... 595

delete role ..................................................................................................................................... 597

5.1.2 ユーザーポリシー ............................................................................................................................. 598show user-policy ........................................................................................................................... 600

set user-policy ............................................................................................................................... 602

show users .................................................................................................................................... 605

create user .................................................................................................................................... 607

set user ......................................................................................................................................... 609

delete user .................................................................................................................................... 611

show login-users ........................................................................................................................... 612

set password ................................................................................................................................. 613

initialize all-users .......................................................................................................................... 615

5.1.3 アカウント認証 ................................................................................................................................ 616import ssh-public-key .................................................................................................................... 617

delete ssh-public-key .................................................................................................................... 619

show maintenance-key ................................................................................................................. 620

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

8

Page 9: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

5.1.4 RADIUS サーバの設定 ..................................................................................................................... 622show radius ................................................................................................................................... 623

set radius ...................................................................................................................................... 625

5.2 ネットワーク管理 .................................................................................................. 6295.2.1 ネットワーク設定 ............................................................................................................................. 629

show network ................................................................................................................................ 630

set network ................................................................................................................................... 634

show firewall ................................................................................................................................. 640

set firewall ..................................................................................................................................... 642

show network-stat ......................................................................................................................... 646

test network .................................................................................................................................. 650

5.2.2 SNMP ............................................................................................................................................... 652

show snmp .................................................................................................................................... 653

set snmp ....................................................................................................................................... 654

show snmp-manager .................................................................................................................... 656

create snmp-manager ................................................................................................................... 657

set snmp-manager ........................................................................................................................ 658

delete snmp-manager ................................................................................................................... 659

show snmp-view ........................................................................................................................... 660

create snmp-view .......................................................................................................................... 662

set snmp-view ............................................................................................................................... 664

delete snmp-view .......................................................................................................................... 666

show snmp-user ........................................................................................................................... 667

create snmp-user .......................................................................................................................... 669

set snmp-user ............................................................................................................................... 671

delete snmp-user .......................................................................................................................... 673

show community-profile ................................................................................................................ 674

create community-profile .............................................................................................................. 676

set community-profile .................................................................................................................... 678

delete community-profile ............................................................................................................... 680

show snmp-trap ............................................................................................................................ 681

set snmp-trap ................................................................................................................................ 682

delete snmp-trap ........................................................................................................................... 684

test snmp-trap ............................................................................................................................... 685

export enhanced-mib .................................................................................................................... 686

5.2.3 E-mail 通知 ....................................................................................................................................... 688show email-notification ................................................................................................................. 689

set email-notification ..................................................................................................................... 691

test email ...................................................................................................................................... 696

5.2.4 イベント通知 .................................................................................................................................... 697show event-notification ................................................................................................................. 698

set event-notification ..................................................................................................................... 701

show lcd-suppress ........................................................................................................................ 716

set lcd-suppress ............................................................................................................................ 717

5.2.5 SMI-S ............................................................................................................................................... 719

show smi-s .................................................................................................................................... 720

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

9

Page 10: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

set smi-s ....................................................................................................................................... 721

5.2.6 SSH/SSL セキュリティ .................................................................................................................... 723create ssh-server-key ................................................................................................................... 725

create ssl-certificate ...................................................................................................................... 726

export ssl-certificate-request ......................................................................................................... 728

import ssl-certificate ...................................................................................................................... 732

show ssl-version ........................................................................................................................... 734

set ssl-version ............................................................................................................................... 735

5.2.7 AIS connect 設定 .............................................................................................................................. 737show ais-connect .......................................................................................................................... 738

set ais-connect .............................................................................................................................. 740

set ais-connect-remote-session .................................................................................................... 746

test ais-connect ............................................................................................................................. 747

send ais-connect-log ..................................................................................................................... 748

test ais-connect-event-notification ................................................................................................ 749

import ais-ssl-certificate ................................................................................................................ 750

show ais-communication-log ........................................................................................................ 751

set remote-support-mode ............................................................................................................. 752

5.3 システムの設定 ..................................................................................................... 7535.3.1 日付、時刻および NTP ..................................................................................................................... 753

show date ..................................................................................................................................... 754

set date ......................................................................................................................................... 755

show ntp ....................................................................................................................................... 758

set ntp ........................................................................................................................................... 759

5.3.2 装置名 ............................................................................................................................................... 761show storage-system-name .......................................................................................................... 762

set storage-system-name ............................................................................................................. 763

5.3.3 暗号化モード .................................................................................................................................... 764show encryption ............................................................................................................................ 765

set encryption ............................................................................................................................... 766

5.3.4 Box ID ............................................................................................................................................... 767

show boxid .................................................................................................................................... 768

set boxid ....................................................................................................................................... 769

5.3.5 電源連動 ........................................................................................................................................... 770show power-synchronization ........................................................................................................ 771

set power-synchronization ............................................................................................................ 773

5.3.6 SED(自己暗号化ドライブ)認証設定 ............................................................................................ 776show sed-authentication ............................................................................................................... 777

set sed-authentication ................................................................................................................... 778

5.3.7 Syslog サーバの設定 ........................................................................................................................ 779show syslog-notification ................................................................................................................ 780

set syslog-notification ................................................................................................................... 781

5.3.8 監査ログ機能の設定 ......................................................................................................................... 783show audit .................................................................................................................................... 784

set audit ........................................................................................................................................ 785

5.3.9 鍵管理サーバ連携機能 ..................................................................................................................... 787

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

10

Page 11: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show sed-key-machine-name ....................................................................................................... 789

set sed-key-machine-name .......................................................................................................... 790

show sed-key-servers ................................................................................................................... 791

set sed-key-server ........................................................................................................................ 792

import ssl-kmip-certificate ............................................................................................................. 793

show sed-key-groups .................................................................................................................... 794

create sed-key-group .................................................................................................................... 796

set sed-key-group ......................................................................................................................... 798

delete sed-key-group .................................................................................................................... 800

change sed-key ............................................................................................................................ 801

recover sed-key-group .................................................................................................................. 802

5.3.10 電源切断/再起動 ............................................................................................................................. 803shutdown ...................................................................................................................................... 804

5.3.11 Deduplication/Compression モード設定 ........................................................................................... 805show dedup-mode ........................................................................................................................ 806

set dedup-mode ............................................................................................................................ 807

5.3.12 ユニファイドライセンス設定 ........................................................................................................... 808

5.3.13 無停止ストレージマイグレーション機能 ......................................................................................... 809show non-disruptive-storage-migration ......................................................................................... 815

set non-disruptive-storage-migration ............................................................................................ 816

discover external-storage ............................................................................................................. 817

show external-drive ....................................................................................................................... 819

create external-drive ..................................................................................................................... 823

delete external-drive ..................................................................................................................... 825

show external-raid-group .............................................................................................................. 826

create external-raid-group ............................................................................................................ 828

delete external-raid-group ............................................................................................................. 830

recover external-raid-group .......................................................................................................... 831

第 6 章 情報の設定と表示 832

6.1 性能 ....................................................................................................................... 8326.1.1 性能情報 ........................................................................................................................................... 832

show performance ........................................................................................................................ 833

start performance .......................................................................................................................... 842

stop performance .......................................................................................................................... 843

6.1.2 性能チューニングパラメーター ....................................................................................................... 844show raid-tuning ........................................................................................................................... 845

set raid-tuning ............................................................................................................................... 846

show cache-parameters ............................................................................................................... 848

set cache-parameters ................................................................................................................... 849

6.2 イベントログ情報 .................................................................................................. 852show events .................................................................................................................................. 853

delete events ................................................................................................................................ 855

6.3 環境情報 ................................................................................................................ 856

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

11

Page 12: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show power-consumption ............................................................................................................. 857

6.4 保守作業・保守情報 .............................................................................................. 8596.4.1 ハードウェア保守 ............................................................................................................................. 859

hot expansion ............................................................................................................................... 861

6.4.2 Remote Directory ............................................................................................................................. 863

show remote-dir ............................................................................................................................ 864

6.4.3 コントローラーファームウェア ....................................................................................................... 866show firmware-version .................................................................................................................. 867

6.4.4 ログ .................................................................................................................................................. 868export log ...................................................................................................................................... 869

6.4.5 パニックダンプ ................................................................................................................................ 873show panic-dump .......................................................................................................................... 874

export panic-dump ........................................................................................................................ 875

6.4.6 構成情報 ........................................................................................................................................... 877show config-information ................................................................................................................ 878

export config-information .............................................................................................................. 879

6.4.7 エラー情報 ....................................................................................................................................... 881show disk-error ............................................................................................................................. 882

clear disk-error .............................................................................................................................. 883

show port-error ............................................................................................................................. 884

6.4.8 ボリュームの不良セクター情報 ....................................................................................................... 890show bad-data-info ....................................................................................................................... 891

6.5 ユーティリティ ..................................................................................................... 8936.5.1 診断 .................................................................................................................................................. 893

show diagnosis ............................................................................................................................. 894

6.5.2 LED .................................................................................................................................................. 899

show led ....................................................................................................................................... 900

set led ........................................................................................................................................... 903

6.5.3 その他の通知 .................................................................................................................................... 905show event-parameters ................................................................................................................ 906

set event-parameters .................................................................................................................... 907

6.5.4 サブシステムパラメーター .............................................................................................................. 908show subsystem-parameters ........................................................................................................ 909

set subsystem-parameters ........................................................................................................... 911

6.5.5 リザーブ状態 .................................................................................................................................... 916show reservation ........................................................................................................................... 917

release reservation ....................................................................................................................... 919

6.5.6 キャッシュユーティリティ .............................................................................................................. 920show pinned-data ......................................................................................................................... 921

6.5.7 ディスクパトロール ......................................................................................................................... 922show disk-patrol ............................................................................................................................ 923

set disk-patrol ............................................................................................................................... 924

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

12

Page 13: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

第 7 章 NAS 機能の設定と表示 925

7.1 共有フォルダー ..................................................................................................... 929show nas-share ............................................................................................................................ 931

create nas-share ........................................................................................................................... 935

set nas-share ................................................................................................................................ 947

delete nas-share ........................................................................................................................... 961

clear nas-data ............................................................................................................................... 963

show nas-share-progress ............................................................................................................. 965

show nas-home-directory ............................................................................................................. 968

delete nas-home-directory ............................................................................................................ 972

7.2 ネットワークインターフェース ............................................................................ 974show nas-interface ........................................................................................................................ 975

create nas-interface ...................................................................................................................... 977

set nas-interface ........................................................................................................................... 980

delete nas-interface ...................................................................................................................... 984

7.3 ネットワークインターフェースの Bonding 設定 .................................................. 985show nas-bonding ......................................................................................................................... 986

set nas-bonding ............................................................................................................................ 987

delete nas-bonding ....................................................................................................................... 989

7.4 ネットワークインターフェースのマルチパス設定 ............................................... 991show nas-multipath ....................................................................................................................... 992

set nas-multipath .......................................................................................................................... 993

delete nas-multipath ..................................................................................................................... 994

7.5 ネットワーク設定 .................................................................................................. 995show nas-port ............................................................................................................................... 996

set nas-port ................................................................................................................................... 998

show nas-dns .............................................................................................................................. 1001

set nas-dns ................................................................................................................................. 1002

show nas-route ........................................................................................................................... 1004

set nas-route ............................................................................................................................... 1006

delete nas-route .......................................................................................................................... 1008

show nas-route6 ......................................................................................................................... 1010

set nas-route6 ............................................................................................................................. 1012

delete nas-route6 ........................................................................................................................ 1014

7.6 NAS Server 設定 .................................................................................................. 1015show nas-server ......................................................................................................................... 1017

set nas-server ............................................................................................................................. 1019

show nas-cache-distribution ....................................................................................................... 1023

initialize nas-cache-distribution ................................................................................................... 1024

7.7 認証設定 .............................................................................................................. 1025show nas-ad ............................................................................................................................... 1027

set nas-ad ................................................................................................................................... 1028

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

13

Page 14: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

show nas-ldap ............................................................................................................................. 1030

set nas-ldap ................................................................................................................................ 1031

show nas-local-user .................................................................................................................... 1033

create nas-local-user .................................................................................................................. 1036

set nas-local-user ....................................................................................................................... 1039

delete nas-local-user .................................................................................................................. 1042

show nas-local-group .................................................................................................................. 1043

create nas-local-group ................................................................................................................ 1045

delete nas-local-group ................................................................................................................ 1047

7.8 FTP / FXP 機能 ................................................................................................. 1048show nas-ftp ............................................................................................................................... 1049

set nas-ftp ................................................................................................................................... 1050

delete nas-ftp .............................................................................................................................. 1051

7.9 ネットワーク接続テスト ..................................................................................... 1052test nas-ping ............................................................................................................................... 1053

test nas-ping6 ............................................................................................................................. 1054

test nas-traceroute ...................................................................................................................... 1055

test nas-traceroute6 .................................................................................................................... 1056

7.10 ファイルシステム管理 ......................................................................................... 1057show nas-df ................................................................................................................................ 1058

show nas-fsstat ........................................................................................................................... 1060

show nas-fsmntstat ..................................................................................................................... 1061

reconfigure nas-fs ....................................................................................................................... 1062

7.11 スナップショット ................................................................................................ 1063show nas-snapshot ..................................................................................................................... 1064

set nas-snapshot ........................................................................................................................ 1067

delete nas-snapshot ................................................................................................................... 1070

start nas-snapshot ...................................................................................................................... 1071

stop nas-snapshot ...................................................................................................................... 1072

7.12 クォータ .............................................................................................................. 1073show nas-quota .......................................................................................................................... 1074

create nas-quota ......................................................................................................................... 1077

set nas-quota .............................................................................................................................. 1082

delete nas-quota ......................................................................................................................... 1084

7.13 NAS パケットトレース ........................................................................................ 1085show nas-pcap ............................................................................................................................ 1086

start nas-pcap ............................................................................................................................. 1087

stop nas-pcap ............................................................................................................................. 1088

clear nas-pcap ............................................................................................................................ 1089

7.14 NAS 監査ログ ...................................................................................................... 1090show nas-audit ............................................................................................................................ 1091

set nas-audit ............................................................................................................................... 1092

show nas-audit-log-information ................................................................................................... 1093

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

14

Page 15: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

clear nas-audit-log ...................................................................................................................... 1095

7.15 NAS エンジンユーザー設定 ................................................................................ 1096show nas-engine-user ................................................................................................................ 1097

create nas-engine-user ............................................................................................................... 1098

delete nas-engine-user ............................................................................................................... 1100

7.16 NAS 機能の復旧 .................................................................................................. 1101forced nas-fsmount ..................................................................................................................... 1103

forced nas-fsunmount ................................................................................................................. 1105

forced nas-fsoffline ..................................................................................................................... 1106

forced nas-fsonline ..................................................................................................................... 1107

show nas-fsck ............................................................................................................................. 1108

start nas-fsck .............................................................................................................................. 1109

forced nas-fslock ......................................................................................................................... 1111

recover nas-engine ..................................................................................................................... 1112

forced online ............................................................................................................................... 1113

show nas-log-info ........................................................................................................................ 1114

set nas-log-info ........................................................................................................................... 1115

show nas-lock ............................................................................................................................. 1117

delete nas-lock ............................................................................................................................ 1119

show nas-file-inflate .................................................................................................................... 1121

start nas-file-inflate ..................................................................................................................... 1124

stop nas-file-inflate ...................................................................................................................... 1127

第 8 章 Storage Cluster の設定と表示 1128

8.1 Storage Cluster .................................................................................................... 1129show storage-cluster-license ...................................................................................................... 1131

set storage-cluster-license .......................................................................................................... 1132

delete storage-cluster-license ..................................................................................................... 1134

show tfo-groups .......................................................................................................................... 1135

create tfo-group .......................................................................................................................... 1137

set tfo-group ............................................................................................................................... 1140

delete tfo-group .......................................................................................................................... 1143

show tfo-pair ............................................................................................................................... 1145

set tfo-pair ................................................................................................................................... 1152

release tfo-pair ............................................................................................................................ 1153

recover tfo-pair ............................................................................................................................ 1155

forced tfo-group-activate ............................................................................................................. 1157

第 9 章 CLI 固有の機能 1158

9.1 CLI 環境 ............................................................................................................... 1158set clienv-force-unlock ................................................................................................................ 1159

set clienv-idle-timeout ................................................................................................................. 1160

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

15

Page 16: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

logoff/logout/exit ......................................................................................................................... 1161

help ............................................................................................................................................. 1162

付録 A エラーメッセージ/エラーコード 1164

A.1 エラーメッセージ................................................................................................. 1164

A.2 エラーコード ........................................................................................................ 1234A.2.1 コピーセッションのエラーコード ................................................................................................. 1234

付録 B サポートコマンド一覧 1235

B.1 サポートコマンド一覧(対象モデル).................................................................. 1235

B.2 サポートコマンド一覧(権限)............................................................................. 1254

B.3 サポートコマンド一覧(デフォルトロール)....................................................... 1270

付録 C サポートファームウェア版数 1283

付録 D 基本的な設定の例 1296

D.1 ボリューム使用時の設定手順 ............................................................................... 1296D.1.1 RAID 構成設定の手順..................................................................................................................... 1297

D.1.2 ホストアクセス設定の手順 ............................................................................................................ 1298

D.2 その他のホストアクセスの設定手順 .................................................................... 1300D.2.1 ホストを指定しマッピング(ホストアフィニティモード)設定を行う場合の設定手順............... 1301

D.2.2 ポートグループを指定し LUN マッピングを行う場合の設定手順 ................................................. 1302

D.2.3 ポートを指定し LUN マッピングを行う場合の設定手順 ............................................................... 1303

D.3 設定解除の手順 .................................................................................................... 1304D.3.1 マッピングの解除........................................................................................................................... 1304

D.3.2 LUN グループの削除 ...................................................................................................................... 1305

D.3.3 ポートグループの削除 ................................................................................................................... 1305

D.3.4 ホストグループの削除 ................................................................................................................... 1306

D.3.5 登録ホストの削除........................................................................................................................... 1306

D.3.6 ボリュームの削除........................................................................................................................... 1306

D.3.7 RAID グループの削除..................................................................................................................... 1307

付録 E ステータス一覧 1308

E.1 総合ステータス .................................................................................................... 1308

E.2 部品のステータス................................................................................................. 1309

E.3 ドライブのステータス.......................................................................................... 1309

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

16

Page 17: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

目次

E.4 ボリュームのステータス ...................................................................................... 1310

E.5 プールステータス(TPP / FTRP / FTSP のステータス)..................................... 1311

E.6 RAID グループのステータス ................................................................................ 1312

E.7 鍵のステータス .................................................................................................... 1313

E.8 鍵サーバのステータス.......................................................................................... 1314

付録 F 初期値一覧 1315

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

17

Page 18: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

18

図目次

図 3.1 シン・プロビジョニングプールとシン・プロビジョニングボリュームの関係 ................................ 250図 3.2 シン・プロビジョニングプールのエコモード設定の概要 ................................................................. 275図 4.1 SnapOPC+ の概要 ............................................................................................................................. 503図 4.2 コピー経路情報ファイルの概要 ........................................................................................................ 533図 4.3 コピー経路情報ファイルの例 ............................................................................................................ 540図 4.4 REC 多重度の概要............................................................................................................................. 542図 4.5 REC ディスクバッファーの仕組み.................................................................................................... 544図 4.6 REC ディスクバッファーの設定手順 ................................................................................................ 545図 5.1 RADIUS サーバの概要....................................................................................................................... 622図 5.2 SSL 証明書の登録方法 ...................................................................................................................... 724図 5.3 Syslog サーバの概要.......................................................................................................................... 779図 5.4 監査ログ機能の概要 .......................................................................................................................... 783図 5.5 無停止ストレージマイグレーション機能の概要 ............................................................................... 809図 5.6 無停止ストレージマイグレーション機能の仕組み............................................................................ 813図 D.1 ホスト接続の例................................................................................................................................ 1298

Page 19: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

表目次

表 1.1 US-ASCII コード(16 進数)の文字コード表 ..................................................................................... 29表 1.2 ドライブと論理ユニットの容量 .......................................................................................................... 46表 1.3 編集キーの割り当て一覧 ..................................................................................................................... 47表 5.1 デフォルトロールと権限 ................................................................................................................... 591表 A.1 エラーメッセージ一覧表 ................................................................................................................. 1164表 A.2 コピーセッションのエラーコード一覧............................................................................................ 1234表 B.1 ステータスの表示用サポートコマンド一覧(対象モデル)............................................................. 1235表 B.2 RAID グループの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)....................................................... 1235表 B.3 ボリュームの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)............................................................. 1236表 B.4 シン・プロビジョニングプール管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)................................ 1238表 B.5 Flexible Tier の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)........................................................... 1238表 B.6 ホストインターフェースの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)....................................... 1239表 B.7 アドバンスト・コピー管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)............................................... 1241表 B.8 ユーザーの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)................................................................. 1242表 B.9 ネットワークの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)......................................................... 1243表 B.10 システムの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)................................................................. 1245表 B.11 性能の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)........................................................................ 1247表 B.12 イベントログ情報の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル).................................................. 1247表 B.13 環境情報用サポートコマンド一覧(対象モデル)........................................................................... 1247表 B.14 保守作業・保守情報の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)............................................... 1248表 B.15 ユーティリティの管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)...................................................... 1248表 B.16 NAS 機能の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)................................................................ 1249表 B.17 Storage Cluster 用サポートコマンド一覧(対象モデル)................................................................ 1252表 B.18 CLI 固有の機能の管理用サポートコマンド一覧(対象モデル)....................................................... 1253表 B.19 サポートコマンド一覧(権限)........................................................................................................ 1254表 B.20 サポートコマンド一覧(デフォルトロール)................................................................................... 1270表 E.1 総合ステータス一覧 ........................................................................................................................ 1308表 E.2 部品のステータス一覧 ..................................................................................................................... 1309表 E.3 ドライブのステータス一覧.............................................................................................................. 1309表 E.4 ボリュームのステータス一覧 .......................................................................................................... 1310表 E.5 プールのステータス一覧 ................................................................................................................. 1311表 E.6 RAID グループのステータス一覧 .................................................................................................... 1312表 E.7 鍵のステータス一覧 ........................................................................................................................ 1313表 E.8 鍵サーバのステータス一覧.............................................................................................................. 1314表 F.1 RAID グループの管理用コマンド 初期値一覧 ................................................................................. 1315表 F.2 ボリュームの管理用コマンド 初期値一覧 ....................................................................................... 1315表 F.3 シン・プロビジョニングプールの管理用コマンド 初期値一覧....................................................... 1316表 F.4 Flexible Tier の管理用コマンド 初期値一覧..................................................................................... 1316表 F.5 ホストインターフェースの管理用コマンド 初期値一覧 ................................................................. 1317表 F.6 アドバンスト • コピーの管理用コマンド 初期値一覧...................................................................... 1320表 F.7 ユーザーの管理用コマンド 初期値一覧........................................................................................... 1321表 F.8 ネットワークの管理用コマンド 初期値一覧 ................................................................................... 1321表 F.9 システムの管理用コマンド 初期値一覧........................................................................................... 1324表 F.10 性能の管理用コマンド 初期値一覧 .................................................................................................. 1325表 F.11 保守作業・保守情報の管理用コマンド 初期値一覧......................................................................... 1325表 F.12 ユーティリティの管理用コマンド 初期値一覧 ................................................................................ 1326表 F.13 NAS 機能の管理用コマンド 初期値一覧.......................................................................................... 1327表 F.14 Storage Cluster の管理用コマンド 初期値一覧 ............................................................................... 1328

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

19

Page 20: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

表目次

表 F.15 CLI 固有の機能の管理用コマンド 初期値一覧................................................................................. 1329

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

20

Page 21: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

はじめに

本書は、FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ , ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム用のコマンドラインインターフェース(CLI)を使用して設定および管

理する方法について説明しています。

本書は、コントローラーファームウェア版数 V10L88(ユニファイド装置では V10L89)以降に対応したマニュアル

です。V10L88 より前の版数では提供されない機能や操作が含まれています。

第 27 版

2020 年 2 月

登録商標

本製品に関連する他社商標については、以下のサイトを参照してください。

https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/storage/trademark/

本書の読み方

対象読者

本書は、ETERNUS AF/DX の設定、運用管理、および保守を行うフィールドエンジニア、またはシステム管理者を

対象としています。

対象モデル

製品名 モデル名

オールフラッシュアレイ

ETERNUS AF250 S2/AF650 S2ETERNUS AF250/AF650ETERNUS DX200F

ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4ETERNUS DX500 S4/DX600 S4ETERNUS DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3ETERNUS DX500 S3/DX600 S3ETERNUS DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

21

Page 22: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

はじめに

関連マニュアル

本書の 新版や本装置に関連する 新の情報は、以下のサイトで公開されています。

https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/storage/manual/

必要に応じて以下のマニュアルを参照してください。

• 製品概説

• 設置計画ガイド

• 方式設計ガイド(基本編)

• 構築ガイド(基本編)

• 運用ガイド(基本編)

• 構築ガイド(NAS 編)

• 構築ガイド(サーバ接続編)

• ETERNUS Web GUI ユーザーズガイド

• ETERNUS SF KM

• ETERNUS SF Storage Cruiser 運用ガイド

• ETERNUS vCenter Plug-in ユーザーズガイド

• ETERNUS SMI-S Server SMI-S API リファレンス

本書の表記について

■ 製品名の表記

• Oracle Solaris は Solaris, Solaris Operating System, Solaris OS と表記することがあります。

• Microsoft® Windows Server® は、Windows Server と表記することがあります。

• 本書では、本文中の ™、® などの記号は省略しています。

■ 本文中の記号

本書では、以下の記号を使用しています。

お使いになるときに注意していただきたいことを記述しています。必ずお読みください。

本文を補足する内容や、参考情報を記述しています。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

22

Page 23: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

はじめに

■ 本文中の表記

• コマンドの説明では以下の表記を使用しています。

• コマンドのパラメーターや出力などで、値や文字列が可変であることを表す場合、斜体(イタリック体)の文字を使用しています。

• ETERNUS AF オールフラッシュアレイ、ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ、および ETERNUS DXハイブリッドストレージシステムを「装置」または「ETERNUS DX/AF」と表記しています。そのほかのモデ

ル総称については、以下の表を参照してください。

表記 意味 例

[ ] 大カッコ内のパラメーターは、省略可能であることを示します。 [ parameter ]

[ | ] 大カッコ内の区切り文字は、この文字で分割されたパラメーターのいずれか 1 つのみを指定できることを示します。

[ parameter | parameter ]

{ | } 中カッコ内の区切り文字は、この文字で分割されたパラメーターのいずれか 1 つのみを指定する必要があることを示します。

ただし、一部のコマンドには、カンマで区切ることによって複数指定できるパラメーターもあります。

{ parameter | parameter }

対象モデル 表記

ETERNUS DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4, ETERNUS DX500 S4/DX600 S4, ETERNUS DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3, ETERNUS DX500 S3/DX600 S3, ETERNUS DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3 ハイブリッドストレージシステム , ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ

装置

ETERNUS DX

ETERNUS DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4, ETERNUS DX500 S4/DX600 S4, ETERNUS DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3, ETERNUS DX500 S3/DX600 S3, ETERNUS DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3 ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS DX S4/S3 series

ETERNUS DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4, ETERNUS DX500 S4/DX600 S4 ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS DX S4 series

ETERNUS DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3, ETERNUS DX500 S3/DX600 S3, ETERNUS DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3 ハイブリッドストレージシステム

ETERNUS DX S3 series

ETERNUS DX60 S2/DX80 S2/DX90 S2, ETERNUS DX410 S2/DX440 S2, ETERNUS DX8100 S2/DX8700 S2 ディスクストレージシステム

ETERNUS DX S2 series

ETERNUS AF250 S2/AF650 S2, ETERNUS AF250/AF650 オールフラッシュアレイETERNUS AF

ETERNUS AF series

ETERNUS AF250 S2/AF650 S2 オールフラッシュアレイETERNUS AF S2

ETERNUS AF S2 series

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

23

Page 24: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章

概要

ETERNUS DX/AF CLI(以降、CLI と呼ぶ)は、ETERNUS DX/AF のコントローラーに組み込まれており、コマン

ドやコマンドスクリプトを使用して ETERNUS DX/AF の設定や管理を行うことができます。

本章では、CLI(コマンドラインインターフェース)の概要について説明します。

• DX60 S4/DX60 S3 には、SSD および自己暗号化ドライブ(SED)は搭載されません。そのため、SSD およ

び SED に関連する機能はありません。

• DX200F には、ドライブエンクロージャはありません。そのため、ドライブエンクロージャに関連する機能

はありません。また、コントローラーエンクロージャには SSD のみ搭載されます。

• モデルごとにサポートしている機能が異なります。 新のサポート状況の詳細は、各モデルの『方式設計ガイド(基本編)』を参照してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

24

Page 25: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.1 CLI へのアクセス

1.1 CLI へのアクセス

ETERNUS DX/AF のコントローラーモジュールに組み込まれている CLI を使用して、装置の構成設定、監視および

管理ができます。コントローラーモジュールの LAN ポートにリモート接続された管理ホスト上で telnet、SSH アプ

リケーションまたは端末エミュレータを使用することによって、CLI が利用可能になります。Telnet アプリケーショ

ンの場合はユーザー名とパスワードを必要とします。SSH の場合は Telnet と同じ方式に加えて、SSH 公開鍵認証

方式もサポートされます。詳細は、import ssh-public-key コマンドを参照してください。

デフォルトの IP アドレス、ユーザー名、およびパスワードは以下のとおりです。

デフォルトの IP アドレスは以下のポートに割り当てられています。

• DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の場合

RMT ポート

• DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3、および AF650 S2/AF650の場合FST ポート

set network コマンドから MNT ポートのネットワーク設定が必要です。

ログイン前の端末に以下のメッセージが表示されます。

日付と時刻はシステムが保持する現地時間です。ただし、SSH を使用してログインする場合には、このメッセージ

が表示されない場合があります。これは、端末ソフトウェアに依存しているためです。

■ 非対話的な CLI コマンドの実行方法について

SSH の公開鍵認証を使用することで CLI コマンドを非対話的(スクリプタブル)に実行することができます。

非対話的に CLI コマンドを実行するためには、以下の手順で設定を行います。

1 クライアントでの SSH 認証用鍵ペアの作成

2 作成した公開鍵ファイルを IETF 形式に変換

3 装置への公開鍵の登録

4 装置へ公開鍵認証で CLI が使用できるようになっていることを確認

5 SSH クライアントでのヒアドキュメントによる CLI コマンドの実行

装置の IP アドレス: 192.168.1.1

ユーザー名: root

パスワード: root

ETERNUS login is required. [2010-01-01 05:38:00]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

25

Page 26: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.1 CLI へのアクセス

詳細は、「5.2.6 SSH/SSL セキュリティ」(P.723) を参照してください。

1.1.1 ユーザーポリシー

ログイン時に使用するユーザーアカウント(ユーザー名、パスワード)に、ユーザーポリシー(パスワードポリシーおよびアカウントロックアウトポリシー)を適用できます。ユーザーポリシーの設定によっては、ログイン時にメッセージが表示されたり、アカウントがロックアウトされたりする場合があります。

ユーザーポリシーについては、「5.1.2 ユーザーポリシー」(P.598) を参照してください。

$ ssh-keygen -t rsa -N "" -f ~/.ssh/identityGenerating public/private rsa key pair.Your identification has been saved in /home/foo/.ssh/identity.Your public key has been saved in /home/foo/.ssh/identity.pub.The key fingerprint is:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00:00 [email protected]$ ssh-keygen -e -f .ssh/identity.pub > identity.pub.ietf$ telnet 192.168.0.101Trying 192.168.0.101...Connected to 192.168.0.101 (192.168.0.101).Escape character is '^]'.ETERNUS login is required. [2011-11-11 11:11:11]Login:fooPassword:

CLI> import ssh-public-key -server 192.168.0.100 -port maintenance -user foo -filename identity.pub.ietf -account-name fooPassword :importing ./identity.pub.ietf from 192.168.0.100CLI> exit$ rm identity.pub.ietf$ ssh [email protected]

CLI> exit$ echo show status | ssh [email protected]> show statusSummary Status [Normal]CLI> $ $ ssh [email protected] show smi-sCLI> show smi-sSMI-S [Disable]CLI> $

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

26

Page 27: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.1 CLI へのアクセス

■ パスワードの有効期間

パスワードポリシーでパスワードの有効期間が設定されている場合、定期的にパスワードを変更する必要があります。パスワードの有効期限が近づいた場合、または有効期限が経過した場合は、ログイン時にメッセージが表示されます。

• パスワードの有効期限まで 14 日以内になった場合

パスワードの変更を促すメッセージが表示されます。

- パスワードの有効期限 14 日以内の場合

- パスワードの有効期限が 0 日(24 時間以内)の場合

• パスワードの有効期限が過ぎた場合パスワードの変更を強制するメッセージを表示されます。

パスワード有効期限が経過した場合は、以下のコマンドのみ使用できます。

• logoff/logout/exit

• set clienv-force-unlock

• show maintenance-key

• apply firmware -application-type hot-continue(*1)

• show diagnosis -type raid-groups

• show diagnosis -type disks

• stop diagnosis -type raid-groups(*1)

• stop diagnosis -type disks(*1)

• clear diagnosis -type raid-groups(*1)

• clear diagnosis -type disks(*1)

• set password(*2)

*1: 保守作業権限が必要です。

*2: set password コマンドの -name パラメーターは指定できません。指定した場合は、"E8007" のエラーメッセージが表示さ

れます。

パスワード変更のメッセージが表示されたら、set password コマンドを使用して、パスワードを変更してください。

パスワード変更後に再ログインすると、コマンドの使用制限が解除されます。

■ アカウントロックアウト

アカウントロックアウトポリシーでロックアウトするログオン失敗回数が設定されている場合、連続して間違ったパスワードを入力すると、一定期間ログインできなくなります。

Your password will expire in 14 days.

Your password will expire in 24 hours.

Your password has expired.You must change your password using 'set password' and log in again.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

27

Page 28: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2 コマンドの構文

コマンドの構文について説明します。

1.2.1 コマンドの書式

コマンドの書式は以下のとおりです。

• 基本的に、コマンド名は動詞部と目的語部から成ります(create volume など)。ただし、1 つの語から成るコ

マンドもいくつかあります(logoff や shutdown など)。

• パラメーターは、パラメーター名部とオペランド部から成ります。パラメーター名の前にはハイフンを付けます(-name など)。

• パラメーター名のあとには必ずオペランドが必要です(-name abcdef など)。

• CLI コマンドの 大長は、コマンド名、パラメーターを含め 5,120 文字です。

コマンド名 パラメーター パラメーター . . . パラメーター

コマンド名 : 動詞部 + 目的語部(例: create volume)パラメーター : ハイフン(-) + パラメーター名部 + オペランド部(例: -n 80)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

28

Page 29: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.2 キーワードおよびパラメーター

コマンド名とパラメーター名では大文字と小文字は区別されないため、大文字と小文字の両方で入力できます。一方、オペランドでは大文字と小文字が区別されます。入力可能な文字コードは印字可能な文字コードで、US-ASCIIコードの 0x20 ~ 0x7E(16 進数)です。ただし、以下の条件があります。

• 疑問符(?)は使用できません。

• スペース( )を文字として使用する場合は、二重引用符( " )で囲む必要があります("ABC DEF" や"ABC DEF,GHIJKL" など)。

• 二重引用符( " )と一重引用符( ’ )を文字として使用する場合は、円記号(¥)を付けて記述する必要があり

ます。円記号は二重引用符または一重引用符の前に付加します。

US-ASCII コード(16 進数)の文字コード表を以下に示します。

表 1.1 US-ASCII コード(16 進数)の文字コード表

文字 US-ASCII コード 文字 US-ASCII コード 文字 US-ASCII コード 文字 US-ASCII コード

(空白) 0x20 8 0x38 P 0x50 h 0x68

! 0x21 9 0x39 Q 0x51 i 0x69

" 0x22 : 0x3A R 0x52 j 0x6A

# 0x23 ; 0x3B S 0x53 k 0x6B

$ 0x24 < 0x3C T 0x54 l 0x6C

% 0x25 = 0x3D U 0x55 m 0x6D

& 0x26 > 0x3E V 0x56 n 0x6E

’ 0x27 ? 0x3F W 0x57 o 0x6F

( 0x28 @ 0x40 X 0x58 p 0x70

) 0x29 A 0x41 Y 0x59 q 0x71

* 0x2A B 0x42 Z 0x5A r 0x72

+ 0x2B C 0x43 [ 0x5B s 0x73

, 0x2C D 0x44 ¥ 0x5C t 0x74

- 0x2D E 0x45 ] 0x5D u 0x75

. 0x2E F 0x46 ^ 0x5E v 0x76

/ 0x2F G 0x47 _ 0x5F w 0x77

0 0x30 H 0x48 ‘ 0x60 x 0x78

1 0x31 I 0x49 a 0x61 y 0x79

2 0x32 J 0x4A b 0x62 z 0x7A

3 0x33 K 0x4B c 0x63 { 0x7B

4 0x34 L 0x4C d 0x64 | 0x7C

5 0x35 M 0x4D e 0x65 } 0x7D

6 0x36 N 0x4E f 0x66 ~ 0x7E

7 0x37 O 0x4F g 0x67

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

29

Page 30: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.3 コントローラーエンクロージャの構文

DX8700 S3/DX8900 S3 の場合、コントローラーエンクロージャ番号を指定するときに使用します。書式は "x" のよ

うに表します(16 進数)。範囲は 0 ~ b です。

1.2.4 ドライブエンクロージャの構文

ドライブエンクロージャ番号の書式は "xx" または "x" のように表します(16 進数)。"xx" は 2 桁のドライブエンク

ロージャ番号、"x" は 1 桁のドライブエンクロージャ番号を示します。

2 桁のドライブエンクロージャ番号を指定する場合は、"xx" の書式を使用する必要があります。

1 桁のドライブエンクロージャ番号を指定する場合は、どちらの書式も使用することができます。例えば、1 桁の

番号は "1" のように指定できます。これを "xx" の書式で表すには、ドライブエンクロージャ番号の前に 0 を付ける

必要があります。例えば、ドライブエンクロージャ番号が 1 であれば、"01" と指定します。

指定できる範囲は以下のとおりです。

DX60 S4/DX60 S3:1DX100 S4/DX100 S3:1 ~ aDX200 S4/DX200 S3:1 ~ aDX500 S4/DX500 S3:0 ~ a、10 ~ 1aDX600 S4/DX600 S3:0 ~ a、10 ~ 1a、20 ~ 2a、30 ~ 3aDX8100 S3:00、10、20、30DX8700 S3:0 ~ 3fDX8900 S3:0 ~ bfAF250 S2/AF250:1AF650 S2/AF650:00、10、20、30、01、11、21、31

DX200F には、ドライブエンクロージャはありません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

30

Page 31: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.5 ドライブの構文

ドライブ番号の書式は、"xxyy" または "xyy" のように表します。

"xx" または "x" はエンクロージャ番号です。DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250S2/AF250、および DX200F の場合、00 または 0 はコントローラーエンクロージャを示します。詳細は、「1.2.4 ドライブエンクロージャの構文」(P.30) を参照してください。

"yy" はドライブ番号(2 桁の 10 進数)です。"yy" に指定できる範囲は以下のとおりです。

3.5 インチドライブ:00 ~ 112.5 インチドライブ:00 ~ 23高密度 DE の 3.5 インチドライブ:00 ~ 59(*1)*1: 高密度 DE では高密度 DE 用の 3.5 インチドライブのみをサポートしています。

以下に例を示します。

• ドライブ番号(1003 など)。

• ドライブ番号のリスト(1003,004 など)。

• ハイフン(-)でつないだドライブ番号 a ~ z の範囲(0210-0211 など)。

• カンマ(,)で区切ったドライブ番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペースを入れな

いでください(0003,0006,010-011 など)。

1.2.6 エイリアス名の構文

エイリアス名の書式は、 大 16 文字の US-ASCII 文字列です。ただし、ボリューム名に限り、 大 32 文字まで指

定できます。使用可能な文字の詳細は、「1.2.2 キーワードおよびパラメーター」(P.29) を参照してください。そこ

に示された規則に加えて、カンマ( , )を使用することができません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

31

Page 32: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文

シン・プロビジョニングプール識別子は 2 つの方法で記述できます。シン・プロビジョニングプールの番号または

名前のいずれかを指定する必要があります。

• シン・プロビジョニングプール番号シン・プロビジョニングプール番号は、シン・プロビジョニングプールの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。表示するには、show thin-pro-pools コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- シン・プロビジョニングプール番号(1 など)

- シン・プロビジョニングプール番号(1,8,12 など)

- ハイフン(-)でつないだシン・プロビジョニングプール番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったシン・プロビジョニングプール番号、シン・プロビジョニングプールの範囲、また

はその両方のリスト(1,3,10-12 など)

• シン・プロビジョニングプール名シン・プロビジョニングプール名は、シン・プロビジョニングプールの作成時に指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切っ

たシン・プロビジョニングプール名のリストを指定できますが、1 つのコマンドにシン・プロビジョニングプー

ル名とシン・プロビジョニングプール番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペース

を入れないでください。

• 一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。詳細は、コマンドの説明を参照してください。

• シン・プロビジョニングプールと Flexible Tier Sub Pool(FTSP)は共通のリソースを使用しています。こ

のため、シン・プロビジョニングプールと FTSP 間では番号と名称の重複はできません。入力したシン・プ

ロビジョニングプール番号やシン・プロビジョニングプール名が、FTSP の場合、コマンドは実行されませ

ん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

32

Page 33: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.8 Flexible Tier Pool の構文

Flexible Tier Pool (FTRP)識別子は 2 つの方法で記述できます。FTRP の番号または FTRP 名のいずれかを指定

する必要があります。

• FTRP 番号

FTRP 番号は新規作成時に装置によって自動で割り当てられます。この番号は 10 進数です。FTRP 番号は showflexible-tier-pools コマンドで表示できます。

以下のように記述します。

- FTRP 番号(1 など)

- FTRP 番号(1,8,12 など)

- ハイフン(-)でつないだ FTRP 番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切った FTRP 番号、FTRP の範囲、またはその両方のリスト(1,3,10-12 など)

• FTRP 名

FTRP 名は、FTRP の作成時に指定する必要があります。構文の詳細は「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を

参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切った FTRP 名のリストを指定できますが、1 つのコ

マンドに FTRP 名と FTRP 番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペースを入れない

でください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。詳細は、コマンドの説明を参照してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

33

Page 34: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.9 Flexible Tier Sub Pool の構文

Flexible Tier Sub Pool(FTSP)識別子は 2 つの方法で記述できます。FTSP の番号または FTSP 名のいずれかを指

定する必要があります。

• FTSP 番号

FTSP 番号は新規作成時に装置によって自動で割り当てられます。この番号は 10 進数です。FTSP 番号は showflexible-tier-pools コマンドで表示できます。

以下のように記述します。

- FTSP 番号(1 など)

- FTSP 番号(1,8,12 など)

- ハイフン(-)でつないだ FTSP 番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切った FTSP 番号、FTSP の範囲、またはその両方のリスト(1,3,10-12 など)

• FTSP 名

FTSP 名は、FTSP の作成時に指定する必要があります。構文の詳細は「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参

照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切った FTSP 名のリストを指定できますが、1 つのコマ

ンドに FTSP 名と FTSP 番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペースを入れないで

ください。

• 一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。詳細は、コマンドの説明を参照してください。

• シン・プロビジョニングプールと FTSP は共通のリソースを使用しています。このため、シン・プロビジョ

ニングプールと FTSP 間では番号と名称の重複はできません。入力した FTSP 番号や FTSP 名が、シン・プ

ロビジョニングプールの場合、コマンドは実行されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

34

Page 35: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.10 RAID グループの構文

RAID グループ識別子は 2 つの方法で記述できます。RAID グループの番号または名前のいずれかを指定する必要が

あります。

• RAID グループ番号

RAID グループ番号は、RAID グループの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。これを表示

するには、show raid-groups コマンドまたは show external-raid-groups コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- RAID グループ番号(1 など)

- RAID グループ番号のリスト(1,8,12 など)

- ハイフン(-)でつないだ RAID グループ番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切った RAID グループ番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペー

スを入れないでください(1,3,10-12 など)

• RAID グループ名

RAID グループの作成時に、RAID グループ名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名

の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切った RAID グループ名のリストを

指定できますが、RAID グループ名と RAID グループ番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前

後にスペースを入れないでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

35

Page 36: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.11 ボリュームの構文

ボリューム識別子は 2 つの方法で記述できます。ボリュームの番号または名前のいずれかを指定する必要がありま

す。

• ボリューム番号ボリューム番号は、ボリュームの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。これを表示するに

は、show volumes コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- ボリューム番号(1 など)

- ボリューム番号のリスト(5,10 など)

- ハイフン(-)でつないだボリューム番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったボリューム番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペースを

入れないでください(1,3,10-12 など)

• ボリューム名新規にボリュームを作成する場合、またはボリューム名を変更する場合は、以下から始まる名前は指定できません。

- $SYSVOL

- $VVOL_META

- $DEDUP

新規にボリュームを作成する場合、またはボリューム名を変更する場合を除き、ボリューム名はボリューム生成した名前を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区

切ったボリューム名のリストを指定できますが、新規にボリュームを作成する場合、またはボリューム名を変更する場合を除き、ボリューム名とボリューム番号を両方指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペー

スを入れないでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

36

Page 37: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.12 ホストの構文

ホスト識別子は 2 つの方法で記述できます。ホストの番号または名前のいずれかを指定する必要があります。

• ホスト番号ホスト番号は、ホスト識別子(ホストのニックネーム)の登録時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数

です。以下のホスト識別子が使用できます。

- ホスト WWN 名(ファイバチャネル)

- SAS アドレス(SAS)

- iSCSI ホスト名(iSCSI)

これを表示するには、以下のコマンドを使用します。

- show host-wwn-names

- show host-sas-addresses

- show host- iscsi-names

以下のように記述します。

- ホスト番号(1 など)

- ホスト番号のリスト(2,3 など)

- ハイフン(-)でつないだホスト番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったホスト番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペースを入れ

ないでください(1,3,10-12 など)。

• ホスト名ホスト識別子の登録時に、ホストのニックネームを指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス

名の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切ったホスト名のリストを指定で

きますが、ホスト名とホスト番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペースを入れな

いでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

37

Page 38: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.13 ホストグループの構文

ホストグループ識別子は 2 つの方法で記述できます。ホストグループの番号または名前のいずれかを指定する必要

があります。

• ホストグループ番号ホストグループ番号は、ホストグループの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。表示する

には、show host-groups コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- ホストグループ番号(1 など)

- ホストグループ番号のリスト(2,8 など)

- ハイフン(-)でつないだホストグループ番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったホストグループ番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペー

スを入れないでください(1,3,10-12 など)。

• ホストグループ名ホストグループの作成時に、ホストグループ名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名

の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切ったホストグループ名のリストを

指定できますが、ホストグループ名とホストグループ番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の

前後にスペースを入れないでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

38

Page 39: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.14 ホストレスポンスの構文

ホストレスポンス識別子は 2 つの方法で記述できます。ホストレスポンスの番号または名前のいずれかを指定する

必要があります。

• ホストレスポンス番号装置によって自動的に定義されているホストレスポンス番号を設定できます。この番号は 10 進数です。ホスト

レスポンス #0 は、システムデフォルトであるため、ユーザーは割り当てることができません。ただし、ホスト

レスポンス#0のパラメーターは変更できます。これを表示するには、show host-responseコマンドを使用します。

以下のように記述します。

- ホストレスポンス番号(1 など)

- ホストレスポンス番号のリスト(2,5 など)

- ハイフン(-)でつないだホストレスポンス番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったホストレスポンス番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にス

ペースを入れないでください(1,3,10-12 など)。

• ホストレスポンス名ホストレスポンスの登録時に、ホストレスポンス名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリア

ス名の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切ったホストレスポンス名のリ

ストを指定できますが、ホストレスポンス名とホストレスポンス番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペースを入れないでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

39

Page 40: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.15 ホストインターフェースポートの構文

ホストインターフェースポートの書式は、"xyz" または "wxyz" のように表します。

• DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F の場合

ホストインターフェースポートの書式は、3 桁の固定数で xyz のように表します。

x はコントローラーモジュール(CM)番号、y はチャネルアダプター(CA)、z はホストインターフェースポー

ト番号です。

例えば、コントローラーモジュール #1 のチャネルアダプター #1 のポート #0 は 110 として表します。

複数のパラメーターをカンマ(,)で区切って指定できます。CM#0CA#0Port#0 と CM#1CA#1Port#0 の両方を

示す場合は、-port 000,110 のように指定します。

• DX8700 S3/DX8900 S3 の場合

ホストインターフェースポートの書式は、4 桁の固定数で wxyz のように表します。

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール(CM)番号、y はチャネルア

ダプター(CA)、z はホストインターフェースポート番号です。

DX8700 S3 の場合は、w は 0 ~ 3、x は 0 ~ 1、y は 0 ~ 3、z は 0 ~ 3 の範囲で指定します。

DX8900 S3 の場合は、w は 0 ~ b(16 進数)、x は 0 ~ 1、y は 0 ~ 3、z は 0 ~ 3 の範囲で指定します。

例えば、コントローラーエンクロージャ #0、コントローラーモジュール #1、チャネルアダプター #1、ポート

#0 は、0110 として表します。

複数のパラメーターをカンマ(,)で区切って指定できます。CE#0CM#0CA#0Port#0 と

CE#1CM#0CA#1Port#0 の両方を示す場合は、-port 0000,1010 のように指定します。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

40

Page 41: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.16 ポートグループの構文

ポートグループ識別子は 2 つの方法で記述できます。ポートグループの番号または名前のいずれかを指定する必要

があります。

• ポートグループ番号ポートグループ番号は、ポートグループの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。表示する

には、show port-groups コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- ポートグループ番号(1 など)

- ポートグループ番号のリスト(2,8 など)

- ハイフン(-)でつないだポートグループ番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったポートグループ番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペー

スを入れないでください(1,3,10-12 など)。

• ポートグループ名ポートグループの作成時に、ポートグループ名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名

の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切ったポートグループ名のリストを

指定できますが、ポートグループ名とポートグループ番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の

前後にスペースを入れないでください。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

41

Page 42: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.17 LUN グループの構文

LUN グループ識別子は 2 つの方法で記述できます。LUN グループの番号または名前のいずれかを指定する必要が

あります。

• LUN グループ番号

LUN 番号は、LUN グループの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進数です。これを表示するには、

show lun-groups コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- LUN グループ番号(1 など)

- LUN グループ番号のリスト(2,8 など)

- ハイフン(-)でつないだ LUN グループ番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切った LUN グループ番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後にスペース

を入れないでください(1,3,10-12 など)。

• LUN グループ名

LUN グループの作成時に、LUN グループ名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の

構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切った LUNグループ名のリストを指定できますが、LUN グループ名と LUN グループ番号を同時に指定することはできませ

ん。カンマ(,)の前後にスペースを入れないでください。

GUI では、「アフィニティグループ番号」は「LUN グループ番号」、「アフィニティグループ名」は「LUN グ

ループ名」として表示されます。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

42

Page 43: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.18 エコモードスケジュールの構文

エコモードスケジュール識別子は 2 つの方法で記述できます。エコモードスケジュールの番号または名前のいずれ

かを指定する必要があります。

• エコモードスケジュール番号エコモードスケジュール番号は、エコモードスケジュールの作成時に自動的に作成されます。この番号は 10 進

数です。これを表示するには、show eco-schedule コマンドを使用します。

以下のように記述します。

- エコモードスケジュール番号(1 など)

- エコモードスケジュール番号のリスト(2,5 など)

- ハイフン(-)でつないだエコモードスケジュール番号 a ~ z の範囲(2-5 など)

- カンマ(,)で区切ったエコモードスケジュール番号、範囲、またはその両方のリスト。カンマ(,)の前後

にスペースを入れないでください(1,3,10-12 など)。

• エコモードスケジュール名エコモードスケジュールの作成時に、エコモードスケジュール名を指定する必要があります。構文の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。一部のコマンドではカンマ(,)で区切ったエコモー

ドスケジュール名のリストを指定できますが、エコモードスケジュール名とエコモードスケジュール番号を同時に指定することはできません。カンマ(,)の前後にスペースを入れないでください。

1.2.19 サーバの構文

サーバ識別子は 2 つの方法で記述できます。サーバの IP アドレスまたはホスト名のいずれかを指定する必要があり

ます。

1 ~ 255 文字の範囲で指定します。

使用できる文字は、半角英数字記号です。

• 半角英数字US-ASCII コードの 0x30 ~ 0x39、0x41 ~ 0x5A、0x61 ~ 0x7A です。

• 半角記号の "-"、"."、":"US-ASCII コードの 0x2D、0x2E、0x3A です。

1.2.20 ドメインの構文またはユーザー ID の構文

ドメイン名またはドメイン管理者のユーザー ID は、1 ~ 255 文字の範囲で指定します。

使用できる文字は、半角英数字記号(US-ASCII コードの 0x20 ~ 0x7E)です。

ただし、"?" (US-ASCII コードの 0x3F)、"¥" (US-ASCII コードの 0x5C)は使用できません。

一部のコマンドは、1 つのパラメーターしか指定できません。各パラメーターの説明に従って設定してくださ

い。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

43

Page 44: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.21 共有フォルダーの構文

共有フォルダー名は、 大 76 文字で指定します。

使用できる文字は、半角英数字記号(US-ASCII コードの 0x20 ~ 0x7E)です。

ただし、以下は使用できません。

• 半角記号

• 半角空白US-ASCII コードの 0x20 です。

• 文字列に "."、".."、".snap"、"global"、"homes"、"printers"、"ipc$"(英大文字小文字を区別しません)

• サフィックス 文字列に "$bak"

• プレフィックス文字列に "@gmt"(英大文字小文字を区別しません)

1.2.22 共有フォルダーの所有者名またはグループ名の構文

共有フォルダーの所有者名またはグループ名は、 大 255 文字で指定します。

使用できる文字は、半角英数字記号(US-ASCII コードの 0x20 ~ 0x7E)です。

ただし、以下は使用できません。

記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード

" 0x22 , 0x2C < 0x3C [ 0x5B

% 0x25 / 0x2F = 0x3D ¥ 0x5C

* 0x2A : 0x3A > 0x3E ] 0x5D

+ 0x2B ; 0x3B ? 0x3F | 0x7C

記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード

" 0x22 / 0x2F = 0x3D [ 0x5B

* 0x2A : 0x3A > 0x3E ] 0x5D

+ 0x2B ; 0x3B ? 0x3F | 0x7C

, 0x2C < 0x3C @ 0x40

• 以下の文字列は特殊な予約語のため、認証サーバに登録されていても、共有フォルダーの所有者名として指定できません。"shareuser$"、"bin"、"daemon"、"adm"、"lp"、"sync"、"shutdown"、"halt"、"mail"、"uucp"、"operator"、"games"、"gopher"、"ftp"、"nobody"、"vcsa"、"rpc"、"nscd"、"ntp"、"saslauth"、"mailnull"、"smmsp"、"rpcuser"、"nfsnobody"、"sshd"、"nslcd"、"tcpdump"、"oprofile"

• 以下の文字列は特殊な予約語のため、認証サーバに登録されていても、共有フォルダーのグループ名として指定できません。"shareuser$"、"bin"、"daemon"、"sys"、"adm"、"tty"、"disk"、"lp"、"mem"、"kmem"、"wheel"、"mail"、"uucp"、"man"、"games"、"gopher"、"video"、"dip"、"ftp"、"lock"、"audio"、"nobody"、"users"、"utmp"、"utempter"、"floppy"、"vcsa"、"rpc"、"nscd"、"cdrom"、"tape"、"dialout"、"ntp"、"saslauth"、"mailnull"、"smmsp"、"rpcuser"、"nfsnobody"、"sshd"、"ldap"、"tcpdump"、"oprofile"

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

44

Page 45: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.2 コマンドの構文

1.2.23 NFS 接続ホスト、CIFS 接続ホスト、または NFS/CIFS 接続ホストの構文

NFS 接続ホスト名、CIFS 接続ホスト名、または NFS/CIFS 接続ホスト名に使用できる文字は、半角英数字記号

(US-ASCII コードの 0x30 ~ 0x39、0x41 ~ 0x5A、0x61 ~ 0x7A)、および以下の記号です。

ただし、single host や FQDN のホスト名は、RFC952 に基づき、半角英数字(US-ASCII コードの 0x30 ~ 0x39、0x41 ~ 0x5A、0x61 ~ 0x7A)、"-"(US-ASCII コードの 0x2D)のみで指定します。

複数のホストをカンマ(,)で区切ることで、複数指定できます。 文字数の制限はありません(CLI コマンドの 大

長 5,120 文字で制限)。ただし、1 つのホストに指定できる文字数は 255 文字までです。

IPv4 のワイルドカード(*)指定はできません。

1.2.24 CIFS ユーザー名または CIFS グループ名の構文

CIFS ユーザー名または CIFS グループ名で使用できる文字は、半角英数字記号(US-ASCII コードの 0x20 ~ 0x7E)です。ただし、以下は使用できません。

複数のユーザー名をカンマ(,)で区切ることで、複数指定できます。 重複指定はできません。文字列は 2,048 文字

まで入力できます。英大文字小文字を区別しません。

記号 US-ASCII コード

* 0x2A

, 0x2C

- 0x2D

. 0x2E

/ 0x2F

: 0x3A

_ 0x5F

記号 US-ASCII コード 記号 US-ASCII コード

" 0x22 = 0x3D

* 0x2A > 0x3E

+ 0x2B ? 0x3F

/ 0x2F @ 0x40

: 0x3A [ 0x5B

; 0x3B ] 0x5D

< 0x3C | 0x7C

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

45

Page 46: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.3 ドライブと論理ユニットの容量

1.3 ドライブと論理ユニットの容量

ドライブと論理ユニット(RAID グループやボリュームなど)の容量は、2 進数形式で表します。

表 1.2 ドライブと論理ユニットの容量

一部の容量表示では、可読性を考慮して以下のように単位を換えて表示します。

1.4 コマンドの自動補完と履歴呼び出し

CLI は、コマンド自動補完機能とコマンド履歴呼び出し機能をサポートします。コマンド自動補完機能を使用する

と、入力した文字が少なくキーワードを一意に特定できない場合でも、入力した文字列に一致するキーワードのリストが表示されます。自動補完機能は、コマンド名、パラメーター名、およびオペランド名の入力時に使用できます。ただし、複数のオペランドをカンマ(,)で区切って指定する場合には、この機能は使用できません。また、オ

ペランドを除き、文字を 後まで入力しなくても一意のキーワードを識別できる場合は、文字列が補完された状態で処理されます。

コマンド履歴呼び出し機能には、アクティブな CLI セッションで入力されたすべてのコマンドが含まれます。履歴

からコマンドを再度呼び出し、編集してから実行できます。

使用するキーについては「1.5 編集キーの割り当て」(P.47) を参照してください。

単位 2 進数形式の容量

キロバイト(KB) 1,024 バイト

メガバイト(MB) 1,024K バイト(1,048,576 バイト)

ギガバイト(GB) 1,024M バイト(1,073,741,824 バイト)

テラバイト(TB) 1,024G バイト(1,099,511,627,776 バイト)

ペタバイト(PB) 1,024T バイト(1,125,899,906,842,624 バイト)

0.00KB ~ 1023.99KB

1.00MB ~ 1023.99MB

1.00GB ~ 1023.99GB

1.00TB ~ 1023.99TB

1.00PB ~

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

46

Page 47: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.5 編集キーの割り当て

1.5 編集キーの割り当て

CLI では、以下のコマンド編集機能のキー割り当てをサポートしています。

表 1.3 編集キーの割り当て一覧

機能 使用するキー

一部のみ入力したキーワードの補完 Tab

履歴から 1 つ前のコマンドを呼び出し ↑または Ctrl-P または Ctrl-p

履歴から 1 つ後のコマンドを呼び出し ↓または Ctrl-N または Ctrl-n

カーソルを左に移動 ←または Ctrl-B または Ctrl-b

カーソルを右に移動 →または Ctrl-F または Ctrl-f

1 つ前の単語に移動 Esc-B または Esc-b

1 つ後の単語に移動 Esc-F または Esc-f

カーソルを先頭行に移動 Ctrl-A または Ctrl-a

カーソルを 終行に移動 Ctrl-E または Ctrl-e

カーソル位置にある文字と 1 つ前の文字を入れ替え Ctrl-T または Ctrl-t

カーソル位置にある文字を削除 Ctrl-D または Ctrl-d

カーソル位置の 1 つ前にある文字を削除 Ctrl-H または Ctrl-h

カーソル位置までの単語を削除 Ctrl-W または Ctrl-w

カーソル位置から単語の末尾までを削除 Esc-D または Esc-d

カーソル位置までのテキストを削除 Ctrl-U または Ctrl-u

カーソル位置から行の末尾までを削除 Ctrl-K または Ctrl-k

カーソル位置から単語の末尾までを大文字に変換 Esc-C または Esc-c

カーソル位置から単語の末尾までを小文字に変換 Esc-L または Esc-l

コマンドを入力してプロンプトを再表示 Ctrl-Z または Ctrl-z

入力行のリフレッシュ Ctrl-L または Ctrl-l

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

47

Page 48: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.6 コマンドヘルプの表示

1.6 コマンドヘルプの表示

CLI コマンド名またはパラメーター名のあとに疑問符(?)を入力すると、簡単な説明を参照できます。また、help

コマンドを使用すると、コマンドの構文を参照することもできます。詳細は、help コマンドを参照してください。

# 疑問符(?)だけを入力すると、すべての動詞のリストが表示される。CLI> ? copy - copy create - create delete - delete discover - discover exit - Exit the CLI sessions. . . . (中略)

# s? と入力すると、s で始まるすべての動詞が表示される。CLI> s?set show start stop

# show ?(show と ? の間にスペース)と入力すると、該当するのは show コマンドしかないため、show コマンドのすべて

の目的語が表示される。CLI> show ? advanced-copy-licens - Display the Extended Advanced Copy license status. advanced-copy-parame - Display the Advanced Copy parameters. advanced-copy-policy - Display the currently registered Advance Copy policy. advanced-copy-sessio - Display the list of Advance Copy sessions. lun-groups - Display a list of lun groups or display the details of a specified lun group. . . . (中略)

# show m? と入力すると、show コマンドの m で始まるすべての目的語が表示される。CLI> show m?mapping migration

# create raid-group ?(create raid-group と ? の間にスペース)と入力すると、create raid-group コマンドで指定できるパラ

メーターが表示される。# 大カッコ( [ ] )で囲まれたパラメーターは省略可能。それ以外のパラメーターはすべて必須。CLI> create raid-group ? -name - Name of a RAID group -disks - Disks to use in the RAID group -level - RAID level [-assigned-cm] - Assigned controller for the RAID group

# パラメーターとコマンド名が長いと 20 文字でカットされ、以下の例のように表示される。

# 疑問符の前には 1 つ以上のスペースが必要。CLI> show host-response ? [-host-response-num - Host response numbers to display details [-host-response-nam - Host response names to display details

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

48

Page 49: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.7 エラーメッセージの書式

1.7 エラーメッセージの書式

この項では、CLI で出力されるエラーメッセージについて説明します。情報表示の show コマンド以外は、CLI コマ

ンドが正常終了した場合は端末には何も出力されません。CLI プロンプトは次の行に改行されます。ただし、エラー

が発生すると、以下のサンプル書式に示すようなエラーメッセージが出力されます。エラーメッセージの詳細は、

「付録 A エラーメッセージ/エラーコード」(P.1164) を参照してください。

A: エラーメッセージ番号(E+4 桁の固定番号)

B: エラーメッセージ

C: 内部エラーコード(4 桁の固定番号 + ハイフン +4 桁の固定番号)

D: 詳細(パラメーターなど)

ただし、エラーメッセージ番号が表示されないメッセージもあります。カレット(^)が一緒に表示されている場合

がこれに該当します。これは、入力文字列に構文エラーがあることを意味し、その位置を示しています。エラーメッセージとカレット(^)に従って入力パラメーターを確認してください。

以下に例を示します。

1.8 複数セッション

CLI の 大同時接続数は 16 セッションです(Software Role によるアクセスも含まれます)。ただし、排他リソース

に対するアクセスが GUI やほかの CLI セッションと競合する場合があります。 排他制御によりリソースがロックさ

れている場合、コマンドはエラー終了し、エラーメッセージが表示されます。この場合、ロックしている GUI やほ

かの CLI セッションの処理が完了するのを待ってから、コマンドを再度実行してください。また、set clienv-force-unlock コマンドを使用してリソースを強制的に解放することもできます。この方法は、ターミナルが突然切断され

た場合や予期しないエラーが発生した場合に有効です。

Error: E0019 Inconsistent parameter. A B [001C-0002] -disks 003 C D

CLI> create raid-group -a ^Error: Missing parameter data

CLI> show disks -de 1 -de 2 ^

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

49

Page 50: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 1 章 概要

1.9 スレーブコントローラーのログイン

1.9 スレーブコントローラーのログイン

ETERNUS DX/AF では、常に 1 つのコントローラーがマスタ、それ以外のコントローラーがスレーブになります。

基本的には、マスタ CM にログインすると、すべての機能を実行できます。ただし、何らかのトラブルが発生した

場合には、マスタ CM に正常に接続できなくなることがあります。このような場合には、冗長 IP アドレスが事前に

設定されていれば、その冗長 IP アドレスに従ってスレーブ CM にログインし、change master コマンドを使用して

マスタ CM に強制的に切り替えることができます。このコマンドは、保守作業権限でログインし、かつスレーブ CMの場合のみ使用できます。また、show で始まるコマンドを使用してコンポーネントの状態を確認することもでき

ます。show で始まるコマンドの中には使用できないものもあります。使用できないコマンドを入力すると、コマ

ンドは異常終了してエラーメッセージが表示されます。

1.10 CLI のユーザー権限

ユーザーのアクセスレベルは、ロールとユーザー権限で管理します。ロールとユーザー権限の詳細は、「5.1 ユー

ザー管理」(P.590) を参照してください。

1.11 FTP サーバ指定時の注意事項

FTP サーバを使用する CLI コマンドでは、Ethernet ポートの指定が必要です。

ドメイン名形式でFTPサーバを指定した場合、指定されたEthernetポートのDNSサーバによって名前解決されます。

1.12 コマンドの説明

これ以降の説明では、機能ごとにコマンドについて説明します。各コマンドのトピックには、以下に示す項目が 1つ以上含まれます。

• 説明コマンドの機能についての説明

• 構文コマンドの構文

• パラメーターの説明パラメーターについての説明

• 出力の説明(参照コマンドのみ)コマンドで表示される情報についての説明

• 例コマンドの使用方法に関する例(複数)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

50

Page 51: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章

ステータスの表示

本章では、装置の各コンポーネントのステータスの表示に関連するコマンドについて説明します。

2.1 装置のステータス

本節では、装置のステータスを表示する以下のコマンドについて説明します。

• 総合ステータス

• エンクロージャのステータス

• コントローラーエンクロージャのコンポーネントのステータス

表示項目 コマンドの構文

総合ステータス show status

表示項目 コマンドの構文

各エンクロージャの代表ステータス show enclosure-status

コントローラーエンクロージャのステータス show enclosure-status -type ce

ドライブエンクロージャのステータス show enclosure-status -type de-de enclosure_number

コントローラーエンクロージャとすべてのドライブエンクロージャのステータス

show enclosure-status -type all

表示項目 コマンドの構文

コントローラーモジュールのステータス show fru-ce -type {cm0|cm1}

コントローラーエンクロージャ内の PSU のステータス show fru-ce -type {psu0|psu1}

特定のコントローラーエンクロージャのステータス show fru-ce -type { ce0 | ce1 | ce2 | ce3 | ce4 | ce5 | ce6 | ce7 | ce8 | ce9 | cea | ceb }

コントローラーエンクロージャ内の特定の CM の

ステータス

show fru-ce -type { ce0cm0 | ce0cm1 | ce1cm0 | ce1cm1 |ce2cm0 | ce2cm1 | ce3cm0 | ce3cm1 | ce4cm0 | ce4cm1 | ce5cm0 | ce5cm1 | ce6cm0 | ce6cm1 | ce7cm0 | ce7cm1 | ce8cm0 | ce8cm1 | ce9cm0 | ce9cm1 | ceacm0 | ceacm1 | cebcm0 | cebcm1}

コントローラーエンクロージャ内の特定の PSU の

ステータス

show fru-ce -type { ce0psu0 | ce0psu1 | ce1psu0 | ce1psu1 | ce2psu0 | ce2psu1 | ce3psu0 | ce3psu1 | ce4psu0 | ce4psu1 | ce5psu0 | ce5psu1 | ce6psu0 | ce6psu1 | ce7psu0 | ce7psu1 | ce8psu0 | ce8psu1 | ce9psu0 | ce9psu1 | ceapsu0 | ceapsu1 | cebpsu0 | cebpsu1}

コントローラーエンクロージャ内のすべてのコンポーネントのステータス

show fru-ce

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

51

Page 52: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス

• フロントエンドエンクロージャのコンポーネントのステータス

• ドライブエンクロージャのコンポーネントのステータス

• ドライブのステータス

• ハードウェア情報

表示項目 コマンドの構文

フロントエンドエンクロージャ内の SVC のステータス show fru-fe -type {svc0|svc1}

フロントエンドエンクロージャ内の FRT のステータス show fru-fe -type {frt0|frt1|frt2|frt3}

フロントエンドエンクロージャ内の PSU のステータス show fru-fe -type {psu0|psu1|psu2|psu3}

フロントエンドエンクロージャ内のすべてのコンポーネントのステータス

show fru-fe

表示項目 コマンドの構文

ドライブエンクロージャ内のエクスパンダーのステータス

show fru-de -de enclosure_number -type {exp0|exp1}

すべてのドライブエンクロージャ内のすべてのエクスパンダーのステータス

show fru-de -type {exp0|exp1}

ドライブエンクロージャ内のファンエクスパンダーモジュールのステータス

show fru-de-de enclosure_number -type {fem0|fem1}

すべてのドライブエンクロージャ内のすべての ファン

エクスパンダーモジュールのステータス

show fru-de -type {fem0|fem1}

ドライブエンクロージャ内の PSU のステータス show fru-de -de enclosure_number -type {psu0|psu1|psu2|psu3}

すべてのドライブエンクロージャ内のすべての PSU の

ステータス

show fru-de -type {psu0|psu1|psu2|psu3}

特定のドライブエンクロージャ内のすべてのコンポーネントのステータス

show fru-de -de enclosure_number

すべてのドライブエンクロージャ内のすべてのコンポーネントのステータス

show fru-de

表示項目 コマンドの構文

未定義のすべてのドライブのステータス show disks -type undefined

コントローラーエンクロージャ内のすべてのドライブのステータス

show disks -type ce

ドライブエンクロージャ内のすべてのドライブのステータス

show disks -type de -de enclosure_number

特定のドライブの詳細 show disks -disks disks

すべてのドライブの詳細 show disks -disks all

すべてのドライブのプロダクト ID show disks -disks productid

表示項目 コマンドの構文

ハードウェア情報 show hardware-information

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

52

Page 53: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show status

show status

総合ステータスを表示します。ホストサーバからアクセスできるかどうかではなく、装置内の異常コンポーネントまたは警告コンポーネントの有無を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show status

項目名 意味

Summary status 装置の総合ステータスが表示されます。

Empty 未定義・未実装

Normal 正常

Pinned Data PIN データが存在

Unused 未定義実装部品が存在

Warning 予防保守対象部品が存在

Maintenance 保守処理中

Error 異常部品が存在

Loop Down BackEnd Down 状態

Not Ready 装置は異常を検出して、ホストからのアクセスが正常に受け付けられない状態

Subsystem Down 装置使用不可

Change Assigned CM CM 活性増設リカバリーが必要

総合ステータスを表示します。

CLI> show statusSummary Status [Normal]

CLI> show statusSummary Status [Error]

CLI> show statusSummary Status [Warning]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

53

Page 54: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

show enclosure-status

コントローラーエンクロージャ、フロントエンドエンクロージャ、またはドライブエンクロージャのステータスの詳細を表示します。パラメーターを省略すると、装置に設定されている代表的な情報が表示されます。表示される情報については、出力情報を参照してください。

■ 構文

■ パラメーター

show enclosure-status [-type { all | ce | fe | de [-ce enclosure_number] [-de enclosure_number]} ]

-type 省略可能です。エンクロージャのタイプを指定します。省略すると、装置に設定されている代表的な情報が表示されます。表示される情報については、出力情報を参照してください。

all コントローラーエンクロージャとすべてのドライブエンクロージャの両方のステータスの詳

細が表示されます。

ce コントローラーエンクロージャのステータスの詳細が表示されます。

fe フロントエンドエンクロージャのステータスの詳細が表示されます(DX8700 S3/DX8900 S3のみ)。

de 指定したドライブエンクロージャのステータスの詳細が表示されます。

-ce 省略可能です。-type に ce を指定した場合のみ、コントローラーエンクロージャ番号を指定できます

(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)。指定方法の詳細は、「1.2.3 コントローラーエンクロージャの構文」

(P.30) を参照してください。

省略すると、すべてのコントローラーエンクロージャを選択したものとして処理されます。

例: -type ce -ce 1  (コントローラーエンクロージャ #1 を指定する場合)

-de 省略可能です。-type に de を指定した場合のみ、ドライブエンクロージャ番号を指定できます。指定

方法の詳細は、「1.2.4 ドライブエンクロージャの構文」(P.30) を参照してください。省略すると、す

べてのドライブエンクロージャを選択したものとして処理されます。

例: -type de -de 1  (ドライブエンクロージャ #1 を指定する場合)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

54

Page 55: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

■ 出力

すべてのパラメーターを省略した場合の出力情報を以下に示します。

項目名 意味

Storage System Name 装置名

Model Upgrade Status モデルのアップグレードステータス。モデルがアップグレード可能かどうか、またはアップグレードされているかどうかを示します。モデルがアップグレードされている場合は「Upgraded」が表示されます。アップグレード未実施の場合は「Not Upgraded」が表示され

ます。アップグレードを実施できないモデルの場合は「Not Possible」が表示されます。

Model Name 装置のモデル名

Serial Number 装置のシリアルナンバー

Device Identification Number デバイス ID。ETERNUS Multipath Driver またはほかの外部ソフトウェアが、装置を識別す

るために使用します。

Status 総合ステータス

Cache Mode キャッシュ制御モード(「Write Back Mode」または「Write Through(factors)」)Write Through Mode の場合、「(factors)」に要因が表示されます。

すべての CM の要因をまとめ、要因が複数ある場合はスラッシュ(/)で区切って表示され

ます。

Write Through(Pinned Data)

大量の PIN データが発生した。

Write Through(Battery) バッテリーの充電率が低い。

Write Through(Maintenance)

以下の保守系機能が動作中です。

• 活性コントローラーファームウェア適用

• RAID グループの担当 CM 変更

• CM 活性増設

Write Through(1CM) 装置が 1CM で動作している。

Remote Support リモートサポートの状態(「Operating」(動作中)、「Maintenance」(メンテナンス)、

「Stopping」(停止中)または「Not yet Set」(未設定))

「Stopping」は一時的に停止しているステータスを示します。

Operation Mode 動作モード(「Normal」(通常状態)、「Maintenance Mode」(メンテナンス状態))

CLI Connecting Controller Module

CLI 接続がアクティブなコントローラーモジュール

Firmware Version 現在のファームウェア版数

例:Firmware Version [V10L10-0000 for Unified storage]  (ユニファイドストレージの場合)

 :Firmware Version [V10L10-0000] (ユニファイドストレージ以外の場合)

Controller Enclosure コントローラーエンクロージャの総合ステータス

Frontend Enclosure フロントエンドエンクロージャの総合ステータス(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

Drive Enclosure #n ドライブエンクロージャの総合ステータス。フィールド内の文字列 #n は、ドライブエンク

ロージャ番号を示します。

例:Drive Enclosure #01 (2.5" 24DE) [ status ]  (ドライブエンクロージャ #01(ドライブ 24 台搭載用 2.5 インチ DE)のステータスの

場合)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

55

Page 56: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

コントローラーエンクロージャ内のコンポーネントに関する出力情報を以下に示します。

フロントエンドエンクロージャ内のコンポーネントに関する出力情報を以下に示します(DX8700 S3/DX8900 S3の場合のみ)。

項目名 意味

Intake Temp 外気温度のステータス、ステータスコード、外気温度の値。コントローラーエンクロージャは外気温度センサー装置を 2 つ搭載することで冗長化されており、それぞれの外気温度センサー

装置に温度(℃)が表示されます。センサー装置が測定不可になると Failed が表示されます。

これはセンサー装置の故障を示します。

Exhaust Temp 内気温度のステータス、ステータスコード、内気温度の値。コントローラーエンクロージャは内気温度センサー装置を 2 つ搭載することで冗長化されており、それぞれの内気温度センサー

装置に温度(℃)が表示されます。センサー装置が測定不可になると Failed が表示されます。

これはセンサー装置の故障を示します。

CM#n コントローラーモジュールのステータスとステータスコード。フィールド内の文字列 #n は、コ

ントローラーモジュール番号を示します。例:CM#1 [Status / Status Code]  (コントローラーモジュール #1 の場合)

CM#n PFM#m コントローラーモジュールの PCIe Flash Module のステータスとステータスコード(DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3 および DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)。

フィールド内の文字列 #n はコントローラーモジュール番号を、#m は PCIe Flash Module 番号

を示します。

PSU#n PSU(Power Supply Unit)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Power Supply Unit 番号を示します。

例:PSU#1 [Status / Status Code]  (Power Supply Unit#1)

CE-DISK#xyy ドライブのステータス(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の場合のみ)

例:CE-Disk#1 [ status ]  (ドライブ #001 のステータス)

  (指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照)

項目名 意味

Intake Temp 外気温度のステータス、ステータスコード、外気温度の値。コントローラーエンクロージャは外気温度センサー装置を 2 つ搭載することで冗長化されており、それぞれの外気温度センサー

装置に温度(℃)が表示されます。センサー装置が測定不可になると Failed が表示されます。

これはセンサー装置の故障を示します。

Exhaust Temp 内気温度のステータスとステータスコード。フロントエンドエンクロージャの内気温度の値は表示されません。

FRT#n FRT(Front End Router)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Front End Router 番号を示します。

SVC#n SVC(Service Controller)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Service Controller 番号を示します。

FANU#n FANU(Fan Unit)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Fan Unit 番号を示します。

OPNL OPNL(Operation panel)のステータスとステータスコード。

PSU#n フロントエンドエンクロージャ PSU(Power Supply Unit)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Power Supply Unit 番号を示します。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

56

Page 57: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

ドライブエンクロージャ内のコンポーネントに関する出力情報を以下に示します。

■ 例

項目名 意味

Intake Temp 外気温度のステータス、ステータスコード、外気温度の値。コントローラーエンクロージャは外気温度センサー装置を 2 つ搭載することで冗長化されており、それぞれの外気温度センサー

装置に温度(℃)が表示されます。センサー装置が測定不可になると Failed が表示されます。

これはセンサー装置の故障を示します。

Exhaust Temp 内気温度のステータスとエラーコード。内気温度の値は表示されません。

IOM#n I/O モジュールのステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、I/O モジュール番号を示します。

FEM#n ファンエクスパンダーモジュールのステータスとステータスコード(高密度 DE のみ表示)。

フィールド内の文字列 #n は、ファンエクスパンダーモジュール番号を示します。

FEM#1 は、CM 数にかかわらず表示されます。

FEM#n EXP#m ファンエクスパンダーモジュールの中のエクスパンダーのステータスとステータスコード(高密度 DE のみ表示)。

フィールド内の文字列 #n はファンエクスパンダーモジュール番号を、#m はエクスパンダー番

号を示します。FEM#1 EXP#0 および FEM#1 EXP#1 は、CM 数にかかわらず表示されます。

PSU#n ドライブエンクロージャ PSU(Power Supply Unit)のステータスとステータスコード。

フィールド内の文字列 #n は、Power Supply Unit 番号を示します。

PSU#2 および PSU#3 は、高密度 DE のみ表示されます。

DE-DISK#xyy ドライブのステータス例: DE#1-Disk#1 [ status ]  (ドライブ #101 のステータスの場合)

  (指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照)

パラメーターを指定しない場合の出力情報の例です(DX100 S3/DX200 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-statusEnclosure View Storage System Name [ETERNUS DX100] Model Upgrade Status [Not Possible] Model Name [ET06F21A] Serial Number [000000] Device Identification Number [010000] Status [Normal] Cache Mode [Write Back Mode] Remote Support [Not yet Set] Operation Mode [Maintenance Mode] CLI Connecting Controller Module [CM#0] Firmware Version [V10L11-0000]

Controller Enclosure (3.5") [Normal] Drive Enclosure #01 (2.5" 24DE) [Error] Drive Enclosure #02 (3.5" 12DE) [Error] Drive Enclosure #03 (3.5" 60DE) [Error]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

57

Page 58: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

パラメーターを指定しない場合の出力情報の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-statusEnclosure View Storage System Name [ETERNUS DX8900] Model Upgrade Status [Not Possible] Model Name [ET873SA] Serial Number [000000] Device Identification Number [010000] Status [Normal] Cache Mode [Write Back Mode] Remote Support [Not yet Set] Operation Mode [Maintenance Mode] CLI Connecting Controller Module [CE#0 CM#0] Firmware Version [V10L40-0000]

Controller Enclosure #0 [Normal] Frontend Enclosure [Normal] Drive Enclosure #00 (2.5" 24DE) [Error] Drive Enclosure #01 (3.5" 12DE) [Error] Drive Enclosure #02 (3.5" 60DE) [Error]

コントローラーエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type ceController Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] Disk Status CE-Disk#0 [Rebuild/Copyback ] CE-Disk#1 [Rebuild/Copyback ] CE-Disk#2 [Available ] CE-Disk#3 [Broken ] CE-Disk#4 [Available ] CE-Disk#5 [Available(Predictive Failure)] CE-Disk#6 [Available(Predictive Failure)] CE-Disk#7 [Present ] CE-Disk#8 [Present ] CE-Disk#9 [Present ] CE-Disk#10 [Present ] CE-Disk#11 [Spare ]

コントローラーエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX500 S4/DX600 S4 および DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type ceController Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] PCIe Flash Module Status/Status Code CM#0 PFM#0 [Normal / 0xE001] CM#0 PFM#1 [Normal / 0xE001] CM#1 PFM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 PFM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

58

Page 59: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

コントローラーエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX8100 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type ceController Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001]Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

コントローラーエンクロージャ #0 を指定した場合の出力情報の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type ce -ce 0Controller Enclosure #0 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 20 (C) / 20 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure #0 Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] PCIe Flash Module Status/Status Code CM#0 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#0 PFM#1 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#1 [Undefined / 0x6000] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

フロントエンドエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type feFrontend Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 20 (C) / 20 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Frontend Enclosure Status Front End Router Status/Status Code FRT#0 [Normal / 0xE001] FRT#1 [Normal / 0xE001] FRT#2 [Normal / 0xE001] FRT#3 [Normal / 0xE001] Service Controller Status/Status Code SVC#0 [Normal / 0xE001] SVC#1 [Normal / 0xE001] FAN Unit Status/Status Code FANU#0 [Normal / 0xE001] FANU#1 [Normal / 0xE001] FANU#2 [Normal / 0xE001] FANU#3 [Normal / 0xE001] Operation Panel Status/Status Code OPNL [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] PSU#2 [Normal / 0xE001] PSU#3 [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

59

Page 60: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

ドライブエンクロージャ #1 を指定した場合の出力情報の例です。

CLI> show enclosure-status -type de -de 1Drive Enclosure #01 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Drive Enclosure #01 Status I/O Module Status/Status Code IOM#0 [Normal / 0xE001] IOM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]Disk Status DE#01-Disk#0 [Available ] DE#01-Disk#1 [Available ] DE#01-Disk#2 [Available ] DE#01-Disk#3 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#4 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#5 [Available ] DE#01-Disk#6 [Available ] DE#01-Disk#7 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#8 [Available ] DE#01-Disk#9 [Available ] DE#01-Disk#10 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#11 [Broken ]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

60

Page 61: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

ドライブエンクロージャ #1 を指定した場合の出力情報の例です(高密度 DE の場合)。

CLI> show enclosure-status -type de -de 1Drive Enclosure #01 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Drive Enclosure #01 Status I/O Module Status/Status Code IOM#0 [Normal / 0xE001] IOM#1 [Normal / 0xE001] Fan Expander Module Status/Status Code FEM#0 [Normal / 0xE001] FEM#0 EXP#0 [Normal / 0xE001] FEM#0 EXP#1 [Normal / 0xE001] FEM#1 [Normal / 0xE001] FEM#1 EXP#0 [Normal / 0xE001] FEM#1 EXP#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] PSU#2 [Normal / 0xE001] PSU#3 [Normal / 0xE001] Disk Status DE#01-Disk#0 [Available ] DE#01-Disk#1 [Available ] DE#01-Disk#2 [Available ] DE#01-Disk#3 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#4 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#5 [Available ] DE#01-Disk#6 [Available ] DE#01-Disk#7 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#8 [Available ] DE#01-Disk#9 [Available ] DE#01-Disk#10 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#11 [Broken ] DE#01-Disk#12 [Available ] DE#01-Disk#13 [Available ] DE#01-Disk#14 [Available ] DE#01-Disk#15 [Available ] DE#01-Disk#16 [Available ] DE#01-Disk#17 [Available ] DE#01-Disk#18 [Available ] DE#01-Disk#19 [Available ] DE#01-Disk#20 [Available ] DE#01-Disk#21 [Available ] DE#01-Disk#22 [Available ] DE#01-Disk#23 [Available ] DE#01-Disk#24 [Available ] DE#01-Disk#25 [Available ] DE#01-Disk#26 [Available ] DE#01-Disk#27 [Available ] DE#01-Disk#28 [Available ] DE#01-Disk#29 [Available ] DE#01-Disk#30 [Available ] DE#01-Disk#31 [Available ] DE#01-Disk#32 [Available ] DE#01-Disk#33 [Available ] DE#01-Disk#34 [Available ] DE#01-Disk#35 [Available ] DE#01-Disk#36 [Available ] DE#01-Disk#37 [Available ] DE#01-Disk#38 [Available ] DE#01-Disk#39 [Available ] DE#01-Disk#40 [Available ] DE#01-Disk#41 [Available ] DE#01-Disk#42 [Available ] DE#01-Disk#43 [Available ] DE#01-Disk#44 [Available ] DE#01-Disk#45 [Available ] DE#01-Disk#46 [Available ] DE#01-Disk#47 [Available ] DE#01-Disk#48 [Available ] DE#01-Disk#49 [Available ] DE#01-Disk#50 [Available ] DE#01-Disk#51 [Available ] DE#01-Disk#52 [Available ] DE#01-Disk#53 [Available ] DE#01-Disk#54 [Available ] DE#01-Disk#55 [Available ] DE#01-Disk#56 [Available ] DE#01-Disk#57 [Available ] DE#01-Disk#58 [Available ] DE#01-Disk#59 [Available ]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

61

Page 62: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

すべてのエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S4/DX600S4、および DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type allController Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] Disk Status CE-Disk#0 [Rebuild/Copyback ] CE-Disk#1 [Rebuild/Copyback ] CE-Disk#2 [Available ] CE-Disk#3 [Broken ] CE-Disk#4 [Available ] CE-Disk#5 [Available(Predictive Failure)] CE-Disk#6 [Available(Predictive Failure)] CE-Disk#7 [Present ] CE-Disk#8 [Present ] CE-Disk#9 [Present ] CE-Disk#10 [Present ] CE-Disk#11 [Spare ]

Drive Enclosure #01 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Drive Enclosure #01 Status I/O Module Status/Status Code IOM#0 [Normal / 0xE001] IOM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] Disk Status DE#01-Disk#0 [Available ] DE#01-Disk#1 [Available ] DE#01-Disk#2 [Available ] DE#01-Disk#3 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#4 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#5 [Available ] DE#01-Disk#6 [Available ] DE#01-Disk#7 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#8 [Available ] DE#01-Disk#9 [Available ] DE#01-Disk#10 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#11 [Broken ]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

62

Page 63: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

すべてのエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX8100 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type allController Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 -

Controller Enclosure Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

Drive Enclosure #01 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 -

Drive Enclosure #01 Status I/O Module Status/Status Code IOM#0 [Normal / 0xE001] IOM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] Disk Status DE#01-Disk#0 [Available ] DE#01-Disk#1 [Available ] DE#01-Disk#2 [Available ] DE#01-Disk#3 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#4 [Rebuild/Copyback ] DE#01-Disk#5 [Available ] DE#01-Disk#6 [Available ] DE#01-Disk#7 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#8 [Available ] DE#01-Disk#9 [Available ] DE#01-Disk#10 [Available(Predictive Failure)] DE#01-Disk#11 [Broken ]

すべてのエンクロージャを指定した場合の出力情報の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show enclosure-status -type allController Enclosure #0 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 20 (C) / 20 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure #0 Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] PCIe Flash Module Status/Status Code CM#0 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#0 PFM#1 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#1 [Undefined / 0x6000] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

Controller Enclosure #1 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 20 (C) / 20 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 25 (C) / 25 (C)

Controller Enclosure #1 Status Controller Module Status/Status Code CM#0 [Normal / 0xE001] CM#1 [Normal / 0xE001] PCIe Flash Module Status/Status Code CM#0 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#0 PFM#1 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#0 [Undefined / 0x6000] CM#1 PFM#1 [Undefined / 0x6000]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

63

Page 64: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show enclosure-status

Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001]

Frontend Enclosure Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 20 (C) / 20 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Frontend Enclosure Status Front End Router Status/Status Code FRT#0 [Normal / 0xE001] FRT#1 [Normal / 0xE001] FRT#2 [Normal / 0xE001] FRT#3 [Normal / 0xE001] Service Controller Status/Status Code SVC#0 [Normal / 0xE001] SVC#1 [Normal / 0xE001] FAN Unit Status/Status Code FANU#0 [Normal / 0xE001] FANU#1 [Normal / 0xE001] FANU#2 [Normal / 0xE001] FANU#3 [Normal / 0xE001] Operation Panel Status/Status Code OPNL [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] PSU#2 [Normal / 0xE001] PSU#3 [Normal / 0xE001]

Drive Enclosure #00 Information Location Status Error Code Sensor 1 / Sensor 2 Intake Temp Normal 0x0000 29 (C) / 29 (C) Exhaust Temp Normal 0x0000 - / -

Drive Enclosure #00 Status I/O Module Status/Status Code IOM#0 [Normal / 0xE001] IOM#1 [Normal / 0xE001] Power Supply Unit Status/Status Code PSU#0 [Normal / 0xE001] PSU#1 [Normal / 0xE001] Disk Status DE#00-Disk#0 [Available ] DE#00-Disk#1 [Available ] DE#00-Disk#2 [Available ] DE#00-Disk#3 [Available ] DE#00-Disk#4 [Present ] DE#00-Disk#5 [Present ] DE#00-Disk#6 [Present ] DE#00-Disk#7 [Present ] DE#00-Disk#8 [Present ] DE#00-Disk#9 [Present ] DE#00-Disk#10 [Present ] DE#00-Disk#11 [Present ]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

64

Page 65: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

show fru-ce

コントローラーエンクロージャのコンポーネント(保守部品ユニット:FRU)のステータスを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

show fru-ce [-type {cm0 | cm1 | psu0 | psu1 | ce0 | ce1 | ce2 | ce3 | ce4 | ce5 | ce6 | ce7 | ce8 | ce9 | cea | ceb |ce0cm0 | ce0cm1 | ce1cm0 | ce1cm1 |ce2cm0 | ce2cm1 | ce3cm0 | ce3cm1 | ce4cm0 | ce4cm1 | ce5cm0 |ce5cm1 | ce6cm0 | ce6cm1 | ce7cm0 | ce7cm1 | ce8cm0 | ce8cm1 | ce9cm0 | ce9cm1 | ceacm0 | ceacm1 |cebcm0 | cebcm1 | ce0psu0 | ce0psu1 | ce1psu0 | ce1psu1 | ce2psu0 | ce2psu1 | ce3psu0 | ce3psu1 | ce4psu0 |ce4psu1 | ce5psu0 | ce5psu1 | ce6psu0 | ce6psu1 | ce7psu0 | ce7psu1 | ce8psu0 | ce8psu1 | ce9psu0 | ce9psu1 |ceapsu0 | ceapsu1 | cebpsu0 | cebpsu1}]

-type 省略可能です。コントローラーエンクロージャに組み込まれた各コンポーネントの詳細およびステータスを表示する対象コンポーネント(FRU)の名前を指定します。ただし、同時に指定できるパラ

メーターは 1 つだけです。省略すると、すべての FRU が表示されます。

cmX コントローラーモジュールユニット #X とその内部のサブコンポーネントの詳細および

ステータス(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および

DX200F のみ)

psuX PSU#X の詳細およびステータス

(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および

DX200F のみ)

ceW コントローラーエンクロージャ #W とその内部のサブコンポーネントの詳細およびス

テータス(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

指定方法の詳細は、「1.2.3 コントローラーエンクロージャの構文」(P.30) を参照してく

ださい。

ceWcmX コントローラーエンクロージャ #W、コントローラーモジュールユニット #X と、その

内部のサブコンポーネントの詳細およびステータス(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

ceWpsuX コントローラーエンクロージャ #W と PSU#X の詳細およびステータス

(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

65

Page 66: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

■ 出力

コントローラーエンクロージャ、コントローラーモジュールとその内部のサブコンポーネントに関する出力情報を以下に示します。

項目名 意味

CE#W Information W:コントローラーエンクロージャ番号

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

Cache Mode キャッシュ制御モード(「Write Back Mode」または「Write Through(factors)」)Write Through Mode の場合、「(factors)」に要因が表示されます。

表示対象のコントローラーエンクロージャ内の、すべての CM の要因をまとめ、要

因が複数ある場合はスラッシュ(/)で区切って表示されます。

Write Through(Pinned Data) 大量の PIN データが発生した。

Write Through(Battery) バッテリーの充電率が低い。

Write Through(Maintenance) 以下の保守系機能が動作中です。

• 活性コントローラーファームウェア適用

• RAID グループの担当 CM 変更

• CM 活性増設

Write Through(1CM) 装置が 1CM で動作している。

(CE#W) CM#X Information W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される)

CPU Status/Status Code コントローラーモジュール(CM#X)のステータスとステータスコード

Memory Size コントローラーモジュールに搭載されているメモリサイズ

Parts Number パーツ番号

Serial Number シリアルナンバー

Hardware Revision ハードウェア版数

CPU Clock CPU のクロック周波数

CM Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

CM Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

BIOS Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

BIOS Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

CM EXP Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

CM EXP Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

NAS Engine Information ユニファイドストレージの場合に表示します。

Status/Status Code NAS 機能のステータスおよびステータスコード

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

66

Page 67: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

(CE#W) CM#X Internal Parts Status and Status Code

W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される)

Memory# メモリのステータスとステータスコード

Memory# Parts Number メモリのパーツ番号

Memory# Serial Number メモリのシリアルナンバー

Memory# Hard Revision メモリのハードウェア版数

BUD# BUD(Bootup and Utility Device)のステータスとステータスコード

BUD# Parts Number BUD のパーツ番号

BUD# Serial Number BUD のシリアルナンバー

BUD# Hard Revision BUD のハードウェア版数

CM FAN コントローラーモジュールファンのステータスとステータスコード(DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3、および AF650 S2/AF650 の場合のみ)

CA# Parts Number チャネルアダプターのパーツ番号

CA# Serial Number チャネルアダプターのシリアルナンバー

CA# Hard Revision チャネルアダプターのハードウェア版数

CA Slot# チャネルアダプタースロットのステータスとステータスコード

DMA Port# DMA ポートのステータスとステータスコード

(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、およ

び DX200F の場合のみ)

Frontend Cable(FRT#) フロントエンドケーブルのステータスとステータスコード(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

BIOS# BIOS のステータスとステータスコード

CM EXP コントローラーモジュールエクスパンダーのステータスとステータスコード

CM EXP InPort# コントローラーモジュールエクスパンダー InPort のステータスとステータスコード

SAS Cable# (OUT) SAS ケーブル(出力)のステータスとステータスコード

Management Cable(SVC#) マネジメントケーブルのステータスとステータスコード(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

CM RTC コントローラーモジュール RTC のステータスとステータスコード

CM NVRAM コントローラーモジュール NVRAM のステータスとステータスコード

CM FPGA コントローラーモジュール FPGA のステータスとステータスコード

CM LAN Port# コントローラーモジュール LAN ポートのステータスとステータスコード

(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、およ

び DX200F の場合のみ)

DI# Port# DI ポートのステータスとステータスコード

SATA SSD Controller BUD(Boot and Utility Device)コントローラーのステータスとステータスコード

(DX100 S4/DX200 S4、DX100 S3/DX200 S3 および DX200F の場合のみ)

SATA SSD Controller Active EC 当該 BUD コントローラーで現在稼働中の EC(Edition Control)番号

(DX100 S4/DX200 S4、DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の

場合のみ)

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

67

Page 68: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

SATA SSD Controller Next EC 当該 BUD コントローラーで次回起動時の EC 番号

(DX100 S4/DX200 S4、DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の

場合のみ)

SATA SSD Controller Firmware Version

BUD コントローラーのファームウェア版数

(DX100 S4/DX200 S4、DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の

場合のみ)

SCU SCU(System Capacitor Unit)のステータスとステータスコード

(DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250、および DX200F の場合のみ)

SCU:コントローラーモジュールに組み込まれた電気 2 重層キャパシター(システ

ム・キャパシター・ユニット)。停電時に、メモリにキャッシュデータを格納するための電力を供給します。

SCU Voltage SCU の充電電圧(DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250、および DX200F の場合の

み)

BBU BBU(Battery Backup Unit)のステータスとステータスコード

(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4 および AF250 S2 の場合のみ)

BBU:コントローラーモジュールに組み込まれたバッテリーバックアップユニット。

停電時に、メモリにキャッシュデータを格納するための電力を供給します。

BBU Charge Rate BBU の充電率(%)(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4 および AF250 S2 の場合のみ)

(CE#W) CM#X CA#Y Port#Z Information

W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号 , Y:チャネルアダプター番号 , Z:ポート番号

FC, iSCSI, FCoE, SAS の場合

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される)

Port Type ホストインターフェースポートのタイプ(FC、iSCSI、FCoE、SAS のいずれか)

Port Mode ホストインターフェースポートのモード(CA、RA、CA/RA 共用、または Initiator)

Status/Status Code ホストインターフェースポートのステータスとステータスコード

Multiple VLAN ポートのタイプが iSCSI の場合のみ表示されます。

マルチプル VLAN が有効か無効かを表示します。

マルチプル VLAN が有効の場合は、Enable を表示します。

マルチプル VLAN が無効の場合は、Disable を表示します。

Port Mode が RA の場合は、ハイフン(-)を表示します。

Number of IP Address ポートのタイプが iSCSI の場合のみ表示されます。

ポートが有効になっている IP アドレスの数を表示します。

Multiple VLAN が有効の場合は、ポートが有効になっている IP アドレスの数(1 ~

16)を表示します。

Multiple VLAN が無効またはハイフン(-)の場合は、1 を表示します。

CA Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

CA Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

Connection 接続状態

Loop ID ループ ID

Transfer Rate 転送速度(オペレーターが指定した値)

Link Status リンクのステータス(Link Up または Link Down。オートネゴシエーションを指定し

た場合は実際の転送速度が表示されます。)

Port WWN ポートの World-Wide-Name

Node WWN ノードの World-Wide-Name

iSCSI Name iSCSI ネーム

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

68

Page 69: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

iSCSI Alias Name iSCSI エイリアスネーム

Host Affinity ホストアフィニティが有効の場合に表示されます。

Host Response このポートに割り当てられているホストレスポンス情報

iSNS Server Port No iSNS サーバのポート番号

TCP Port No TCP のポート番号

TCP Window Size TCP のウィンドウサイズ

FC Frame Size FC フレームのサイズ

VLAN ID VLAN ID

Header Digest Header Digest を付加するかどうか。

Date Digest Date Digest を付加するかどうか。

Bandwidth Limit 帯域制限(性能の上限値)

Target Portal Group Number Target Portal グループ番号

CmdSN Count ホストから同時に指定できるコマンドの数

Err Recovery Lvl エラーリカバリーレベル

Task Retain Time 一度接続が切れたあとで、再接続後の続きの処理ができる時間

Reconnection Wait Time TCP コネクションを再接続するまでの待ち時間

Fabric Name ファブリック名

SFP Type SFP タイプ

ポートのタイプが FC、iSCSI 10G、SAS 12G、FCoE の場合のみ表示されます。

SFP Information FC、10Gbit/s iSCSI(SFP+ モジュールあり/なし)、12Gbit/s SAS、FCoE の場合

Temperature 温度(Present、Warning(Low/High)、Alarm(Low/High))

Voltage 電圧(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

Current 電流(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

TX Power 送信側出力(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

RX Power 受信側出力(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

(CE#W) CM#X CA#Y Port#Z Information

W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号 , Y:チャネルアダプター番号 , Z:ポート番号

NAS の場合

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される)

Port Type ホストインターフェースポートのタイプ(NAS)

Status/Status Code ホストインターフェースポートのステータスとステータスコード

CA Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

CA Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

MAC Address 当該ポートの MAC アドレス

SFP Type 当該ポートの SFP タイプ(10G NAS の場合のみ表示されます。1G NAS の場合、

SFP タイプは表示されません。)

SFP Information (10G NAS の場合のみ)

(1G NAS の場合、SFP Information は表示されない)

Temperature 温度(Present、Warning(Low/High)、Alarm(Low/High))

Voltage 電圧(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

69

Page 70: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

Current 電流(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

TX Power 送信側出力(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

RX Power 受信側出力(Present、Warning(Low/High)、 Alarm(Low/High))

(CE#W) CM#X CA#Y Port#Z Information

W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号 , Y:チャネルアダプター番号 , Z:ポート番号

FCLINK または OCLINK の場合

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される)

Port Type ホストインターフェースポートのタイプ(FCLINK または OCLINK)

Status/Status Code ホストインターフェースポートの(Port#m)のステータスとステータスコード

(CE#W) CM#X PFM#Y Information W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号 , Y:PCIe Flash Module 番号

(DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、および DX8700 S3/DX8900 S3 の場

合のみ。DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表示される。)

Type PCIe Flash Module タイプ

Status/Status Code PCIe Flash Module のステータスとステータスコード

Health PCIe Flash Module の残り使用可能量(寿命)(単位:%)

この情報が 5% 以下になると Status に Warning が、0% になると Error が表示されま

す。

Capacity PCIe Flash Module の物理容量

Parts Number PCIe Flash Module のパーツ番号

Serial Number PCIe Flash Module のシリアルナンバー

Hard Revision PCIe Flash Module のハードウェア版数

(CE#W) BCU/BTU Information W:コントローラーエンクロージャ番号

(DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3/DX8700 S3/DX8900 S3、および AF650 S2/AF650 の場合のみ。DX8700 S3/DX8900 S3 の場合は CE#W も表

示される。)

BCU Status/Status Code BCU のステータスとステータスコード

BTU Status/Status Code BTU のステータスとステータスコード

BCU# ChargeRate BCU の充電率

BCU# Expires BCU の有効期限

BCU # Parts Number BCU の部品番号

BCU # Serial Number BCU のシリアルナンバー

BCU # Hard Revision BCU のハードウェア版数

SCCI#X Information またはPPC#X Information

X:SCCI 番号または PPC 番号

Status/Status Code SCCI または PPC のステータスとステータスコード

PSU 電源供給装置

Status/Status Code PSU のステータスとステータスコード

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

70

Page 71: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

■ 例

ホストインターフェースがファイバチャネルでコントローラーモジュール#0の各ステータスおよび詳細を表示し

ます(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4 の場合)。

CLI> show fru-ce -type cm0CM#0 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [1.5GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [2.00GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1] NAS Engine Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [18JSF25672PZ-1G1F0] Memory#0 Serial Number [0951D864C0D0] Memory#0 Hard Revision [4631] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD [Normal / 0xE001] BUD Parts Number [QEMU HARDDISK QM00] BUD Serial Number [QM00002 0 10] BUD Hard Revision [0 10 6 ] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x4000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

71

Page 72: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000] DMA Port#0 [Normal / 0xE001] DMA Port#1 [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Undefined / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Undefined / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x0000] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Undefined / 0x0000] DI#1 Port#1 [Undefined / 0x0000] SATA SSD Controller Information Status/Status Code [Undefined / 0x0000] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000] BBU [Normal / 0xE001] BBU Charge Rate [100%]CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

72

Page 73: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

ホストインターフェースがファイバチャネルでコントローラーモジュール#0の各ステータスおよび詳細を表示し

ます(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F の場合)。

CLI> show fru-ce -type cm0CM#0 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [1.5GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [2.00GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1] NAS Engine Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [18JSF25672PZ-1G1F0] Memory#0 Serial Number [0951D864C0D0] Memory#0 Hard Revision [4631] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD [Normal / 0xE001] BUD Parts Number [QEMU HARDDISK QM00] BUD Serial Number [QM00002 0 10] BUD Hard Revision [0 10 6 ] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x4000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision [] CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

73

Page 74: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

DMA Port#0 [Normal / 0xE001] DMA Port#1 [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Undefined / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Undefined / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x0000] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Undefined / 0x0000] DI#1 Port#1 [Undefined / 0x0000] SATA SSD Controller Information Status/Status Code [Undefined / 0x0000] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000] SCU [Normal / 0xE001] SCU Voltage [10.80V]CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

74

Page 75: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

ホストインターフェースがファイバチャネルでコントローラーモジュール#0の各ステータスおよび詳細を表示し

ます(DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、および AF650 S2/AF650 の場合)。

CLI> show fru-ce -type cm0CM#0 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [1.5GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [2.00GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1] NAS Engine Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [18JSF25672PZ-1G1F0] Memory#0 Serial Number [0951D864C0D0] Memory#0 Hard Revision [4631] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD [Normal / 0xE001] BUD Parts Number [QEMU HARDDISK QM00] BUD Serial Number [QM00002 0 10] BUD Hard Revision [0 10 6 ] CM FAN [Normal / 0xE001] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x4000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision [] CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

75

Page 76: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

DMA Port#0 [Normal / 0xE001] DMA Port#1 [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Undefined / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Undefined / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x0000] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Undefined / 0x0000] DI#1 Port#1 [Undefined / 0x0000] SATA SSD Controller Information Status/Status Code [Undefined / 0x0000] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000]CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

76

Page 77: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CM#0 PFM#0 Information Type [HHHL] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Health [0%] Capacity [700GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []CM#0 PFM#1 Information Type [HHHL] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Health [50%] Capacity [700GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []BCU/BTU Information BCU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#0 ChargeRate [0%] BCU#0 Expires [0-00] BCU#0 Parts Number [] BCU#0 Serial Number [] BCU#0 Hard Revision [] BCU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#1 ChargeRate [0%] BCU#1 Expires [0-00] BCU#1 Parts Number [] BCU#1 Serial Number [] BCU#1 Hard Revision [] BCU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#2 ChargeRate [0%] BCU#2 Expires [0-00] BCU#2 Parts Number [] BCU#2 Serial Number [] BCU#2 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

77

Page 78: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

コントローラーモジュール #0 の各ステータスおよび詳細を表示します(DX8100 S3 の場合)。

CLI> show fru-ce -type cm0CM#0 Information CPU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] CPU#1 Status/Status Code [Undefined / 0x0000] Memory Size [1.5GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU#0 Clock [2.00GHz] CPU#1 Clock [0.00GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1]CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [18JSF25672PZ-1G1F0] Memory#0 Serial Number [0951D864C0D0] Memory#0 Hard Revision [4631] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD#0 [Normal / 0xE001] BUD#0 Parts Number [QEMU HARDDISK QM00] BUD#0 Serial Number [QM00002 0 10] BUD#0 Hard Revision [0 10 6 ] BUD#1 [Normal / 0xE001] BUD#1 Parts Number [QEMU HARDDISK QM00] BUD#1 Serial Number [QM00002 0 10] BUD#1 Hard Revision [0 10 6 ] CM FAN [Normal / 0xE001] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x4000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] DMA Port#0 [Normal / 0xE001] DMA Port#1 [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP#0 [Normal / 0xE001] CM EXP#0 InPort#0 [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

78

Page 79: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CM EXP#0 InPort#1 [Normal / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x0000] CM EXP#1 [Undefined / 0x0000] CM EXP#1 InPort#0 [Undefined / 0x0000] CM EXP#1 InPort#1 [Undefined / 0x0000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x0000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x0000] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Undefined / 0x0000] DI#1 Port#1 [Undefined / 0x0000] NAND Controller [Undefined / 0x0000]CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000000] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [ShortWave] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] BCU/BTU Information BCU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#0 ChargeRate [0%] BCU#0 Expires [0-00] BCU#0 Parts Number [] BCU#0 Serial Number [] BCU#0 Hard Revision [] BCU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#1 ChargeRate [0%] BCU#1 Expires [0-00] BCU#1 Parts Number [] BCU#1 Serial Number [] BCU#1 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

79

Page 80: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

BCU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#2 ChargeRate [0%] BCU#2 Expires [0-00] BCU#2 Parts Number [] BCU#2 Serial Number [] BCU#2 Hard Revision []SCCI#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]SCCI#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]CE PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]CE PSU#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

コントローラーエンクロージャ #0 の各ステータスおよび詳細を表示します(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show fru-ce -type ce0CE#0 Information Cache Mode [Write Back Mode] CE#0 CM#0 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [8.0GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [0.04GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1] CE#0 CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [] Memory#0 Serial Number [] Memory#0 Hard Revision [] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD#0 [Normal / 0xE001] BUD#0 Parts Number [] BUD#0 Serial Number [] BUD#0 Hard Revision [] BUD#1 [Normal / 0xE001] BUD#1 Parts Number [] BUD#1 Serial Number [] BUD#1 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

80

Page 81: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CM FAN [Normal / 0xE001] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision [] CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000] Frontend Cable(FRT#0) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#1) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#2) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#3) [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Normal / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x6000] Management Cable(SVC#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(SVC#1) [Normal / 0xE001] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#1 [Normal / 0xE001] CE#0 CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800020] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

81

Page 82: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CE#0 CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800021] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] CE#0 CM#1 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [8.0GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [0.04GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1] CE#0 CM#1 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [] Memory#0 Serial Number [] Memory#0 Hard Revision [] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD#0 [Normal / 0xE001] BUD#0 Parts Number [] BUD#0 Serial Number [] BUD#0 Hard Revision [] BUD#1 [Normal / 0xE001] BUD#1 Parts Number [] BUD#1 Serial Number [] BUD#1 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

82

Page 83: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CM FAN [Normal / 0xE001/ 0xE001] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision [] CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000] Frontend Cable(FRT#0) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#1) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#2) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#3) [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Normal / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x6000] Management Cable(SVC#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(SVC#1) [Normal / 0xE001] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#1 [Normal / 0xE001] CE#0 CM#1 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800030] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

83

Page 84: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CE#0 CM#1 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800031] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] CE#0 CM#0 PFM#0 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [700GB] Parts Number [CA07555-D052] Serial Number [PP132400W2] Hard Revision [A1 ] CE#0 CM#0 PFM#1 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [1400GB] Parts Number [CA07555-D053] Serial Number [PP132411W4] Hard Revision [A0 ] CE#0 CM#1 PFM#0 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [700GB] Parts Number [CA07555-D052] Serial Number [PP132440W2] Hard Revision [A1 ] CE#0 CM#1 PFM#1 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [1400GB] Parts Number [CA07555-D053] Serial Number [PP132451W4] Hard Revision [A0 ] BCU/BTU Information BCU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#0 ChargeRate [100%] BCU#0 Expires [2099-12] BCU#0 Parts Number [] BCU#0 Serial Number [] BCU#0 Hard Revision [] BCU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#1 ChargeRate [100%] BCU#1 Expires [2099-12] BCU#1 Parts Number [] BCU#1 Serial Number [] BCU#1 Hard Revision [] BCU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#2 ChargeRate [100%] BCU#2 Expires [2099-12] BCU#2 Parts Number [] BCU#2 Serial Number [] BCU#2 Hard Revision [] CE#0 PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] CE#0 PSU#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

84

Page 85: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

コントローラーエンクロージャ #0 およびコントローラーモジュール #0 の各ステータスおよび詳細を表示します

(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show fru-ce -type ce0cm0CE#0 CM#0 Information CPU Status/Status Code [Normal / 0xE001] Memory Size [8.0GB] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] CPU Clock [0.04GHz] CM Active EC [EC#1] CM Next EC [EC#1] BIOS Active EC [EC#0] BIOS Next EC [EC#0] CM EXP Active EC [EC#1] CM EXP Next EC [EC#1]CE#0 CM#0 Internal Parts Status/Status Code Memory#0 [Normal / 0xE001] Memory#0 Parts Number [] Memory#0 Serial Number [] Memory#0 Hard Revision [] Memory#1 [Undefined / 0x0000] Memory#1 Parts Number [] Memory#1 Serial Number [] Memory#1 Hard Revision [] Memory#2 [Undefined / 0x0000] Memory#2 Parts Number [] Memory#2 Serial Number [] Memory#2 Hard Revision [] Memory#3 [Undefined / 0x0000] Memory#3 Parts Number [] Memory#3 Serial Number [] Memory#3 Hard Revision [] Memory#4 [Undefined / 0x0000] Memory#4 Parts Number [] Memory#4 Serial Number [] Memory#4 Hard Revision [] Memory#5 [Undefined / 0x0000] Memory#5 Parts Number [] Memory#5 Serial Number [] Memory#5 Hard Revision [] Memory#6 [Undefined / 0x0000] Memory#6 Parts Number [] Memory#6 Serial Number [] Memory#6 Hard Revision [] Memory#7 [Undefined / 0x0000] Memory#7 Parts Number [] Memory#7 Serial Number [] Memory#7 Hard Revision [] BUD#0 [Normal / 0xE001] BUD#0 Parts Number [] BUD#0 Serial Number [] BUD#0 Hard Revision [] BUD#1 [Normal / 0xE001] BUD#1 Parts Number [] BUD#1 Serial Number [] BUD#1 Hard Revision [] CM FAN [Normal / 0xE001] CA#0 Parts Number [] CA#0 Serial Number [] CA#0 Hard Revision [] CA Slot#0-0 [Normal / 0xE001] CA Slot#0-1 [Undefined / 0x0000] CA#1 Parts Number [] CA#1 Serial Number [] CA#1 Hard Revision [] CA Slot#1-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#1-1 [Undefined / 0x0000] CA#2 Parts Number [] CA#2 Serial Number [] CA#2 Hard Revision [] CA Slot#2-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#2-1 [Undefined / 0x0000] CA#3 Parts Number [] CA#3 Serial Number [] CA#3 Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

85

Page 86: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

CA Slot#3-0 [Undefined / 0x0000] CA Slot#3-1 [Undefined / 0x0000] Frontend Cable(FRT#0) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#1) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#2) [Normal / 0xE001] Frontend Cable(FRT#3) [Normal / 0xE001] BIOS#0 [Normal / 0xE001] BIOS#1 [Normal / 0xE001] CM EXP [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#0 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#1 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#2 [Normal / 0xE001] CM EXP InPort#3 [Normal / 0xE001] SAS Cable#0(OUT) [Normal / 0xE001] SAS Cable#1(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#2(OUT) [Undefined / 0x6000] SAS Cable#3(OUT) [Undefined / 0x6000] Management Cable(SVC#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(SVC#1) [Normal / 0xE001] CM RTC [Normal / 0xE001] CM NVRAM [Normal / 0xE001] CM FPGA [Normal / 0xE001] CM LAN Port#0 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#1 [Normal / 0xE001] CM LAN Port#2 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#0 Port#1 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#0 [Normal / 0xE001] DI#1 Port#1 [Normal / 0xE001]CE#0 CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800020] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW]CE#0 CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FC] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Connection [Loop] Loop ID [0x00] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status [8Gbit/s Link Up] Port WWN [500000E0DA800021] Node WWN [500000E0DA800000] Host Affinity [Disable] Host Response [0] SFP Type [SFP+(MMF)] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [0.00C] [0.00C/0.00C] [0.00C/0.00C] Voltage [0.00V] [0.00V/0.00V] [0.00V/0.00V] Current [0.00mA] [0.00mA/0.00mA] [0.00mA/0.00mA] TX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW] RX Power [0.00mW] [0.00mW/0.00mW] [0.00mW/0.00mW]CE#0 CM#0 PFM#0 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [700GB] Parts Number [CA07555-D052] Serial Number [PP132400W2]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

86

Page 87: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

Hard Revision [A1 ]CE#0 CM#0 PFM#1 Information Type [-] Status/Status Code [Undefined / 0x6000] Health [80%] Capacity [1400GB] Parts Number [CA07555-D053] Serial Number [PP132411W4] Hard Revision [A0 ]BCU/BTU Information BCU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#0 ChargeRate [100%] BCU#0 Expires [2099-12] BCU#0 Parts Number [] BCU#0 Serial Number [] BCU#0 Hard Revision [] BCU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#1 ChargeRate [100%] BCU#1 Expires [2099-12] BCU#1 Parts Number [] BCU#1 Serial Number [] BCU#1 Hard Revision [] BCU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BTU#2 Status/Status Code [Normal / 0xE001] BCU#2 ChargeRate [100%] BCU#2 Expires [2099-12] BCU#2 Parts Number [] BCU#2 Serial Number [] BCU#2 Hard Revision []

ホストインターフェースが SAS、iSCSI、および FCoE では、CM#x CA#x Port#x Information のみがファイバチャ

ネルの場合と異なります。SAS 12G の場合は以下のように表示されます。

CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [SAS] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status PHY#0[Link Down ] PHY#1[Link Down ] PHY#2[Link Down ] PHY#3[Link Down ] Port WWN [500000E0D1000011] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [3] SFP Type [12G SFP]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [SAS] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [Auto Negotiation] Link Status PHY#0[Link Down ] PHY#1[Link Down ] PHY#2[Link Down ] PHY#3[Link Down ] Port WWN [500000E0D1000011] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [Disable] Host Response [3] SFP Type [12G SFP]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

87

Page 88: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

iSCSI の場合は以下のように表示されます。

CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [iSCSI] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Multi IP Address [Enable] Number of IP Address [16] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [1Gbps/Auto] Link Status [Link Down] iSCSI Name [iqn.2000-09.com.fujitsu:storage-system.eternus-dxl:00000000] iSCSI Alias Name [] Host Affinity [Disable] Host Response [0] iSNS Server Port No [0x0000] TCP Port No [0x0000] TCP Window Size [0x00] VLAN ID [-] Header Digest [OFF] Data Digest [OFF] Bandwidth Limit [-] Target Portal Group No [0x0000] CmdSN Count [Unlimited] Err Recovery Lvl [0x00] Task Retain Time [-] Reconnection Wait Time [-] SFP Type [SFP+] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [iSCSI] Port Mode [CA] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Multi IP Address [Disable] Number of IP Address [1] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [1Gbps/Auto] Link Status [Link Down] iSCSI Name [iqn.2000-09.com.fujitsu:storage-system.eternus-dxl:00000000] iSCSI Alias Name [] Host Affinity [Disable] Host Response [0] iSNS Server Port No [0x0000] TCP Port No [0x0000] TCP Window Size [0x00] VLAN ID [-] Header Digest [OFF] Data Digest [OFF] Bandwidth Limit [-] Target Portal Group No [0x0000] CmdSN Count [Unlimited] Err Recovery Lvl [0x00] Task Retain Time [-] Reconnection Wait Time [-] SFP Type [SFP+] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

88

Page 89: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

FCoE の場合は以下のように表示されます。

CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FCoE] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [10Gbps] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000010] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [-] Host Response [-] FC Frame Size [Unknown] VLAN ID [0x0000] Fabric Name [-]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [FCoE] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#0] CA Next EC [EC#0] Transfer Rate [10Gbps] Link Status [Unknown] Port WWN [500000E0D1000010] Node WWN [500000E0D1000000] Host Affinity [-] Host Response [-] FC Frame Size [Unknown] VLAN ID [0x0000] Fabric Name [-] SFP Type [SFP+] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [40.11C] [-15.00C/100.00C] [-30.00C/128.00C] Voltage [4.24V] [3.00V/5.00V] [2.00V/7.00V] Current [10.25mA] [5.00mA/12.00mA] [2.00mA/15.00mA] TX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW] RX Power [1.35mW] [0.50mW/1.50mW] [0.00mW/1.80mW]

NAS の場合は以下のように表示されます。

CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [NAS] Status/Status Code [Normal / 0xE001] CA Active EC [EC#1] CA Next EC [EC#2] MAC Address [00-16-E6-10-84-64] SFP Type [SFP+ Copper] SFP Information Present Warning(Low/High) Alarm(Low/High) Temperature [-] [-/-] [-/-] Voltage [-] [-/-] [-/-] Current [-] [-/-] [-/-] TX Power [-] [-/-] [-/-] RX Power [-] [-/-] [-/-]

FCLINK, OCLINK, RFCF-RA の場合は以下のように表示されます。

CM#0 CA#0 Port#0 Information Port Type [FCLINK] Status/Status Code [Normal / 0xE001]CM#0 CA#0 Port#1 Information Port Type [OCLINK] Status/Status Code [Normal / 0xE001]CM#1 CA#1 Port#0 Information Port Type [FC] Port Mode [RFCF-RA] Status/Status Code [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

89

Page 90: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-ce

SCU の情報が表示されます。

SCU Information SCU#0 Status/Status Code [Normal / 0xE001] SCU#0 Voltage [9.40V] SCU#0 Expires [0-00] SCU#0 Parts Number [] SCU#0 Serial Number [] SCU#0 Hard Revision [] SCU#1 Status/Status Code [Normal / 0xE001] SCU#1 Voltage [9.40V] SCU#1 Expires [0-00] SCU#1 Parts Number [] SCU#1 Serial Number [] SCU#1 Hard Revision []

PSU#0 のステータスを表示します。

CLI> show fru-ce -type psu0CE PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

90

Page 91: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

show fru-fe

フロントエンドエンクロージャのコンポーネント(保守部品ユニット:FRU)のステータスを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

DX8700 S3/DX8900 S3 のみサポートします。

show fru-fe [-type {svc0 | svc1 | frt0 | frt1 | frt2 | frt3| psu0 | psu1 | psu2 | psu3}]

-type 省略可能です。フロントエンドエンクロージャに組み込まれた各コンポーネントの詳細およびステータスを表示する対象コンポーネント(FRU)の名前を指定します。ただし、同時に指定できるパラ

メーターは 1 つだけです。省略すると、すべての FRU が表示されます。

svcX Service Controller(SVC)#X の詳細およびステータス

frtX フロントエンドエンクロージャの FRT#X の詳細およびステータス

psuX フロントエンドエンクロージャの PSU#X の詳細およびステータス

項目名 意味

FRT#X Information X:FRT(Front End Router)番号

Status/Status Code FRT のステータスとステータスコード

Parts Number FRT のパーツ番号

Serial Number FRT のシリアルナンバー

Hard Revision FRT のハードウェア版数

FRT#X Internal Parts Information X:FRT 番号

Frontend Cable(CE#W CM#X) Information

W:コントローラーエンクロージャ番号 , X:コントローラーモジュール番号

Type フロントエンドケーブルタイプ(Cu:Copper、AOC:Active Optical Cable、 -:Unknown)

Status/Status Code フロントエンドケーブルのステータスとステータスコード

Parts Number フロントエンドケーブルのパーツ番号

Serial Number フロントエンドケーブルのシリアルナンバー

Hard Revision フロントエンドケーブルのハードウェア版数

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

91

Page 92: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

SVC#X Information X:Service Controller(SVC)番号

Status/Status Code SVC のステータスとステータスコード

Parts Number SVC のパーツ番号

Serial Number SVC のシリアルナンバー

Hard Revision SVC のハードウェア版数

LAN Control SVC の LAN Control(マスタまたはスレーブ)

Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

Next EC スタンバイファームウェアの EC 番号(次に電源を切断し再度投入したあとのファー

ムウェアの世代番号)

Firmware Version SVC のファームウェア版数

SVC#X Internal Parts Information X:SVC 番号

Management Cable(CE#w CM#x)

マネジメントケーブルのステータスとステータスコード

SCCI#X Information またはPPC#X Information

X:SCCI 番号または PPC 番号

Status/Status Code SCCI または PPC のステータスとステータスコード

FANU#X Information X:FAN Unit(FANU)番号

Status/Status Code FANU のステータスとステータスコード

Parts Number FANU のパーツ番号

Serial Number FANU のシリアルナンバー

Hard Revision FANU のハードウェア版数

OPNL Information

Status/Status Code Operation panel(OPNL)のステータスとステータスコード

Parts Number OPNL のパーツ番号

Serial Number OPNL のシリアルナンバー

Hard Revision OPNL のハードウェア版数

FE PSU#X Information X: フロントエンドエンクロージャの PSU 番号

Status/Status Code フロントエンドエンクロージャの PSU のステータスとステータスコード

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

92

Page 93: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

■ 例

フロントエンドエンクロージャのコンポーネント(保守部品ユニット)のステータスを表示する例です。

CLI> show fru-feFRT#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#0 Internal Parts Information Frontend Cable(CE#0 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#0 CM#1) Information Type [AOC] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#0) Information Type [-] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#1 Internal Parts Information Frontend Cable(CE#0 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

93

Page 94: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

Frontend Cable(CE#0 CM#1) Information Type [AOC] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#0) Information Type [-] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

FRT#2 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#2 Internal Parts Information Frontend Cable(CE#0 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#0 CM#1) Information Type [AOC] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#0) Information Type [-] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

94

Page 95: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

Frontend Cable(CE#2 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] FRT#3 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#3 Internal Parts Information Frontend Cable(CE#0 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#0 CM#1) Information Type [AOC] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#0) Information Type [-] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

95

Page 96: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

SVC#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] LAN Control [Master] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L40-0000]SVC#0 Internal Parts Information Management Cable(CE#0 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#0 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#1) [Normal / 0xE001]SVC#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] LAN Control [Master] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L40-0000]SVC#1 Internal Parts Information Management Cable(CE#0 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#0 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#1) [Normal / 0xE001]SCCI#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]SCCI#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]FANU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FANU#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FANU#2 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FANU#3 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []OPNL Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FE PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]FE PSU#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]FE PSU#2 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]FE PSU#3 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

96

Page 97: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

SVC#0 のステータスを表示する例です。

CLI> show fru-fe -type svc0SVC#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] LAN Control [Master] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L40-0000]SVC#0 Internal Parts Information Management Cable(CE#0 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#0 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#1 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#2 CM#1) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#0) [Normal / 0xE001] Management Cable(CE#3 CM#1) [Normal / 0xE001]

FRT#0 のステータスを表示する例です。

CLI> show fru-fe -type frt0FRT#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []FRT#0 Internal Parts Information Frontend Cable(CE#0 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#0 CM#1) Information Type [AOC] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#0) Information Type [-] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#1 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#2 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

97

Page 98: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-fe

Frontend Cable(CE#3 CM#0) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision [] Frontend Cable(CE#3 CM#1) Information Type [Cu] Status/Status Code [Normal / 0xE001] Parts Number [] Serial Number [] Hard Revision []

フロントエンドエンクロージャの PSU#0 のステータスを表示する例です。

CLI> show fru-fe -type psu0FE PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

98

Page 99: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-de

show fru-de

ドライブエンクロージャのコンポーネント(保守部品ユニット:FRU)のステータスを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

IOM に関する出力情報を以下に示します。

show fru-de [-de enclosure_number] [-type {iom0 | iom1 | fem0 | fem1 | psu0 | psu1 | psu2 | psu3}]

-de 省略可能です。対象のドライブエンクロージャ番号を指定します。ただし、同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定方法の詳細は、「1.2.4 ドライブエンクロージャの構文」(P.30) を参照

してください。省略すると、すべてのドライブエンクロージャが表示されます。

例:-de 1  (ドライブエンクロージャ #1 のみを指定する場合)

-type 省略可能です。ドライブエンクロージャに組み込まれた各コンポーネントの詳細およびステータスを表示する対象コンポーネント(FRU)の名前を指定します。ただし、同時に指定できるパラメーター

は 1 つだけです。省略すると、すべての FRU が表示されます。

iom0 I/O モジュール #0 の詳細およびステータス

iom1 I/O モジュール #1 の詳細およびステータス

fem0 ファンエクスパンダーモジュール #0 の詳細およびステータス

(高密度 DE のみ)

fem1 ファンエクスパンダーモジュール #1 の詳細およびステータス

(高密度 DE のみ)

psu0 PSU#0 の詳細およびステータス

psu1 PSU#1 の詳細およびステータス

psu2 PSU#2 の詳細およびステータス(高密度 DE のみ)

psu3 PSU#3 の詳細およびステータス(高密度 DE のみ)

項目名 意味

DE#n IOM#m Information n: ドライブエンクロージャ番号、m: IOM 番号

Status/Status Code IOM(IOM#n)のステータスとステータスコード

Error Code エクスパンダーで発生したエラーイベントを識別するエラーコード。Status が Normal および Undefined 以外の場合に表示

WWN ワールドワイドネーム(FEM#1 の場合はハイフン(-)を表示します)

Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

Next EC スタンバイファームウェア(次に電源を切断し再度投入したあとのファームウェアの世代番号)の EC 番号

Firmware Version アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の版数

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

99

Page 100: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-de

ファンエクスパンダーモジュールに関する情報を以下に示します。

DE#n IOM#m Internal Parts Status/Status Code

n: ドライブエンクロージャ番号、m: IOM 番号

SAS Cable (IOM Port) #0(IN)

SAS ケーブル #0(入力)(IOM ポート #0)のステータスとステータスコード

Error Code ポート #0 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード。

ステータスが Normal および Undefined 以外の場合に表示

SAS Cable (IOM Port) #1(OUT)

SAS ケーブル #1(出力)(IOM ポート #1)のステータスとステータスコード

Error Code 前述のポート #1 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード

IOM FEM Port#0 IOM FEM Port#0 のステータスとステータスコード(高密度 DE のみ)

接続先は、FEM#l EXP#0 ポートです。

Error Code 前述のポート #0 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード(高密度 DE のみ)

IOM FEM Port#1 IOM FEM Port#1 のステータスとステータスコード(高密度 DE のみ)

接続先は、FEM#l EXP#1 ポートです。

Error Code 前述のポート #1 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード(高密度 DE のみ)

項目名 意味

DE#n FEM#m Information n: ドライブエンクロージャ番号 , m: FEM 番号

(CM 数にかかわらず FEM#1 を表示)

Status/Status Code FEM(FEM#n)のステータスとステータスコード

Error Code ファンエクスパンダーモジュールで発生したエラーイベントを識別するエラーコード。ステータス が Normal および Undefined 以外の場合に表示

DE#n FEM#m Internal Parts Status/Status Code

n: ドライブエンクロージャ番号 , m: FEM 番号

(CM 数にかかわらず FEM#1 を表示)

FEM EXP#0 Port FEM(EXP#0)のステータスとステータスコード

Error Code 前述のポート #0 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード。

ステータス が Normal および Undefined 以外の場合に表示

FEM EXP#1 Port FEM(EXP#1)のステータスとステータスコード

Error Code 前述のポート #1 で発生したエラーイベントを識別するエラーコード。

ステータス が Normal および Undefined 以外の場合に表示

DE#n FEM#m EXP#l Information

n: ドライブエンクロージャ番号 , m: FEM 番号 , l: EXP 番号

(CM 数にかかわらず FEM#1 を表示)

Status/Status Code EXP(EXP#1)のステータスとステータスコード

Error Code ファンエクスパンダーモジュールの中のエクスパンダーで発生したエラーイベントを識別するエラーコード。ステータスが Normal および Undefined 以外の場合に表示

WWN ワールドワイドネーム

Active EC アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の EC 番号

Next EC スタンバイファームウェア(次に電源を切断し再度投入したあとのファームウェアの世代番号)の EC 番号

Firmware Version アクティブファームウェア(現在実行中のファームウェア)の版数

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

100

Page 101: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show fru-de

■ 例

PSU 電源供給装置

Status/Status Code PSU(PSU#n)のステータスとステータスコード

Error Code PSU で発生したエラーイベントを識別するエラーコード。

ステータスが Normal および Undefined 以外の場合に表示

ドライブエンクロージャ #1 のエクスパンダー #0 のステータスを表示します。

CLI> show fru-de -de 1 -type iom0DE#1 IOM#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] WWN [500000E0D060C4FF] Active EC [EC#1] Next EC [EC#1] Firmware Version [V10L10-0000]DE#1 IOM#0 Internal Parts Status/Status Code SAS Cable(IOM Port)#0(IN) [Normal / 0xE001] SAS Cable(IOM Port)#1(OUT) [Normal / - ]

ドライブエンクロージャ #1 のエクスパンダー #0 のステータスを表示します(高密度 DE の場合)。

CLI> show fru-de -de 1 -type iom0DE#1 IOM#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] WWN [500000E0D060C4FF] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000]DE#1 IOM#0 Internal Parts Status/Status Code SAS Cable(IOM Port)#0(IN) [Normal / 0xE001] SAS Cable(IOM Port)#1(OUT) [Normal / 0xE001] IOM FEM Port#0 [Normal / 0xE001] IOM FEM Port#1 [Normal / 0xE001]

ドライブエンクロージャ #1 のファンエクスパンダーモジュールのステータスを表示します。

CLI> show fru-de -de 1 -type fem0DE#1 FEM#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]DE#1 FEM#0 Internal Parts Status/Status Code FEM EXP#0 Port [Normal / 0xE001] FEM EXP#1 Port [Normal / 0xE001]DE#1 FEM#0 EXP#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] WWN [500000E0D060C4FF] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000]DE#1 FEM#0 EXP#1 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001] WWN [500000E0D060C4FF] Active EC [EC#1] Next EC [EC#2] Firmware Version [V10L10-0000]

ドライブエンクロージャ #2 の PSU#0 のステータスを表示します。

CLI> show fru-de -de 2 -type psu0DE#2 PSU#0 Information Status/Status Code [Normal / 0xE001]

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

101

Page 102: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show disks

show disks

ドライブの詳細およびステータスを表示します。各エンクロージャ(指定したエンクロージャに含まれるすべてのドライブ)、特定のドライブ、またはすべての未定義ドライブを指定することで、指定したターゲットの表示を絞り込むことができます。

■ 構文

■ パラメーター

show disks [ -type {undefined | ce | de [-de enclosure_number] } | -disks {disks | all | productid} | -csv ]

-type 省略可能です。表示するドライブ情報を指定します。ただし、-disks パラメーターと同時には指定で

きません。すべてのパラメーターを省略すると、装置に搭載されているすべてのドライブが表示されます。

undefined 未定義のすべてのドライブ

ce コントローラーエンクロージャのすべてのドライブ(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、AF250 S2/AF250、および DX200F のみ)

de 指定されたドライブエンクロージャのすべてのドライブ

-de パラメーターを使用する場合は、ドライブエンクロージャ番号も指定する必要があ

ります。

-de 省略可能です。ドライブの詳細を表示するドライブエンクロージャ番号を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定方法の詳細は、「1.2.4 ドライブエンクロージャの構文」(P.30)を参照してください。また、それ以外のカテゴリを選択する場合は指定しないでください。

-disks 省略可能です。ドライブの詳細を表示するドライブ番号を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。all を指定す

ると、すべてのドライブの詳細が表示されます。productid を指定すると、すべてのドライブのプロ

ダクト ID リストが表示されます。この機能は、ドライブのファームウェアを更新する機能のために

サポートされています。

all すべてのドライブの詳細

productid すべてのドライブのプロダクト ID リスト

-csv 省略可能です。ドライブの詳細および状態を CSV 形式で表示します。

• このパラメーターは、ほかのパラメーターと同時に指定することはできません。

• CSV 形式で出力した構文は、設定系コマンド(create または set)に入力することはできませ

ん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

102

Page 103: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show disks

■ 出力

概要には以下の項目が表示されます。

詳細には以下の項目が表示されます。

項目名 意味

Location ドライブのスロット番号

Status ドライブのステータス

Size ドライブの容量ドライブタイプ(Type)の SSD タイプが「SSD-L」の場合、ドライブ容量の表示は製品上の容

量と異なります。例えば、1.92TB SSD-L のドライブ容量は「2TB」と表示されます。

Type ドライブタイプ以下の情報が表示されます。

• ドライブサイズ

2.5 インチ、3.5 インチ

• ドライブ属性

Online、Nearline、SSD自己暗号化ドライブの場合は「SED」が表示されます。また、Advanced Format 対応ドライ

ブの場合は「AF」が表示されます。

• SSD タイプ

SSD:インターフェース速度が 6Gbit/s の SSDSSD-M:インターフェース速度が 12Gbit/s の SSDSSD-L:インターフェース速度が 12Gbit/s の SSD

Speed 回転速度(単位: rpm)

Usage ドライブの用途例:Data、Spare など。

Health SSD の残り使用可能量(寿命)(単位:%)

項目名 意味

Location ドライブのスロット番号

Status ドライブのステータス

Error Code ドライブで発生したエラーイベントを識別するエラーコード。ステータスが Available 以外の場合に表示されます。

Size ドライブの容量ドライブタイプ(Type)の SSD タイプが「SSD-L」の場合、ドライブ容量の表示は製品上の容

量と異なります。例えば、1.92TB SSD-L のドライブ容量は「2TB」と表示されます。

Type ドライブタイプ以下の情報が表示されます。

• ドライブサイズ

2.5 インチ、3.5 インチ

• ドライブ属性

Online、Nearline、SSD自己暗号化ドライブの場合は「SED」が表示されます。また、Advanced Format 対応ドライ

ブの場合は「AF」が表示されます。

• SSD タイプ

SSD:インターフェース速度が 6Gbit/s の SSDSSD-M:インターフェース速度が 12Gbit/s の SSDSSD-L:インターフェース速度が 12Gbit/s の SSD

Speed 回転速度(単位: rpm)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

103

Page 104: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show disks

プロダクト ID リストには以下の項目が表示されます。

■ 例

Usage ドライブの用途例:Data、Spare など。

Health SSD の残り使用可能量(寿命)(単位:%)

RAID Group ドライブが属する RAID グループ

Motor Status エコモード機能によるディスクモーターのステータス

Rebuild/Copy back Progress

リビルドおよびコピーバックの進捗ステータス

Vendor ID ベンダー ID

Product ID プロダクト ID

Serial Number シリアルナンバー

WWN ワールドワイドネーム

Firmware Revision ドライブのファームウェア版数

Total completed passes ディスクパトロールの総周回数

Progress with current pass

ディスクパトロールの現周回の進捗率

Completed passes since last Power On

装置起動時からのディスクパトロール周回数

項目名 意味

Product ID プロダクト ID

Revision ドライブのファームウェア版数

すべてのドライブの概要を表示します。

CLI> show disksLocation Status Size Type Speed(rpm) Usage Health(%)------------- ----------------------------- ------- ------------------- ---------- ------------------- ---------CE-Disk#0 Available 4TB 3.5 SSD System 100CE-Disk#1 Available 4TB 3.5 SSD-M System 100CE-Disk#2 Available 4TB 3.5 SSD-L System 100CE-Disk#3 Available 4TB 3.5 Nearline SED AF 7200 System 100

-csv を指定し、ドライブの詳細情報を CSV 形式で表示します。

CLI> show disks -csv[Location],[Status],[Size],[Type],[Speed],[Usage],[Health],[RAID Group],[Motor Status],[Rebuild/Copyback Progress],[Vendor ID],[Product ID],[Serial Number],[WWN],[Firmware Revision],[Total completed passes],[Progress with current pass],[Completed passes since last Power On]CE-Disk#0,Available,2.0TB,Unknown,-,System,100%,-,Active,-,FUJITSU,PRODUCT-00000001,SERIAL-000000001,0000000000000000,REV-0001,0Cycles,0%,0CyclesCE-Disk#1,Available,2.0TB,Unknown,-,System,100%,-,Active,-,FUJITSU,PRODUCT-00000001,SERIAL-000000002,0000000000000000,REV-0001,0Cycles,0%,0CyclesCE-Disk#2,Available,2.0TB,Unknown,-,System,100%,-,Active,-,FUJITSU,PRODUCT-00000001,SERIAL-000000003,0000000000000000,REV-0001,0Cycles,0%,0CyclesCE-Disk#3,Available,2.0TB,Unknown,-,System,100%,-,Active,-,FUJITSU,PRODUCT-00000001,SERIAL-000000004,0000000000000000,REV-0001,0Cycles,0%,0Cycles

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

104

Page 105: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show disks

コントローラーエンクロージャのドライブの概要を表示します。

CLI> show disks -type ceLocation Status Size Type Speed(rpm) Usage Health(%)------------- ----------------------------- ------- ------------------- ---------- ------------------- ---------CE-Disk#0 Available 4TB 3.5 Online 7200 System 100CE-Disk#1 Available 4TB 3.5 Online 7200 System 100CE-Disk#2 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#3 Available(Predictive Failure) 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#4 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#5 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#6 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#7 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#8 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100CE-Disk#9 Available 4TB 3.5 Online 7200 Present 100CE-Disk#10 Available 4TB 3.5 Online 7200 Global Hot Spare 100CE-Disk#11 Available 4TB 3.5 Online 7200 Dedicated Hot Spare 100CE-Disk#11 Available 4TB 3.5 Nearline SED AF 7200 Dedicated Hot Spare 100

ドライブエンクロージャ #1 のドライブの概要を表示します。

CLI> show disks -type de -de 1Location Status Size Type Speed(rpm) Usage Health(%)------------- ----------------------------- ------- ------------------- ---------- ------------------- ---------DE#1-Disk#0 Available(Predictive Failure) 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#1 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#2 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#3 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#4 -DE#1-Disk#5 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#6 -DE#1-Disk#7 -DE#1-Disk#8 -DE#1-Disk#9 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#1-Disk#10 Available 4TB 3.5 Online 7200 Global Hot Spare 100DE#1-Disk#11 Available 4TB 3.5 Online 7200 Dedicated Hot Spare 100DE#1-Disk#11 Available 4TB 3.5 Nearline SED AF 7200 Dedicated Hot Spare 100

未定義のすべてのドライブの概要を表示します。

CLI> show disks -type undefinedLocation Status Size Type Speed(rpm) Usage Health(%)------------- ----------------------------- ------- ------------------- ---------- ------------------- ---------DE#4-Disk#0 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#4-Disk#1 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#5-Disk#1 Available 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#6-Disk#11 Available(Predictive Failure) 4TB 3.5 Online 7200 Data 100DE#6-Disk#11 Available(Predictive Failure) 4TB 3.5 Nearline SED AF 7200 Data 100

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

105

Page 106: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show disks

ドライブ #100(ドライブエンクロージャ #1 のドライブ #00)の詳細を表示します。

CLI> show disks -disks 100Drive Enclosure #1 Disk #0 Information Location [DE#1-Disk#0] Status [Error](Error Code : 0x0010) Size [4TB] Type [3.5 Nearline SED AF] Speed [7200rpm] Usage [Data] Health [100%] RAID Group [1000 : RGP001] Motor Status [Active] Rebuild/Copyback Progress [-] Vendor ID [FUJITSU] Product ID [FT373207C-K] Serial Number [1234567890] WWN [1111111111111111] Firmware Revision [12CD] <Disk Patrol Information> Total completed passes [64565Cycle] Progress with current pass [79%] Completed passes since last Power On [30737Cycle]

プロダクト ID リストを表示します。

CLI> show disks -disks productidProduct ID Revision---------------- --------ST373455SS 12CDST99999999 3456

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

106

Page 107: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show hardware-information

show hardware-information

各エンクロージャおよび各コンポーネントのハードウェア情報を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

エンクロージャごとに以下の項目が表示されます。 大数のドライブエンクロージャが構成されていない場合でも、大数のドライブエンクロージャの出力フィールドが常に表示されます。存在しないドライブエンクロージャはハ

イフンで示されます。

コンポーネントごとに以下の項目が表示されます。単一のコントローラーモデルの場合、コントローラーモジュール #1 とエクスパンダーモジュール #1 の両方がハイフンで示されます。存在しないドライブエンクロージャの情報

は表示されません。

■ 例

show hardware-information

項目名 意味

Serial No. エンクロージャに埋め込まれたシリアル番号

その他の情報 制御する富士通のエンクロージャに埋め込まれた個々の識別子

項目名 意味

Part No. コンポーネントに埋め込まれたパーツ番号

Serial No. コンポーネントに埋め込まれたシリアル番号

Version コンポーネントのハードウェアバージョン

ハードウェア情報を表示する例です(DX100 S3/DX200 S3 および DX8100 S3 の場合)。

CLI> show hardware-informationEnclosure Serial No. Other InformationController Enclosure STCE000012 CE000012Drive Enclosure#01 ST35DE000009 ST35DE000009Drive Enclosure#02 - -Drive Enclosure#03 - -Drive Enclosure#04 - -Drive Enclosure#05 - -Drive Enclosure#06 - -Drive Enclosure#07 - -Drive Enclosure#08 - -Drive Enclosure#09 - -Drive Enclosure#0a - -

Component Part No. Serial No. VersionCM#0 CA07111-C631 PP09280285 AACM#1 CA07111-C631 P P0928028A AAPSU#0 CA05954-0860 FA09060095 06A PSU#1 CA05954-0860 FA09060095 06A DE#01-IOM#0 CA05967-1610+A0 JWXBM13020322 AADE#01-IOM#1 CA05967-1610+A0 JWXBM13130128 AADE#01-PSU#0 CA05967-1651 BBZT1317000233 01A/S1FDE#01-PSU#1 CA05967-1651 BBZT1317000236 01A/S1F

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

107

Page 108: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 2 章 ステータスの表示

2.1 装置のステータス > show hardware-information

ハードウェア情報を表示する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show hardware-informationEnclosure Serial No. Other InformationController Enclosure#0 STCE000012 CE000012Controller Enclosure#1 - -Controller Enclosure#2 - -Controller Enclosure#3 - -Controller Enclosure#4 - -Controller Enclosure#5 - -Controller Enclosure#6 - -Controller Enclosure#7 - -Controller Enclosure#8 - -Controller Enclosure#9 - -Controller Enclosure#a - -Controller Enclosure#b - -Drive Enclosure#00 JWXMP13470044 35DE_12GDrive Enclosure#01 - -Drive Enclosure#02 - -Drive Enclosure#03 - -Drive Enclosure#04 - -Drive Enclosure#05 - -Drive Enclosure#06 - -Drive Enclosure#07 - -Drive Enclosure#08 - -Drive Enclosure#09 - -Drive Enclosure#0a - -Drive Enclosure#0b - -Drive Enclosure#0c - -Drive Enclosure#0d - -Drive Enclosure#0e - -Drive Enclosure#0f - -

Component Part No. Serial No. VersionCE#0-CM#0 CA07111-C631 PP09280285 AACE#0-CM#1 CA07111-C631 P P0928028A AACE#0-CM#0-PFM#0 CA07555-D052 PP132400W2 A1CE#0-CM#0-PFM#1 CA07555-D053 PP132411W4 A0CE#0-CM#1-PFM#0 CA07555-D052 PP132440W2 A1CE#0-CM#1-PFM#1 CA07555-D053 PP132451W4 A0CE#0-PSU#0 CA05954-0860 FA09060095 06A CE#0-PSU#1 CA05954-0860 FA09060095 06A SVC#0 CA07111-C661 PP085102T0 06ASVC#1 CA07111-C661 PP085102T0 06AFRT#0 CA07111-C661 PP085102T0 06AFRT#1 CA07111-C661 PP085102T0 06AFRT#2 CA07111-C661 PP085102T0 06AFRT#3 CA07111-C661 PP085102T0 06AFE-PSU#0 CA05954-0860 FA09060095 06AFE-PSU#1 CA05954-0860 FA09060095 06AFE-PSU#2 CA05954-0860 FA09060095 06AFE-PSU#3 CA05954-0860 FA09060095 06ADE#00-IOM#0 CA05967-1610+A0 JWXBM13020322 AADE#00-IOM#1 CA05967-1610+A0 JWXBM13130128 AADE#00-PSU#0 CA05967-1651 BBZT1317000233 01A/S1FDE#00-PSU#1 CA05967-1651 BBZT1317000236 01A/S1F

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

108

Page 109: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章

構成の設定と表示

本章では、装置を運用するうえで基本的な設定である RAID グループの管理、ボリュームの管理、シン・プロビジョ

ニングプール、Flexible Tierの管理、およびホストインターフェースの管理に関連するコマンドについて説明します。

3.1 RAID グループの管理

本節では、以下の機能に関連するコマンドについて説明します。

• RAID グループの設定

• ホットスペア

• エコモード設定

外部 RAID グループの操作については、「5.3.13 無停止ストレージマイグレーション機能」(P.809) を参照してくだ

さい。

3.1.1 RAID グループ

本項では、RAID グループの管理に関連するコマンドについて説明します。

1 つの RAID グループに属するすべてのドライブは、同じドライブタイプである必要があります。

RAID グループの制御機能は以下のとおりです。

• RAID グループの作成

• 既存の RAID グループの変更

• RAID グループの削除

• LDE(ロジカル・デバイス・エクスパンション)(RAID グループの拡張)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

109

Page 110: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show raid-groups

show raid-groups

すべての RAID グループの簡易リストを表示します。特定の RAID グループの詳細を表示することもできます。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show raid-groups [ -rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names | -csv ]

-rg-number または -rg-name省略可能です。詳細を表示する RAID グループの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に

指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。省略

すると、すべての RAID グループの簡易リストが表示されます。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

-csv 省略可能です。すべての RAID グループの概要一覧を CSV 形式で表示します。

• このパラメーターは、ほかのパラメーターと同時に指定することはできません。

• CSV 形式で出力した構文は、設定系コマンド(create または set)に入力することはできませ

ん。

項目名 意味

RAID Group RAID グループの識別子

No. RAID グループ番号

Name RAID グループ名

RAID Level RAID レベル

Consist of Fast Recovery Fast Recovery RAID グループのドライブ構成。

(RAID Level が RAID6-FR の場合に表示される。それ以外はハイフン(-)が表示される。)

RAID6 のドライブ構成、ユニット数、ホットスペア数を表示します。

例:(3D+2P)x2+1HS

Assigned CM 関連付けられている CM 番号(RAID グループを制御する CM の番号)

Status RAID グループのステータス

Total capacity (MB) 総容量(単位: MB)

Free capacity (MB) 空き容量(単位: MB)

Stripe Depth (KB) Stripe Depth(単位:KB)(詳細表示の場合のみ)

Key Group 鍵グループの使用状態(詳細表示の場合のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

110

Page 111: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show raid-groups

■ 例

Disk List RAID グループに属するドライブ一覧(詳細表示の場合のみ)

Disk RAID グループに属するドライブの位置

Status RAID グループに属するドライブのステータス

Usage RAID グループに属するドライブの用途

Mirroring RAID1 または RAID1+0 の場合のペアドライブ情報

Fast Recovery Disk Fast Recovery ドライブ。

RAID レベルが RAID6-FR でホットスペア領域が使用されている場合、故障したドライブが表示

されます。

装置に登録されているすべてのドライブの簡易リストを表示します。

CLI> show raid-groupsRAID Group RAID Assigned Status Total FreeNo. Name Level CM Capacity(MB) Capacity(MB)---- ---------------- -------- --------- ------------------------------- ------------ ------------ 1 RAIDGROUP001 RAID1+0 CM#0 Spare in Use 134656 132535 2 RAIDGROUP002 RAID5 CM#1 Available 134656 132532 3 RAIDGROUP003 RAID5 CM#1 SED Locked 134656 132532

装置に登録されているすべてのドライブの簡易リストを表示します(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show raid-groupsRAID Group RAID Assigned Status Total FreeNo. Name Level CM Capacity(MB) Capacity(MB)---- ---------------- -------- --------- ------------------------------- ------------ ------------ 1 RAIDGROUP001 RAID1+0 CE#1 CM#0 Spare in Use 134656 132535 2 RAIDGROUP002 RAID5 CE#3 CM#1 Available 134656 132532 3 RAIDGROUP003 RAID5 CE#3 CM#1 SED Locked 134656 132532

-csv を指定し、RAID グループの概要を CSV 形式で表示します。

CLI> show raid-groups -csv[RAID Group No.],[RAID Group Name],[RAID Level],[Assigned CM],[Status],[Total Capacity(MB)],[Free Capacity(MB)]1,RAIDGROUP001,RAID1+0,CM#0,Spare in Use,134656,1325352,RAIDGROUP002,RAID5,CM#1,Available,134656,1325323,RAIDGROUP003,RAID5,CM#1,SED Locked,134656,132532

RAID5(4+1)の RAID グループ R1 の詳細を表示する例です。2 つのドライブが故障し、2 つのホットスペアが使

用されています。さらに、ホットスペアも故障しています。Failed Usable は 後に故障したドライブを示します。

CLI> show raid-groups -rg-name R1RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Free Stripe Key Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity(MB) Capacity(MB) Depth(KB) Group Disk---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ------------ ------------ --------- ------- ------------- 0 R1 RAID5 - CM#0 Broken 1116160 1116136 64 Enable -<Disk List> Disk Status Usage Mirroring -------------- ----------------------------- ------------------- -------------- CE-Disk#0 Available Data CE-Disk#1 Available Data CE-Disk#2 Available Data CE-Disk#3 Broken Data CE-Disk#4 Broken Data CE-Disk#5 Broken Dedicated Hot Spare CE-Disk#6 Failed Usable Global Hot Spare

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

111

Page 112: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show raid-groups

RAID グループ #0 の詳細を表示する例です。RAID レベルが RAID1 または RAID1+0 の場合は、ミラーリング情報

も表示されます。

CLI> show raid-groups -rg-number 0RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Free Stripe Key Fast RecoveryNo. Name Level Fast Recovery CM Capacity(MB) Capacity(MB) Depth(KB) Group Disk---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ------------ ------------ --------- ------- ------------- 0 RAIDGROUP1 RAID1+0 - CM#0 Spare in Use 560128 60104 64 Disable -<Disk List> Disk Status Usage Mirroring -------------- ----------------------------- ------------------- -------------- CE-Disk#2 Broken Data - CE-Disk#3 Available Data CE-Disk#5 CE-Disk#4 Available Data CE-Disk#7 CE-Disk#5 Available Data CE-Disk#3 CE-Disk#7 Available Global Hot Spare CE-Disk#4

RAID6-FR の RAID グループ #0 の詳細を表示する例です。

CLI> show raid-groups -rg-number 0RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Free Stripe Key Fast RecoveryNo. Name Level Fast Recovery CM Capacity(MB) Capacity(MB) Depth(KB) Group Disk---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ------------ ------------ --------- ------- ------------- 0 R1 RAID6-FR (3D+2P)x2+1HS CM#0 Broken 1116160 1116136 64 Enable DE#01-Disk#5<Disk List> Disk Status Usage Mirroring -------------- ----------------------------- ------------------- -------------- DE#01-Disk#0 Available Data DE#01-Disk#1 Available Data DE#01-Disk#2 Available Data DE#01-Disk#3 Available Data DE#01-Disk#4 Available Data DE#01-Disk#5 Broken Data DE#01-Disk#6 Available Data DE#01-Disk#7 Available Data DE#01-Disk#8 Available Data DE#01-Disk#9 Available Data DE#01-Disk#10 Available Data

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

112

Page 113: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show raid-group-progress

show raid-group-progress

RAID グループに関するリビルドまたはコピーバック、および RAID グループ拡張(ロジカル・デバイス・エクス

パンション)の進捗ステータスを表示します。個々の RAID グループも指定できます。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show raid-group-progress [-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names ]

-rg-number または -rg-name省略可能です。表示する RAID グループの識別子を指定します。省略すると、すべての RAID グルー

プの進捗リストが表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照し

てください。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

項目名 意味

RAID Group RAID グループ識別子

No. RAID グループ番号

Name RAID グループ名

Status RAID グループのステータス

Rebuild/Copyback リカバリーの進捗情報

Progress 進捗ステータス(0 - 100%)

Estimated time left リカバリーの推定残り時間

- フォーマット未実施または完了済み

calculating 残り時間計算中

30days or more 推定残り時間≧ 30 日

Xday Yh Zmin 30 日 > 推定残り時間≧ 1 日

Yh Zmin 1 日 > 推定残り時間≧ 1 時間

Zmin 1 時間 > 推定残り時間≧ 1 分

Less than 1min 1 分 > 推定残り時間

Remaining size リカバリーの残り容量

- フォーマット未実施または完了済み

XMB 残り容量(小数点以下は切り上げ)X:10 進数

Expanding Progress RAID グループ拡張(ロジカル・デバイス・エクスパンション)の進捗ステータス

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

113

Page 114: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show raid-group-progress

■ 例

すべての RAID グループの進捗リストを表示する例です。

CLI> show raid-group-progressRAID Group Status Rebuild/Copyback ExpandingNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress---- ---------------- ------------------------------- -------- ------------------- -------------- --------- 0 RAIDGROUP001 Copyback 87% 12h 59min 1024MB - 1 RAIDGROUP012 Available - - - 19% 2 RAIDGROUP013 Available 87% Less than 1min 16MB - 3 RAIDGROUP014 SED Locked 0% 30days or more 134217728MB -

RAID グループ #1 のみの進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show raid-group-progress -rg-number 1RAID Group Status Rebuild/Copyback ExpandingNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress---- ---------------- ------------------------------- -------- ------------------- -------------- --------- 1 RAIDGROUP012 Available - - - 19%

RAID グループ RAIDGROUP001 および RAIDGROUP012 の進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show raid-group-progress -rg-name RAIDGROUP001,RAIDGROUP012RAID Group Status Rebuild/Copyback ExpandingNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress---- ---------------- ------------------------------- -------- ------------------- -------------- --------- 0 RAIDGROUP001 Copyback 87% 12h 59min 1024MB - 1 RAIDGROUP012 Available - - - 19%

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

114

Page 115: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > create raid-group

create raid-group

指定した RAID グループ名、RAID レベル、およびドライブを使用して RAID グループを作成します。ホットスペア

を登録する場合は、set global-spare コマンドまたは set dedicated-spare コマンドを参照してください。

■ 構文

■ パラメーター

create raid-group -name alias_name -disks disks -level {0 | 1 | 5 | 6 | 10 | 50 | 6fr} [-assigned-cm {0 | 1 | 00 | 01 | 10 | 11 | 20 | 21 | 30 | 31 | 40 | 41 | 50 | 51 | 60 | 61 | 70 | 71 | 80 | 81 | 90 | 91 | a0 |a1 | b0 | b1 | auto}] [-stripe-depth { 64kb | 128kb | 256kb | 512kb | 1024kb }] [-fr-consist { (3D+2P)x2+1HS | (4D+2P)x2+1HS | (6D+2P)x2+1HS | (9D+2P)x2+1HS | (12D+2P)x2+1HS | (5D+2P)x4+1HS | (13D+2P)x2+1HS | (8D+2P)x3+1HS | (4D+2P)x5+1HS | (3D+2P)x6+1HS }]

-name RAID グループのエイリアス名を指定します。ただし、同時に指定できるパラメーターは 1 つだけで

す。指定方法の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

alias_name RAID グループ名

-disks RAID グループを構成するドライブを指定します。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31)を参照してください。

disks ドライブ

-level RAID レベルを指定します。

0 RAID0

1 RAID1

5 RAID5

6 RAID6

10 RAID1+0

50 RAID5+0

6fr RAID6-FR(Fast Recovery)

-assigned-cm省略可能です。RAID グループの担当コントローラーモジュール(CM 番号)を指定します。auto を指定すると、システムによって自動計算された、固定のコントローラーが設定されます。省略すると、auto を選択したものとして処理されます。

0 CM#0(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

1 CM#1(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

115

Page 116: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > create raid-group

■ 例

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール(CM)番号です。

例:01 を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値を指定します。

コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

auto 自動(デフォルト)

-stripe-depth省略可能です。作成する RAID グループの Stripe Depth を指定します。省略すると 64kb を選択した

ものとして処理されます。RAID レベルやドライブ数により指定できる値が異なります。

RAID レベルごとに指定できる値は以下のとおりです。

RAID レベル 設定可能な Stripe Depth

RAID1 -

RAID1+0、RAID0 64KB、128KB、256KB、512KB、1,024KB

RAID5(2+1) ~ RAID5(4+1) 64KB、128KB、256KB、512KB

RAID5(5+1) ~ RAID5(8+1) 64KB、128KB、256KB

RAID5(9+1) ~ RAID5(15+1) 64KB、128KB

RAID5+0 64KB

RAID6 64KB

RAID6-FR 64KB

-fr-consist 省略可能です。Fast Recovery RAID グループを構成するドライブを指定します。

RAID6-FR 構成の場合は、このパラメーターを指定する必要があります。

(3D+2P)x2+1HS RAID6(3+2)×2、HS×1

(4D+2P)x2+1HS RAID6(4+2)×2、HS×1

(6D+2P)x2+1HS RAID6(6+2)×2、HS×1

(9D+2P)x2+1HS RAID6(9+2)×2、HS×1

(12D+2P)x2+1HS RAID6(12+2)×2、HS×1

(5D+2P)x4+1HS RAID6(5+2)×4、HS×1

(13D+2P)x2+1HS RAID6(13+2)×2、HS×1

(8D+2P)x3+1HS RAID6(8+2)×3、HS×1

(4D+2P)x5+1HS RAID6(4+2)×5、HS×1

(3D+2P)x6+1HS RAID6(3+2)×6、HS×1

ドライブ #003 と #004 を使用して、RAID グループ RGP001 を RAID1 として作成する例です。

CLI> create raid-group -name RGP001 -level 1 -disks 003,004

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

116

Page 117: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set raid-group

set raid-group

登録されている RAID グループ情報を変更します。

■ 構文

■ パラメーター

set raid-group {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name } [-name name] [-assigned-cm {0 | 1 | 00 | 01 | 10 | 11 | 20 | 21 | 30 | 31 | 40 | 41 | 50 | 51 | 60 | 61 | 70 | 71 | 80 | 81 | 90 | 91 | a0 |a1 | b0 | b1 | auto}] [-key-group {enable | disable}]

-rg-number または -rg-name変更する RAID グループの識別子を指定します。

RAIDグループのエイリアス名を変更する場合、同時に指定できるパラメーターは1つだけです。RAIDグループの担当 CM の番号を変更する場合は、複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法

の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

以下の RAID グループの名前は変更できません。

• FTRP に属している。

• Extreme Cache Pool として登録されている。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-name 省略可能です。新しい RAID グループ名を指定します。省略すると、RAID グループ名は変更されま

せん。指定方法の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

name RAID グループ名

-assigned-cm省略可能です。RAID グループの担当コントローラーモジュール(CM 番号)を指定します。auto を指定すると、システムによって自動計算された、固定のコントローラーが設定されます。省略すると、担当コントローラーモジュールは変更されません。

Extreme Cache Pool として登録されている RAID グループの担当 CM は、変更できません。

0 CM#0(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

1 CM#1(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

117

Page 118: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set raid-group

■ 例

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール(CM)番号です。

例:01 を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値を指定します。

コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

auto 自動

-key-group 省略可能です。セキュリティ設定権限が必要です。鍵グループを使用するかどうかを指定します。省略すると、このパラメーターは変更されません。

SED が搭載可能なモデルでのみサポートします。

enable 鍵グループを使用します(鍵サーバで管理する SED 認証鍵を使用する)。

disable 鍵グループを使用しません(装置共通鍵を使用する)。

RGP001 という RAID グループを変更する例です。新しい名前は RAID002 です。

CLI> set raid-group -rg-name RGP001 -name RAID002

RAID グループ RGP001 に関連付けられている CM 番号を変更する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F の場合)。

新しい CM 番号は CM#1 です。

CLI> set raid-group -rg-name RGP001 -assigned-cm 1

RAID グループ #2 および #4 に関連付けられている CM 番号を変更する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F の場合)。

新しい CM 番号は CM#1 です。

CLI> set raid-group -rg-number 2,4 -assigned-cm 1

RAID グループ #2 および #4 に関連付けられている CM 番号を変更する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

新しい CM 番号は CE#3 CM#1 です。

CLI> set raid-group -rg-number 2,4 -assigned-cm 31

RAID グループ #2 および #4 に鍵グループを使用する例です。

CLI> set raid-group -rg-number 2,4 -key-group enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

118

Page 119: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > delete raid-group

delete raid-group

登録されている RAID グループを削除します。ただし、指定した RAID グループに 1 つ以上のボリュームが存在す

る場合は削除できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

• 以下の RAID グループは削除できません。

- ボリュームが登録されている。

- 容量の拡張中。

- TPP または FTRP に属している。

- REC ディスクバッファーとして登録されている。

- Extreme Cache Pool として登録されている。

delete raid-group {-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names }

-rg-number または -rg-name削除する RAID グループの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方

法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

RAID グループ R1 を削除する例です。

CLI> delete raid-group -rg-name R1

連続する RAID グループ #1 ~ # 8 を削除する例です。

CLI> delete raid-group -rg-number 1-8

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

119

Page 120: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > expand raid-group

expand raid-group

RAID グループの容量を拡張します(ロジカル・デバイス・エクスパンション)。新しいドライブを追加して、現在

登録されている RAID グループの容量を拡張します。また、同時に RAID レベルを変換できます。指定した RAIDグループに複数のボリュームが存在する場合、それらのボリュームは RAID グループ内で再配置されます。

■ 構文

■ パラメーター

• 容量拡張のみでも RAID5+0 および RAID6-FR はサポートされません。

• RAID0 以外の RAID レベルから RAID0 への拡張はサポートされません。

• RAID レベルを変更せずに RAID グループの容量のみを拡張する場合は、追加する新しいドライブのみを -disks パラメーターに指定します。

• RAID レベルを変更する場合は、拡張元 RAID グループを構成する 1 つ以上のドライブを、追加する新しい

ドライブとともに -disks パラメーターに指定します。

expand raid-group {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name } -disks disks [-level {0 | 5 | 6 | 10}] [-name name]

-rg-number または -rg-name拡張する RAID グループの識別子を指定します。ただし、同時に指定できるパラメーターは 1 つだけ

です。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-disks RAID グループを拡張するドライブを指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。この

パラメーターには、拡張前の RAID グループを構成するドライブ番号と追加するドライブ番号を指定

します。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

-level 省略可能です。RAID グループ拡張と同時に変換する RAID レベルを指定します。RAID5+0 はサポー

トされていません。

0 RAID0

5 RAID5

6 RAID6

10 RAID1+0

-name 省略可能です。拡張された RAID グループに使用される新しい RAID グループ名を指定します。指定

方法の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

name 任意の RAID グループ名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

120

Page 121: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > expand raid-group

■ 例

6 つのドライブ(#101-#103, #201-#203)を使用して RAID グループ RGP001 を拡張し、同時に RAID レベルを

RAID5 に変換する例です。

CLI> expand raid-group -rg-name RGP001 -disks 101-103,201-203 -level 5

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

121

Page 122: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理

3.1.2 ホットスペア

本項では、ホットスペアの制御に関連するコマンドについて説明します。ホットスペアとは、RAID グループ内のドライブに故障や異常があった場合に、代わりに使用する予備のドライブ

のことです。ホットスペアには、以下の 2 つのタイプがあります。

• Global Hot Spare(グローバルホットスペア)

RAID0 以外のすべての RAID グループで使用できるホットスペアです。

複数台のホットスペアが搭載されている場合、 適なドライブが自動的に選択され、RAID グループに組み込ま

れます。

• Dedicated Hot Spare(専用ホットスペア)

特定の RAID グループ(1 つの RAID グループ)のみが使用できるホットスペアです。

専用ホットスペアは、TPP、FTRP、Extreme Cache Pool、および REC ディスクバッファーに登録されている

RAID グループには登録できません。

専用ホットスペアが割り当てられていない場合(使用可能でない場合)は、グローバルホットスペアが使用されます。

ドライブの故障が発生すると、ホットスペアに対してデータコピー(リビルド)が自動的に開始されます。

コピーバックレス(*1)が「無効」の場合、故障ドライブを正常なドライブに交換すると、交換されたドライブに

データがコピーバックされます。故障ドライブの代わりに使用されていたホットスペアは、故障時の予備ドライブに戻ります。コピーバックレスが「有効」の場合、ホットスペアは、リビルド完了後に RAID グループに組み込まれ、データド

ライブに変更されます。もともと RAID グループに組み込まれていた故障ドライブは、リビルド完了後にホットス

ペアに変更されます。故障ドライブを正常なドライブに交換すると、交換されたドライブはホットスペアとして使用可能になります。

*1: コピーバックレスとは、元のホットスペアをそのまま RAID グループに組み込み、交換後のドライブをホットスペアとす

ることで、コピーバックを不要とする機能です。

重要なデータを保存する RAID グループには、ホットスペアが優先的に使用されるよう、専用ホットスペアを

登録してください。

ホットスペアは、RAID グループに属するドライブと同じドライブタイプである必要があります。また、それら

のドライブと同じ容量か、それより大きい容量である必要があります。同一 RAID グループ内に回転数の異な

るドライブが混在した場合、RAID グループ内のすべてのドライブの性能が、 も低い回転数のドライブ相当に

なります。登録されているホットスペアのリストを表示するには、show disks コマンドを使用します。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

122

Page 123: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set global-spare

set global-spare

ドライブをグローバルホットスペアとして割り当てます。グローバルホットスペアは、RAID0 を除くすべての RAID グループで共有されます。登録されているホットスペア

のリストを表示するには、show disks コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

set global-spare -disks disks

-disks グローバルホットスペアに登録するドライブを指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

ドライブ #101 と #102 の両方をグローバルホットスペアとして登録する例です。

CLI> set global-spare -disks 101,102

初にドライブ #101 と #102 をグローバルホットスペアとして割り当て、続いてドライブ #103 をグローバルホッ

トスペアとして割り当てる例です。この場合、ドライブ #101 と #102 のステータスはグローバルホットスペアの

ままです。別のグローバルホットスペアを追加しても、設定済みのホットスペアは削除されません。

CLI> set global-spare -disks 101,102CLI> set global-spare -disks 103

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

123

Page 124: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > release global-spare

release global-spare

グローバルホットスペアを解除します。ドライブは割り当てられていない状態になります。

■ 構文

■ 構文

■ 例

release global-spare -disks disks

-disks グローバルホットスペアから解除するドライブを指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

ドライブ #011 をグローバルホットスペアから解除する例です。

CLI> release global-spare -disks 011

連続するドライブ #101 ~ #105 をグローバルホットスペアから解除する例です。

CLI> release global-spare -disks 101-105

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

124

Page 125: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set dedicated-spare

set dedicated-spare

ドライブを専用ホットスペアとして割り当てます。1 つの専用ホットスペアを複数の RAID グループに割り当てることはできません。ただし、1 つの RAID グループに

複数の専用ホットスペアを登録することはできます。登録されているホットスペアのリストを表示するには、showdisks コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

set dedicated-spare -disks disks {-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names }

-disks 専用ホットスペアに登録するドライブを指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。複数のパラメーターを指定する場合は、後述の RAID グループ識別子パラメーターと対応するように指

定する必要があります。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

-rg-number または -rg-name専用ホットスペアに登録する RAID グループ識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定

できます。複数のパラメーターを指定する場合は、前述の disk パラメーターと対応するように指定

する必要があります。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

ドライブ #110 を RAID グループ R1 の専用ホットスペアとして割り当てる例です。

CLI> set dedicated-spare -disks 110 -rg-name R1

ドライブ #110 と #111 を RAID グループ RGP001 に専用ホットスペアとして割り当てる例です。

CLI> set dedicated-spare -disks 110,111 -rg-name RGP001

異なる 2 つのドライブを異なる 2 つの RAID グループにそれぞれ同時に割り当てる例です。この例では、ドライ

ブ #110 を RAID グループ RGP1 に属する専用ホットスペアとして、またドライブ #111 を RAID グループ RGP2に属するホットスペアとして割り当てます。

CLI> set dedicated-spare -disks 110,111 -rg-name RGP1,RGP2

初にドライブ #101 を専用ホットスペアとして登録し、続いてドライブ #102 を専用ホットスペアとして登録す

る例です。この場合、ドライブ #101 のステータスは専用ホットスペアのままです。別の専用ホットスペアを追加

することで、設定済みのホットスペアが削除されることはありません。

CLI> set dedicated-spare -disks 101 -rg-name RGP1CLI> set dedicated-spare -disks 102 -rg-name RGP1

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

125

Page 126: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > release dedicated-spare

release dedicated-spare

専用ホットスペアを解除します。解除されたドライブは割り当てられていない状態になります。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

release dedicated-spare -disks disks

-disks 専用ホットスペアから解除するドライブを指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

ドライブ #110 を専用ホットスペアから解除する例です。

CLI> release dedicated-spare -disks 110

2 つのドライブ #110 と #111 を専用ホットスペアから解除する例です。

CLI> release dedicated-spare -disks 110,111

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

126

Page 127: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理

3.1.3 エコモード管理

本項では、エコモード機能に関連するコマンドについて説明します。この機能を使用する場合は、set eco-mode コ

マンドを使用してエコモードを有効にする必要があります。

エコモード管理に関する機能は以下のとおりです。

• エコモードの設定/解除

• エコモードスケジュールの作成

• エコモードスケジュールの変更

• エコモードスケジュールの削除

• RAID グループ関連付けの設定

• RAID グループ関連付けの解除

エコモード機能を使用する手順は以下のとおりです。

1 エコモードを有効にします。

2 エコモードスケジュールを作成します。

3 エコモードスケジュールを RAID グループに割り当てます。

本項に記載されているコマンドは、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650 および DX200F ではサポートしていま

せん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

127

Page 128: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show eco-mode

show eco-mode

現在設定されているエコモードとそのオプションパラメーターを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show eco-mode

項目名 意味

Mode エコモード機能が有効かどうかを示す

Host I/O Monitoring Time ホスト I/O の監視時間

Disk Motor Control Limit Count ディスクモーターの動作をオフ/オンに設定する 1 日あたりの制限回数

現在設定されているエコモードを表示する例です。

CLI> show eco-modeMode [Enable]Host I/O Monitoring Time [60 min.]Disk Motor Control Limit Count [5]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

128

Page 129: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-mode

set eco-mode

エコモードを設定または解除します。エコモード機能は、ディスクへのアクセスが行われていないときにディスクモーターを停止する機能です。このコマンドを使用してエコモードを有効にしないと、エコモード機能は使用できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

set eco-mode [-mode {enable | disable}]

-mode 省略可能です。エコモードを有効にするかどうかを指定します。省略すると、このパラメーターの値は変更されません。

enable エコモードを有効にします。

disable エコモードを無効にします。

エコモードを有効にする例です。

CLI> set eco-mode -mode enable

エコモードを解除する例です。

CLI> set eco-mode -mode disable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

129

Page 130: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show eco-schedule

show eco-schedule

エコモードスケジュールおよびエコモードスケジュールイベントを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

■ 例

show eco-schedule [-schedule-number schedule_numbers | -schedule-name schedule_names]

-schedule-number または -schedule-name省略可能です。詳細を表示するエコモードスケジュールの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。省略すると、すべてのエコモードスケジュールが表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.18 エコモードスケジュールの構文」(P.43) を参照してください。

schedule_numbers エコモードスケジュール番号

schedule_names エコモードスケジュール名

項目名 意味

ECO Schedule エコモードスケジュール識別子

No. エコモードスケジュール番号

Name エコモードスケジュール名

Event エコモードスケジュールイベントの識別子

No. エコモードスケジュールイベント番号

Type エコモードスケジュールイベントタイプ

Details エコモードスケジュールイベントタイプの説明

Time エコモードスケジュールの開始時間および終了時間

登録されているすべてのエコモードスケジュールのリストを表示する例です。

CLI> show eco-scheduleECO ScheduleNo. Name--- ---------------- 0 SC001 1 SC002 2 SC003_TEMP

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

130

Page 131: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show eco-schedule

エコモードスケジュール SC001 のスケジュール情報を表示する例です。

CLI> show eco-schedule -schedule-name SC001ECO ScheduleNo. Name--- ---------------- 0 SC001 EventNo. Type Details Time--- ------------- ----------------------------------------- ----------------------- 1 Every-day from [06:00] to [18:00] 2 Every-week Monday-Friday from [06:00] to [18:00] 3 Specific-day 6days from December 13 from [06:00] to [18:00] 4 Specific-week December 1st week Monday-Friday from [06:00] to [18:00]

エコモードスケジュール SC002 および SC003_TEMP のスケジュール情報を同時に表示する例です。

CLI> show eco-schedule -schedule-name SC002,SC003_TEMPECO ScheduleNo. Name--- ---------------- 2 SC002EventNo. Type Details Time--- ------------- ----------------------------------------- ----------------------- 1 Every-day from [06:00] to [18:00] 2 Every-week Monday-Friday from [06:00] to [18:00]

ECO ScheduleNo. Name--- ---------------- 3 SC003_TEMPEventNo. Type Details Time--- ------------- ----------------------------------------- ----------------------- 1 Specific-day 6days from December 13 from [06:00] to [18:00] 2 Specific-week December 1st week Monday-Friday from [06:00] to [18:00]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

131

Page 132: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > create eco-schedule

create eco-schedule

エコモードスケジュールは、エコモード機能に適用されるスケジュールです。エコモードスケジュールで定義される時間は、ディスクモーターをオフにする時間ではなく、ディスクモーターを回転させる時間として処理されます。

大で 64 のエコモードスケジュールを作成できます。1 つのエコモードスケジュールは 大 8 つのエコモードスケ

ジュールイベントで構成されます(各エコモードスケジュールには少なくとも 1 つのエコモードスケジュールイベ

ントが必要です)。このコマンドでは、1 つのエコモードスケジュールと 1 つのエコモードスケジュールイベントの

みを作成できます。複数のエコモードスケジュールイベントを作成および定義する場合は、set eco-schedule コマ

ンドを使用します。以下の図に、エコモードスケジュールの概要を示します。

■ 構文

■ パラメーター

create eco-schedule -name schedule_name -event-type {every-day |every-week,{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun} |specific-day,MMDD,R |specific-week,MM,{1st | 2nd | 3rd | 4th | last},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun}} -event-from hhmm -event-to hhmm

-name エコモードスケジュール名を指定します。指定できるエコモードスケジュール名は 1 つだけです。指

定方法の詳細は、「1.2.18 エコモードスケジュールの構文」(P.43) を参照してください。

schedule_name エコモードスケジュール名

-event-type エコモードスケジュールイベントのタイプを指定します。

every-day 毎日がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は every-day のみで、サブオ

ペランドは必要ありません。

例:-event-type every-day

Max 64

... Eco-mode schedules

Eco-mode schedulesSchedule-Event #1

Schedule-Event #7Schedule-Event #8

Schedule-Event #5Schedule-Event #6

Schedule-Event #2Schedule-Event #3Schedule-Event #4

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

132

Page 133: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > create eco-schedule

every-week毎週がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は every-week,STA,END です。

STA(週の開始日)と END(週の終了日)をカンマ(,)で区切って指定できます。曜日

は以下の書式から選択する必要があります。また、週の終了日は週の開始日よりあとである必要があります。曜日の先頭は月曜日とします。

例:正→ -event-type every-week,mon,fri  (月曜日から金曜日まで)例:誤→ -event-type every-week,fri,tue  (金曜日から火曜日まで)例:正→ -event-type every-week,mon,mon  (月曜日のみも可)

mon 月曜日

tue 火曜日

wed 水曜日

thu 木曜日

fri 金曜日

sat 土曜日

sun 日曜日

specific-day特定の日付がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は spec i f i c -day,MMDD,R です。MM(01 ~ 12 の特定の月、毎月を指定する場合は 01 ~ 12 の代わ

りに em を指定)と DD(01 ~ 31 の特定の日、または 99。99 を指定した場合、その月

の 終日が指定されたとみなされます。)、および R(実行日数、1 ~ 7)をカンマ(,)で区切って指定できます。

例:-event-type specific-day,0501,3  (5 月 1 日から 5 月 3 日までの 3 日間)

例:-event-type specific-day,0630,2  (6 月 30 日から 7 月 1 日までの 2 日間)

specific-week特定の週がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は spec i f i c -week,MM,W,STA,END です。MM(01 ~ 12 の特定の月、毎月を指定する場合は 01 ~12 の代わりに em を指定)、W(1st、2nd、3rd、4th または last のいずれかの特定の週、

第何週であるかを指定)、STA(週の開始日)、および END(週の終了日)をカンマで

(,)区切って指定します。曜日は以下の書式から選択する必要があります。また、週の

終了日は週の開始日よりあとである必要があります。曜日の先頭は月曜日とします。

例:正→ -event-type specific-week,05,3rd,mon,wed  (5 月の第 3 月曜日から第 3 水曜日まで)

例:誤→ -event-type specific-week,05,3rd,wed,mon  (5 月の第 3 水曜日から第 3 月曜日まで)

  (5 月 1 日が月曜日の場合)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

133

Page 134: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > create eco-schedule

■ 例

mon 月曜日

tue 火曜日

wed 水曜日

thu 木曜日

fri 金曜日

sat 土曜日

sun 日曜日

-event-fromエコモードスケジュールの開始時間を指定します。書式は hhmm です。hh は時間(00 ~ 23)です。

mm は分(00 または 30)です。

ディスクモーターは、このパラメーターで指定した時間から再び動作します。

-event-to エコモードスケジュールの終了時間を指定します。書式は hhmm です。hh は時間(00 ~ 23)です。

mm は分(00 または 30)です。

エコモードスケジュールを作成する例です。エコモードスケジュール名は SC001、イベントタイプは毎日、時間

は 06:00 ~ 18:00 の場合です。

CLI> create eco-schedule -name SC001 -event-type every-day -event-from 0600 -event-to 1800

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

134

Page 135: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-schedule

set eco-schedule

指定したエコモードスケジュールを変更します。また、エコモードスケジュールにエコモードスケジュールイベントを追加できます。

■ 構文

■ パラメーター

set eco-schedule {-schedule-number schedule_number | -schedule-name schedule_name} [-name schedule_name] [-event-number {1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8}] [-event-type {every-day |every-week,{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun} |specific-day,MMDD,R |specific-week,MM,{1st | 2nd | 3rd | 4th | last},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun},{mon | tue | wed | thu | fri | sat | sun}}] [-event-from hhmm] [-event-to hhmm]

-schedule-number または -schedule-name変更するエコモードスケジュールの識別子を指定します。同時に指定できる識別子は 1 つだけです。

指定方法の詳細は、「1.2.18 エコモードスケジュールの構文」(P.43) を参照してください。

schedule_number スケジュール番号

schedule_name スケジュール名

-name 省略可能です。新しいエコモードスケジュール名を指定します。省略すると、このパラメーターの値は変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

schedule_name スケジュール名

-event-number省略可能です。エコモードスケジュールイベントを変更または追加するエコモードスケジュールイベント番号を指定します。1 ~ 8 の範囲で値を指定します。同時に指定できるエコモードスケジュール

イベント番号は 1 つだけです。エコモードスケジュールイベント番号を表示するには、show eco-schedule コマンドを使用します。省略すると、エコモードスケジュールイベントは変更されません。

1 ~ 8 スケジュールイベント番号

-event-type 省略可能です。エコモードスケジュールイベントのタイプを指定します。省略すると、このパラメーターの値は変更されません。

every-day 毎日がエコモードスケジュールして設定されます。書式は every-day のみです。オペラ

ンドは必要ありません。

例:-event-type every-day

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

135

Page 136: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-schedule

every-week毎週がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は every-week,STA,END です。

STA(週の開始日)と END(週の終了日)をカンマ(,)で区切って指定できます。曜日

は以下の書式から選択する必要があります。また、週の終了日は週の開始日よりあとである必要があります。曜日の先頭は月曜日とします。

例:正→ -event-type every-week,mon,fri  (月曜日から金曜日まで)例:誤→ -event-type every-week,fri,tue  (金曜日から火曜日まで)例:正→ -event-type every-week,mon,mon  (月曜日のみも可)

mon 月曜日

tue 火曜日

wed 水曜日

thu 木曜日

fri 金曜日

sat 土曜日

sun 日曜日

specific-day特定の日付がエコモードスケジュールとして設定されます。書式は spec i f i c -day,MMDD,R です。MM(01 ~ 12 の特定の月、毎月を指定する場合は 01 ~ 12 の代わ

りに em を指定)と DD(01 ~ 31 の特定の日、または 99。99 を指定した場合、その月

の 終日が指定されたとみなされます。)、および R(実行日数、1 ~ 7)をカンマ(,)で区切って指定できます。

例:-event-type specific-day,0501,3  (5 月 1 日から 5 月 3 日までの 3 日間)

例:-event-type specific-day,0630,2  (6 月 30 日から 7 月 1 日までの 2 日間)

specific-week特定の週がエコモードスケジュールとして設定されます。書式はspecific-week,MM,W,STA,END です。MM(01 ~ 12 の特定の月、毎月を指定する必要

がある場合は 01 ~ 12 の代わりに em を指定)、W(1st、2nd、3rd、4th または last のいずれかの特定の週、第何週であるかを指定)、STA(週の開始日)、および END(週の

終了日)をカンマ(,)で区切って指定できます。曜日は後述する書式から選択する必要

があります。また、週の終了日は週の開始日よりあとである必要があります。曜日の先頭は月曜日とします。

例:正→ -event-type specific-week,05,3rd,mon,wed  (5 月の第 3 月曜日から第 3 水曜日まで)

例:誤→ -event-type specific-week,05,3rd,wed,mon  (5 月の第 3 水曜日から第 3 月曜日まで)

  (5 月 1 日が月曜日の場合)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

136

Page 137: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-schedule

■ 例

mon 月曜日

tue 火曜日

wed 水曜日

thu 木曜日

fri 金曜日

sat 土曜日

sun 日曜日

-event-from省略可能です。エコモードスケジュールの開始時間を指定します。書式は hhmm です。hh は時間(00~ 23)です。mm は分(00 または 30)です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

ディスクモーターは、このパラメーターで指定した時間から再び動作します。

-event-to 省略可能です。エコモードスケジュールの終了時間を指定します。書式は hhmm です。hh は時間(00~ 23)です。mm は分(00 または 30)です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

エコモードスケジュール SC001 にエコモードスケジュールイベント #2 を追加する例です。

CLI> set eco-schedule -schedule-name SC001 -event-number 2 -event-type every-day -event-from 0600 -event-to 1800

エコモードスケジュール名を変更する例です。新しいエコモードスケジュール名は SC002_NEW です。

CLI> set eco-schedule -schedule-name SC001 -name SC002_NEW

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

137

Page 138: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > delete eco-schedule

delete eco-schedule

エコモードスケジュールまたはエコモードスケジュールイベントを削除します。複数のエコモードスケジュールを同時に削除できます。ただし、複数のエコモードスケジュールイベントを同時に削除することはできません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete eco-schedule{-schedule-number schedule_numbers | -schedule-name schedule_names}[-event-number {1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8}]

-schedule-number または -schedule-nameエコモードスケジュールまたはエコモードスケジュールイベントを削除するエコモードスケジュールの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。ただし、複数のパラメーターを指定する場合は、後述のエコモードスケジュールイベント番号パラメーターを指定できません。指定方法の詳細は、「1.2.18 エコモードスケジュールの構文」(P.43) を参照してください。

schedule_numbers スケジュール番号

schedule_names スケジュール名

-event-number省略可能です。削除するエコモードスケジュールイベント番号を指定します。エコモードスケジュールイベント番号は、1 ~ 8 の範囲で値を指定します。エコモードスケジュールイベント番号を表示す

るには、show eco-schedule コマンドを使用します。同時に指定できるスケジュールイベント番号は

1 つだけです。省略すると、指定した前述のエコモードスケジュールが削除されます。

1 ~ 8 スケジュールイベント番号

エコモードスケジュール SC002 のみを削除する例です。

CLI> delete eco-schedule -schedule-name SC002

エコモードスケジュール SC001 のエコモードスケジュールイベント #2 のみを削除する例です。

CLI> delete eco-schedule -schedule-name SC001 -event-number 2

エコモードスケジュール SC002 および SC003 を両方同時に削除する例です。

CLI> delete eco-schedule -schedule-name SC002,SC003

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

138

Page 139: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show eco-raid-group

show eco-raid-group

エコモードスケジュールと関連付けられている RAID グループのリストを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show eco-raid-group

項目名 意味

RAID group RAID グループの識別子

No. RAID グループ番号

Name RAID グループ名

Level RAID レベル

Status RAID グループのステータス

Assigned CM RAID グループを制御するコントローラーモジュール

Capacity(MB) RAID グループの容量

ECO Schedule エコモードスケジュール

Action エコモードスケジュールのアクション。エコモードスケジュールが関連付けられているかどうかを表す。

No. エコモードスケジュール番号(エコモードソフト連携によるスケジュールの場合は、[128] が表示される)

Name エコモードスケジュール名(エコモードソフト連携によるスケジュールの場合は、[External] が表示される)

Motor Status ディスクモーターの現在のステータス

Control Status 制御コマンドによる抑制ステータス

エコモードスケジュールに関連付けられているすべての RAID グループのリストを表示する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、およびDX500 S3/DX600 S3の場合)。

CLI> show eco-raid-groupRAID Group Level Status Assigned Capacity ECO Schedule Motor ControlNo. Name CM (MB) Action No. Name Status Status---- ---------------- -------- ------------------------------- --------- -------- --------------- --- ---------------- ------------------- ------- 28 RGP028 RAID1 Available CM#0 53647 Drive power off 1 SC001 Active [OFF] 29 RGP029 RAID1+0 Available CM#0 60000 Drive motor off 1 SC001 Active [OFF] 30 RGP030 RAID5 Available CM#1 89654 Drive always on 128 External Active [OFF] 31 RGP031 RAID0 Present CM#1 22301 Drive always on 2 SC002 Active [OFF]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

139

Page 140: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > show eco-raid-group

エコモードスケジュールに関連付けられているすべての RAID グループのリストを表示する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show eco-raid-groupRAID Group Level Status Assigned Capacity ECO Schedule Motor ControlNo. Name CM (MB) Action No. Name Status Status---- ---------------- -------- ------------------------------- --------- -------- --------------- --- ---------------- ------------------- ------- 28 RGP028 RAID1 Available CE#3 CM#0 53647 Drive power off 1 SC001 Active [OFF] 29 RGP029 RAID1+0 Available CE#3 CM#0 60000 Drive motor off 1 SC001 Active [OFF] 30 RGP030 RAID5 Available CE#3 CM#1 89654 Drive always on 128 External Active [OFF] 31 RGP031 RAID0 Present CE#3 CM#1 22301 Drive always on 2 SC002 Active [OFF]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

140

Page 141: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-raid-group

set eco-raid-group

エコモードスケジュールを RAID グループに関連付けます。

■ 構文

■ パラメーター

• SDPV が登録されている RAID グループは、エコモードによるモーター停止の対象になりません。

• ODX バッファーボリュームが登録されている RAID グループは、エコモードによるモーター停止の対象にな

りません。

• ハードウェアの異常を検出するソフトウェアが定期的に装置にアクセスする環境の場合、エコモード有効でもドライブのモーターが停止しないこと(*1)があります。

*1: モーター停止だけではなく、ドライブ電源の切断を含みます。

• WSV を構成する RAID グループに、すべて同じエコモードスケジュールを設定してください。

• Extreme Cache Pool として登録されている RAID グループは、エコモードスケジュールを設定できません。

set eco-raid-group {-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names}[-schedule-number schedule_number | -schedule-name schedule_name] -action {enable | power-enable | disable}

-rg-number または -rg-name関連付ける RAID グループの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定

方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

• ボリュームが登録されていない RAID グループは指定できません。

• SSD を含む RAID グループは指定できません。

• REC ディスクバッファーとして登録されている RAID グループは指定できません。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

-schedule-number または -schedule-name省略可能です。関連付けるエコモードスケジュールの識別子を指定します。同時に指定できる識別子は 1 つだけです。省略すると、このパラメーターの値は変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.18エコモードスケジュールの構文」(P.43) を参照してください。

ソフトウェア連携設定にする場合は、 -schedule-number に 128 を設定します。 この場合、schedulename は External に自動設定されます。

schedule_number スケジュール番号

schedule_name スケジュール名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

141

Page 142: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > set eco-raid-group

■ 例

-action エコモード機能を有効にするかどうかを指定します。

enable モーターを停止します(エコモード動作を有効にし、指定スケジュール以外の時

間帯はドライブのモーターを停止します)。

power-enable ドライブ電源を切断します(エコモード動作を有効にし、指定スケジュール以外

の時間帯はドライブ電源を切断します)。

disable 常時稼働します(エコモード動作を無効とし、指定スケジュールにかかわらず、常

時ドライブを稼働します)。

エコモードスケジュール SC001 を RAID グループ RGP001 に関連付ける例です。

CLI> set eco-raid-group -rg-name RGP001 -schedule-name SC001 -action enable

エコモードスケジュール SC001 を連続する RAID グループ #1 ~ #10 に一度に関連付ける例です。

CLI> set eco-raid-group -rg-number 1-10 -schedule-name SC001 -action enable

RAID グループ RGP001 のエコモード機能を無効にする例です。

CLI> set eco-raid-group -rg-name RGP001 -action disable

エコモードスケジュール #1 を RAID グループ RGP001 に関連付け、次にエコモードスケジュール #2 を同じ RAIDグループに関連付けます。その結果、エコモードスケジュール #1 はこの RAID グループから解除され、エコモー

ドスケジュール #2 が新たに関連付けられます。

CLI> set eco-raid-group -rg-name RGP001 -schedule-number 1 -action enableCLI> set eco-raid-group -rg-name RGP001 -schedule-number 2 -action enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

142

Page 143: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.1 RAID グループの管理 > release eco-raid-group

release eco-raid-group

RAID グループに関連付けられたエコモードスケジュールを解除します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

release eco-raid-group {-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names}

-rg-number または -rg-name解除する RAID グループの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方

法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

RAID グループ RGP001 と関連付けられているエコモードスケジュールを解除する例です。

CLI> release eco-raid-group -rg-name RGP001

連続する RAID グループ #1 ~ #10 に関連付けられているエコモードスケジュールを一度に解除する例です。

CLI> release eco-raid-group -rg-number 1-10

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

143

Page 144: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

3.2 ボリュームの管理

本節では、ボリュームの設定に関連するコマンドについて説明します。

Flexible Tier Pool (FTRP)に割り当てられるボリューム(Flexible Tier Volume(FTV))に関連するコマンドは、

「3.2.2 Flexible Tier Volume」(P.204) を参照してください。

外部ボリュームについては、「5.3.13 無停止ストレージマイグレーション機能」(P.809) を参照してください。

3.2.1 ボリューム

本項では、ボリュームの管理に関連するコマンドについて説明します。

• ボリュームの作成

• 既存ボリューム情報の変更

• ボリュームの削除

• ボリュームのフォーマット

• LUN 連結(ボリュームの容量拡張)

• RAID マイグレーション(ボリュームの移行)

• シン・プロビジョニングボリュームの平準化

• Zero Reclamation 開始/停止

• ボリュームの QoS 性能設定

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

144

Page 145: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

show volumes

すべてのボリュームまたは指定されたボリュームの詳細を表示します。

Flexible Tier Volume(FTV)を表示する場合にも、本コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

show volumes [{-rg-number rg_number | -rg-name rg_name} | {-external-rg-number external_rg_number | -external-rg-name external_rg_name} | {-pool-number pool_number | -pool-name pool_name } | {-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name } |-type {standard | sdv | sdpv | tpv | ftv | wsv} | -mode {detail | expansion | uid | wsv | ftv | tfo | default} |-csv ]

-rg-number または -rg-name省略可能です。RAID グループの識別子を指定します。RAID グループに属するボリュームの情報を

表示します。省略すると、装置内に存在するすべてのボリュームの概要が表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• ほかのパラメーターと同時に指定することはできません(-mode default を除く)。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-external-rg-number または -external-rg-name省略可能です。外部 RAID グループの識別子を指定します。外部 RAID グループに属するボリューム

の情報を表示します。省略すると、装置内に存在するすべてのボリュームの概要が表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• このパラメーターは、ほかのパラメーターと同時に指定することはできません(-mode defaultを除く)。

external_rg_number

外部 RAID グループ番号

external_rg_name

外部 RAID グループ名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

145

Page 146: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

pool-number または -pool-name省略可能です。シン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。シン・プロビジョニングプール上のボリュームの詳細が表示されます。省略すると、装置内に存在するすべてのボリュームの概要が表示されます。シン・プロビジョニング機能が無効の場合、このパラメーターは指定できません。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• ほかのパラメーターと同時に指定することはできません(-mode default を除く)。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-ftrp-number または -ftrp-name省略可能です。Flexible Tier Pool(FTRP)の識別子を指定します。FTRP 上のボリュームの詳細が表

示されます。省略すると、装置内に存在するすべてのボリュームの概要が表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.8 Flexible Tier Pool の構文」(P.33) を参照してください。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• ほかのパラメーターと同時に指定することはできません(-mode default と -mode ftv を除く)。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

-type 省略可能です。表示するボリュームのタイプを指定します。省略すると、すべてのタイプを選択したものとして処理されます。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• ほかのパラメーターと同時に指定することはできません(-mode default を除く)。

standard 通常の open ボリューム(Standard)

sdv アドバンスト・コピー機能の対象となるスナップデータボリューム(SDV)

sdpv アドバンスト・コピー機能の対象となるスナップデータプールボリューム(SDPV)

tpv シン・プロビジョニングボリューム(TPV)(NAS の各種ボリュームを含む)

シン・プロビジョニング機能が無効の場合、tpv は指定できません。

ftv Flexible Tier ボリューム(FTV)(VMware Virtual Volumes(VVOL)を含む)

wsv ワイドストライピングボリューム(WSV)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

146

Page 147: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

-mode 省略可能です。拡張されたボリュームの出力モードを指定します。省略すると、default を選択したも

のとして処理されます。

• 指定できるパラメーターは 1 つだけです。

• -mode expansion、-mode uid、-mode wsv パラメーターとほかのパラメーターを同時に指定す

ることはできません。

detail ボリュームの詳細情報を表示します。

expansion 拡張されたボリューム(LUN 連結ボリューム)を構成する詳細情報を表示できます。

LUN 連結ボリュームのみ表示されます。

uid NAA 識別子(UID)を表示します。

すべてのボリュームタイプが表示されます。

wsv WSV の連結 RAID グループ情報を表示します。

WSV のみ表示されます。

ftv FTV の FTSP の使用状況を表示します。

SSD SED、SSD、Online SED、Online disk、Nearline SED、Nearline disk の順に表示

されます。-ftsp-number, -name パラメーターと同時に指定できます。

Used Capacity は FTSP の全使用容量。

Volume Used Capacity は FTV についての FTSP 使用容量。

Usage Rate は(Volume Used Capacity)/(FTV の全容量)×100。小数点以下は切り捨てて表示しているため、合計が 100%にならない場合があります。

すべての FTSP が未使用の場合は、合計が 0 になります。

FTV のみ表示されます。

tfo TFO グループに属するボリュームの一覧を表示します。

Storage Cluster ライセンスが未登録の場合、このパラメーターは指定できません。

default このパラメーターを省略した場合と同じ結果になります。

-csv 省略可能です。ボリューム情報を CSV 形式で表示します。

• このパラメーターは、ほかのパラメーターと同時に指定することはできません。

• CSV 形式で出力した構文は、設定系コマンド(create または set)に入力することはできませ

ん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

147

Page 148: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

■ 出力

項目名 意味

Volume ボリュームの識別子

No. ボリューム番号

Name ボリューム名

Status ボリュームのステータス

Type ボリュームタイプとボリューム用途以下の場合、ボリューム用途が表示される

• 重複排除/圧縮機能が有効なボリュームの場合、(Dedup) または (Block/Dedup)

• VVOL の場合、(VVOL) または (Block/VVOL)

• Veeam スナップショットボリュームの場合、(Veeam)

• VVOL メタデータ専用 FTV、DEDUP_MAP ボリューム、または DEDUP_SYS ボリュー

ムの場合、(System)

• NAS 機能が有効の場合

- NAS 運用ボリュームの場合、(File)

- NAS システムボリュームまたは NAS 拡張システムボリュームの場合、(System)

Usage Details ボリューム用途の詳細(NAS 機能が有効の場合のみ、ボリューム用途の詳細が表示される)

NAS System Volume Format Status

NAS システムボリュームフォーマットの進捗状態

(ボリュームタイプが該当ボリュームでない場合は、ハイフン(-)が表示される)

Encryption 暗号化のステータス

Expansion ボリュームを構成する番号(拡張されている場合)

RG or TPP or FTRP RAID グループ、外部 RAID グループ、シン・プロビジョニングプール、または Flexible Tier Pool の識別子

No. RAID グループ番号、外部 RAID グループ番号、シン・プロビジョニングプール番号、また

は Flexible Tier Pool 番号

Name RAID グループ名、外部 RAID グループ名、シン・プロビジョニングプール名、または

Flexible Tier Pool 名

Size (MB) ボリューム容量SDV の場合は、Virtual-size が表示されます。

Reserved Deletion SDPV 専用に予約されている削除記号

Copy Protection コピー保護

Data Integrity データの保全機能

Default 標準のデータ・ブロックガード

T10-DIF T10-DIF

Allocation TPV または FTV の Allocation の種別

Allocation 機能に対応していないボリュームの場合は、ハイフン(-)が表示されます。

Deduplication/Compression ボリューム、DEDUP_SYS ボリューム、または DEDUP_MAPボリュームの場合は、[Thin] が表示される。

Thin Allocation 方式が thin のボリューム(通常の TPV)

Thick Allocation 方式が thick のボリューム(論理容量と同じ物理容量が確保されているボリュー

ム)

NAS FS Block Size NAS ファイルシステムのブロックサイズ(単位:KB)NAS 運用ボリューム(nas-tpv)以外の場合は、ハイフン(-)が表示されます。

また、ユニファイドストレージ以外の場合は、本項目は表示されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

148

Page 149: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

NAS FS Version NAS ファイルシステム形式

NAS 運用ボリューム(nas-tpv)以外または情報を取得できなかった場合は、ハイフン(-)が表示されます。また、ユニファイドストレージ以外の場合は、本項目は表示されません。

1 ファームウェア版数 V10L21 より前に作成したボリュームのファイルシステム形式(容量拡

張非対応ボリューム)。ブロックサイズ 256KB / 大ボリュームサイズ モデル依存

2 ファームウェア版数 V10L21 で作成したボリュームのファイルシステム形式(容量拡張ボ

リューム)。ブロックサイズ 256KB / 大ボリュームサイズ 128TB

3 ファームウェア版数 V10L31 で作成したボリュームのファイルシステム形式(容量拡張ボ

リューム)。ブロックサイズ 8KB / 大ボリュームサイズ 4TBブロックサイズ 32KB / 大ボリュームサイズ 16TBブロックサイズ 256KB / 大ボリュームサイズ 128TB

4 ファームウェア版数 V10L33 以降で作成したボリュームのファイルシステム形式(容量拡張

ボリューム)。ブロックサイズ 8KB / 大ボリュームサイズ 32TBブロックサイズ 32KB / 大ボリュームサイズ 128TBブロックサイズ 256KB / 大ボリュームサイズ 128TB

5 ファームウェア版数 V10L51 以降で作成したボリュームのファイルシステム形式(容量拡張

ボリューム。NAS 共有フォルダー単位のクォータ設定に対応)。

ブロックサイズ 8KB / 大ボリュームサイズ 32TBブロックサイズ 32KB / 大ボリュームサイズ 128TBブロックサイズ 256KB / 大ボリュームサイズ 128TB

Used Status TPV または FTV の使用状態

Measurements 測定値該当ボリュームごとにシン・プロビジョニングプール(TPP)の空き容量の状況が 10 進数

で表示されます。測定値 = TPP 空き容量 / TPV 未割り当て容量

測定値が大きいほど、TPP に十分な空き容量があります。

ただし、測定値が 500 を超える場合、「>500」が表示されます。測定値が 1 未満の場合、

「0」が表示されます。また、TPV 未割り当て容量が「0」の場合、「-」(ハイフン)が表示さ

れます。 装置が Not Ready 状態の場合、「?」が表示されます。

Attention (%) TPV または FTV の注意レベル

Deduplication/Compression ボリューム、DEDUP_SYS ボリューム、または DEDUP_MAPボリュームの場合は、ハイフン(-)が表示されます。

Balancing Level TPV の平準化レベル

Priority FTV の優先割り当て先 FTRP 番号

Used Capacity (MB) TPV または FTV の使用容量

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

149

Page 150: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

EXC ボリューム単位で Extreme Cache(EXC)機能または Extreme Cache Pool 機能が有効か無

効かが表示されます。EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能をサポートしていないモデルの場合は、本項目は

表示されません。EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能に対応していないボリュームタイプの場合は、ハ

イフン(-)が表示されます。

装置として EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は、ボリューム単位の設

定にかかわらず EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能は使用できません。

Size on RAID Group 該当ボリュームが RAID グループ上で使用している実容量。

-mode detail、-mode wsv、または -mode expansion の場合に表示されます。

-mode detail で表示した場合、コンカチネーションボリュームおよび WSV は表示されませ

ん。コンカチネーションボリュームと WSV の各 RAID グループ上の実容量は、-mode expansion および -mode wsv を使用して表示してください。

ボリュームタイプが Standard(Open)、SDV、SDPV、および WSV 以外では表示されませ

ん。

External LU Info 外部 LU 情報の引き継ぎの有無。

無停止ストレージマイグレーションライセンスが未登録の場合、本項目は表示されません。

Inherited 外部 LU 情報の引き継ぎあり

- 外部 LU 情報の引き継ぎなし、または外部ボリュームではない場合

UID ボリュームの Universal IdentifierDEDUP_SYS ボリュームまたは DEDUP_MAP ボリュームの場合は、ハイフン(-)が表示

されます。

ID 該当ボリュームの LUN ID。

-mode detail または -mode uid の場合に表示されます。

Mode UID の設定状態

Default ボリュームの初期 UID

Custom 任意あるいは TFO ペア設定により変更された UID

External 外部 LU から引き継いだ UID

ALUA 該当ボリュームの ALUA 設定。

-mode detail の場合のみ表示されます。

ボリュームタイプが Standard、WSV、TPV、FTV、SDV、MVV の場合に表示されます。

それ以外の場合はハイフン(-)が表示されます。また、DEDUP_SYS ボリューム、

DEDUP_MAP ボリュームの場合も、ハイフン(-)が表示されます。

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

150

Page 151: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

表示項目と各オプションの組み合わせパターンを以下に示します。

○:表示 -:非表示

オプション

Vo

lum

e N

o.

Vo

lum

e N

am

e

Sta

tus

Typ

e

Usa

ge

De

tails

NA

S S

yste

m V

olu

me

For

ma

t S

tatu

s

Enc

ryp

tion

Exp

an

sion

(C

on

cate

na

tion)

Wid

e S

trip

eS

ize

WS

V C

onc

ate

natio

n

RG

or

TP

P o

r F

TR

P N

o.R

G o

r T

PP

or

FT

RP

Nam

e

TF

OG

No

.T

FO

G N

am

e

Siz

e(M

B)

Siz

e o

n R

AID

Gro

up (

KB

)

Re

serv

ed

De

letio

n

Co

py

Pro

tect

ion

Da

ta I

nte

grit

y

Allo

catio

n

NA

S F

S B

lock

Siz

e

NA

S F

S V

ers

ion

Fre

e

UID

IDU

ID M

od

e

Use

d S

tatu

s

Me

asu

rem

en

ts

Atte

ntio

n (

%)

Bal

an

cin

g L

evel

Prio

rity

Use

d C

apa

city

(MB

)

EX

C

ALU

A

なし-csv ○ ○ ○ - - - - - - ○ - ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

-mode detail ○ ○ ○ - - ○ ○ - - ○ ○ ○ ○ - ○ ○ ○ ○ ○ - ○ - - - - - - ○ ○

-rg-number-rg-name ○ ○ ○ - - - - - - ○ ○ ○ - - ○ - - - - ○ - - - - - - - - -

-external-rg-number-external-rg-name ○ ○ ○ - - - - - - ○ ○ ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

-pool-number-pool-name ○ ○ - ○ ○ - - - - ○ ○ ○ - - ○ - ○ - - - - ○ ○ ○ ○ - ○ - -

-ftrp-number-ftrp-name ○ ○ - ○ ○ - - - - ○ ○ ○ - - ○ - ○ - - - - ○ ○ ○ - ○ ○ - -

-type standard ○ ○ - - - - - - - ○ ○ ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

-type sdv ○ ○ - - - - - - - ○ - ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

-type sdpv ○ ○ - - - - - - - ○ - ○ - ○ ○ - - - - - - - - - - - - - -

-type tpv ○ ○ - ○ ○ - - - - ○ ○ ○ - - ○ - ○ - - - - ○ ○ ○ ○ - ○ - -

-type ftv ○ ○ - ○ ○ - - - - ○ ○ ○ - - ○ - ○ - - - - ○ ○ ○ - ○ ○ - -

-type wsv ○ ○ - - - - - ○ - ○ ○ ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

-mode expansion ○ ○ ○ - - - ○ - - ○ ○ ○ ○ - - - - - - - - - - - - - - - -

-mode uid ○ ○ ○ - - - - - - ○ ○ ○ - - - - - - - - ○ - - - - - - - -

-mode wsv ○ ○ - - - - - ○ ○ ○ ○ ○ ○ - - - - - - - - - - - - - - - -

-mode ftv ○ ○ - ○ ○ - - - - ○ ○ ○ - - - - - - - - - ○ ○ ○ - ○ ○ - -

-mode tfo ○ ○ ○ - - - - - - ○ ○ ○ - - - - - - - - - - - - - - - - -

-mode default ○ ○ ○ - - - - - - ○ - ○ - - ○ - - - - - - - - - - - - - -

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

151

Page 152: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

■ 例

装置内に存在するすべてのボリュームのリストを表示する例です。

CLI> show volumesVolume Status Type RG or TPP or FTRP Size(MB) CopyNo. Name No. Name Protection----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---- ---------------- --------- ---------- 0 OLU#0 Available Standard(Block) 0 RLU#0 256 Disable 1 OLU#1 Available Standard(Block) 0 RLU#0 256 Disable 2 OLU#2 Available Standard(Block) 0 RLU#0 256 Disable 3 OLU#3 Available Standard(Block) 0 RLU#0 256 Disable 4 OLU#4 Available Standard(Block) 1 RLU#1 256 Disable 5 OLU#5 Available Standard(Block) 1 RLU#1 256 Disable 6 TPV#0 Available TPV(File) 1 TPP#1 256 Disable 7 TPV#1 Available TPV(Block) 1 TPP#1 256 Disable 8 TPV#2 Available TPV(System) 1 TPP#1 256 Disable 9 VVOL#0 Available FTV(Block/VVOL) 2 FTRP#0 256 Disable 10 TPV#10 Available TPV(System) 1 TPP#1 256 Disable 11 TPV#11 Available TPV(System) 1 TPP#1 256 Disable 12 EVOL#0 Available Migration 0 VLU#0 256 Disable

-csv を指定し、ボリューム情報を CSV 形式で表示する例です。

CLI> show volumes -csv[Volume No.],[Volume Name],[Status],[Type],[RG or TPP or FTRP No.],[RG or TPP or FTRP Name],[Size(MB)],[Copy Protection]0,OLU#0,Available,Standard(Block),0,RLU#0,256,Disable1,OLU#1,Available,Standard(Block),0,RLU#0,256,Disable2,OLU#2,Available,Standard(Block),0,RLU#0,256,Disable3,OLU#3,Available,Standard(Block),0,RLU#0,256,Disable4,OLU#4,Available,Standard(Block),1,RLU#1,256,Disable5,OLU#5,Available,Standard(Block),1,RLU#1,256,Disable6,TPV#0,Available,TPV(File),1,TPP#1,256,Disable7,TPV#1,Available,TPV(Block),1,TPP#1,256,Disable8,TPV#2,Available,TPV(System),1,TPP#1,256,Disable

詳細表示モードで装置内のすべてのボリュームを表示する例です(NAS 機能が有効の場合)。

CLI> show volumes -mode detailVolume Status Type Encryption EXC Expansion RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Size on Copy Data Allocation NAS FS Block NAS FS UID ALUANo. Name (Concatenation) No. Name No. Name RAID Group(KB) Protection Integrity Size(KB) Version ID Mode----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---------- ------- --------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- -------------- ---------- --------- ---------- ------------ ------- -------------------------------- ------- ------------------------------ 0 OLU#0 Available Standard(Block) OFF Enable - 0 RLU#0 - - 256 262144 Disable Default - - - 600000E00D1000000010000000000000 Custom Follow Host Response 1 OLU#1 Available Standard(Block) OFF Disable - 0 RLU#0 - - 256 262144 Disable T10-DIF - - - 600000E00D1000000010000000001000 Custom ACTIVE / ACTIVE 2 OLU#2 Available Standard(Block) OFF Enable - 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 262144 Disable Default - - - 600000E00D1000000010000000002000 Custom ACTIVE-ACTIVE / PREFERRED_PATH 3 OLU#3 Available Standard(Block) OFF Enable - 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 262144 Disable Default - - - 600000E00D1000000010000000003000 Default Follow Host Response 4 OLU#4 Available Standard(Block) OFF Enable - 1 RLU#1 1 TFOG0001 256 262144 Disable Default - - - 600000E00D1000000010000000004000 Default Follow Host Response 5 OLU#5 Available Standard(Block) OFF Enable - 1 RLU#1 1 TFOG0001 256 262144 Disable Default - - - 600000E00D1000000010000000005000 Default Follow Host Response 6 TPV#0 Available TPV(File) OFF Enable - 2 TPP001 1 TFOG0001 256 262144 Disable Default - 256 3 600000E00D1000000010000000005000 Default Follow Host Response

詳細表示モードで装置内のすべてのボリュームを表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が有効、

かつ無停止ストレージマイグレーションライセンス登録済みの場合)。

CLI> show volumes -mode detailVolume Status Type Encryption EXC Expansion RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Size on Copy Data Allocation External UID ALUA No. Name (Concatenation) No. Name No. Name RAID Group(KB) Protection Integrity LU Info ID Mode ----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---------- ------- --------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- -------------- ---------- --------- ---------- --------- -------------------------------- -------- ------------------------------ 0 OLU#0 Available Standard OFF Enable - 0 RLU#0 - - 256 262144 Disable Default - - 600000E00D1000000010000000000000 Custom Follow Host Response 1 OLU#1 Available Standard OFF Disable - 0 RLU#0 - - 256 262144 Disable Default - - 600000E00D1000000010000000001000 Custom ACTIVE / ACTIVE 2 OLU#2 Available Standard OFF Enable - 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 262144 Disable Default - - 600000E00D1000000010000000002000 Custom ACTIVE-ACTIVE / PREFERRED_PATH 6 $DEDUP_SYS1 Available TPV(System) OFF Disable - 1 THINPRO_POOL_001 - - 256 - Disable Default Thin - - - - 7 $DEDUP_1_0 Available TPV(System) OFF Disable - 1 THINPRO_POOL_001 - - 256 - Disable Default Thin - - - - 8 $DEDUP_1_1 Available TPV(System) OFF Disable - 1 THINPRO_POOL_001 - - 256 - Disable Default Thin - - - - 9 DEDUP#1 Available TPV(Dedup) OFF Disable - 1 THINPRO_POOL_001 - - 256 - Disable Default Thin - 600000E00D1000000010000000009000 Default Follow Host Response 10 EVOL#0 Available Migration OFF - - 0 VLU#0 - - 256 262144 Disable Default - Inherited 00000000000000000000000000000025 External Follow Host Response 11 OLU#3 Available Standard OFF Disable - 1 RLU#1 - - 256 262144 Disable Default - - 00000000000000000000000000000026 External Follow Host Response

RAID グループ RGP010 に存在するすべてのボリュームのリストを表示する例です。空き領域の情報も表示され

ます。

CLI> show volumes -rg-name RGP010Volume Status Type RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) CopyNo. Name No. Name No. Name Protection----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- 0 OLU#0 Available Standard(Block) 0 RGP010 0 TFOG0000 256 Disable 1 OLU#1 Available Standard(Block) 0 RGP010 1 TFOG0001 256 Disable Free 30337

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

152

Page 153: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

SDV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です。

CLI> show volumes -type sdvVolume Status RG or TPP or FTRP Size(MB) CopyNo. Name No. Name Protection----- ------------------------------- ------------------------- ---- ---------------- --------- ---------- 10 SDV Available 0 RLU#0 102400 Disable

SDPV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です。

CLI> show volumes -type sdpvVolume Status RG or TPP or FTRP Size(MB) Copy ReservedNo. Name No. Name Protection Deletion----- ------------------------------- ------------------------- ---- ---------------- --------- ---------- -------- 10 SDPV Available 0 RLU#0 102400 Disable No

TPV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です(NAS 機能が有効の場合)。

CLI> show volumes -type tpvVolume Status Usage Details NAS System Volume RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Balancing UsedNo. Name Format Status No. Name No. Name Protection Status (%) Level Capacity(MB)----- -------------------------------- ------------------------- ------------------ ------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 7 V0L007 Available Block - 1 TPP001 0 TFOG0000 1024 Disable Thin Normal 100 70 High 0 8 VOL008 Available Block - 2 TPP002 0 TFOG0000 1024 Disable Thin Normal >500 80 Low 0 20 TPV020 Available NAS CM#0 System Not Process 20 TPP020 - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 21 TPV021 Available NAS CM#1 System Creating filesystem 20 TPP020 - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 22 TPV022 Available NAS FS Management Mounting 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 23 TPV023 Available NAS FS Management Checking filesystem 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 24 TPV024 Available NAS FS Management Complete 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 25 TPV025 Available NAS FS Management Error 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 26 TPV026 Available NAS Data - 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 27 TPV027 Available NAS Backup - 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 28 TPV028 Available NAS Snap Shot - 0 TPP - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 29 TPV029 Available NAS CM#0 EX System Not Process 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 30 TPV030 Available NAS CM#1 EX System Creating filesystem 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0

TPV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が有効の場合)。

CLI> show volumes -type tpvVolume Status RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Balancing Used No. Name No. Name No. Name Protection Status (%) Level Capacity(MB) ----- -------------------------------- ------------------------- --- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 7 V0L007 Available 01 TPP001 0 TFOG0000 1024 Disable Thin Normal 100 70 High 0 8 VOL008 Available 02 TPP002 0 TFOG0000 1024 Disable Thick Normal >500 80 Low 0 34 $DEDUP_SYS20 Available 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 35 $DEDUP_20_0 Available 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 36 $DEDUP_20_1 Available 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 37 DEDUP#1 Available 20 TPP020 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0

FTV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です。

CLI> show volumes -type ftvVolume Status RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Priority UsedNo. Name No. Name No. Name Protection Status (%) Capacity(MB) ----- -------------------------------- ------------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 14 FTV0 Available 0 FTRP_NAME#0 0 TFOG0000 25600 Disable Thin Normal 1 10 - 0 15 FTV1 Available 0 FTRP_NAME#0 0 TFOG0000 25600 Disable Thick Normal 1 10 - 0

WSV タイプのボリュームのみのリストを表示する例です。

CLI> show volumes -type wsvVolume Status Wide Stripe RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) CopyNo. Name Size No. Name No. Name Protection----- ------------------------------- ------------------------- ----------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- 8 WSV Available Normal 0 RLU#0 0 TFOG0000 1024 Disable

TPP001 というシン・プロビジョニングプールに存在するすべてのボリュームのリストを表示する例です(NAS機能が有効の場合)。

CLI> show volumes -pool-number 0Volume Status Usage Details NAS System Volume RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Balancing UsedNo. Name Format Status No. Name No. Name Protection Status (%) Level Capacity(MB)----- -------------------------------- ------------------------- ----------------- ------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 11 TPV0 Available Block - 0 TPP 0 TFOG0000 51200 Disable Thin Normal 0 10 High 0 12 TPV1 Available Block - 0 TPP 0 TFOG0000 51200 Disable Thin Normal 0 10 High 0 13 TPV2 Available Block - 0 TPP 1 TFOG0001 51200 Disable Thin Normal 0 10 High 0 20 TPV020 Available NAS CM#0 System Not Process 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 21 TPV021 Available NAS CM#1 System Creating filesystem 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 22 TPV022 Available NAS FS Management Mounting 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 23 TPV023 Available NAS FS Management Checking filesystem 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 24 TPV024 Available NAS FS Management Complete 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 25 TPV025 Available NAS FS Management Error 0 TPP - - 1024 Disable Thick Normal 100 80 Low 0 26 TPV026 Available NAS Data - 0 TPP - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 27 TPV027 Available NAS Backup - 0 TPP - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

153

Page 154: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

TPP001 というシン・プロビジョニングプールに存在するすべてのボリュームのリストを表示する例です

(Deduplication/Compression モード設定が有効の場合)。

CLI> show volumes -pool-number 0Volume Status RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Balancing Used No. Name No. Name No. Name Protection Status (%) Level Capacity(MB) ----- -------------------------------- ------------------------- --- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 11 TPV0 Available 0 TPP001 - - 51200 Disable Thin Normal 0 10 High 0 12 TPV1 Available 0 TPP001 - - 51200 Disable Thick Normal 0 10 High 0 34 $DEDUP_SYS1 Available 0 TPP001 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 35 $DEDUP_1_0 Available 0 TPP001 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 36 $DEDUP_1_1 Available 0 TPP001 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0 37 DEDUP#1 Available 0 TPP001 - - 1024 Disable Thin Normal 100 80 Low 0

拡張されたボリュームの詳細情報を表示する例です。

CLI> show volumes -mode expansionVolume Status Type Expansion RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Size onNo. Name (Concatenation) No. Name No. Name RAID Group(KB)----- -------------------------------- ------------------------- --------------- --------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- -------------- 0 OLU#0 Available Standard(Block) - 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 262144 1 OLU#1 Available Standard(Block) - 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 262144 2 OLU#2 Available Standard(Block) - 0 RLU#0 1 TFOG0001 256 262144 3 OLU#3 Available Standard(Block) - 0 RLU#0 1 TFOG0001 256 262144 4 OLU#4 Available Standard(Block) - 1 RLU#1 - - 256 262144 5 OLU#5 Available Standard(Block) - 1 RLU#1 - - 256 262144 6 OLU#6 Available Standard(Block) - 1 RLU#1 - - 256 262144 7 OLU#7 Available Standard(Block) - 1 RLU#1 - - 256 262144 8 WSV Available WSV(Block) - 0 RLU#0 - - 1024 - 9 SDPV Available SDPV(Block) - 0 RLU#0 - - 1024 1048576 10 SDV Available SDV(Block) - 0 RLU#0 - - 102400 104857600 11 TPV0 Available TPV(Block) - 0 TPP - - 51200 - 12 TPV1 Available TPV(Block) - 0 TPP - - 51200 - 13 TPV2 Available TPV(File) - 0 TPP - - 51200 - 14 FTV0 Available FTV(Block) - 0 FTRP_NAME#0 - - 25600 - 15 FTV1 Available FTV(Block) - 0 FTRP_NAME#0 - - 25600 - 16 test Available Standard(Block) 2 0 RLU#0 - - 2048 - 1/ 2 0 RLU#0 - - ( 1024) 1048576 2/ 2 1 RLU#1 - - ( 1024) 1048576

NAA Identifier(UID)を表示する例です(NAS 機能が有効の場合)。

CLI> show volumes -mode uidVolume Status Type RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) UIDNo. Name No. Name No. Name ID Mode----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- -------------------------------- ------- 0 OLU#0 Available Standard(Block) 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 600000E00D1000000010000000000000 Custom 1 OLU#1 Available Standard(Block) 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 600000E00D1000000010000000010000 Custom 2 OLU#2 Available Standard(Block) 0 RLU#0 1 TFOG0001 256 600000E00D1000000010000000020000 Default 3 OLU#3 Available Standard(Block) 0 RLU#0 1 TFOG0001 256 600000E00D1000000010000000030000 Default

FTV の情報を表示する例です(NAS 機能が無効の場合)。

CLI> show volumes -mode ftvVolume Status RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Priority UsedNo. Name No. Name No. Name Protection Status (%) Capacity(MB)----- -------------------------------- ------------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- -------- ------------ 14 FTV0 Available 0 FTRP_NAME#0 0 TFOG0000 10240 Disable Thin Normal 0 70 - 0<Flexible Tier Sub Pool List> Flexible Tier Sub Pool Disk RAID Status Total Used Volume Used Usage No. Name Attribute Level Capacity Capacity Capacity Rate --- ------------------ ------------ -------- ------------- ---------- ---------- ----------- ----- 0 FTSP#0 Nearline SED RAID0 Available 2.00 TB 0.00 MB 0.00 MB 0 %

Volume Status RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Priority UsedNo. Name No. Name No. Name Protection Status (%) Capacity(MB)----- -------------------------------- ------------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- -------- ------------ 15 FTV1 Available 0 FTRP_NAME#0 0 TFOG0000 10240 Disable Thin Normal 0 70 - 0<Flexible Tier Sub Pool List> Flexible Tier Sub Pool Disk RAID Status Total Used Volume Used Usage No. Name Attribute Level Capacity Capacity Capacity Rate --- ------------------ ------------ -------- ------------- ---------- ---------- ----------- ----- 0 FTSP#0 Nearline SED RAID0 Available 2.00 TB 0.00 MB 0.00 MB 0 %

WSV の連結 RAID グループ情報を表示する例です。

CLI> show volumes -mode wsvVolume Status Wide Stripe WSV Concatenation RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Size onNo. Name Size No. Name No. Name RAID Group(KB)----- -------------------------------- ------------------------ ----------- ----------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- -------------- 8 WSV Available Normal 2 0 RLU#0 0 TFOG0000 256 - 1/ 2 0 RLU#0 131072 2/ 2 1 RLU#1 131072

VVOL または VVOL メタデータ専用 FTV が存在する例です(NAS 機能が無効の場合)。

CLI> show volumesVolume Status Type RG or TPP or FTRP Size(MB) CopyNo. Name No. Name Protection----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---- ---------------- --------- ---------- 0 VVOL#0 Available FTV(VVOL) 0 FTRP#0 10240 Disable 1 $VVOL_META Available FTV(System) 0 FTRP#0 4096 Disable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

154

Page 155: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volumes

VVOL または VVOL メタデータ専用 FTV が存在する例です(NAS 機能が有効の場合)。

CLI> show volumesVolume Status Type RG or TPP or FTRP Size(MB) CopyNo. Name No. Name Protection----- -------------------------------- ------------------------- --------------- ---- ---------------- --------- ---------- 0 VVOL#0 Available FTV(Block/VVOL) 0 FTRP#0 10240 Disable 1 $VVOL_META Available FTV(System) 0 FTRP#0 4096 Disable

VVOL または VVOL メタデータ専用 FTV が存在する例です(NAS 機能が有効、かつ FTRP を指定した場合)。

CLI> show volumes -type ftvVolume Status Usage Details NAS System Volume RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) Copy Allocation Used Measurements Attention Priority UsedNo. Name Format Status No. Name No. Name Protection Status (%) Capacity(MB) ----- -------------------------------- ------------------------- ------------------ ------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- ---------- --------- ------------ --------- --------- ------------ 0 VVOL#0 Available Block - 0 FTRP_NAME#0 - - 25600 Disable Thin Normal 1 10 - 0 1 $VVOL_META Available VVOL Metadata - 0 FTRP_NAME#0 - - 4096 Disable Thick Normal 1 10 - 0

外部 RAID グループ #0 に存在するすべてのボリュームのリストを表示する例です。

CLI> show volumes -external-rg-name ERGP00Volume Status Type RG or TPP or FTRP TFOG Size(MB) CopyNo. Name No. Name No. Name Protection----- -------------------------------- ------------------------- --------------------- ---- ---------------- --- ---------------- --------- ---------- 0 EVOL#0 Available Migration 0 VLU#0 - - 256 Disable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

155

Page 156: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-progress

show volume-progress

ボリュームに関連するフォーマット、移行(RAID マイグレーション)、暗号化、平準化、Zero Reclamation の進捗

を表示します。

Flexible Tier Volume(FTV)を表示する場合も、本コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

show volume-progress [ -volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names | -csv ]

-volume-number または -volume-name省略可能です。表示するボリュームの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。省略すると、すべてのボリュームの進捗ステータスのリストが表示されます。指定方法の詳細は、

「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-csv 省略可能です。ボリュームの進捗情報を CSV 形式で表示します。

• このパラメーターは、ほかのパラメーターと同時に指定することはできません。

• このパラメーターを指定すると、暗号化および復号化の進捗情報は表示されません。

• CSV 形式で出力した構文は、設定系コマンド(create または set)に入力することはできませ

ん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

156

Page 157: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-progress

■ 出力

■ 例

項目名 意味

Volume ボリュームの識別子

No. ボリューム番号

Name ボリュームのエイリアス名

Status ボリュームのステータス

Formatting フォーマットの進捗情報

Progress 進捗ステータス0 - 99% またはハイフン(-)で表示されます。

(ハイフン(-)は、フォーマット未実施または完了済み)

Estimated time left フォーマットの推定残り時間

- フォーマット未実施または完了済み

calculating 残り時間計算中

30days or more 推定残り時間≧ 30 日

Xday Yh Zmin 30 日 > 推定残り時間≧ 1 日

Yh Zmin 1 日 > 推定残り時間≧ 1 時間

Zmin 1 時間 > 推定残り時間≧ 1 分

Less than 1min 1 分 > 推定残り時間

Remaining size フォーマットの残り容量

- フォーマット未実施または完了済み

XMB 残り容量(小数点以下は切り上げ)X:10 進数

Migrating Progress 移行(RAID マイグレーション)の進捗ステータス

Encrypting Progress 暗号化の進捗ステータス

Balancing Progress 平準化の進捗ステータス

Zero Reclamation Progress Zero Reclamation の進捗ステータス

ボリューム #1 の進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show volume-progress -volume-number 1Volume Status Formatting Migrating Encrypting Balancing Zero ReclamationNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress Progress Progress Progress 1 VOL001 Available 99% Less than 1min Less than 1MB - - - -

ボリューム VOL001 および VOL012 の進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show volume-progress -volume-name VOL001,VOL012 Volume Status Formatting Migrating Encrypting Balancing Zero ReclamationNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress Progress Progress Progress 1 VOL001 Available 80% 30days or more 134217728MB - - - - 12 VOL012 Rebuild 80% 01day 23h 59min 128MB - - - -

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

157

Page 158: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-progress

すべてのボリュームの進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show volume-progressVolume Status Formatting Migrating Encrypting Balancing Zero ReclamationNo. Name Progress Estimated time left Remaining size Progress Progress Progress Progress 1 VOL001 Available 80% 01h 00min 128MB - - - - 2 VOL002 Available - - - - 10% - - 3 TPV003 Rebuild - - - - - 80% - 4 VOL004 Rebuild 90% 01min Less than 1MB - - - 60% 10 VOL010 Available 80% calculating 1MB 40% - - -

-csv を指定し、ボリュームの進捗情報を CSV 形式で表示する例です。

CLI> show volume-progress -csv[Volume No.],[Volume Name],[Status],[Formatting Progress],[Estimated time left],[Remaining size],[Migrating Progress],[Balancing Progress],[Zero Reclamation Progress]1,VOL001,Available,80%,01h 00min,128MB,-,-,-3,TPV003,Rebuild,-,-,-,-,80%,-4,VOL004,Rebuild,90%,01min,Less than 1MB,-,-,60%10,VOL010,Available,80%,calculating,1MB,40%,-,-

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

158

Page 159: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-mapping

show volume-mapping

ボリュームにマッピングされている、LUN(Logical Unit Number)を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show volume-mapping[-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names ] [-mode {all | host-lun | default}]

-volume-number または -volume-name省略可能です。表示するボリュームの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。省略すると、すべてのボリュームのリストが表示されます。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュー

ムの構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-mode 省略可能です。出力モードを指定します。省略すると、default を選択したものとして処理されます。

all 通常の表示に加え、各 CA ポートに接続されたホストからアクセス可能な LUN の情報も

表示します。

host-lun 各 CA ポートに接続されたホストからアクセス可能な LUN の情報のみを表示します。

default すべてのボリュームのリストが表示されます。

項目名 意味

Volume ボリュームの識別子

No. ボリューム番号

Name ボリューム名

Type ボリュームのタイプ

UID ボリュームの UID

LUN LUN

LUN Group LUN グループの識別子

No. LUN グループ番号

Name LUN グループ名

Port CA ポート番号

Host ホストの識別子

No. ホスト番号

Name ホスト名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

159

Page 160: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-mapping

■ 例

ボリューム #0 にマッピングされている LUN を表示する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200Fの場合)。

CLI> show volume-mapping -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Mapping> LUN LUN Group Port No. Name ---- ---- ---------------- --------------------- 10 0 AG001 - 0 - - CM#0 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#1

ボリューム #0 にマッピングされている LUN を表示する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show volume-mapping -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Mapping> LUN LUN Group Port No. Name ---- ---- ---------------- --------------------- 10 0 AG001 - 0 - - CE#3 CM#0 CA#0 Port#0 0 - - CE#3 CM#1 CA#0 Port#0 0 - - CE#3 CM#1 CA#0 Port#1

ボリューム #0のホストからアクセス可能な LUN情報のみ表示する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、お

よび DX200F の場合)。

CLI> show volume-mapping -mode host-lun -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Host LUN> LUN Port Host LUN Group No. Name No. Name ---- --------------------- ---- ---------------- ---- ---------------- 0 CM#0 CA#0 Port#0 - - - - 0 CM#1 CA#0 Port#0 - - - - 0 CM#1 CA#0 Port#1 - - - -

ボリューム #0 のホストからアクセス可能な LUN 情報のみ表示する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show volume-mapping -mode host-lun -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Host LUN> LUN Port Host LUN Group No. Name No. Name ---- --------------------- ---- ---------------- ---- ---------------- 0 CE#3 CM#0 CA#0 Port#0 - - - - 0 CE#3 CM#1 CA#0 Port#0 - - - - 0 CE#3 CM#1 CA#0 Port#1 - - - -

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

160

Page 161: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-mapping

ボリューム #0 のすべての LUN 情報を表示する例です(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F の

場合)。

CLI> show volume-mapping -mode all -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Mapping> LUN LUN Group Port No. Name ---- ---- ---------------- --------------------- 10 0 AG001 - 0 - - CM#0 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#1 <Host LUN> LUN Port Host LUN Group No. Name No. Name ---- --------------------- ---- ---------------- ---- ---------------- 0 CM#0 CA#0 Port#0 - - - - 0 CM#1 CA#0 Port#0 - - - - 0 CM#1 CA#0 Port#1 - - - -

ボリューム #0 のすべての LUN 情報を表示する例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show volume-mapping -mode all -volume-number 0Volume Type UIDNo. Name----- -------------------------------- --------- -------------------------------- 0 OLU#0 Standard 600000E00D2A0000002A000000000000<Mapping> LUN LUN Group Port No. Name ---- ---- ---------------- --------------------- 10 0 AG001 - 0 - - CM#0 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#0 0 - - CM#1 CA#0 Port#1 <Host LUN> LUN Port Host LUN Group No. Name No. Name ---- --------------------- ---- ---------------- ---- ---------------- 0 CE#3 CM#0 CA#0 Port#0 - - - - 0 CE#3 CM#1 CA#0 Port#0 - - - - 0 CE#3 CM#1 CA#0 Port#1 - - - -

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

161

Page 162: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

create volume

RAID グループにボリュームを作成します。一度に複数のボリュームを作成する場合は、-name および -count パラ

メーターで指定した個数のボリュームが 1 つの RAID グループに作成されます。作成されたボリュームは自動的に

フォーマットされます。外部ボリュームの場合は、フォーマットされずに格納されたデータが引き継がれます。

Flexible Tier Volume(FTV)を作成するには create flexible-tier-volume コマンドを使用します。

■ 構文

DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

• モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

• NAS ボリュームを拡張する場合、ブロックサイズによって 大ボリュームサイズが異なります。ブロックサ

イズごとの 大ボリュームサイズは、以下のとおりです。

NAS FS Version ファームウェア版数

ブロックサイズファイルサイズ

( 大)ボリュームサイズ

( 大)

2 ~ V10L30 256KB 32TB 128TB

3 ~ V10L31 8KB 1TB 4TB

32KB 4TB 16TB

256KB 32TB 128TB

4 V10L33 ~ 8KB 1TB 32TB

32KB 4TB 128TB

256KB 32TB 128TB

5 V10L51 ~ 8KB 1TB 32TB

32KB 4TB 128TB

256KB 32TB 128TB

• スナップショット採取対象の NAS ボリュームを暗号化している場合は、SDPV 作成時に暗号化を有効にし

ておく必要があります。

create volume -name name { {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name } | {-external-rg-number {external_rg_number | all} | -external-rg-name external_rg_name} | {-pool-number pool_number | -pool-name pool_name } }-type {open | standard | sdv | sdpv | tpv | wsv | nas-tpv | nas-tpv-backup | cm0-nas-ex-sysvol | cm1-nas-ex-sysvol | dedup-tpv} [-size {size{tb | gb | mb} | max} | -virtual-size virtual_size{tb | gb | mb}] [-count count] [-copy-protection {enable | disable}] [-attention attention] [-encryption {enable | disable}][-wide-stripe-size {normal | small}] [-concatenation-order {auto | manual}][-volume-number volume_number ] [-exc {enable | disable}][-data-integrity {default | t10-dif}] [-allocation {thin | thick}][-nas-block-size {8kb | 32kb | 256kb}]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

162

Page 163: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

■ パラメーター

-name ボリューム名を指定します。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してくだ

さい。

VMware Virtual Volumes(VVOL)運用環境で VVOL 作成処理をバックグラウンドで実行中に、ボ

リューム名「VVOL#X」のボリュームを作成しようとした場合、VVOL のボリューム名が競合し、

VVOL 関連の操作が異常終了するおそれがあります。

name ボリューム名

-rg-number または -rg-name新しいボリュームを作成する RAID グループの識別子を指定します。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAIDグループの構文」(P.35) を参照してください。 -type wsv を指定した場合は、複数の RAID グループを

同時に指定できます。このパラメーターは、-type に tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol、または dedup-tpv パラメーターを指定した場合は指定できません。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-external-rg-number または -external-rg-name新しい外部ボリュームを作成する外部 RAID グループの識別子を指定します。指定した外部 RAID グ

ループ 1 個に対して、外部ボリュームを 1 個作成します。Usage が "Migration" の外部 RAID グルー

プを指定できます。-type で open または standard 以外を指定した場合、このパラメーターは指定できません。外部 RAIDグループ番号は、複数指定できます。all を指定すると、外部ボリューム未割り当て、かつ Usage が

"Migration" のすべての外部 RAID グループに外部ボリュームを作成します。

指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。

複数の外部ボリュームを作成するとき、コマンドがエラーした場合でも一部のボリュームの作成が成功している場合があります。その場合は、一部失敗を示すメッセージが表示されますので、showvolumes コマンドで作成されたボリュームを確認してください。

external_rg_number

外部 RAID グループ番号

external_rg_name

外部 RAID グループ名

all Usage が "Migration" のすべての外部 RAID グループ

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

163

Page 164: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

-pool-number または -pool-name新しいボリュームを作成するシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。シン・プロビジョニ

ング機能が無効の場合、このパラメーターは指定できません。このパラメーターは、-type に tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol、または dedup-tpv パラメーター

を指定した場合に指定できます。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-type ボリュームのタイプを指定します。

open スタンダードボリューム(Standard)。open タイプで作成されたボリュー

ムは、standard ボリュームとして表示されます。

standard 通常の open ボリューム(Standard)

sdv アドバンスト・コピー機能の対象となるスナップデータボリューム(SDV)

sdpv アドバンスト・コピー機能の対象となるスナップデータプールボリューム

(SDPV)

tpv シン・プロビジョニングボリューム

wsv ワイドストライピングボリューム(WSV)

nas-tpv NAS 運用ボリューム

nas-tpv-backup NAS バックアップボリューム

cm0-nas-ex-sysvol CM0 用 NAS 拡張システムボリューム

すでに NAS 拡張システムボリュームが存在する場合、このパラメーターは

指定できません。

cm1-nas-ex-sysvol CM1 用 NAS 拡張システムボリューム

すでに NAS 拡張システムボリュームが存在する場合、このパラメーターは

指定できません。

dedup-tpv Deduplication/Compression 対象シン・プロビジョニングボリューム

(Deduplication/Compression ボリューム)

(Deduplication/Compression 設定が有効なシン・プロビジョニングプール

のみ)装置の Deduplication/Compression モードが無効の場合、このパラメーター

は指定できません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

164

Page 165: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

• NAS ボリューム(tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol)の

作成中に CM で障害が発生した場合、または NAS ボリュームが正常に作成されなかった場合

は、必ず以下の対処を行ってください。

- システムの状態および NAS エンジンの状態が正常になってから、ボリューム

(tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol)を削除します。

システムボリュームは、削除不要です。その後、再度ボリュームを作成してください。 show volume コマンドを使用して、NAS システムボリュームフォーマットの進捗状態

(NAS System Volume Format Status)を確認してください。NAS ボリュームが正常に作成

された場合は、完了状態となります。NAS エンジンの状態は、show fru-ce コマンドを使用して確認してください。

• RAID グループのレベルが RAID6-FR の場合、standard ボリュームを指定できます。

• TPV を作成する場合、シン・プロビジョニングプールの容量が枯渇していると、エラーになり

ます。シン・プロビジョニングプールの容量を拡張してからボリュームの作成を実施してください。

• Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)を指定する場合は、以下に注意してくだ

さい。

- DEDUP_SYS ボリュームの論理容量を超えるような Deduplication/Compression ボリューム

を、繰り返し削除またはフォーマットした場合、一時的な容量不足で Deduplication/Compression ボリュームの作成に失敗することがあります。

- 指定したプール内にある Deduplication/Compression ボリュームの容量の合計が、

DEDUP_SYS ボリュームの容量の 10 倍を超えるような指定はできません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

165

Page 166: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

-size 省略可能です。ボリュームの容量を指定します。

• Standard、TPV(nas-tpv および nas-tpv-backup を含まない)を選択すると、ボリュームの容

量(24MB ~ 128TB)を指定できます。

• SDV を選択する場合は、指定できません。

• SDPV を選択すると、プールボリュームの容量(2TB 以下)を指定できます。

• SDPV は、1 ギガバイト(GB)単位で指定する必要があります。

• NAS ボリューム(nas-tpv および nas-tpv-backup)は、ボリューム容量を 小 400GB から 大

128TB の範囲で指定できます。

NAS ボリュームは、システム管理領域として 300GB、およびユーザーデータを格納するための

ユーザー領域として 100GB 以上の領域が必要です。

• TPV が作成された場合、全 TPV および FTV の論理総容量の上限値チェックが必要です。

• NAS 拡張システムボリューム(cm0-nas-ex-sysvol および cm1-nas-ex-sysvol)は、ボリューム

容量を 小 1GB から 大 4TB の範囲で指定できます。

• Deduplication/Compression ボリュームは、全 TPV および FTV の論理総容量の上限値チェック

の対象外です。

• 本パラメーターで max を指定した場合、指定した RAID グループの 大空き領域の容量すべて

を使用し作成した容量のボリュームが作成されます。

- 対象となるボリュームタイプは、Standard(Open)、SDPV、WSV です。

- 指定した RAID グループ内に複数の空き領域が存在する場合、 も大きい空き領域のみを使

用してボリュームを作成します。

- -count パラメーターで 2 以上のボリューム数を指定した場合、 大空き領域の容量を指定数

で割った容量のボリュームを MB 単位で指定数分作成します。

- -type パラメーターで SDPV を指定した場合、未使用領域が数 GB 残ることがあります。こ

れは SDPV の容量が SDPE 解像度の倍数である必要があるためです。

- WSV の場合、連結された RAID グループの 大空き領域の中で、 も小さい 大空き容量

を基準に、それぞれの RAID グループの 大空き領域を使用します。 大空き領域の容量が

異なる複数の RAID グループを指定して WSV を作成した場合、 大空き領域が大きい方の

RAID グループに未使用領域が残ることがあります。

• V10L70 より前のファームウェア版数でアドバンスト・コピーで使用するボリュームを作成する

場合は、max は指定せずにボリュームの容量を指定してください。max を指定して作成された

ボリュームをアドバンスト・コピーで使用した場合、コピー元とコピー先の容量が不一致となり、コピーが失敗することがあります。

• -external-rg-number または -external-rg-name パラメーターを指定した場合、組み込んだ外部ド

ライブの容量を引き継ぐため、本パラメーターは指定できません。

size ボリュームの容量

容量の単位は、テラバイト(TB)、ギガバイト(GB)またはメガバイト(MB)から選

択します。

例:1tb, 120gb, 512mb

max 指定した RAID グループの 大空き領域の容量すべてを使用し作成した容量のボリュー

ムが作成されます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

166

Page 167: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

-virtual-size省略可能です。SDV タイプを選択した場合、このパラメーターでボリュームの容量を指定できます。

SDV 以外のタイプを選択した場合、本パラメーターを省略してください。

virtual_size ボリューム容量

-count 省略可能です。作成するボリュームの数を指定します。省略すると、1 つのボリュームを指定したも

のとして処理されます。2 以上の数を指定すると、-name パラメーターで指定したボリューム名のあ

とに 0、1、2 のように 0 で始まる数字が追加されます。

-concatenation-order に manual を指定した場合、1 以外の値は指定できません。

例:-count 3 -name abc と記述すると、abc0、abc1、および abc2 という名前のボリュームが作成さ

れます。ボリュームを作成する前にすでに同じ名前のボリュームが存在している場合、サフィックスの値を 1 増やして作成します。

-type に nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、または cm1-nas-ex-sysvol パラメーターを指

定した場合は、1 以外の値は指定はできません。

-external-rg-number または -external-rg-name パラメーターを指定した場合、本パラメーターは指定

できません。

count ボリューム数

-copy-protection省略可能です。ボリュームがコピー先として指定されないようにします。すでにコピーセッションがあっても設定できます。この設定には、コピーライセンスが必要です。省略すると、disable が設定

されます。このパラメーターは、-type に cm0-nas-ex-sysvol または cm1-nas-ex-sysvol パラメーターを指定して

いる場合は、指定はできません。

enable ボリュームが保護されます。

disable ボリュームは保護されません。

-attention 省略可能です。シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の注意レベルを指定します。このパラ

メーターは、-type に tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、または cm1-nas-ex-sysvolパラメーターを指定した場合に指定できます。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。省略すると、デ

フォルト値(80%)が設定されます。作成するボリュームのタイプが dedup-tpv の場合、このパラ

メーターは指定できません。

attention シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の注意レベル

-encryption 省略可能です。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。enable を選択すると、指定したボ

リュームのデータが暗号化されます。省略すると、disable が設定されます。

このパラメーターは、-type に tpv、nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol、または dedup-tpv パラメーターを指定している場合は、指定できません。

-external-rg-number または -external-rg-name パラメーターを指定した場合、本パラメーターは指定

できません。

enable ボリュームのデータが暗号化されます。

disable ボリュームのデータは暗号化されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

167

Page 168: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

-wide-stripe-size省略可能です。作成する WSV のワイドストライプサイズを指定します。 -type に wsv を指定した場合

にのみ指定できます。省略すると、normal を選択したものとして処理されます。

normal ワイドストライプサイズは 16MB で作成されます。

small ワイドストライプサイズは 2MB で作成されます。 ただし、ストライプサイズ が 2MB を超える RAID グループを使用して WSV を作成した場合は、RAID グループの ストライ

プサイズで作成されます。

-concatenation-order省略可能です。作成するWSVのRAIDグループ連結順を手動で設定するかどうかを指定します。 -typeに wsv を指定した場合にのみ指定できます。省略すると、auto を選択したものとして処理されます。

auto RAID グループ連結順は自動で設定されます。

manual -rg-number または -rg-name で指定した順番で、RAID グループが連結されます。

-volume-number省略可能です。ボリューム番号を手動で付ける場合に指定します。同時に指定できるボリューム番号は 1 つだけです。省略すると、ボリューム番号は自動的に採番されます。

-countに2以上の値を指定した場合は、このパラメーターは指定できません。すでに存在するボリュー

ム番号を指定した場合はエラーが表示されます。

VVOL 運用環境で VVOL 作成処理をバックグラウンドで実行中に、作成予定の VVOL と同じボ

リューム番号を指定した場合、VVOL 作成処理が異常終了するおそれがあります。

volume_number ボリューム番号

-exc 省略可能です。作成するボリュームを Extreme Cache(EXC)機能または Extreme Cache Pool 機能

の対象にするかどうかを指定します。ボリュームの作成先に SSD で構成された RAID グループを指

定した場合、または SSD で構成されたプールを指定した場合、このパラメーターは指定できません。

また、作成するボリュームのタイプが dedup-tpv の場合、このパラメーターは指定できません。

• 装置として EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は、ボリューム単位の有効

/無効設定にかかわらず、EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を使用できません。

• EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が使用可能なボリュームタイプ は Open、 Standard、 WSV、 TPV(nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、および cm1-nas-ex-sysvol を含む)

です。ただし、dedup-tpv は対象外です。

• EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能をサポートしていないモデルでは使用できません。

• -external-rg-number または -external-rg-name パラメーターを指定した場合、本パラメーター

は指定できません。

enable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を有効にします。

(Open、Standard、WSV、TPV(nas-tpv、nas-tpv-backup、cm0-nas-ex-sysvol、および

cm1-nas-ex-sysvol を含む)の場合はデフォルト)

disable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を無効にします。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

168

Page 169: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

■ 例

-data-integrity省略可能です。データの整合性を保証するための方式を設定します。作成するボリュームのタイプがdedup-tpv の場合、このパラメーターは指定できません。

default 標準のデータ・ブロックガードによりストレージシステム全体でデータの整合性を保証

します。

t10-dif T10-DIF を使用し、エンドツーエンドでデータの整合性を保証します。

-type で open または standard を指定した場合のみ指定できます。-external-rg-number または -external-rg-name を指定した場合、本パラメーターは指定できません。

使用するには、T10-DIF 対応 HBA など、ホスト側も T10-DIF に対応している必要があ

ります。

-allocation 省略可能です。省略すると、thin が設定されます。通常は、初期状態(thin)を変更する必要はあり

ません。thick を指定すると、ボリューム作成時に、論理容量と同じ物理容量を割り当てます。

指定可能なボリュームタイプは、TPV および NAS 運用ボリューム(nas-tpv)、NAS バックアップボ

リューム(nas-tpv-backup)です。

cm0-nas-ex-sysvol、cm1-nas-ex-sysvol は TPV ですが、thick を設定するため指定できません。

dedup-tpv は TPV ですが、本パラメーターは指定できません。

thin Write I/Oを受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます(デフォルト)。

thick ボリューム作成時に、論理容量と同じ容量の物理ボリュームを割り当てます。

-nas-block-size省略可能です。NAS ボリュームのブロックサイズを指定します。ブロックサイズを小さくすると、

NAS ボリュームの容量を効率的に使用することができます。ただし、ブロックサイズが小さくなる

と、ファイルおよびボリュームの 大サイズが小さくなります。nas-tpv 以外は指定できません。省

略すると、256kb が設定されます。

8kb ブロックサイズが 8KB の NAS ボリュームを作成します。

( 大ボリュームサイズは 32TB、 大ファイルサイズは 1TB)

32kb ブロックサイズが 32KB の NAS ボリュームを作成します。

( 大ボリュームサイズは 128TB、 大ファイルサイズは 4TB)

256kb ブロックサイズが 256KB の NAS ボリュームを作成します(デフォルト)。

( 大ボリュームサイズは 128TB、 大ファイルサイズは 32TB)

RAID グループ RGP001 に VOL001 というボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは Standard です。

ボリュームの容量は 2TB です。

CLI> create volume -name VOL001 -rg-name RGP001 -type standard -size 2tb

RAID グループ RGP001 に VOL0 ~ VOL9 という連続する Standard ボリュームを作成する例です。

CLI> create volume -name VOL -count 10 -rg-name RGP001 -type standard -size 20gb

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

169

Page 170: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create volume

RAID グループ RGP002 に SDV1 というボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは SDV、物理容量は

20GB、論理容量は 100GB です。

CLI> create volume -name SDV1 -rg-name RGP002 -type sdv -size 20gb -virtual-size 100gb

シン・プロビジョニングプール #01 に TPV1 というシン・プロビジョニングボリュームを作成する例です。ボ

リュームのタイプは tpv で、注意レベルは 80% です。

CLI> create volume -name TPV1 -pool-number 1 -type tpv -size 20gb -attention 80

シン・プロビジョニングプール #01 に TPV1 というボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは dedup-tpv で、物理容量は 20GB です。

CLI> create volume -name TPV1 -pool-number 1 -type dedup-tpv -size 20gb

シン・プロビジョニングプール #01 に NAS-VOL1 というボリュームを作成したが、シン・プロビジョニングプー

ル #01 がオーバープロビジョニング状態になり Warning メッセージが表示された例です。

CLI> create volume -name NAS-VOL1 -pool-number 1 -type nas-tpv -size 800gbWarning: The relevant TPP is in overprovisioning status. Please be sure to add new disks to the TPP before it runs out of space.

外部 RAID グループ #01、#02 に外部ボリュームを作成する例です。

CLI> create volume -name EVOL -external-rg-number 1,2 -type standard

すべての外部 RAID グループに外部ボリュームを作成し、一部のボリュームの作成が失敗した例です。

CLI> create volume -name EVOL -external-rg-number all -type standardPartially failed. Some volumes were successfully created. Please check the created volumes using "show volumes".Error: ED002 Internal command retry timeout. [0301-c143]

容量拡張したがオーバープロビジョニングを解消できない TPP/FTRP があると判断された場合の Warning メッ

セージが表示された例です。

CLI > create volume -name TPV1 -pool-number 1 -type tpv -size 20gb -attention 80Warning: There are one or more TPPs or FTRPs that are in overprovisioning status but cannot be resolved by adding new drives.Please review the Thin Provisioning configuration and the current setting of the maximum pool capacity.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

170

Page 171: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume

set volume

登録されているボリュームの情報を変更します。

Flexible Tier Volume(FTV)を変更するには set flexible-tier-volume コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

set volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name }[-name name] [-copy-protection {enable | disable}] [-attention attention] [-encryption {enable | disable}] [-uid uid | default | original] [-alua {follow-host-response | active | passive}]

-volume-number または -volume-name変更するボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるボリューム識別子は 1 つだけです。

DEDUP_SYS ボリュームおよび DEDUP_MAP ボリュームは、指定できません。指定方法の詳細は、

「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-name 省略可能です。新しいボリューム名を指定します。省略すると、このパラメーターの値は変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

name ボリューム名

-copy-protection省略可能です。ボリュームがコピー先として指定されないようにします。すでにコピーセッションがあっても設定できます。この設定には、コピーライセンスが必要です。指定したボリュームに TFOVが設定されている場合、enable は指定できません。省略すると、このパラメーターは変更されませ

ん。Veeam スナップショットボリュームは指定できません。

enable ボリュームが保護されます。

disable ボリュームは保護されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

171

Page 172: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume

■ 例

-attention 省略可能です。シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の注意レベルを指定します。このパラ

メーターは、ボリュームのタイプが tpv の場合に指定できます。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。

省略すると、注意レベルは変更されません。指定したボリュームが Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)の場合、このパラメーターは指定できません。

attention シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の注意レベル

-encryption 省略可能です。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。enable を選択すると、指定したボ

リュームのデータが暗号化されます。省略すると、このパラメーターは変更されません。指定したボリュームが TPV の場合、このパラメーターは指定できません。

外部ボリュームの場合、このパラメーターは指定できません。

enable ボリュームのデータが暗号化されます。

disable 何も行われません。

-uid 省略可能です。対象ボリュームの UID を指定します。指定できる文字は 32 文字の 16 進数(0 ~ 9、A ~ F、a ~ f)です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

外部ボリュームまたは外部 LU から引き継いだ UID(LUN ID)を持つボリュームを指定した場合、こ

のパラメーターは指定できません。

uid 対象ボリュームの UID

default または original 対象ボリュームのUID、シリアル番号、プロダクトIDを初期状態に戻します。

-alua 省略可能です。対象ボリュームの ALUA 設定を指定します。省略すると、このパラメーターは変更さ

れません。

follow-host-response ホストレスポンスの設定に従います(デフォルト)。

active ホストレスポンスの設定にかかわらず、ACTIVE / ACTIVE の設定を優先し

ます。

passive ホストレスポンスの設定にかかわらず、

ACTIVE-ACTIVE / PREFERRED_PATH の設定を優先します。

VOL003 というボリュームを変更する例です。新しい名前は VOLUME003 です。

CLI> set volume -volume-name VOL003 -name VOLUME003

ボリューム名を VOL003 から VOLUME003 に変更し、コピー保護を有効にして、注意レベルを 80 にする例です。

CLI> set volume -volume-name VOL003 -name VOLUME003 -copy-protection enable -attention 80

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

172

Page 173: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete volume

delete volume

登録されているボリュームを削除します。ただし、スナップデータプールボリューム(SDPV)および FTV は指定

できません。

• ホストに関連付けられているすべてのマッピングを解除する必要があります。

• 削除対象の NAS ボリュームをアンマウントする必要があります。

• NAS 監査ログ機能が有効の場合、NAS 拡張システムボリュームは削除できません。

• NAS ボリュームがある状態で NAS システムボリュームを削除する場合は、担当保守員の指示に従ってくださ

い。

• 削除対象ボリュームに割り当てられたクォータ設定がある場合、そのクォータ設定も同時に削除します。

• すべてのボリューム移行(RAID マイグレーション)を停止する必要があります。

• 削除対象のアドバンスト・コピーセッションを停止する必要があります。

• Veeam スナップショットボリュームを削除すると、アドバンスト・コピーセッションも同時に削除します。

SDPV を削除するには、delete snap-data-pool-volume コマンドを使用します。Flexible Tier Volume(FTV)を削除

するには、delete flexible-tier-volume コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

delete volume {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names } [-force]

-volume-number または -volume-name削除するボリュームの識別子を指定します。複数の識別子を同時に指定できます。DEDUP_SYS ボリュームおよびDEDUP_MAP ボリュームは指定できません。該当TPPのDeduplication/Compression設定を無効に変更すると、自動的に削除されます。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」

(P.36) を参照してください。

-force パラメーターを省略し、NAS システムボリュームを削除する場合、応答プロンプトで確認の

メッセージが表示されます。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-force 省略可能です。指定した NAS TPV を強制的に削除します。

NAS ボリュームの強制削除を行う場合、削除後に NAS 機能の復旧(保守作業)が必要です。応答

プロンプトで確認のメッセージが表示されます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

173

Page 174: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete volume

■ 例

ボリューム VOL001 および VOL002 を同時に削除する例です。

CLI> delete volume -volume-name VOL001,VOL002

NAS TPV #2 を強制的に削除する例です。

CLI> delete volume -volume-number 2 –forceIf deleting NAS volume using [-force] option when NAS Engine is not in Normal status,further maintenance work to recover NAS Engine is required. Please refer to the maintenance manual for more details. Enter "y" to continue or "n" to cancel this operation.> y

NAS システムボリュームを削除する例です(-force パラメーター指定なしの場合)。

CLI> delete volume -volume-name $SYSVOL1,$SYSVOL2,$SYSVOL3The specified volume(s) includes NAS system volume(s).Are you sure you want to delete this volume(s)?Enter "y" to continue or "n" to cancel this operation.> y

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

174

Page 175: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete all-volumes

delete all-volumes

指定した RAID グループおよびシン・プロビジョニングプールに属するすべてのボリュームを削除します。

スナップデータプールボリューム(SDPV)が含まれる場合、スナップデータプールボリューム以外のすべてのボ

リュームが削除されます。指定した RAID グループに LUN コンカチネーションの拡張元ボリュームが存在する場合、拡張先ボリュームも拡張

元ボリュームとともに削除されます。指定した RAID グループに拡張先ボリュームが存在し、かつ拡張元ボリュームが存在しない場合、ボリュームは削

除されません。この場合は拡張元ボリュームを削除してから再度実行してください。シン・プロビジョニングボリューム(TPV)は、-rg-number または -rg-name パラメーターを使用して削除できま

せん。シン・プロビジョニングボリュームの場合は、-pool-number または -pool-name パラメーターを使用します。

Flexible Tier Pool (FTRP)内の Flexible Tier Volume(FTV)をすべて削除する場合は、delete all-flexible-tier-volumesコマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

delete all-volumes {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name } |{-pool-number pool_number | -pool-name pool_name }

-rg-number または -rg-nameRAID グループに含まれるすべてのボリュームを削除する RAID グループの識別子を指定します。同

時に指定できる RAID グループ識別子は 1 つだけです。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの

構文」(P.35) を参照してください。

このパラメーターと、-pool-number または -pool-name パラメーターを同時に指定することはでき

ません。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールに含まれているすべてのボリュームを削除するシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。同時に指定できるシン・プロビジョニングプールは 1 つだけです。

指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。

このパラメーターと、-rg-number または -rg-name パラメーターを同時に指定することはできませ

ん。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

175

Page 176: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete all-volumes

■ 例

RAID グループ RGP001 に含まれるすべてのボリュームを削除する例です。

CLI> delete all-volumes -rg-name RGP001

TPP001 というシン・プロビジョニングプールに含まれているすべてのボリュームを削除する例です。

CLI> delete all-volumes -pool-name TPP001

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

176

Page 177: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > format volume

format volume

ボリュームをフォーマットします。

Flexible Tier Volume(FTV)をフォーマットするには、format flexible-tier-volume コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

• NAS 運用ボリューム(nas-tpv)、NAS バックアップボリューム(nas-tpv-backup)へのフォーマットは実施

しないでください。フォーマットを実施した場合は、一度 NAS ボリュームを削除してから再度作成してく

ださい。

• Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)にコピーセッションが存在する、または該当データの

マイグレーションが行われている場合、同一プール内の DEDUP_SYS ボリュームをフォーマットすること

はできません。

• DEDUP_SYS ボリュームの論理容量を超えるような Deduplication/Compression ボリュームを、繰り返し削

除またはフォーマットした場合、一時的な容量不足で Deduplication/Compression ボリュームの作成に失敗

することがあります。

• "ED500" のエラーメッセージが表示された場合、所属するシン・プロビジョニングプール(TPP)の容量が

枯渇している Deduplication/Compression ボリュームに対してフォーマットを行っている可能性があります。

TPP の容量を拡張してからフォーマットを実施してください。また、容量が枯渇している状態で "ED500"のエラーメッセージが表示された場合、データおよび使用していた物理割り当て領域は解放されます。

• Allocation が thin の TPV をフォーマットすると、使用していた物理割り当て領域は解放されます。

• Allocation が thick の TPV をフォーマットすると、使用していた物理割り当て領域は解放されません。TPVを削除すると、使用していた物理割り当て領域が解放されます。

format volume {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names } [-force]

-volume-number または -volume-nameフォーマットするボリュームの識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

• NAS システムボリュームを指定するには、保守作業権限が必要です。

• DEDUP_SYS ボリュームを指定した場合、DEDUP_MAP ボリュームもフォーマットされます。

• NAS 拡張システムボリュームは指定できません。

• 外部ボリュームの場合、このパラメーターは指定できません。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-force 省略可能です。NAS システムボリュームのフォーマットを強制的に実行します。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

177

Page 178: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > format volume

■ 例

ボリューム VOL001 のみをフォーマットする例です。

CLI> format volume -volume-name VOL001

$DEDUP_SYS1 をフォーマットする例です。

CLI> format volume -volume-name $DEDUP_SYS1

連続するボリューム #80 ~ #99 を一度にフォーマットする例です。

CLI> format volume -volume-number 80-99

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

178

Page 179: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > expand volume

expand volume

ボリュームの容量を拡張します(LUN コンカチネーション)。新しい空き領域を追加して、登録されているボリュー

ムの容量を拡張し、空き領域を効率的に使用します。また、シン・プロビジョニングボリューム(NAS 運用ボリュー

ム(nas-tpv)、Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)も含む)、DEDUP_SYS ボリュームの容量も拡

張できます。

Flexible Tier Volume(FTV)を拡張するには、expand flexible-tier-volume コマンドを使用します。

NAS ボリュームを拡張する場合、ブロックサイズによって 大ボリュームサイズが異なります。

ブロックサイズごとの 大ボリュームサイズは、以下のとおりです。

NAS FS Version ファームウェア版数 ブロックサイズファイルサイズ

( 大)ボリュームサイズ

( 大)

2 ~ V10L30 256KB 32TB 128TB

3 ~ V10L31 8KB 1TB 4TB

32KB 4TB 16TB

256KB 32TB 128TB

4 V10L33 ~ 8KB 1TB 32TB

32KB 4TB 128TB

256KB 32TB 128TB

5 V10L51 ~ 8KB 1TB 32TB

32KB 4TB 128TB

256KB 32TB 128TB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

179

Page 180: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > expand volume

■ 構文

■ パラメーター

• 以下の場合は、ボリュームを拡張できません。

- 指定ボリュームが、SDV、SDPV、WSV、NAS システムボリューム、NAS バックアップボリューム、

NAS 拡張システムボリューム、DEDUP_MAP ボリューム、外部ボリューム

- 指定したボリュームが Deduplication/Compression ボリュームで、シン・プロビジョニングプール

(TPP)内の Deduplication/Compression ボリュームの合計容量が、DEDUP_SYS ボリューム容量の 10倍を超えている

- 指定ボリュームに、スナップショットの設定がされている

- 指定ボリュームに、T10-DIF が設定されている

- 指定ボリュームに、TFO ペアが存在する

- 指定したボリュームサイズが、 大ボリュームサイズを超えている

- 指定ボリュームでストレージマイグレーションが動作している

- 指定ボリュームで OPC/EC/REC を実施している

- 指定ボリュームで ODX を実施している

- 指定ボリュームを含む RAID グループで LDE が動作している。指定 RAID グループで LDE が動作してい

• Deduplication/Compression ボリュームを拡張する場合、アドバンスト・コピーセッションを停止、または

Suspend 状態にしてください。

• DEDUP_SYS ボリュームを拡張する場合、DEDUP_SYS ボリュームが所属するシン・プロビジョニング

プール(TPP)内のすべての Deduplication/Compression ボリュームのアドバンスト・コピーセッションを

停止、または Suspend 状態にしてください。

expand volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name} [-rg-number rg_numbers | -rg-name rg_names ] -size size{tb | gb | mb}

-volume-number または -volume-name拡張するボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるボリューム識別子は 1 つだけです。指

定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

180

Page 181: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > expand volume

-rg-number または -rg-name省略可能です。拡張後のボリュームが属する RAID グループの識別子を指定します。パラメーターは

同時に 15 個まで指定できます。ただし、複数のパラメーターを指定する場合は、後述の拡張容量の

パラメーターと対応するように指定する必要があります。指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループ

の構文」(P.35) を参照してください。

• ボリュームタイプがシン・プロビジョニングボリューム(NAS 運用ボリューム(nas-tpv)も含

む)の場合、このパラメーターは指定できません。

• 以下の RAID グループは指定できません。

- シン・プロビジョニングのプールとして動作している RAID グループ

- Flexible Tier のサブプールとして動作している RAID グループ

rg_numbers RAID グループ番号

rg_names RAID グループ名

-size 新しい領域の容量を指定します。ボリュームの拡張の場合は追加分の容量を指定します。シン・プロビジョニングボリュームへの拡張の場合は、拡張後の容量を指定します。テラバイト(TB)、ギガバ

イト(GB)、メガバイト(MB)のどれかで指定します。

ボリュームの拡張の場合は、連結元ボリュームおよび連結するボリュームは少なくとも 1GB 以上で

ある必要があります。 複数のパラメーターを指定する場合、前述の RAID グループの識別子と対応す

るように指定する必要があります。大 128TB の容量のボリュームを作成できます(ODX バッファーボリュームの場合は、 大 1TB で

す)。

例:1tb, 120gb, 512mb

• NAS 運用ボリュームは、ボリューム容量を 小 400GB から 大 128TB の範囲で指定できま

す。

• 指定したボリュームが TPV の場合、全 TPV および FTV の論理総容量の上限値チェックが必要

です。

• Deduplication/Compression ボリュームは、全 TPV および FTV の論理総容量の上限値チェック

の対象外です。

size 拡張後の容量(単位:TB、GB、MB)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

181

Page 182: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > expand volume

■ 例

ボリューム VOL001 を RAID グループ #5 の 800GB の新しい領域として拡張する例です。

CLI > expand volume -volume-name VOL001 -rg-number 5 -size 800gb

ボリューム VOL001 を RAID グループ #5 の 800GB および RAID グループ #6 の 400GB の新しい領域として拡張

する例です。

CLI > expand volume -volume-name VOL001 -rg-number 5,6 -size 800gb,400gb

TPV001 というシン・プロビジョニングボリュームを 800GB の新しい領域として拡張する例です。

CLI > expand volume -volume-name TPV001 -size 800gb

$DEDUP_SYS1 を 8TB の新しい領域として拡張する例です。

CLI > expand volume -volume-name $DEDUP_SYS1 -size 8tb

TPV001 というシン・プロビジョニングボリュームの容量を拡張したが、該当のシン・プロビジョニングプールが

オーバープロビジョニング状態になり Warning メッセージが表示された例です。

CLI > expand volume -volume-name TPV001 -size 900gbWarning: The relevant TPP is in overprovisioning status. Please be sure to add new disks to the TPP before it runs out of space.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

182

Page 183: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume-parameters

set volume-parameters

ボリュームの各種設定を変更します。set volume コマンドまたは set flexible-tier-volume コマンドとは異なり、複

数のボリュームの設定を一括で変更できます。

■ 構文

■ パラメーター

• 本パラメーター以外のボリュームの設定は、set volume コマンドまたは set flexible-tier-volume コマンドを

使用して変更します。

• 設定変更に必要なパラメーターをすべて省略すると、エラー終了します。

set volume-parameters{ -volume-number { volume_numbers | all } | -volume-name volume_name }[ -allocation { thin | thick } ] [ -delete-external-lu-info { yes | no } ]

-volume-number または -volume-name設定対象のボリュームの識別子を指定します。-volume-number を指定した場合のみ、複数のボリュー

ムを同時に指定できます。 -allocation パラメーターを指定した場合、all は指定できません。指定方法

の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_name ボリューム名

all 設定可能な装置のすべてのボリューム

-allocation 指定したボリュームに、論理容量と同じ物理容量を割り当てる(ボリュームの Allocation 方式が thick)か、割り当てない(ボリュームの Allocation 方式が thin)かを指定します。

設定変更可能なボリュームタイプは、TPV、NAS TPV です。

• ボリュームの Allocation 方式が thin の場合、I/O が容量枯渇でエラーになることがあります。ま

た、thick を thin に変更した場合、業務に支障をきたすおそれがあります。設定変更は、十分に

ご注意ください。

• ボリュームの Allocation 方式を thick から thin に変更したあと、start zero-reclamation コマンド

などを使用し、容量の 適化を実施することで、thick に割り当てた領域を解放し、使用するこ

とができます。容量 適化をしない場合、ボリュームの Allocation 方式を thin に変更後も Used Capacity(使用容量)は変わりません。

• thin を thick に変更した場合、物理領域が確保されるため、プールの容量枯渇に注意してくださ

い。容量不足の場合はエラー(終了)になります。

• Deduplication/Compression が有効な TPV には、thick を指定できません。

thin Write I/O を受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます(デフォル

ト)。

thick ボリューム作成時に、全領域に対して物理ボリュームを割り当てます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

183

Page 184: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume-parameters

■ 例

-delete-external-lu-info 省略可能です。外部 LU 情報を削除するかどうかを指定します。

外部ボリューム(無停止ストレージマイグレーション中のボリュームを含む)の場合、このパラメーターは指定できません。外部 LU から引き継いだ UID(LUN ID)を持たないボリュームの場合、この

パラメーターは指定できません。省略した場合、外部 LU 情報を削除しません。

yes 対象ボリュームの外部 LU 情報を削除します。

no 対象ボリュームの外部 LU 情報は変更しません。

FTV0001 というボリュームの Allocation 方式を thin に設定する例です。

CLI> set volume-parameters -volume-name FTV0001 -allocation thin

ボリューム #80 ~ #82 の Allocation 方式を thin に設定する例です。

CLI> set volume-parameters -volume-number 80-82 -allocation thin

ボリューム #80 の外部 LU 情報を削除する例です。

CLI> set volume-parameters -volume-number 80 -delete-external-lu-info yes

装置に存在する指定可能な条件を満たすすべてのボリュームの外部 LU 情報を削除する例です。

CLI> set volume-parameters -volume-number all -delete-external-lu-info yes

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

184

Page 185: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show migration

show migration

移行中のボリュームのリストを表示します。移行先が Flexible Tier Pool (FTRP)であるマイグレーションの場合も、本コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show migration

項目名 意味

Migration Source Volume 移行元のボリュームの識別子

No. 移行元のボリュームの番号

Name 移行元のボリュームの名前

Migration Status ボリュームの移行ステータス

• ReservedRAID マイグレーションがリザーブ状態

• ActiveRAID マイグレーションが正常に動作中

• Errorエラーにより RAID マイグレーションの中止

• ハイフン(-)上記以外の状態

Progress ボリュームの移行の進捗率(単位:%)現在実行中の処理がない場合、またはマイグレーション状態が「Reserved」の場合、ハイフン

(-)を表示

Error Code ボリュームの移行のエラーコード(「A.2.1 コピーセッションのエラーコード」(P.1234) を参照)

Work Volume No. 作業中のボリュームの番号(移行先として使用するため)

Data Synchronization After Migration

外部ボリュームを自装置の TPP または RAID グループにマイグレーションする場合、マイグ

レーション完了後に外部ボリュームに対してデータの同期を継続するかどうかを表示します。データ移行ライセンスが未登録の場合、本項目は表示されません。

Auto Stop マイグレーション完了後に、自動で外部ボリュームへのデータ同期を停止します。

Manual Stop マイグレーション完了後も、外部ボリュームへのデータ同期を継続します。

移行中のすべてのボリュームのリストを表示する例です。

CLI> show migrationMigration Source Volume Migration Progress Error Work VolumeNo. Name Status Code No.----- -------------------------------- --------- -------- ----- ----------- - - Reserve - - - 1 Volume-Number#01 Error 20% 0x16 5 2 Volume-Number#02 Suspend 10% 0x1c 6 3 Volume-Number#03 Active 90% 0x00 4

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

185

Page 186: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show migration

データ移行ライセンスが登録済みの場合、移行中のすべてのボリュームのリストを表示する例です。

CLI> show migrationMigration Source Volume Migration Progress Error Work Volume Data SynchronizationNo. Name Status Code No. After Migration----- -------------------------------- --------- -------- ----- ----------- -------------------- - - Reserve - - - - 1 Volume-Number#01 Error 20% 0x16 5 Auto Stop 2 Volume-Number#02 Suspend 10% 0x1c 6 Auto Stop 3 Volume-Number#03 Active 90% 0x00 4 Manual Stop

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

186

Page 187: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

start migration

RAID マイグレーション機能または無停止ストレージマイグレーション機能を開始します。登録されているボ

リュームをほかの RAID グループまたはシン・プロビジョニングプール(TPP)に移行します。ボリュームの容量

を変更することもできます。また、Deduplication/Compression 機能の非対象ボリュームを対象ボリューム(dedup-tpv)に変更することができます。なお、その逆も可能です。

移行先が Flexible Tier Pool (FTRP)であるマイグレーションの場合は、start flexible-tier-migration コマンドを使

用します。

■ 構文

■ パラメーター

• DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

• マイグレーションの移行先 TPP の容量が枯渇していると、エラーになります。TPP の容量を拡張してから

マイグレーションを実施してください。

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

start migration {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name} {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name | -pool-number pool_number | -pool-name pool_name} [-size size{tb | gb | mb}] [-encryption {enable | disable}][-wide-stripe-size {normal | small}] [-concatenation-order {auto | manual}][-zero-reclamation {enable | disable}] [-data-integrity {default | t10-dif}] [-allocation {thin | thick}][-dedup {enable | disable}][-data-sync-after-migration {auto-stop | manual-stop}]

-volume-number または -volume-name移行するボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるボリューム識別子は 1 つだけです。指

定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。VVOL メタデータ専用 FTVは指定できません。また、SnapOPC/SnapOPC+ のコピー先ボリュームに使用されている TPV/FTVの場合、移行先に TPP/FTRP 以外は指定できません。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

187

Page 188: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

-rg-number または -rg-name-pool-number または -pool-name

ボリュームの移行先 RAID グループ、またはシン・プロビジョニングプールを指定します。

同時に指定できるシン・プロビジョニングプールは 1 つだけです。

移行先が RAID グループの場合は、-rg-number または -rg-name を指定します。ただし、RAID グルー

プを複数指定した場合は、移行先は Wide Stripe ボリュームとなります。

移行先がシン・プロビジョニングプールの場合は、-pool-number または -pool-name を指定します。

指定方法の詳細は、「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) または 「1.2.7 シン・プロビジョニング

プールの構文」(P.32) を参照してください。

以下の場合、本コマンドは実行できません。

• 移行先 Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)のプールの Deduplication/Compression 機能が無効

• 移行先が Extreme Cache Pool として登録されている RAID グループ

• 移行元が ODX バッファーボリュームで、移行先が Deduplication/Compression ボリューム

(dedup-tpv)

• 移行元が NAS 運用ボリュームまたは NAS システムボリュームで、移行先が RAID グループ

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-size 省略可能です。移行先のボリュームの容量を指定します。省略すると、移行元のボリュームと同じ容量となります。RAID グループから RAID グループへのマイグレーションの場合は、元のボリューム

の容量より大きな値を指定できます。元のボリュームの容量より小さな値を指定した場合はエラーが表示されます。容量の単位は 、テラバイト(TB)、ギガバイト(GB)またはメガバイト(MB)から

指定します。移行先がシン・プロビジョニングプールの場合、容量の変更はできません。移行元ボリュームが NAS 運用ボリュームまたは NAS システムボリュームの場合、本パラメーターは指定でき

ません。

例:1tb, 120gb, 512mb

size ボリューム容量(単位:TB、GB、MB)

-encryption 省略可能です。セキュリティ設定権限が必要です。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。

enable を選択すると、指定したボリュームのデータが暗号化されます。省略すると、移行元のボリュー

ムの暗号化設定が引き継がれます。

enable ボリュームのデータが暗号化されます。

disable ボリュームのデータは暗号化されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

188

Page 189: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

-wide-stripe-size省略可能です。移行先 WSV のワイドストライプサイズを指定します。移行先が WSV の場合にのみ

指定できます。省略すると、normal を選択したものとして処理されます。

normal ワイドストライプサイズは 16MB で作成されます。

small ワイドストライプサイズは 2MB で作成されます。 ただし、ストライプサイズ が 2MB を超える RAID グループを使用して WSV を作成した場合は、RAID グループの ストライ

プサイズで作成されます。

-concatenation-order省略可能です。移行先 WSV の RAID グループ連結順を手動で設定するかどうかを指定します。移行

先が -type wsv の場合にだけ指定できます。省略すると、auto を選択したものとして処理されます。

auto RAID グループ連結順は自動で設定されます。

manual -rg-number または -rg-name で指定した順番で、RAID グループが連結されます。

-zero-reclamation省略可能です。移行完了後にZero Reclamationを実行するかどうかを指定します。省略すると、disableを選択したものとして処理されます。移行先が RAID グループの場合は指定できません。また、移行

元ボリュームで、Zero Reclamation が実行中の場合は、enable は指定できません。Deduplication/Compression ボリュームは指定できません。

enable 移行完了後に、Zero Reclamation を開始します。

disable 移行完了後に、Zero Reclamation を開始しません。

-data-integrity省略可能です。データの整合性を保証するための方式を設定します。省略すると、対象ボリュームの設定が引き継がれます。

移行時に形式を変更する場合は、ホストアクセスを停止してください。

default 標準のデータ・ブロックガードを使用し、ストレージシステム全体でデータの整合性を

保証します。T10-DIF 設定のボリュームを、Open または Standard 以外の T10-DIF 設定ができないボ

リュームに移行する場合は、必ず指定してください。

t10-dif T10-DIF を使用し、エンドツーエンドでデータの整合性を保証します。ただし、外部ボ

リュームまたは外部 LU から引き継いだ UID(LUN ID)を持つボリュームを指定した場

合、このパラメーターは指定できません。移行先ボリュームが Open または Standard の場合のみ指定できます。使用するには、

T10-DIF 対応 HBA など、ホスト側も T10-DIF に対応している必要があります。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

189

Page 190: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

-allocation 省略可能です。省略すると、移行元ボリュームの設定値を引き継ぎます。ただし、移行元ボリュームが Thick Provisioning Volume で、かつ -dedup enable を指定した場合、本パラメーターは指定できま

せん。-allocation thin として動作します。

thick を指定すると、マイグレーションの移行先 TPV に、論理容量と同じ物理容量を割り当てます。

thick を指定すると、プール容量枯渇が原因で運用中にエラーになることはありませんが、プールの

使用可能容量は少なくなります。-pool-number または -pool-name を指定し、かつ TPV へのマイグレーションを行う場合のみ、指定で

きます。Thick Provisioning Volume を移行先に作成する場合、-zero-reclamation enable は指定できません。

移行元が Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)で -dedup パラメーターを省略した場

合、-allocation thick は指定できません。

移行元ボリュームが NAS システムボリュームの場合、本パラメーターは指定できません。

thin Write I/O を受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます。

thick マイグレーションの移行先 TPV に、論理容量と同じ容量の物理ボリュームを割り当てま

す。

-dedup 省略可能です。移行先ボリュームの Deduplication/Compression 設定を有効にするかどうかを指定し

ます。省略すると、移行元ボリュームの設定が引き継がれます。移行先には、シン・プロビジョニングプールのみ指定できます。装置の Deduplication/Compression 機能(Deduplication/Compression モード設定)が無効の場合、指

定できません。-rg-number/-rg-name パラメーターを指定した場合、本パラメーターは指定できませ

ん。移行元ボリュームがSnapOPC/SnapOPC+のコピー先ボリュームに使用されているTPV/FTVの場合、

-dedup enable は指定できません。

enable 移行先ボリュームの Deduplication/Compression 設定を有効にします。

disable 移行先ボリュームの Deduplication/Compression 設定を無効にします。

移行先ボリュームの Deduplication/Compression 設定を有効にするには、移行先シン・プロビジョニ

ングプールの Deduplication/Compression 設定が有効になっている必要があります。

移行元ボリュームが Thick Provisioning Volume で、本パラメーターで enable を指定した場合は、自

動的に Thin Provisioning Volume になります。

移行元ボリュームと移行先ボリュームで Deduplication/Compression 設定の関係を、以下に示します。

移行元 移行先

-volume-number-volume-name

-rg-number-rg-name

-pool-number-pool-name

-dedup

省略した場合 enable の場合 disable の場合

Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

移行元ボリュームと異なるプール

Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

TPV

移行元ボリュームと同一プール

不可 不可 TPV

RAID Standard / WSV 不可 不可

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

190

Page 191: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)を、Deduplication/Compression 設定が無効な

TPP にマイグレーションすると、通常の TPV になります。

移行元ボリュームが、「Veeam スナップショットボリューム」または「Veeam スナップショットボ

リュームのコピー元ボリューム」の場合、-dedup パラメーターに enable は指定できません。

■ 例

TPV / FTV 移行元ボリュームと異なるプール

TPV Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

TPV

移行元ボリュームと同一プール

不可 Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

不可

RAID Standard / WSV 不可 不可

Standard / WSV プール TPV Deduplication/Compression ボリュー

ム(dedup-tpv)

TPV

RAID Standard / WSV 不可 不可

-data-sync-after-migration省略可能です。外部ボリュームを自装置の TPP または RAID グループにマイグレーションする場合、

マイグレーション完了後に外部ボリュームに対してデータの同期を継続するかどうかを指定します。無停止ストレージマイグレーションのために起動するマイグレーションセッションのみに指定可能です。省略すると、マイグレーション完了後に外部ボリュームが自動で切り離されます。

auto-stop マイグレーション完了後に、自動で外部ボリュームへのデータ同期を停止します。

manual-stop マイグレーション完了後も、外部ボリュームへのデータ同期を継続します。同期

を停止する場合は、stop external-volume-data-synchronization コマンドで手動で

停止する必要があります。

VOL003 というボリュームを RAID グループ RGP004 に移行する例です。新しい論理容量は 512GB です。

CLI> start migration -volume-name VOL003 -rg-name RGP004 -size 512gb

VOL003 というボリュームをシン・プロビジョニングプール TPP001 に移行する例です。移行先ボリュームの

Deduplication/Compression 設定を有効にします。

CLI> start migration -volume-name VOL003 -pool-name TPP01 -dedup enable

VOL001 というボリュームをシン・プロビジョニングプール TPP002 に移行したが、TPP002 がオーバープロビ

ジョニング状態になり Warning メッセージが表示された例です。

CLI> start migration -volume-name VOL001 -pool-name TPP002Warning: The relevant TPP is in overprovisioning status. Please be sure to add new disks to the TPP before it runs out of space.

移行元 移行先

-volume-number-volume-name

-rg-number-rg-name

-pool-number-pool-name

-dedup

省略した場合 enable の場合 disable の場合

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

191

Page 192: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start migration

容量拡張を実施してもオーバープロビジョニングを解消できない TPP/FTRP があると判断された場合の Warningメッセージが表示された例です。

CLI > start migration -volume-name VOL001 -pool-name TPP002Warning: There are one or more TPPs or FTRPs that are in overprovisioning status but cannot be resolved by adding new drives.Please review the Thin Provisioning configuration and the current setting of the maximum pool capacity.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

192

Page 193: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > stop migration

stop migration

RAID マイグレーションを停止します。RAID マイグレーションを停止するまで、移行元および移行先のボリューム

を削除できません。

移行先が Flexible Tier Pool (FTRP)であるマイグレーションの場合も、本コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

• 本コマンドは動作中の RAID マイグレーションを停止するために使用します。外部ボリュームのデータ同期

の停止はできません。

• 外部ボリュームのデータ同期を停止する場合は、stop external-volume-data-synchronization コマンドを使用

してください。

stop migration {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names}

-volume-number または -volume-name移行元のボリュームの番号または名前を指定します。詳細を表示するには、show migration コマンド

を使用します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリューム

の構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

ボリューム #1 の RAID マイグレーションを停止する例です。

CLI> stop migration -volume-number 1

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

193

Page 194: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > stop external-volume-data-synchronization

stop external-volume-data-synchronization

外部ボリュームのデータ同期を停止します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

動作中の RAID マイグレーションを停止する場合は、stop migration コマンドを使用してください。

マイグレーション処理が完了してから、本コマンドを実行してください。show migration コマンドを実行して、[Progress] が[100%]、[Migration Status] が[Active]と表示されればマ

イグレーション処理は完了しています。

stop external-volume-data-synchronization{-volume-number {volume_numbers | all} | -volume-name volume_name}

-volume-number または -volume-nameデータ同期を停止する外部ボリュームの識別子を指定します。-volume-number を指定した場合のみ、複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の詳細

は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

ボリューム番号は同時に 32 個まで指定できます。

volume_numbers 外部ボリューム番号

volume_name 外部ボリューム名

all データ同期中のすべての外部ボリューム

ESV0001 という外部ボリュームのデータ同期を手動で停止する例です。

CLI> stop external-volume-data-synchronization -volume-name ESV0001

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

194

Page 195: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show balancing-thin-pro-volumes

show balancing-thin-pro-volumes

TPV 平準化処理の進捗状況およびステータスなどの情報を表示します。シン・プロビジョニング機能が無効の場合、

このコマンドは使用できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show balancing-thin-pro-volumes [-volume-number volume_number | -volume-name volume_name]

-volume-number または -volume-name省略可能です。表示対象のボリューム番号またはボリューム名を指定します。指定できるボリュームは 1 つだけです。 指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

例: -volume-number 1

TPV 以外のボリュームを指定した場合はエラーになります。

省略すると、平準化が実行されているボリュームの平準化の進捗情報のみ表示されます。平準化が実行されているボリュームが存在しない場合、何も表示されません。ボリュームを指定すると、ボリュームの平準化が実行されているかどうかにかかわらず、平準化の進捗情報と、対象ボリュームの各 RAID グループでの使用量が表示されます。指定したボリュームが平

準化を実行していない場合、Volume および Balancing Level 以外の平準化の進捗情報にハイフン(-)が表示されます。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

項目名 意味

Volume ボリュームの識別子

No. ボリュームの番号

Name ボリュームの名前

Balancing Level 平準化のレベル

Balancing Process 平準化処理

Status 平準化処理のステータス

Progress 平準化処理の進捗状況

Work Volume No. 作業中のボリュームの番号

Error code エラーコード

Elapsed Time 経過時間

RAID Group RAID グループの識別子(ボリュームを指定した場合のみ表示される)

No. RAID グループの番号

Name RAID グループの名前

Used Capacity(MB) 使用容量(単位:MB)(ボリュームを指定した場合のみ表示される)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

195

Page 196: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show balancing-thin-pro-volumes

■ 例

平準化処理を実行中のすべてのボリュームを表示する例です。

CLI> show balancing-thin-pro-volumesVolume Balancing Balancing Process Work Volume Error ElapsedNo. Name Level Status Progress(%) No. code Time----- -------------------------------- --------- ------ ----------- ----------- ----- ------------- 0 TPV00 High Active 99 1023 0x00 02h34min50sec 1 TPV01 Medium Active 50 2047 0x00 01h23min45sec 2 TPV02 Low Error 30 4095 0x73 00h30min30sec

ボリュームを指定した場合の例です(指定したボリュームで平準化処理が実行されている場合)。

CLI> show balancing-thin-pro-volumes –volume-number 1Volume Balancing Balancing Process Work Volume Error ElapsedNo. Name Level Status Progress(%) No. code Time----- -------------------------------- --------- ------ ----------- ----------- ----- ------------- 1 TPV01 Medium Active 50 2047 0x00 01h23min45sec<RAID Group List>RAID Group UsedNo. Name Capacity(MB)---- ---------------- ------------ 1 RAIDGROUP001 1344 2 RAIDGROUP002 2688

ボリュームを指定した場合の例です(指定したボリュームで平準化処理が実行されていない場合)。

CLI> show balancing-thin-pro-volumes –volume-number 1Volume Balancing Balancing Process Work Volume Error ElapsedNo. Name Level Status Progress(%) No. code Time----- -------------------------------- --------- ------ ----------- ----------- ----- ------------- 1 TPV01 Medium - - - - -<RAID Group List>RAID Group UsedNo. Name Capacity(MB)---- ---------------- ------------ 1 RAIDGROUP001 1344 2 RAIDGROUP002 2688

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

196

Page 197: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start balancing-thin-pro-volume

start balancing-thin-pro-volume

シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の RAID グループ割り当て平準化処理を開始します。シン・プロビジョ

ニング機能が無効の場合、このコマンドは使用できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

start balancing-thin-pro-volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name}

-volume-number または -volume-name平準化処理を開始する TPV を指定します。指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定方法の詳

細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)、Deduplication/Compression システムボ

リューム(DEDUP_SYS ボリュームおよび DEDUP_MAP ボリューム)は指定できません。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

TPV01 の平準化処理を開始する例です。

CLI> start balancing-thin-pro-volume -volume-name TPV01

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

197

Page 198: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > stop balancing-thin-pro-volume

stop balancing-thin-pro-volume

TPV の RAID グループ割り当て平準化処理を停止します。平準化処理を実行中の TPV を指定します。シン・プロ

ビジョニング機能が無効の場合、このコマンドは使用できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

stop balancing-thin-pro-volume {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names}

-volume-number または -volume-name平準化処理を停止する TPV を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。指定方法の

詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

TPV01、TPV02 の平準化処理を停止する例です。

CLI> stop balancing-thin-pro-volume -volume-name TPV01,TPV02

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

198

Page 199: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start zero-reclamation

start zero-reclamation

Zero Reclamation を開始します。Zero Reclamation とは、TPV または FTV 内に 21MB の 0 データが連続している

領域などを未使用領域として、物理割り当てを解放することで、シン・プロビジョニングまたは Flexible Tier Pool(FTRP)の効果を受けられるようにします。このコマンドで開始した Zero Reclamation の停止と進捗表示は、stopzero-reclamation および show volume-progress コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

start zero-reclamation {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name}

-volume-number または -volume-nameZero Reclamation を開始するボリュームの識別子を指定します。複数のボリュームを同時に指定でき

ます。 指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)は指定できません。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

FTV0001 という FTV の Zero Reclamation を開始する例です。

CLI> start zero-reclamation -volume-name FTV0001

ボリューム #80 ~ #99 の Zero Reclamation を開始する例です。

CLI> start zero-reclamation -volume-number 80-99

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

199

Page 200: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > stop zero-reclamation

stop zero-reclamation

Zero Reclamation を停止します。このコマンドで停止した Zero Reclamation の進捗表示は、show volume-progressコマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

stop zero-reclamation {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name}

-volume-number または -volume-nameZero Reclamation を停止するボリュームの識別子を指定します。複数のボリュームを同時に指定でき

ます。 指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

FTV0001 という FTV の Zero Reclamation を停止する例です。

CLI> stop zero-reclamation -volume-name FTV0001

ボリューム #80 ~ #99 の Zero Reclamation を停止する例です。

CLI> stop zero-reclamation -volume-number 80-99

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

200

Page 201: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-qos

show volume-qos

ボリュームの QoS 性能設定値を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

■ 例

DX60 S4/DX60 S3 ではサポートしていません。

show volume-qos [-volume-number volume_number | -volume-name volume_name | -all]

-volume-number または -volume-name または -all省略可能です。QoS 性能表示対象のボリュームを指定します。

-volume-number および -volume-name は、複数のボリュームを同時に指定できます。 指定方法の詳細

は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。-all を指定すると、帯域制限が 0(上限

値なし)を含むすべてのボリュームを指定できます。省略すると、帯域制限が 0(上限値なし)以外

のボリュームを表示します。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-all 帯域制限が 0(上限値なし)を含むすべてのボリューム

項目名 意味

Volume ボリュームの識別子

No. ボリュームの番号

Name ボリュームの名前

Bandwidth Limit ボリュームに設定されている QoS 性能の帯域制限(性能の上限値)

パラメーターを省略した場合の例です。

CLI> show volume-qosVolume Bandwidth LimitNo. Name ----- -------------------------------- --------------- 1 VOL00001 1 10 VOL00010 3 100 VOL00100 9 1000 VOL01000 1210000 VOL10000 15

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

201

Page 202: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show volume-qos

ボリューム番号 #1 の QoS 性能設定値を表示する例です。

CLI> show volume-qos -volume-number 1Volume Bandwidth LimitNo. Name ----- -------------------------------- --------------- 1 VOL00001 0

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

202

Page 203: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume-qos

set volume-qos

ボリュームの QoS 性能設定値を設定します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

DX60 S4/DX60 S3 ではサポートしていません。

set volume-qos {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names} -bandwidth-limit bandwidth_limit

-volume-number または -volume-nameQoS 性能設定対象のボリュームの識別子を指定します。

-volume-number を指定した場合のみ、複数のボリュームを同時に指定できます。 指定方法の詳細は、

「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-bandwidth-limitボリュームに設定する帯域制限(性能の上限値)を指定します。0(制限なし)~ 15 の範囲で指定し

ます。0 ~ 15 に割り当てられたデフォルト値は、set qos-bandwidth-limit コマンドで変更できます。

帯域制限(性能の上限値)の初期値は、set qos-bandwidth-limit コマンドを参照してください。

例:-volume-number 1 -bandwidth-limit 1

複数のパラメーターを同時に指定することができます。異なる値を設定する場合は、-volume-number パラメーターまたは -volume-name パラメーターの指

定数と同じ数だけ指定する必要があります。例:-volume-number 1,2 -bandwidth-limit 1,2

複数の -volume パラメーターに同一の -bandwidth-limit パラメーターを指定することもできます。

例:-volume-number 1,2,4 -bandwidth-limit 1

bandwidth_limit ボリュームに設定する帯域制限(性能の上限値)のパターン(0 ~ 15)

FTV0001 というボリュームの QoS 性能設定値を設定する例です。

CLI> set volume-qos -volume-name FTV0001 -bandwidth-limit 0

ボリューム #80 ~ #82 の QoS 性能設定値を設定する例です。

CLI> set volume-qos -volume-number 80-82 -bandwidth-limit 13,14,15

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

203

Page 204: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

3.2.2 Flexible Tier Volume

本項では、Flexible Tier 機能(ストレージ自動階層化機能)に使用されるボリュームの管理に関連するコマンドに

ついて説明します。ボリュームの一覧表示およびフォーマットの進捗表示は、通常ボリュームと同様show volumesおよびshow volume-progress コマンドを使用してください。

Flexible Tier migration の停止と一覧表示は、RAID マイグレーションと同様 stop migration および show migrationコマンドを使用してください。

Flexible Tier の管理については、「3.5 Flexible Tier の管理」(P.286) を参照してください。

Flexible Tier ボリュームの制御機能は以下のとおりです。

• ボリュームの作成

• 既存ボリューム情報の変更

• ボリュームのフォーマット

• ボリュームの拡張

• ボリュームの削除

• Flexible Tier マイグレーション(ボリュームの移行)

通常ボリュームと FTV それぞれで使用するコマンドは以下のとおりです。

本項に記載されているコマンドは、DX60 S4/DX60 S3 ではサポートしていません。

Flexible Tier(ストレージ自動階層化)の操作は、ETERNUS SF Storage Cruiser で行ってください。

ストレージ自動階層化の運用については、『ETERNUS SF Storage Cruiser 運用ガイド Optimization 機能編』を

参照してください。CLI で Flexible Tier Volume を設定(作成/変更/削除)した場合は、ETERNUS SF Storage Cruiser から状態

更新の操作が必要です。

機能 通常ボリュームで使用するコマンド FTV で使用するコマンド

ボリューム作成 create volume create flexible-tier-volume

ボリューム設定変更 set volume set flexible-tier-volume

ボリュームフォーマット format volume format flexible-tier-volume

ボリューム拡張 expand volume expand flexible-tier-volume

ボリューム一覧表示 show volumes

ボリューム進捗率表示 show volume-progress

ボリューム削除 delete volume delete flexible-tier-volumedelete all-flexible-tier-volume

RAID マイグレーション起動 start migration start flexible-tier-migration

RAID マイグレーション停止 stop migration

RAID マイグレーション一覧表示 show migration

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

204

Page 205: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create flexible-tier-volume

create flexible-tier-volume

指定した Flexible Tier Pool(FTRP)にボリューム(Flexible Tier Volume(FTV))を作成します。

-count パラメーターを使用すると、同一の FTRP に複数個の FTV を一度に作成することができます。作成対象が

FTRP となり、FTV が作成されること以外は create volume コマンドと同様の機能です。

■ 構文

■ パラメーター

create flexible-tier-volume -name alias_name {-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name } -size size {tb | gb | mb} [-priority {ftsp_number | auto}] [-count count] [-attention attention] [-copy-protection {enable | disable}] [-volume-number volume_number] [-allocation {thin | thick}] [-type {default | vvol-metadata}]

-name FTV 名を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定方法の詳細は、 「1.2.11ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

VMware Virtual Volumes(VVOL)運用環境で VVOL 作成処理をバックグラウンドで実行中に、ボ

リューム名「VVOL#X」のボリュームを作成しようとした場合、VVOL のボリューム名が競合し、

VVOL 関連の操作が異常終了するおそれがあります。

alias_name FTV 名

-ftrp-number または -ftrp-nameFTV の割り当て先 FTRP の識別子を指定します。指定方法の詳細は、 「1.2.8 Flexible Tier Pool の構

文」(P.33) を参照してください。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

-size FTV の容量を指定します。容量の単位は、テラバイト(TB)、ギガバイト(GB)、 またはメガバイト

(MB)から選択します。

例:1tb, 120gb, 512mb

size FTV 容量(単位:TB、GB、MB)

-priority 省略可能です。作成する FTV を優先的に割り当てる Flexible Tier Sub Pool(FTSP)を FTSP 番号で

指定します。省略するか、auto を指定した場合、割り当て先の FTSP は自動的に決定されます。

ftsp_number FTSP 番号

auto 自動

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

205

Page 206: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create flexible-tier-volume

-count 省略可能です。作成する FTV の数を指定します。省略した場合、-name に指定された名称のボリュー

ムが 1 つだけ作成されます。

2 以上の数を指定すると -name パラメーターで指定した FTV 名のあとに 0、1、2 のように 0 で始ま

る数字が追加されます。

例:-name abc -count 3 と記述すると、abc0、abc1、および abc2 という名前の FTV が作成されま

す。FTV を作成する前にすでに同じ名前の FTV が存在している場合、サフィックスの値を 1 増やし

て作成します。

count FTV 数

-attention 省略可能です。FTV の注意レベルを指定します。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。省略すると、デ

フォルト値(80%)が設定されます。

attention FTV の注意レベル

-copy-protection省略可能です。FTV がコピー先として指定されないように保護します。enable が指定された場合、そ

の FTV はコピー先対象にはできなくなります。省略するか、disable を指定した場合は、コピー先対

象にできます。

enable FTV が保護されます。

disable FTV は保護されません。

-volume-number省略可能です。ボリューム番号を手動で付ける場合に指定します。同時に指定できるボリューム番号は 1 つだけです。省略すると、ボリューム番号は自動的に採番されます。

-countに2以上の値を指定した場合は、このパラメーターは指定できません。すでに存在するボリュー

ム番号を指定した場合はエラーが表示されます。

VVOL 運用環境で VVOL 作成処理をバックグラウンドで実行中に、作成予定の VVOL と同じボ

リューム番号を指定した場合、VVOL 作成処理が異常終了するおそれがあります。

volume_number ボリューム番号

-allocation 省略可能です。省略すると、thin が設定されます。通常は、初期状態(thin)を変更する必要はあり

ません。thick を指定すると、ボリューム作成時に、論理容量と同じ物理容量を割り当てます。

thin Write I/Oを受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます(デフォルト)。

thick ボリューム作成時に、論理容量と同じ容量の物理ボリュームを割り当てます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

206

Page 207: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create flexible-tier-volume

■ 例

-type 省略可能です。作成する FTV の種類(通常の FTV または VVOL メタデータ専用 FTV)を指定します。

作成した VVOL メタデータ専用 FTV に、ETERNUS SF Storage Cruiser の VVOL 管理用メタデータ

のバックアップが格納されます。通常、VVOL メタデータ専用 FTV は、VVOL 作成時に自動で作成されます。しかし、VVOL メタデー

タ専用 FTV を削除した場合、本パラメーターで再作成できます。

VVOL メタデータ専用 FTV は、装置で 1 つだけ作成できます。容量は 1,040MB です。

VVOL メタデータ専用 FTV は、thick 固定です。vvol-metadata を指定する場合、-name、-size、-allocation は指定できません。また、VVOL 機能が無効の場合、指定できません。

省略すると、default が設定されます。

default 通常の FTV を作成します(デフォルト)。

vvol-metadata VVOL メタデータ専用 FTV を作成します。

割り当て先 FTRP#0、注意レベル 80%、コピー先ボリューム保護機能を有効にして FTV0002 という FTV を作成

する例です。

CLI> create flexible-tier-volume -name FTV0002 -ftrp-number 0 -attention 80 -copy-protection enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

207

Page 208: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set flexible-tier-volume

set flexible-tier-volume

登録されている Flexible Tier Volume(FTV)の情報を変更します。

■ 構文

■ パラメーター

set flexible-tier-volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name}[-name name] [-priority {ftsp_number | auto}] [-attention attention] [-copy-protection {enable | disable}][-uid uid | default | original] [-alua {follow-host-response | active | passive}]

-volume-number または -volume-name変更する FTV の識別子を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定方法の

詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-name 省略可能です。新しい FTV 名を指定します。指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36)を参照してください。省略すると FTV 名は変更されません。

name FTV 名

-priority 省略可能です。作成する FTV を優先的に割り当てる Flexible Tier Sub Pool(FTSP)を FTSP 番号で

指定します。auto を指定した場合、割り当て先の FTSP は自動的に決定されます。省略すると、このパラメーター

は変更されません。

ftsp_number FTSP 番号

auto 自動

-attention 省略可能です。FTV の注意レベルを指定します。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。省略すると、こ

のパラメーターは変更されません。

attention FTV の注意レベル

-copy-protection省略可能です。FTV がコピー先として指定されないようにします。enable が指定された場合、その

FTV はコピー先対象にはできなくなります。disable を指定した場合は、コピー先対象にできます。

省略すると、このパラメーターは変更されません。Veeam スナップショットボリュームは指定でき

ません。

enable FTV が保護されます。

disable FTV は保護されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

208

Page 209: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set flexible-tier-volume

■ 例

-uid 省略可能です。対象ボリュームの UID を指定します。指定できる文字は 32 文字の 16 進数(0 ~ 9、A ~ F、a ~ f)です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

uid 対象ボリュームの UID

default または original 対象ボリュームのUID、シリアル番号、プロダクトIDを初期状態に戻します。

-alua 省略可能です。対象ボリュームの ALUA 設定を指定します。省略すると、このパラメーターは変更さ

れません。

follow-host-response ホストレスポンスの設定に従います(デフォルト)。

active ホストレスポンスの設定にかかわらず、ACTIVE / ACTIVE の設定を優先し

ます。

passive ホストレスポンスの設定にかかわらず、

ACTIVE-ACTIVE / PREFERRED_PATH の設定を優先します。

FTV 名を FTV0003 から FTV_0003 に変更する例です。

CLI> set flexible-tier-volume -volume-name FTV0003 -name FTV_0003

FTV#02を、優先割り当て先FTSPを#3、注意レベルを60%、コピー先ボリューム保護機能を有効に変更する例です。

CLI> set flexible-tier-volume -volume-number 2 -priority 3 -attention 60 -copy-protection enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

209

Page 210: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > format flexible-tier-volume

format flexible-tier-volume

登録されている Flexible Tier Volume(FTV)をフォーマットします。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

format flexible-tier-volume {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names } [-force]

-volume-number または -volume-nameフォーマットする FTV の識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。 FTV 以

外のボリュームが含まれている場合、エラーになります。指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの

構文」(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-force 省略可能です。フォーマットしてはいけない FTV を、強制的にフォーマットします。

本パラメーターを指定すると、VMware Virtual Volumes(VVOL)メタデータ専用 FTV がフォーマッ

トできます。

FTV0001 という FTV のみをフォーマットする例です。

CLI> format flexible-tier-volume -volume-name FTV0001

連続する FTV#80 ~ #99 を一度にフォーマットする例です。

CLI> format flexible-tier-volume -volume-number 80-99

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

210

Page 211: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > expand flexible-tier-volume

expand flexible-tier-volume

登録されている Flexible Tier Volume(FTV)の容量を拡張します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

expand flexible-tier-volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name} -size size{tb | gb | mb}

-volume-number または -volume-name容量を拡張する FTV の識別子を指定します。指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36)を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-size 省略可能です。FTV の容量を指定します。容量の単位は、テラバイト(TB)、ギガバイト(GB)ま

たはメガバイト(MB)から選択します。

例:1tb, 120gb, 512mb

size FTV 容量(単位:TB、GB、MB)

FTV0001 という FTV の容量を、800GB に拡張する例です。

CLI > expand flexible-tier-volume -volume-name FTV0001 -size 800gb

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

211

Page 212: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete flexible-tier-volume

delete flexible-tier-volume

登録されている Flexible Tier Volume(FTV)を削除します。

• ホストに関連付けられているすべてのマッピングを解除する必要があります。

• すべての FTV 移行(Flexible Tier マイグレーション)を停止する必要があります。

• 削除対象のアドバンスト・コピーセッションを停止する必要があります。

• Veeam スナップショットボリュームを削除する場合、アドバンスト・コピーセッションも同時に削除します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete flexible-tier-volume {-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_names } [-force]

-volume-number または -volume-name削除する FTV の識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。FTV 以外のボ

リュームが含まれている場合、エラーになります。 指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」

(P.36) を参照してください。

volume_numbers ボリューム番号

volume_names ボリューム名

-force 省略可能です。削除してはいけない FTV を、強制的に削除します。

本パラメーターを指定すると、VMware Virtual Volumes(VVOL)および VVOL メタデータ専用 FTVが削除できます。

FTV0001 という FTV のみを削除する例です。

CLI> delete flexible-tier-volume -volume-name FTV0001

連続する FTV#80 ~ #99 を一度に削除する例です。

CLI> delete flexible-tier-volume -volume-number 80-99

VVOL を強制的に削除する例です。

CLI> delete flexible-tier-volume -volume-number 1 -force

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

212

Page 213: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete all-flexible-tier-volumes

delete all-flexible-tier-volumes

登録されている Flexible Tier ボリューム(FTV)を、割り当てられている Flexible Tier Pool (FTRP)単位でまと

めて削除します。

• ホストに関連付けられているすべてのマッピングを解除する必要があります。

• すべての FTV 移行(Flexible Tier マイグレーション)を停止する必要があります。

• 削除対象のアドバンスト・コピーセッションを停止する必要があります。

• Veeam スナップショットボリュームは削除されません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete all-flexible-tier-volumes {-ftrp-number ftrp_numbers | -ftrp-name ftrp_names }

-ftrp-number または -ftrp-name削除する FTV が割り当てられている FTRP の識別子を指定します。同時に指定できるパラメーター

は 1 つだけです。 指定方法の詳細は、 「1.2.8 Flexible Tier Pool の構文」(P.33) を参照してください。

ftrp_numbers FTRP 番号

ftrp_names FTRP 名

FTRP001 という FTRP に割り当てられているすべての FTV を削除する例です。

CLI> delete all-flexible-tier-volumes -ftrp-name FTRP001

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

213

Page 214: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start flexible-tier-migration

start flexible-tier-migration

Flexible Tier マイグレーション機能を開始します。

Flexible Tier マイグレーションとは、通常の RAID マイグレーションの中で、移行先が Flexible Tier Pool (FTRP)であるものを指します。このコマンドで開始した Flexible Tier マイグレーションの停止と一覧表示は、通常の RAID マイグレーションと同

様、stop migration および show migration コマンドを使用します。

移行先が FTRP 以外の場合は通常の RAID マイグレーションと同様、start migration コマンドを使用します。

■ 構文

■ パラメーター

• Flexible Tier マイグレーションでは、マイグレーション時にボリューム容量の変更はできません。

• 移行後のボリュームタイプは、FTV になります。

start flexible-tier-migration {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name} {-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name} [-priority {ftsp_number | auto}] [-zero-reclamation {enable | disable}] [-data-integrity default] [-allocation {thin | thick}] [-data-sync-after-migration {auto-stop | manual-stop}]

-volume-number または -volume-name移行元ボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。 指定方法

の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-ftrp-number または -ftrp-name移行先 FTRP の識別子を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。 指定方法の詳

細は、 「1.2.8 Flexible Tier Pool の構文」(P.33) を参照してください。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

-priority 省略可能です。移行後の FTV を優先的に割り当てる Flexible Tier Sub Pool (FTSP)を FTSP 番号

で指定します。省略するか、auto を指定した場合、割り当て先 FTSP は自動的に決定されます。

ftsp_number FTSP 番号

auto 自動

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

214

Page 215: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > start flexible-tier-migration

■ 例

-zero-reclamation省略可能です。移行完了後にZero Reclamationを実行するかどうかを指定します。省略すると、disableを選択したものとして処理されます。移行元ボリュームで、Zero Reclamation が実行中の場合は、

enable は指定できません。

enable 移行完了後に、Zero Reclamation を開始します。

disable 移行完了後に、Zero Reclamation を開始しません。

-data-integrityデータの整合性を保証するための方式を設定します。

default 標準のデータ・ブロックガードを使用し、ストレージシステム全体でデータの整合性を

保証します。T10-DIF 設定が有効のボリュームを移行する場合は、必ず指定してください。

-allocation 省略可能です。省略すると、このパラメーターは変更されません。thick を指定すると、マイグレー

ションの移行先 FTV に、論理容量と同じ物理容量を割り当てます。

thin Write I/O を受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます。

thick マイグレーションの移行先 FTV に、論理容量と同じ容量の物理ボリュームを割り当てま

す。

-data-sync-after-migration省略可能です。外部ボリュームを自装置の FTRP にマイグレーションする場合、マイグレーション完

了後に外部ボリュームに対してデータの同期を継続するかどうかを指定します。無停止ストレージマイグレーションのために起動するマイグレーションセッションのみに指定可能です。省略すると、マイグレーション完了後に外部ボリュームが自動で切り離されます。

auto-stop マイグレーション完了後に、自動で外部ボリュームへのデータ同期を停止します。

manual-stop マイグレーション完了後も、外部ボリュームへのデータ同期を継続します。同期

を停止する場合は、stop external-volume-data-synchronization コマンドで手動で

停止する必要があります。

FTV0003 という FTV を、FTRP000 という FTRP に移行する場合の例です(FTV0003 という名前の FTV のボ

リュームタイプは FTV のままです)。

CLI> start flexible-tier-migration -volume-name FTV0003 -ftrp-name FTRP000

ボリューム #5 を、優先割り当て FTSP#4 で FTRP#3 に移行した場合の例です(ボリューム #5 のボリュームタイ

プは FTV になります)。

CLI> start flexible-tier-migration -volume-number 5 -ftrp-number 3 -priority 4

TPV000A という TPV を、優先割り当て FTSP は自動設定で FTRP#4 に移行した場合の例です(TPV000A という

名前の TPV のボリュームタイプは FTV になります。名前は変更されません)。

CLI> start flexible-tier-migration -volume-name TPV000A -ftrp-number 4 -priority auto

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

215

Page 216: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

3.2.3 ODX バッファーボリューム

本項では、ODX(Offloaded Data Transfer)用の退避領域として使用するボリューム(ODX バッファーボリュー

ム)の管理に関連するコマンドについて説明します。

ODX バッファーボリュームの制御機能は以下のとおりです。

• ODX モード設定

• ODX バッファーボリュームの作成

• ODX バッファーボリュームの設定

• ODX バッファーボリュームの削除

ODX バッファーボリュームで使用するコマンドは以下のとおりです。

機能 使用するコマンド

ボリューム作成 create odx-buffer-volume

ボリューム設定変更 set odx-buffer-volume

ボリュームフォーマット format volume

ボリューム拡張 expand volume

ボリューム一覧表示 show volumes

ボリューム進捗率表示 show volume-progress

ボリューム削除 delete odx-buffer-volume

RAID マイグレーション起動 start migration

RAID マイグレーション停止 stop migration

RAID マイグレーション一覧表示 show migration

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

216

Page 217: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show odx-mode

show odx-mode

Offloaded Data Transfer 機能の動作モードを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show odx-mode

項目名 意味

Offloaded Data Transfer Mode Offloaded Data Transfer 機能の動作モード(Disable:無効、Enable:有効)

Offloaded Data Transfer 機能の動作モードを表示する例です。

CLI> show odx-modeOffloaded Data Transfer Mode [Enable]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

217

Page 218: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set odx-mode

set odx-mode

Offloaded Data Transfer 機能の動作モードを設定します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

set odx-mode -mode {enable | disable}

-mode Offloaded Data Transfer 機能の動作モードを指定します。

enable Offloaded Data Transfer 機能を有効にします。

disable Offloaded Data Transfer 機能を無効にします。

Offloaded Data Transfer 機能を有効にする例です。

CLI> set odx-mode -mode enable

Offloaded Data Transfer 機能を無効にする例です。

CLI> set odx-mode -mode disable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

218

Page 219: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create odx-buffer-volume

create odx-buffer-volume

ODXバッファーボリュームを作成します。ODXモード設定を有効にする必要があります。ODXバッファーボリュー

ムは、装置に 1 つのみ登録できます(複数作成することはできません)。

■ 構文

■ パラメーター

DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

create odx-buffer-volume -name name {-rg-number rg_number | -rg-name rg_name | -pool-number pool_number | -pool-name pool_name | -ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name } -type {open | standard | tpv | ftv} -size {size{tb | gb | mb} | max} [-priority {ftsp_number | auto}] [-attention attention] [-encryption {enable | disable}] [-allocation {thin | thick}]

-name ODX バッファーボリューム名を指定します。同時に指定できるパラメーターは 1 つだけです。指定

方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

name ODX バッファーボリューム名

-rg-number または -rg-nameODX バッファーボリュームを作成する RAID グループの識別子を指定します。指定方法の詳細は、

「1.2.10 RAID グループの構文」(P.35) を参照してください。このパラメーターは -type に open また

は standard を指定した場合に指定できます。

rg_number RAID グループ番号

rg_name RAID グループ名

-pool-number または -pool-nameODX バッファーボリュームを作成する TPP の識別子を指定します。指定方法の詳細は、 「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。このパラメーターは -type に tpvを指定した場合に指定できます。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-ftrp-number または -ftrp-nameODX バッファーボリュームを作成する FTRP の識別子を指定します。指定方法の詳細は、 「1.2.9Flexible Tier Sub Pool の構文」(P.34) を参照してください。このパラメーターは -type に ftv を指定

した場合に指定できます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

219

Page 220: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create odx-buffer-volume

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

-type ODX バッファーボリュームのタイプを指定します。

open スタンダードボリューム(Standard)。open タイプで作成されたボリュームは、standardボリュームとして表示されます。

standard 通常の open ボリューム(Standard)

tpv シン・プロビジョニングボリューム(TPV)

ftv Flexible Tier ボリューム(FTV)

-size ODX バッファーボリュームの容量を指定します。容量の単位は、テラバイト(TB)、ギガバイト

(GB)、 またはメガバイト(MB)から選択します。 設定できる範囲は 1GB ~ 1TB です。

例: 1tb(1TB), 120gb(120GB), 1024mb(1,024MB)

size ODX バッファーボリュームの容量(単位:TB、GB、MB)

max 指定したRAIDグループの 大空き領域すべてを使用する容量を持つODXバッファーボ

リュームを作成します。ボリュームタイプがスタンダードボリューム(open)の場合に

だけ指定できます。指定した RAID グループ内に複数の空き領域が存在する場合、 も

大きい空き領域のみを使用してボリュームを作成します。

-priority 省略可能です。作成する ODX バッファーボリュームのタイプが FTV の場合に指定できます。FTV を

優先的に割り当てる Flexible Tier Sub Pool(FTSP)を FTSP 番号で指定します。

省略するか、auto を指定した場合、割り当て先の FTSP は自動的に決定されます。

ftsp_number FTSP 番号

auto 自動

-attention 省略可能です。作成する ODX バッファーボリュームのタイプが TPV または FTV の場合に指定でき

ます。TPV または FTV の注意レベルを指定します。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。省略すると、

デフォルト値(80%)が設定されます。

attention TPV または FTV の注意レベル

-encryption 省略可能です。作成する ODX バッファーボリュームのタイプが Open(Standard)の場合に指定で

きます。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。enable を選択すると、指定したボリューム

のデータが暗号化されます。省略すると、disable が設定されます。

enable ボリュームのデータが暗号化されます。

disable 何も行われません。

-allocation 省略可能です。省略すると、thin が設定されます。通常は、初期状態(thin)を変更する必要はあり

ません。thick を指定すると、ボリューム作成時に、論理容量と同じ物理容量を割り当てます。

指定可能なボリュームタイプは、TPV および NAS 運用ボリューム(nas-tpv)、NAS バックアップボ

リューム(nas-tpv-backup)です。

thin Write I/Oを受け付けた時点で、対象領域に物理ボリュームを割り当てます(デフォルト)。

thick ボリューム作成時に、論理容量と同じ容量の物理ボリュームを割り当てます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

220

Page 221: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create odx-buffer-volume

■ 例

RAID グループ RGP001 に VOL001 という ODX バッファーボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは

Standard です。ボリュームの容量は 1GB です。

CLI> create odx-buffer-volume -name VOL001 -rg-name RGP001 -type standard -size 1gb

暗号化された ODX バッファーボリュームを作成する例です。

CLI> create odx-buffer-volume -name VOL001 -rg-name RGP001 -type standard -size 1tb -encryption enable

TPP#01 に TPV1 という ODX バッファーボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは TPV で、注意レ

ベルは 80% です。

CLI> create odx-buffer-volume -name TPV1 -pool-number 01 -type tpv -size 100gb -attention 80

TPP#01 に TPV1 という ODX バッファーボリュームを追加したが、TPP#01 がオーバープロビジョニング状態に

なり Warning メッセージが表示された例です。

CLI> create odx-buffer-volume -name TPV1 -pool-number 1 -type tpv -size 800gbWarning: The relevant TPP is in overprovisioning status. Please be sure to add new disks to the TPP before it runs out of space.

FTRP#0 に FTV0002 という ODX バッファーボリュームを作成する例です。ボリュームのタイプは FTV で、注意

レベルは 80% です。

CLI> create odx-buffer-volume -type ftv -name FTV0002 -ftrp-number 0 -size 500gb -attention 80

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

221

Page 222: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set odx-buffer-volume

set odx-buffer-volume

装置に登録済みの ODX バッファーボリュームの情報を変更します。

■ 構文

■ パラメーター

DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

set odx-buffer-volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name}[-name name] [-priority {ftsp_number | auto}] [-attention attention] [-encryption {enable | disable}]

-volume-number または -volume-name変更する ODX バッファーボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるボリューム識別子は

1 つだけです。指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ODX バッファーボリューム番号

volume_name ODX バッファーボリューム名

-name 省略可能です。新しい ODX バッファーボリューム名を指定します。省略すると、このパラメーター

は変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

name ODX バッファーボリューム名

-priority 省略可能です。変更する ODX バッファーボリュームのタイプが FTV の場合に指定できます。FTV を

優先的に割り当てる Flexible Tier Sub Pool(FTSP)を FTSP 番号で指定します。

auto を指定した場合、割り当て先の FTSP は自動的に決定されます。省略すると、割り当て先の FTSPは変更されません。

ftsp_number FTSP 番号

auto 自動

-attention 省略可能です。変更する ODX バッファーボリュームのタイプが TPV または FTV の場合に指定でき

ます。TPV または FTV の注意レベルを指定します。設定できる範囲は 1 ~ 100% です。省略すると、

このパラメーターは変更されません。

attention TPV または FTV の注意レベル

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

222

Page 223: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set odx-buffer-volume

■ 例

-encryption 省略可能です。変更する ODX バッファーボリュームのタイプが Open(Standard)の場合に指定で

きます。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。enable を選択すると、指定した ODX バッ

ファーボリュームのデータが暗号化されます。省略すると、disable が設定されます

enable ODX バッファーボリュームのデータが暗号化されます。

disable 何も行われません。

FTV0003 という ODX バッファーボリュームを変更する例です。新しい名前は FTV_0003 です。

CLI> set odx-buffer-volume -volume-name FTV0003 -name FTV_0003

ODX バッファーボリューム #02 の優先割り当て先 FTSP を #3、注意レベルを 60% に変更する例です。

CLI> set odx-buffer-volume -volume-number 2 -priority 3 -attention 60

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

223

Page 224: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete odx-buffer-volume

delete odx-buffer-volume

装置に登録済みの ODX バッファーボリュームを削除します。

• RAID マイグレーション機能、TPV の RAID グループ割り当て平準化機能を停止する必要があります。

• ODX バッファーボリュームのコピーセッションを停止する必要があります。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete odx-buffer-volume {-volume-number volume_number | -volume-name volume_name }

-volume-number または -volume-name変更する ODX バッファーボリュームの識別子を指定します。同時に指定できるボリューム識別子は

1 つだけです。指定方法の詳細は、 「1.2.11 ボリュームの構文」(P.36) を参照してください。

volume_number ボリューム番号

volume_name ボリューム名

ODTV001 という ODX バッファーボリュームを削除する例です。

CLI> delete odx-buffer-volume -volume-name ODTV001

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

224

Page 225: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

3.2.4 Extreme Cache

本項では Extreme Cache 機能および Extreme Cache Pool 機能に関するコマンドについて説明します。

本機能は、フラッシュメモリを 2 次キャッシュとして利用することで、Read 性能の向上を図ります。Extreme Cache機能の場合は、PFM を 2 次キャッシュメモリとして使用します。Extreme Cache Pool 機能の場合は、SSD(SSDSED を含む)を 2 次キャッシュメモリとして使用します。

性能は、Extreme Cache Pool 機能より、PFM を使用している Extreme Cache 機能の方が高速です。

DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、および DX8700 S3/DX8900 S3 の場合、Extreme Cache 機能の使用

を推奨します。

Extreme Cache 機能および Extreme Cache Pool 機能を使用するには、機能を有効にし、キャッシュ容量と制御機

能を設定します。Extreme Cache 機能および Extreme Cache Pool 機能で使用するコマンドは以下のとおりです。

• Extreme Cache 機能は、以下の場合は使用できません。

- DX60 S4/DX60 S3

- DX100 S4/DX100 S3

- DX200 S4/DX200 S3

- DX8100 S3

- AF250 S2/AF250

- AF650 S2/AF650

- DX200F

- PFM が装置に搭載されていない

• Extreme Cache Pool 機能は、以下の場合は使用できません。

- DX60 S4/DX60 S3

- DX8100 S3

- AF250 S2/AF250

- AF650 S2/AF650

- DX200F

• バリュータイプの SSD は、Extreme Cache Pool 機能の 2 次キャッシュメモリとして使用できません。

機能 使用するコマンド

装置としての Extreme Cache 機能設定(有効/無効)

キャッシュとして使用する PFM のメモリサイズの設定

キャッシュの制御機能設定

装置としての Extreme Cache Pool 機能設定(有効/拡張モード有効/無効)

set extreme-cache

Extreme Cache 機能または Extreme Cache Pool 機能の設定情報表示 show extreme-cache

ボリューム作成時のボリューム単位での Extreme Cache 機能または Extreme Cache Pool 機能の設定(有効/無効)

create volume [-exc]

既存ボリュームの Extreme Cache 機能または Extreme Cache Pool 機能の設定

(有効/無効)

set volume-exc

ボリューム単位での Extreme Cache 機能または Extreme Cache Pool 機能表示

(有効/無効)

show volumes [-mode detail]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

225

Page 226: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

flexible tier volume(FTV)に関しては、ソフトウェアから制御します。

Extreme Cache Pool の作成

担当 CM に Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool専用ボリュームを作成

create extreme-cache-pool

装置に存在するすべての Extreme Cache Pool の概要情報、または指定した CMの Extreme Cache Pool の詳細情報表示

show extreme-cache-pool

担当 CM から Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool 専用ボリュームを削除

delete extreme-cache-pool

機能 使用するコマンド

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

226

Page 227: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show extreme-cache

show extreme-cache

Extreme Cache(EXC)機能または Extreme Cache Pool 機能が有効か無効かを表示します。また、2 次キャッシュ

メモリとして使用する PFM(PCIe Flash Module)の装置あたりの設定容量および 大設定可能容量も表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

show extreme-cache

項目名 意味

Mode EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能の有効/無効を表示

Extreme Cache EXC 機能が有効

Disable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効

Extreme Cache Pool Extreme Cache Pool 機能が有効

Extreme Cache Pool(Expanded)

Extreme Cache Pool 機能(拡張モード)が有効(DX100 S4/DX200 S4 のみサポート)

Initial Caching Threshold 初期キャッシュの閾値。初回使用時、PFM または SSD にデータをキャッシュするまでのアクセス回数を表示します。

装置電源投入後または EXC 機能/ Extreme Cache Pool 機能有効化後、初めて PFM または

SSD の全領域が使用状態になるまで有効。

Caching Threshold キャッシュの閾値。PFM または SSD にデータをキャッシュするまでのアクセス回数を表示します。

装置電源投入後または EXC 機能/ Extreme Cache Pool 機能有効化後、初めて PFM または

SSD の全領域が使用状態になったあとで有効。追い出し禁止の場合は、Disable が表示されま

す。

Monitoring I/O Read I/O と Write I/O に使用された CachePage を監視対象としてカウントアップするかどうか

を表示します。

Caching Priority EXC または Extreme Cache Pool にドライブ上の情報をステージングするときの優先度を表示

します。設定値が大きいほど、ステージングされるまでの時間が短くなるが、ホスト I/O に影

響が出るおそれがあります。

EXC Current Capacity(GB)

現在設定してある EXC 機能として使用する装置あたりの PFM の容量(単位:GB)

EXC Max Capacity(GB) EXC として使用可能な装置あたりの 大容量(単位:GB)

Location EXC 容量情報を表示する CM の位置(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

Current Capacity(GB) 現在設定してある EXC 機能として使用する装置あたりの PFM の容量(単位:GB)(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

Total PFM Capacity(GB) 搭載されている PFM の総容量 (GB)(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

227

Page 228: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show extreme-cache

■ 例

EXC 機能が有効である場合の例です(DX500 S4/DX600 S4 および DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

CLI> show extreme-cache Mode [Extreme Cache] Initial Caching Threshold [1] Caching Threshold [5] Monitoring I/O [Read] Caching Priority [10] EXC Current Capacity(GB) [1400] EXC Max Capacity(GB) [2800]

Extreme Cache Pool 機能が有効である場合の例です。

CLI> show extreme-cache Mode [Extreme Cache Pool] Initial Caching Threshold [1] Caching Threshold [5] Monitoring I/O [Read] Caching Priority [10]

EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効である場合の例です(DX500 S4/DX600 S4 および DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

CLI> show extreme-cache Mode [Disable] Initial Caching Threshold [1] Caching Threshold [5] Monitoring I/O [Read] Caching Priority [10] EXC Current Capacity(GB) [0] EXC Max Capacity(GB) [2800]

EXC 機能が有効である場合の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show extreme-cacheMode [Extreme Cache]Initial Caching Threshold [1]Caching Threshold [5]Monitoring I/O [Read] Caching Priority [10]<EXC Capacity Information> Location Current Total PFM Capacity(GB) Capacity(GB) --------- ----------- ------------ CE#0 CM#0 1400 1400 CE#0 CM#1 700 1400 CE#1 CM#0 0 0 CE#1 CM#1 700 700

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

228

Page 229: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show extreme-cache

EXC 機能が無効である場合の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show extreme-cacheMode [Disable]Initial Caching Threshold [1]Caching Threshold [5]Monitoring I/O [Read] Caching Priority [10]<EXC Capacity Information> Location Current Total PFM Capacity(GB) Capacity(GB) --------- ----------- ------------ CE#0 CM#0 - 1400 CE#0 CM#1 - 1400 CE#1 CM#0 - 0 CE#1 CM#1 - 700

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

229

Page 230: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set extreme-cache

set extreme-cache

装置としての Extreme Cache(EXC)機能または Extreme Cache Pool 機能を、有効にするか無効にするかを設定

します。有効の場合は、2 次キャッシュメモリの容量を指定します。EXC 機能の場合は、PFM を 2 次キャッシュメモリと

して使用します。Extreme Cache Pool 機能の場合は、SSD を 2 次キャッシュメモリとして使用します。

デフォルトは、EXC 機能および Extreme Cache Pool 機能は無効です。

EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が有効な場合、閾値および監視対象を設定できます。

■ 構文

■ パラメーター

ボリュームごとで EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能の有効または無効を指定するには、

set volume-exc コマンドから設定してください。

set extreme-cache [-mode {enable | disable | pool | expanded-pool}][-capacity capacity][-initial-caching-threshold initial_caching_threshold] [-caching-threshold {disable | caching_threshold}][-monitoring-io {read | read-write}] [-update-exc] [-caching-priority caching_priority]

-mode 省略可能です。装置としての EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を指定します。省略すると、

このパラメーターは変更されません。

enable EXC 機能を有効にします。

disable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を無効にします。

EXC 使用容量が 0GB に設定されます。(無効化したあとで有効化した場合は、以

前の設定値は保持されていません。)

pool Extreme Cache Pool 機能を有効にします。

expanded-pool Extreme Cache Pool 機能(拡張モード)を有効にします(DX100 S4/DX200 S4のみサポート)。拡張モードを有効にした場合、Extreme Cache Pool の 1CM あた

りの 大容量が 800GB になります(拡張モードでない場合は 400GB まで)。

本パラメーターを切り替える場合は、必ず一度 disable を指定して機能を無効化し、その後、新た

に設定する機能を指定してください。

-capacity 省略可能です。キャッシュとして使用する装置あたりの PFM の容量を指定します(DX500 S4/DX600S4 および DX500 S3/DX600 S3 のみサポート)。省略すると、このパラメーターは変更されません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

230

Page 231: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set extreme-cache

• -mode パラメーターで disable を指定した場合、または装置として EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効で -mode パラメーターを省略した場合、本パラメーターを使用するとエ

ラーになります。

• DX8700 S3/DX8900 S3 の場合、EXC 機能を有効化したときに搭載されているすべての PFM を

使用して EXC 機能用領域を確保するため、-capacity パラメーターを指定できません。

• PFM を増設する場合は、-update-exc パラメーターを参照してください。

サイズは 100GBの倍数のみ指定できます。100GBで割り切れない値を指定するとエラーになります。

例:○ -capacity 500gb  × -capacity 550gb

ただし、0GB の指定は例外的に許可されます。

指定の単位は gb のみです。

capacity PFM の領域

-initial-caching-threshold省略可能です。初回使用時、PFM または SSD にデータをキャッシュするまでのアクセス回数を指定

します。この値は、装置の電源を投入したあと、または EXC 機能/ Extreme Cache Pool 機能が有効化したあ

と、初めて PFM または SSD の全領域が使用状態になるまでに適用される値です。この値が小さいほ

ど、ランダムリード時に PFM または SSD にデータがステージングしやすくなります。1 ~ 16 の範

囲で指定します。デフォルト値は 1 です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

• Caching Threshold より小さい値を設定することを推奨します。

• EXC 機能および Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は指定できません。

initial_caching_threshold 初期キャッシュの閾値(1 ~ 16)

-caching-threshold省略可能です。PFM または SSD にデータをキャッシュするまでのアクセス回数を指定します。

この値は、装置の電源を投入したあと、または EXC 機能/ Extreme Cache Pool 機能が有効化したあ

と、初めて PFM または SSD の全領域が使用状態になったあとに適用される値です。この値が小さい

ほど、ランダムリード時に PFM または SSD のデータがステージングしやすくなります。1 ~ 16 の

範囲で指定します。デフォルト値は 5 です。省略すると、このパラメーターは変更されません。

• Initial Caching Threshold より大きな値を設定することを推奨します。

• EXC 機能および Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は指定できません。

disable データ追い出し禁止。PFM または Extreme Cache Pool 上のキャッシュデータは

書き換わりません。

caching_threshold キャッシュの閾値(1 ~ 16)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

231

Page 232: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set extreme-cache

■ 例

-monitoring-io省略可能です。PFM または Extreme Cache Pool で、Read I/O と Write I/O に使用された CachePageを監視対象としてカウントアップするかどうかを設定します。デフォルトは、read です。

read Read I/O に使用された CachePage のみ監視対象にします。

read-write Read I/O と Write I/O に使用された CachePage を監視対象にします。

-update-exc省略可能です。EXC 機能用領域の容量を更新します(DX8700 S3/DX8900 S3 のみサポート)。

PFM を新しく増設した場合、EXC 機能用領域の容量と搭載 PFM の総容量が一致しないことがあり

ます。その場合、-update-exc パラメーターを指定し本コマンドを実行することで、PFM の総容量を

再計算し、EXC 機能用領域の容量を更新します。

-caching-priority省略可能です。EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能にステージングするときの優先度を指定し

ます。EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能にドライブ上の情報をステージングする際、ホスト I/O と

競合することがあります。

設定値を大きくした場合、ステージングされるまでの時間が短くなりますが、ドライブへの負荷が上がります。そのため、該当ドライブが属するプールに対するホスト I/O に、遅延が出るおそれがあり

ます。また、設定値を小さくした場合、ステージングされるまでの時間が長くなりますが、ホスト I/O への

影響は少なくなります。

1 ~ 10 の範囲で指定します。デフォルト値は 10 です。省略すると、このパラメーターは変更されま

せん。

caching_priority EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能にステージングするときの優先度(1 ~

10)

装置としての EXC 機能を有効化し、キャッシュのサイズを 1000GB とする場合の例です。

CLI> set extreme-cache -mode enable -capacity 1000gb

Extreme Cache Pool 機能を有効化する場合の例です。

CLI> set extreme-cache -mode pool

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

232

Page 233: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume-exc

set volume-exc

ボリューム単位で Extreme Cache(EXC)機能または Extreme Cache Pool 機能を、有効にするか無効にするかを

設定します。

■ 構文

■ パラメーター

• 装置として EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は、ボリューム単位が有効か無効かにか

かわらず EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を使用しません。ボリューム単位で EXC 機能または

Extreme Cache Pool 機能が有効か無効か確認するには、show volumes コマンドの -mode detail で参照でき

ます。

• RAID マイグレーションで SSD で構成された RAID グループまたは TPP に移動した場合、ボリューム単位

の EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能は無効となります。しかし、SSD で構成された RAID グループ

または TPP から、ドライブで構成された RAID グループまたは TPP に移動した場合は有効となります。ド

ライブで構成された RAID グループまたは TPP 間のマイグレーションの場合は、設定値が保持されます。

• FTV に関してはソフトウェアから制御します(FTRP に SSD で構成された FTSP が含まれている場合も、

FTV は EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を使用できます)。

set volume-exc{-volume-number volume_numbers | -volume-name volume_name | -all}-mode {enable | disable}

-volume-number または -volume-name または -all設定を変更するボリュームを指定します。

ボリューム番号は複数指定、範囲指定ができます。指定方法の詳細は、「1.2.11 ボリュームの構文」

(P.36) を参照してください。

ボリューム名は、単数指定のみです。以下の条件をすべて満たすボリュームのみ指定可能です。

• ボリュームタイプが Open, Standard, WSV, TPV(Data Reduction が無効)である。

• RAID グループ または TPP が HDD で構成されている。

• ボリュームステータスが Available である。

ボリューム番号またはボリューム名で指定した場合、条件に合致しないボリュームが含まれていた場合は、エラー終了します。-all を指定した場合、条件に合致したボリュームのみ設定します。

volume_numbers ボリューム番号

volume_name ボリューム名

-all すべてのボリューム

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

233

Page 234: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set volume-exc

■ 例

-mode EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能をボリューム単位で指定します。

• 装置として EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能が無効の場合は、ボリューム単位で有効

か無効かにかかわらず、EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を使用できません。

• 外部ボリュームを指定しても、EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を使用できません。

enable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を有効にします。

disable EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を無効にします。

装置に登録されている設定可能なすべてのボリュームの EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を有効化する

場合の例です。

CLI> set volume-exc -mode enable -all

ボリューム番号が 0, 2, 5, 9, 10, 11 のボリュームの EXC 機能または Extreme Cache Pool 機能を無効化する場合

の例です。

CLI> set volume-exc -volume-number 0,2,5,9-11 -mode disable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

234

Page 235: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show extreme-cache-pool

show extreme-cache-pool

装置に存在するすべての Extreme Cache Pool の概要情報、または指定した CM の Extreme Cache Pool の詳細情報

を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show extreme-cache-pool [-cm {cm_numbers | all}]

-cm 省略可能です。Extreme Cache Pool 情報を表示するコントローラーモジュール(CM 番号)を指定し

ます。複数の CM 番号をカンマ(,)で区切ることで、複数指定できます。ただし、同じ CM 番号は

指定できません。-all を指定すると、装置に存在するすべての Extreme Cache Pool の詳細情報が表示されます。

省略すると、装置に存在するすべての Extreme Cache Pool の概要情報が表示されます。

cm_numbersExtreme Cache Pool の詳細情報を表示する CM 番号

0 CM#0(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、およ

び DX500 S3/DX600 S3 のみ)

1 CM#1(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、およ

び DX500 S3/DX600 S3 のみ)

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール

(CM)番号です。

例:「01」を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値を指定

します。コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

all 装置に存在するすべての Extreme Cache Pool の詳細情報

項目名 意味

Location Extreme Cache Pool の担当 CM

Capacity(GB) Extreme Cache Pool の容量

Encryption 暗号化のステータス(Enable / Disable / Enable(SED))

Member Disks Extreme Cache Pool 専用 RAID グループを構成する SSD。

メンバードライブが、複数存在する場合は、カンマ(,)で区切って表示されます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

235

Page 236: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show extreme-cache-pool

■ 例

パラメーターを省略した場合の例です(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、お

よび DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

すべての Extreme Cache Pool の概要情報が表示されます。

CLI> show extreme-cache-poolLocation Capacity(GB)--------- ------------CM#0 1600CM#1 -

CM#0 を指定した例です(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 の場合)。

Extreme Cache Pool の詳細情報が表示されます。

CLI> show extreme-cache-pool -cm 0<Extreme Cache Pool Information>Location [CM#0]Capacity(GB) [1600]Encryption [Enable]Member Disks [DE#01-Disk#0, DE#01-Disk#1]

パラメーターを省略した場合の例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

すべての Extreme Cache Pool の概要情報が表示されます。

CLI> show extreme-cache-poolLocation Capacity(GB)--------- ------------CE#0 CM#0 1600CE#0 CM#1 1600 CE#1 CM#0 -CE#1 CM#1 1600

CE#0 CM#0 を指定した例です(DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

Extreme Cache Pool の詳細情報が表示されます。

CLI> show extreme-cache-pool -cm 00<Extreme Cache Pool Information>Location [CE#0 CM#0]Capacity(GB) [1600]Encryption [Enable]Member Disks [DE#01-Disk#0, DE#01-Disk#1]

CM#1 を指定した例です(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 の場合。自己暗号化 SSD(SSD SED)で構成されている)。

Extreme Cache Pool の詳細情報が表示されます。

CLI> show extreme-cache-pool -cm 1<Extreme Cache Pool Information>Location [CM#1]Capacity(GB) [1600]Encryption [Enable(SED)]Member Disks [DE#01-Disk#0, DE#01-Disk#1]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

236

Page 237: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create extreme-cache-pool

create extreme-cache-pool

Extreme Cache Pool を作成します。Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool 専用ボ

リュームを同時に作成します。

■ 構文

• Extreme Cache Pool 専用 RAID グループの RAID レベルは、RAID0 のみサポートします。また、SSD で構

成します。

• Extreme Cache Pool 専用 RAID グループは、担当 CM ごとに 1 つだけ作成できます。

• Extreme Cache Pool 専用ボリュームは、Extreme Cache Pool 専用 RAID グループごとに 1 つだけ作成され

ます。Extreme Cache Pool 専用ボリュームが作成されるため、装置あたりに登録できる 大ボリューム数が

減少します。

create extreme-cache-pool -disks disks -cm cm_number [-encryption {enable | disable}]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

237

Page 238: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create extreme-cache-pool

■ パラメーター

-disks Extreme Cache Pool 専用 RAID グループを構成する SSD を指定します。複数のドライブをカンマ(,)で区切ることで、複数指定できます。範囲指定はできません。

• Extreme Cache Pool 専用 RAID グループの構成ドライブは、SSD(SSD SED を含む)のみサ

ポートします。

• モデルごとのサポートメンバードライブ数(CM あたり)は、以下のとおりです。

- DX100 S3/DX200 S31 本まで

- DX100 S4/DX200 S42 本まで(Extreme Cache Pool 機能の拡張モードが有効の場合)

1 本まで(Extreme Cache Pool 機能の拡張モードが無効の場合)

- DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、DX8700 S3/DX8900 S34 本まで

• モデルごとの Extreme Cache Pool 専用ボリュームの 大容量(CM あたり)は、以下のとおり

です。

- DX100 S3/DX200 S3400GB

- DX100 S4/DX200 S4800GB(Extreme Cache Pool 機能の拡張モードが有効の場合)

400GB(Extreme Cache Pool 機能の拡張モードが無効の場合)

- DX500 S4/DX600 S4、DX500 S3/DX600 S3、DX8700 S3/DX8900 S31,600GB

• DX100 S3/DX200 S3 の場合、Extreme Cache Pool 専用ボリュームの 大容量(400GB)を超

える容量の SSD を使用することは可能です。ただし、Extreme Cache Pool 専用ボリュームの

大容量を超える容量(800GB の SSD を使用した場合は 400GB)は使用できなくなります。

• -cm パラメーターで指定するコントローラーモジュール(CM 番号)に、直接接続されているド

ライブエンクロージャ内の SSD から選択します。

• SSD と SED SSD を混在させて指定することはできません。

disks ドライブ

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

238

Page 239: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > create extreme-cache-pool

■ 例

-cm Extreme Cache Pool の担当コントローラーモジュール(CM 番号)を指定します。

cm_number CM 番号

0 CM#0(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 のみ)

1 CM#1(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 のみ)

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ番号、x はコントローラーモジュール番

号です。

例:「01」を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値

を指定します。コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

-encryption 省略可能です。Extreme Cache Pool 専用ボリュームをファームウェア暗号化するかどうかを指定し

ます。省略すると、disable を指定したものとして処理されます。

• disable を指定すると、暗号化ボリュームへの I/O に対して 2 次キャッシュとして使用できませ

ん。

• 担当 CM が制御するボリュームに暗号化ボリュームが存在する場合は、enable を指定してくだ

さい。

• -disks パラメーターで SED SSD を選択した場合、本パラメーターは指定できません。

enable ファームウェア暗号化する

disable ファームウェア暗号化しない

CM#0 の Extreme Cache Pool を作成する例です。

CLI> create extreme-cache-pool -disks 003,004 -cm 0 -encryption enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

239

Page 240: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > delete extreme-cache-pool

delete extreme-cache-pool

Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool 専用ボリュームを削除します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete extreme-cache-pool -cm {cm_numbers | all}

-cm 削除するExtreme Cache Pool 専用 RAIDグループおよび Extreme Cache Pool専用ボリュームの担当

コントローラーモジュール(CM 番号)を指定します。複数の CM 番号をカンマ(,)で区切ること

で、複数指定できます。ただし、同じ CM 番号は指定できません。

cm_numbers CM 番号

0 CM#0(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 のみ)

1 CM#1(DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX100 S3/DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 のみ)

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ番号、x はコントローラーモジュール番

号です。

例:「01」を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値

を指定します。コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

all 装置に存在するすべての Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび ExtremeCache Pool 専用ボリューム

装置に存在するすべての Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool 専用ボリュームを

削除する例です。

CLI> delete extreme-cache-pool –cm all

CM#0 の Extreme Cache Pool 専用 RAID グループおよび Extreme Cache Pool 専用ボリュームを削除する例です。

CLI> delete extreme-cache-pool -cm 0

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

240

Page 241: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理

3.2.5 VVOL

ETERNUS DX/AF は、VMware vSphere 固有の論理ボリュームである Virtual Volumes(VVOL)に対応しています。

VVOLの設定および管理は、ETERNUS SF Storage Cruiserから行います。また、ストレージ管理サーバに、ETERNUSVASA Provider(vCenter Server と ETERNUS DX/AF を連携させるためのソフトウェア)が必要です。

詳細は、各モデルの『方式設計ガイド(基本編)』を参照してください。

CLI では、VVOL モードの切り替え、VVOL メタデータ専用 FTV の操作、および VASA API 対応で CLI 非同期コマ

ンドの VVOL Task 操作コマンドをサポートしています。

本項では、装置の VVOL に関連するコマンドについて説明します。

VVOL の制御機能で使用するコマンドは以下のとおりです。

• VVOL 関連の機能を使用するには、set vvol-mode コマンドを使用して VVOL モードを有効にする必要があり

ます。

• DX60 S4/DX60 S3 ではサポートしていません。

• VVOL は、FTRP に作成されます。VVOL のボリュームタイプは、FTV となります。

• VVOL には、VVOL 管理情報(メタデータ)と呼ばれる付加情報が必要です。VVOL メタデータは、VVOL 作

成時に VVOL メタデータ専用 FTV に自動作成されます。

• VVOL の設定変更は、ETERNUS SF Storage Cruiser から行ってください。VVOL 機能の有効化以外の操作は、

CLI から設定を変更しないでください。

• 通常、VVOL 機能は、ETERNUS SF Storage Cruiser からの VVOL アクセスパス設定時に有効となります。

FTRP を作成済みの状態で、装置のチャンクサイズの変更を伴うシン・プロビジョニングの 大プール容量の

設定変更を実施した場合、その後に ETERNUS SF Storage Cruiser から VVOL の設定を行っても VVOL 機能

が有効となりません。VVOL 設定前に、CLI から set vvol-mode を実行して VVOL 機能を有効化してください。

チャンクサイズの詳細については、「3.3 シン・プロビジョニングプール管理」(P.248) を参照してください。

CLI> set vvol-mode -mode enableSince the maximum pool capacity was changed, a different chunk size has been applied to the newly created Flexible Tier Pools.Please do not register Flexible Tier Pools with different chunk size to the same VVOL Datastore.Enter "y" to continue. Enter "n" to discard this command.

• ストレージコンテナ(VVOL データストア)に FTRP を複数登録する場合、チャンクサイズが異なる FTRPを同じストレージコンテナ内に混在させないでください。

機能 使用するコマンド

VVOL モードの設定(有効/無効) set vvol-mode

VVOL モードの状態表示(有効/無効) show vvol-mode

VVOL の情報表示

(VVOL のボリュームタイプは FTV)

show volumes

VVOL メタデータ専用 FTV の強制削除 delete flexible-tier-volume

削除された VVOL メタデータ専用 FTV の再作成 create flexible-tier-volume

VVOL メタデータ専用 FTV の強制フォーマット format flexible-tier-volume

VVOL Task の進捗情報の参照 show vvol-task

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

241

Page 242: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show vvol-mode

show vvol-mode

装置の VVOL モードを表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show vvol-mode

項目名 意味

Mode VVOL 機能が有効か無効かを表示(Enable、Disable)

装置の VVOL モードが有効になっている例です。

CLI> show vvol-modeMode [Enable]

装置の VVOL モードが無効になっている例です。

CLI> show vvol-modeMode [Disable]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

242

Page 243: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > set vvol-mode

set vvol-mode

装置の VVOL 機能を、有効にするか無効にするかを設定します。

VVOL 機能は、ソフトウェアから VVOL 関連の構成を設定したときに自動的に有効になります。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

• VVOL 機能を有効にするには、シン・プロビジョニング機能を有効にしておく必要があります。

• VVOL 機能を有効から無効に変更した場合は、装置の電源切断/再起動が必要です。

set vvol-mode -mode {enable | disable}

-mode VVOL 機能を有効にするかどうかを指定します。

• VVOL 機能を無効にする場合は、以下の条件をすべて満たす必要があります。

- VVOL が存在しない

- VVOL Task が存在しない

• 装置に設定されているデフォルトのチャンクサイズよりも小さいチャンクサイズが設定されたFlexible Tier Pool が存在する場合、VVOL 機能を有効にすると確認メッセージが表示されます。

enable VVOL 機能を有効にします。

disable VVOL 機能を無効にします。

VVOL 機能を有効する例です。

CLI> set vvol-mode -mode enable

装置に設定されているデフォルトのチャンクサイズよりも小さいチャンクサイズが設定された Flexible Tier Poolが存在している状態で、VVOL 機能を有効にしようとした場合の例です。

CLI> set vvol-mode -mode enableSince the maximum pool capacity was changed, a different chunk size has been applied to the newly created Flexible Tier Pools.Please do not register Flexible Tier Pools with different chunk size to the same VVOL Datastore.Enter "y" to continue. Enter "n" to discard this command.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

243

Page 244: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show vvol-task

show vvol-task

VVOL Task の進捗情報を収集して表示します。また、VVOL Task の状態が Success または Error の場合は、その

VVOL Task を削除します。

■ 構文

■ パラメーター

• 以下の API に相当する情報を出力します。

- -task-guid パラメーターを省略した場合

getCurrentTask()、activateProviderEx()

- -task-guid パラメーターを指定した場合get TaskUpdate()

• API が同期、かつ CLI が非同期のコマンドの処理の場合、VASA が本コマンドを使用して VVOL Task 状態が

Success または Error になるまでポーリングをします。

• Result として必要な情報は API ごとに決まっています。CLI の Result の出力は、Result Type で分類します。

VVOL GUID および Snapshot Info を報告する場合は、VVOL Task 状態に関係なく Result を表示します。そ

れ以外は、VVOL Task 状態が Success の場合に限り Result を表示します。

• 一度本コマンドによって VVOL Task 状態が Success または Error で報告された VVOL Task は、VVOL Task情報が削除されます。VVOL Task を削除するには、-task-guid パラメーターを指定したうえで実行する必要

があります。ただし、ソフトウェア経由の VVOL 削除の場合のみ、VVOL Task 状態が Success または Errorになった時点で VVOL Task を自動削除します。本コマンドによる進捗情報の収集は不要です。

• CLI 非同期コマンドの正常出力結果は、本コマンドの -task-guid パラメーターを指定した場合の正常出力と

同じ結果です。

show vvol-task [{-task-guid task_guid}]

-task-guid 省略可能です。情報を表示する VVOL Task の GUID を指定します。VVOL Task の GUID を、ハイフ

ン(-)を除いた 32 桁(16 進数)の数値で指定します。指定できる VVOL Task の GUID は 1 つだけ

です。指定した VVOL Task の状態が Success または Error の場合、その VVOL Task は削除されます。

省略すると、現在実行中のすべての VVOL Task 情報が表示されます。

task_guid VVOL Task の GUID

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

244

Page 245: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show vvol-task

■ 出力

項目名 意味

GUID VVOL Task の GUID

API Name VVOL Task 作成元の API 名

State VVOL Task の状態(Error / Queued / Running / Success)。VVOL Task の状態に Error または Success が表示された時点で、VVOL Task が削除されます。

Error または Success が報告されなかった場合は、進捗情報を収集した時点では VVOL Task は

削除されません。ただし、ソフトウェア経由の VVOL 削除の場合のみ、VVOL Task 状態が Success または Errorになった時点で VVOL Task が自動削除されます。

Error VVOL Task で発生したエラー。エラーコードに原因が表示されます。

Queued VVOL Task がキューに投入されている。

Running VVOL Task 実行中。Progress に進捗率が表示される(0 ~ 100%)。

Success VVOL Task 完了。

Cancelable VVOL Task がキャンセルできるかどうかを表示します。

キャンセルできる場合は、delete vvol-task コマンドから VVOL Task をキャンセルできます。

True キャンセルできます。

False キャンセルできません。

Cancelled VVOL Task のキャンセルが、delete vvol-task コマンドから開始されたかどうかを表示します。

True キャンセルが開始されました。

False キャンセルが開始されていません。

キャンセル処理が完了すると、State は Success になります。本コマンドから VVOL Taskを確認することで、VVOL Task が削除します。

Progress Update 進捗情報を収集できるかどうかを示します。

Available 進捗情報を収集できます。

Not Available 進捗情報を収集できません。

Start Time VVOL Task を開始した時間

Estimate Time To Complete

VVOL Task 完了見込み時間

Error Code エラーコードState が Error 以外の場合は、ハイフン(-)が表示されます。

Progress(%) VVOL Task 進捗率(単位:%)

State が Running 以外の場合は、ハイフン(-)が表示されます。

Host GUID VVOL Task を作成したホストの GUID を表示します。

VVOL Task がソフトウェア制御権限以外で作成された場合にのみ表示されます。それ以外の場

合は、ハイフン(-)が表示されます。

Volume Number 作成したボリュームのボリューム番号。API Name が updateStorageProfileForVirtualVolume の場合は、設定対象の Volume Number です。

Volume GUID 作成したボリュームの GUID。

API Name が updateStorageProfileForVirtualVolume の場合は、設定対象の GUID です。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

245

Page 246: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show vvol-task

■ 例

Chunk Size(KB) チャンクサイズ(単位:KB)

Unshared Chunks Count 共有されていないチャンクの数

Scanned Chunks スキャン済みチャンクの数

Snapshot Volume Number

スナップショット先として作成したボリュームのボリューム番号

Snapshot Volume GUID スナップショット先として作成したボリュームの GUID

Parent Volume Number スナップショット元ボリュームのボリューム番号

Parent Volume GUID スナップショット元ボリュームの GUID

装置の VVOL Task 情報を表示した例です。

CLI> show vvol-task<VVOL Task Information>GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3301] API Name [createVirtualVolume] State [Running]Cancelable [True] Cancelled [False]Progress Update [Available] Start Time [2012-04-11 11:59:00] Estimate Time To Complete [2012-04-11 12:00:00]Error Code [-]Progress(%) [60] Host GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c213e]<Result> Volume Number [2] Volume GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c330a]

<VVOL Task Information>GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3302] API Name [createVirtualVolume] State [Success]Cancelable [False] Cancelled [False]Progress Update [Available] Start Time [2012-04-11 12:01:00] Estimate Time To Complete [2012-04-11 12:01:30]Error Code [-]Progress(%) [-]Host GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c213e]<Result> Volume Number [3] Volume GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3309]

<VVOL Task Information>GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3303] API Name [createVirtualVolume] State [Error]Cancelable [False] Cancelled [False]Progress Update [Available] Start Time [2012-04-11 12:00:00] Estimate Time To Complete [2012-04-11 12:00:30]Error Code [XXXX]Progress(%) [-] Host GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c213e]<Result> Volume Number [4] Volume GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c330c]

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

246

Page 247: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.2 ボリュームの管理 > show vvol-task

<VVOL Task Information>GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3304] API Name [unsharedChunksVirtualVolume] State [Success]Cancelable [True] Cancelled [False]Progress Update [Available] Start Time [2012-04-11 12:01:00] Estimate Time To Complete [2012-04-11 12:01:30]Error Code [-]Progress(%) [-]Host GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c213e]

<Result> Chunk Size(KB) [102400] Unshared Chunks Count [26214400] Scanned Chunks [300]

<VVOL Task Information>GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c1231] API Name [prepareToSnapshotVirtualVolume] State [Queued]Cancelable [True] Cancelled [False]Progress Update [Available] Start Time [2012-04-11 12:01:15] Estimate Time To Complete [2012-04-11 12:10:00]Error Code [-]Progress(%) [-]Host GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c213e]<Result> Snapshot Volume Number [3] Snapshot Volume GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3303] Parent Volume Number [1] Parent Volume GUID [3f2504e04f8911d39a0c0305e82c3301]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

247

Page 248: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

本節では、以下の設定に関連するコマンドについて説明します。

• シン・プロビジョニングプール設定

• エコモード設定

3.3.1 シン・プロビジョニングプール

本項では、シン・プロビジョニングプール(TPP)の管理に関連するコマンドについて説明します。

• シン・プロビジョニングの設定/解除

• シン・プロビジョニングプールの作成

• 既存のシン・プロビジョニングプールの変更

• シン・プロビジョニングプールの削除

• シン・プロビジョニングプールの拡張

• シン・プロビジョニングプールのフォーマット

■ シン・プロビジョニングプール設定の概要

シン・プロビジョニングプール(TPP)の設定手順は以下のとおりです。

1 構成設定

TPP を作成する前に、シン・プロビジョニング機能を有効にする必要があります。

set thin-provisioning コマンドを使用して機能を有効にし、show thin-provisioning コマンドを使用して確認し

ます。

1CM 構成の DX60 S4/DX60 S3、および 1CM 構成の DX100 S4/DX200 S4/DX100 S3/DX200 S3 では、シン・

プロビジョニング機能はサポートしていません。

• シン・プロビジョニング機能は、シン・プロビジョニング機能や Flexible Tier 機能を使用していない

状態のときに無効にできます。set thin-provisioning コマンドを使用して機能を無効にします。

• VMware Virtual Volume(VVOL)運用中にチャンクサイズの変更を伴う 大プール容量設定変更を実

施する場合、VVOL に関する以下の警告メッセージが表示されます。メッセージの内容を確認し、処

理を継続するかどうかを検討してください。

CLI> set thin-provisioning -thin-pro enable -max-pool-capacity 16pbBy this setting change, a new chunk size will be applied to the newly created Flexible Tier Pools.Please do not register Flexible Tier Pools with different chunk size to the same VVOL Datastore.Enter "y" to continue. Enter "n" to discard this command.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

248

Page 249: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

2 TPP の管理

create thin-pro-pool コマンドを使用して TPP を作成します。

show thin-pro-pools コマンドを使用して TPP の状態を確認します。TPP を作成したあと、設定を変更する場

合は set thin-pro-pool コマンドを使用します。

3 TPP 容量の拡張

TPP 容量が不足した場合、expand thin-pro-pool コマンドを使用して TPP 領域を拡張します。

4 シン・プロビジョニングボリューム(TPV)の管理

TPP と TPV を準備します。TPV は TPP から作成できます。TPV は、create volume コマンドを使用して通

常のボリュームを作成するのと同じ方法で作成できます。

• TPP を削除するには、delete thin-pro-pool コマンドを使用します。

• 大プール数は、256 です。ただし、 大搭載ドライブ数 ÷2 で制限がかかります。

• 大プール数は、装置に作成できる TPP と FTSP の 大の総数です。

• 全 TPP 内の TPV の総論理容量が、装置の 大プール容量を超えないようにしてください。

• TPV を削除するには、delete volume コマンドを使用します。

• TPV を拡張するには、expand volume コマンドを使用します。

• TPV を平準化するには、start balancing-thin-pro-volume コマンドを使用します。TPV 平準化を実行す

ると、TPV が属する TPP 内に対象 TPV と同容量の作業ボリュームが一時的に作成されます。この作

業ボリュームを含めた全 TPP 内の TPV の総論理容量が、 大プール容量を超える場合、TPV 平準化

を実行することができません。TPV 平準化が完了すると作業ボリュームは削除されます。

• ボリュームを移行するには、start migration コマンドを使用します。

• 同一 TPV に対し、異なる TPV の管理操作は同時に実施できません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

249

Page 250: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

シン・プロビジョニングプールとシン・プロビジョニングボリュームの関係を以下の図に示します。

図 3.1 シン・プロビジョニングプールとシン・プロビジョニングボリュームの関係

■ チャンクサイズ

ホストからの Write I/O を受け付けた時点で、TPP および FTRP に作成した論理ボリュームに割り当てる物理容量

の単位です。チャンクサイズには、21 MB、42 MB、84 MB、および 168 MB があります。ファームウェア版数 V10L70 より前

で作成した TPP および FTRP のチャンクサイズは 21 MB 固定です。

チャンクサイズは、TPP または FTRP を作成するとき、装置に設定されているチャンクサイズに応じて設定されま

す。装置のチャンクサイズは、set thin-provisioning コマンドでシン・プロビジョニング機能を有効にした場合に、

-max-pool-capacity パラメーター(装置に作成可能な TPP および FTSP の総容量)に指定した容量に応じて自動的

に決定されます。set thin-provisioning コマンドで 装置に作成可能な TPP および FTSP の総量を拡張したあと、TPP および FTRP を作成すると、拡張前に作成した TPP および FTRP とチャンクサイズが異なる場合があります。その結果、装置内

に異なるチャンクサイズの TPP および FTRP が混在することになります。

作成済みの TPP のチャンクサイズは変更できません。

チャンクサイズの異なる TPP および FTRP が混在する場合、装置に作成可能な TPP および FTSP の総量と同じ容

量の TPP および FTSP は作成できません。

装置に登録できる TPP の 大容量、 大数、およびチャンクサイズを以下の表に示します。

TPV

create volume(Create TPV)TPP

create thin-pro-pool(Create TPP)

delete thin-pro-pool(Delete TPP)

show thin-pro-pools(Show TPP)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

250

Page 251: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

*1: 装置に作成できる TPP と FTRP の総容量の 大値

*2: 装置に作成できる TPP と FTSP の総和

*3: 装置のファームウェア版数が V10L70 より前の場合の 大 TPP 数は、AF250 では 12、AF650 では 48 です。

■ 作成可能なプール容量

• 大プールサイズに対応するチャンクサイズのプールしか存在しない場合大プールサイズの容量まで作成可能です。

• 異なるチャンクサイズのプールが装置内で混在している場合現在の設定値の倍率に換算した容量の合計値が 大プールサイズの容量となるまで作成可能です。例:

大 TPP 容量 8PB(チャンクサイズ 168MB)の設定で、すでにチャンクサイズ 21MB で作成された TPP が

512TB 存在する場合

新たに作成可能な TPP 容量 = 8PB - (512TB × 168MB ÷ 21MB) = 4PB

• 装置に登録した TPP の 大容量に対するチャンクサイズを以下の表に示します。

内容ファームウェア版数

モデル

DX

60

S4

DX

100

S4

DX

200

S4

DX

500

S4

DX

600

S4

DX

60

S3

DX

100

S3

DX

200

S3

DX

500

S3

DX

600

S3

DX

810

0 S

3

DX

870

0 S

3/D

X8

900

S3

AF

250

S2

AF

650

S2

AF

250

AF

650

DX

200

F

TPP 大プール

容量(*1)(単位:TB)

V10L70より前

- - - - - 64 256 256 384 1,024 128 2,048 - - 256 1,024 256

V10L70 以降 512 2,048 2,048 3,072 8,192 512 2,048 2,048 3,072 8,192 1,024 16,384 2,048 8,192 2,048 8,192 2,048

大 TPP 数

(*2)-

12 72 132 256 256 12 72 132 256 256 24 256 24 9624

(*3)96

(*3)12

TPP の

チャンクサイズ

V10L70より前

- - - - - 21MB(固定) - - 21MB(固定)

V10L70 以降 21MB、42MB、84MB、168MB

モデルごとの 大プール容量の設定値

チャンクサイズ

DX

60

S4

/DX

60

S3

DX

10

0 S

4/D

X20

0 S

4D

X1

00

S3/

DX

200

S3

DX

50

0 S

4/D

X50

0 S

3

DX

60

0 S

4/D

X60

0 S

3

DX

81

00

S3

DX

87

00

S3

/DX

89

00

S3

AF

25

0 S

2/A

F25

0/D

X2

00F

AF

65

0 S

2/A

F65

0

~ 64 TB ~ 256 TB ~ 384 TB ~ 1,024 TB ~ 128 TB ~ 2,048 TB ~ 256 TB ~ 1,024 TB 21MB

128 TB 512 TB 768 TB 2,048 TB 256 TB 4,096 TB 512 TB 2,048 TB 42MB

256 TB 1,024 TB 1,536 TB 4,096 TB 512 TB 8,192 TB 1,024 TB 4,096 TB 84MB

512 TB 2,048 TB 3,072 TB 8,192 TB 1,024 TB 16,384 TB 2,048 TB 8,192 TB 168MB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

251

Page 252: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

■ VVOL として使用可能な 大 FTRP 容量

VVOL として使用可能な 大 FTRP 容量を以下の表に示します。

装置に設定されている 大プール容量以上は使用できません。例えば、DX600 S4 で 大プール容量が 128TB に設定されている場合は、VVOL として使用可能な 大 FTRP 容量

は 128TB となります。

モデル VVOL として使用可能な 大 FTRP 容量

DX100 S4/DX200 S4DX100 S3/DX200 S3

256 TB

DX500 S4/DX500 S3 384 TB

DX600 S4/DX600 S3 1,024 TB

DX8100 S3 128 TB

DX8700 S3/DX8900 S3 2,048 TB

AF250 S2/AF250 256 TB

AF650 S2/AF650 1,024 TB

DX200F 256 TB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

252

Page 253: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-provisioning

show thin-provisioning

シン・プロビジョニング機能を使用するかどうか、または装置に作成可能なプールの 大容量の設定値を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show thin-provisioning

項目名 意味

Thin provisioning シン・プロビジョニング機能の設定を表示します(Enable/Disable)。

Maximum pool capacity 大プール容量(例:128 TB, 1024 TB, 1.5 PB)(シン・プロビジョニング機能が無効の場合は、ハイフン(-)が表示される。)

シン・プロビジョニング機能が Enable の場合の例です。

CLI> show thin-provisioningThin provisioning [Enable]Maximum pool capacity [128 TB]

シン・プロビジョニング機能が Disable の場合の例です。

CLI> show thin-provisioningThin provisioning [Disable]Maximum pool capacity [-]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

253

Page 254: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set thin-provisioning

set thin-provisioning

シン・プロビジョニング機能を使用するかどうか、または装置に作成可能なプールの 大容量を設定します。 ただ

し、CM が 1 台の場合は設定できません。

実際に作成可能なシン・プロビジョニングプールの容量は、装置に作成可能なプールの 大容量よりも小さくなることがあります。詳細は、「作成可能なプール容量」(P.251) を参照してください。

■ 構文

■ パラメーター

• 大物理容量を超える 大プール容量を設定できます。ただし、実際に割り当てられる物理容量の上限は、モデルごとの 大物理容量となります。

• VMware Virtual Volume(VVOL)として使用可能な FTRP 容量は、シン・プロビジョニングの 大プール容

量とは異なります。 詳細は、「VVOL として使用可能な 大 FTRP 容量」(P.252) を参照してください。

set thin-provisioning [-thin-pro {enable | disable}][-max-pool-capacity {32tb | 64tb | 128tb | 256tb | 384tb | 512tb | 768tb | 1024tb | 1.5pb | 2pb | 3pb | 4pb | 8pb |16pb}]

-thin-pro 省略可能です。シン・プロビジョニング機能を使用するかどうか指定します。省略すると、このパラメーターは変更されません。

シン・プロビジョニング機能や Flexible Tier 機能を使用している状態で、disable を指定すること

はできません。

enable シン・プロビジョニング機能を使用します。

disable シン・プロビジョニング機能を使用しません。

-max-pool-capacity省略可能です。ただし、-thin-pro パラメーターを disable から enable に変更する場合は省略できませ

ん。装置に作成可能なプールの 大容量(TPP および FTSP の総量)を設定します。

• シン・プロビジョニング機能を使用する場合のみ指定できます。

• 現在の 大容量の設定値を拡大することはできますが、縮小はできません。

• 実際に利用可能なプール容量(論理)は、ドライブ容量(物理)によって異なります。例えば、DX200F で 800GB SSD を 24 本搭載している場合は、"32tb" を設定していても、16TBが使用制限となります。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

254

Page 255: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set thin-provisioning

■ 例

32tb プールの 大容量を 32TB に設定します。

64tb プールの 大容量を 64TB に設定します。

128tb プールの 大容量を 128TB に設定します。

256tb プールの 大容量を 256TB に設定します。

384tb プールの 大容量を 384TB に設定します。

512tb プールの 大容量を 512TB に設定します。

768tb プールの 大容量を 768TB に設定します。

1024tb プールの 大容量を 1024TB に設定します。

1.5pb プールの 大容量を 1.5PB に設定します。

2pb プールの 大容量を 2PB に設定します。

3pb プールの 大容量を 3PB に設定します。

4pb プールの 大容量を 4PB に設定します。

8pb プールの 大容量を 8PB に設定します。

16pb プールの 大容量を 16PB に設定します。

プールの 大容量を 128TB に設定する例です。

CLI> set thin-provisioning -thin-pro enable -max-pool-capacity 128tb

VVOL モードが有効、かつ FTRP が作成済みの状態で、装置の現在のデフォルトのチャンクサイズが変更になる

ような 大プール容量に拡張しようとした場合の例です(チャンクサイズが異なる FTRP を同一のストレージコ

ンテナ(VVOL データストア)に 登録させないようにするための警告メッセージが出力されます)。

CLI> set thin-provisioning -thin-pro enable -max-pool-capacity 16pbBy this setting change, a new chunk size will be applied to the newly created Flexible Tier Pools.Please do not register Flexible Tier Pools with different chunk size to the same VVOL Datastore.Enter "y" to continue. Enter "n" to discard this command.

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

255

Page 256: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pools

show thin-pro-pools

すべてのシン・プロビジョニングプールの概要リストまたは指定したシン・プロビジョニングプールの詳細を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

show thin-pro-pools [-pool-number pool_numbers | -pool-name pool_names ]

-pool-number または -pool-name省略可能です。シン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの

構文」(P.32) を参照してください。省略すると、すべてのシン・プロビジョニングプールの概要リス

トが表示されます。

pool_numbers シン・プロビジョニングプール番号

pool_names シン・プロビジョニングプール名

項目名 意味

Thin Pro シン・プロビジョニングプールの識別子

No. シン・プロビジョニングプール番号

Name シン・プロビジョニングプール名

Disk attribute シン・プロビジョニングプールを作成するドライブ属性(Online / Nearline / SSD / Online SED / Nearline SED / SSD SED)

RAID Level RAID レベル

Consist of Fast Recovery Fast Recovery RAID グループのドライブ構成。

(RAID Level が RAID6-FR の場合に表示される。それ以外はハイフン(-)が表示される。)

RAID6 のドライブ構成、ユニット数、ホットスペア数を表示します。

例:(3D+2P)x2+1HS

Status シン・プロビジョニングプールのステータス

Total Capacity シン・プロビジョニングプールの合計容量

Provisioned Capacity シン・プロビジョニングプールのプロビジョニング容量(TPP に属する TPV の総論理容量)

Provisioned Rate(%) シン・プロビジョニングプールのプロビジョニング率(TPP に属する TPV の総論理容量と

TPP の総容量の比率(%))

(シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定が有効または Error の場合、

ハイフン(-)が表示される。)

Used Capacity シン・プロビジョニングプールの使用済み容量

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

256

Page 257: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pools

Used status アラームのステータス(Normal / Warning / Attention)

Warning(%) 警告レベルの範囲

Attention(%) 注意レベルの範囲

Encryption 暗号化のステータス(Enable / Disable)

Chunk Size シン・プロビジョニングプールのチャンクサイズ

RAID Group RAID グループの識別子

No. RAID グループ番号

Name RAID グループ名

RAID Level RAID レベル

Assigned CM 担当 CM

Status RAID グループのステータス

Total Capacity RAID グループの合計容量(単位:MB)

Free Capacity RAID グループの空き容量(単位:MB)

Stripe Depth Stripe Depth(単位:KB)(64kb 以外の場合のみ)

Fast Recovery Disk Fast Recovery ドライブ

Deduplication シン・プロビジョニングプールの Deduplication 設定の状態

Enable Deduplication 設定が有効

Disable Deduplication 設定が無効

Error Deduplication 設定は有効だが、機能の一部が使用できない状態

Deduplication 設定の変更および DEDUP_SYS ボリュームのフォーマット中に、ハードウェア

異常が発生して処理に失敗し、以下の Deduplication 機能が使用できない状態になった場合に表

示される。

• Deduplication/Compression ボリュームの作成、削除、拡張、フォーマット

• DEDUP_SYS ボリュームの容量拡張

• DEDUP_SYS ボリューム、DEDUP_MAP ボリューム診断

装置の状態を確認し、異常の要因を解消したあと、失敗した操作を再度実行する。シン・プロビジョニングプールの Deduplication 設定に失敗した場合には、シン・プロビジョニングプール

の Deduplication 設定を無効にしてから再度実行する。

- シン・プロビジョニングプールの Deduplication 設定の情報取得に失敗した。

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

257

Page 258: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pools

■ 例

Compression シン・プロビジョニングプールの Compression 設定の状態

Enable Compression 設定が有効

Disable Compression 設定が無効

Error Compression 設定は有効だが、機能の一部が使用できない状態

Compression 設定の変更および DEDUP_SYS ボリュームのフォーマット中に、ハードウェア異

常が発生して処理に失敗し、以下の Compression 機能が使用できない状態になった場合に表示

される。

• Deduplication/Compression ボリュームの作成、削除、拡張、フォーマット

• DEDUP_SYS ボリュームの容量拡張

• DEDUP_SYS ボリューム、DEDUP_MAP ボリューム診断

装置の状態を確認し、異常の要因を解消したあと、失敗した操作を再度実行する。シン・プロビジョニングプールの Compression 設定に失敗した場合には、シン・プロビジョニングプール

の Compression 設定を無効にしてから再度実行する。

- シン・プロビジョニングプールの Compression 設定の情報取得に失敗した。

Dedup Rate(%) 容量削減率(Deduplication 設定および Compression 設定の両方が無効の場合、および Deduplication 機能ま

たは Compression 機能の容量削減率の情報取得に失敗した場合、ハイフン(-)が表示される。)

システムに登録されたすべてのシン・プロビジョニングプールの概要リストを表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が無効の場合)。

CLI> show thin-pro-poolsThin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- ChunkNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB)--- ---------------- ------------ -------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- 0 TPP01 Online RAID1+0 Available 95.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 80 60 Enable 21 1 TPP02 Nearline RAID1+0 Available 95.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 80 75 Disable 42 2 TPP03 Online RAID1+0 Available 5.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 99 75 Enable 84 3 TPP04 Nearline SED RAID1+0 Available 5.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 99 75 Enable 168

システムに登録されたすべてのシン・プロビジョニングプールの概要リストを表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が有効の場合)。

CLI> show thin-pro-pools -pool-name TPP001Thin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk Dedupli- Compres- DedupNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) cation sion Rate(%)--- ---------------- ------------ -------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- -------- -------- ------- 0 TPP001 Nearline SED RAID1 Available 1.25 GB 0.00 MB - 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 Enable Disable 50<Raid Group List> RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Used Stripe Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity Capacity Depth Disk ---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ----------- ----------- ------- ------------- 0 TPP001_0 RAID1 - CM#0 Available 32.25 GB 0.00 MB - -

シン・プロビジョニングプール #0 の詳細を表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が無効の場

合)。

CLI> show thin-pro-pools -pool-number 0Thin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- ChunkNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB)--- ---------------- ------------ -------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- 0 TPP Nearline SED RAID1 Available 1.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21<Raid Group List> RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Used Stripe Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity Capacity Depth Disk ---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ----------- ----------- ------- ------------- 0 TPP_0 RAID1 - CM#0 Available 32.25 GB 0.00 MB - -

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

258

Page 259: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pools

シン・プロビジョニングプール #0 の詳細を表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が無効、か

つ DX8700 S3/DX8900 S3 の場合)。

CLI> show thin-pro-pools -pool-number 0Thin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- ChunkNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB)--- ---------------- ------------ -------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- 0 TPP Nearline SED RAID1 Available 1.25 GB 0.00 MB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21<Raid Group List> RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Used Stripe Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity Capacity Depth Disk ---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ----------- ----------- ------- ------------- 0 TPP_0 RAID1 - CE#1 CM#0 Available 32.25 GB 0.00 MB - -

シン・プロビジョニングプール #001 の詳細を表示する例です(Deduplication/Compression モード設定が有効の

場合)。

CLI> show thin-pro-pools -pool-number 3Thin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk Dedupli- Compres- DedupNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) cation sion Rate(%)--- ---------------- ------------ ------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- -------- -------- ------- 0 TPP001 Nearline SED RAID1 Available 1.25 GB 0.00 MB - 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 - - 50<Raid Group List> RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Used Stripe Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity Capacity Depth Disk ---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ----------- ----------- ------- ------------- 0 TPP_0 RAID6-FR (3D+2P)x2+1HS CM#0 Partially Exposed Rebuild(Fast) 32.25 GB 0.00 MB 64 KB DE#01-Disk#5

シン・プロビジョニングプール #001 に対して Deduplication/Compression 機能が使用できない例です

(Deduplication/Compression モード設定が有効の場合)。

CLI> show thin-pro-pools -pool-number 3Thin Pro Disk RAID Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk Dedupli- Compres- DedupNo. Name Attribute Level Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) cation sion Rate(%)--- ---------------- ------------ ------- ------------------ ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- -------- -------- ------- 0 TPP001 Nearline SED RAID1 Available 1.25 GB 0.00 MB - 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 - - -<Raid Group List> RAID Group RAID Consist of Assigned Status Total Used Stripe Fast Recovery No. Name Level Fast Recovery CM Capacity Capacity Depth Disk ---- ---------------- -------- -------------- --------- ------------------------------- ----------- ----------- ------- ------------- 0 TPP_0 RAID6-FR (3D+2P)x2+1HS CM#0 Partially Exposed Rebuild(Fast) 32.25 GB 0.00 MB 64 KB DE#01-Disk#5

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

259

Page 260: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pool-progress

show thin-pro-pool-progress

シン・プロビジョニングプールのフォーマットの進捗を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show thin-pro-pool-progress [-pool-number pool_numbers | -pool-name pool_names ]

-pool-number または -pool-name省略可能です。シン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの

構文」(P.32) を参照してください。省略すると、すべてのシン・プロビジョニングプールの進捗リス

トが表示されます。

pool_numbers シン・プロビジョニングプール番号

pool_names シン・プロビジョニングプール名

項目名 意味

Thin Pro シン・プロビジョニングプールの識別子

No シン・プロビジョニングプール番号

Name シン・プロビジョニングプール名

Status シン・プロビジョニングプールのステータス

Format フォーマットの進捗情報

Progress 進捗ステータス(0 - 100%)

Estimated time left フォーマットの推定残り時間

- フォーマット未実施または完了済み

calculating 残り時間計算中

30days or more 推定残り時間≧ 30 日

Xday Yh Zmin 30 日 > 推定残り時間≧ 1 日

Yh Zmin 1 日 > 推定残り時間≧ 1 時間

Zmin 1 時間 > 推定残り時間≧ 1 分

Less than 1min 1 分 > 推定残り時間

Remaining size フォーマットの残り容量

- フォーマット未実施または完了済み

XMB 残り容量(小数点以下は切り上げ)X:10 進数

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

260

Page 261: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show thin-pro-pool-progress

■ 例

すべてのシン・プロビジョニングプールのフォーマットの進捗リストを表示する例です。

CLI> show thin-pro-pool-progressThin Pro Status Format No. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ---------------- ------------------ -------- ------------------- -------------- 0 TPP001 Available 30% 30days or more 134217728MB 1 TPP002 Available 50% calculating 128MB 2 TPP003 Available 80% 01h 00min 64MB

シン・プロビジョニングプール #1 の進捗ステータスのみを表示する例です。

CLI> show thin-pro-pool-progress -pool-number 1Thin Pro Status Format No. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ---------------- ------------------ -------- ------------------- -------------- 0 TPP001 Available 30% 30days or more 134217728MB

シン・プロビジョニングプール TPP001 および TPP002 の進捗ステータスを表示する例です。

CLI> show thin-pro-pool-progress -rg-name TPP001,TPP002Thin Pro Status Format No. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ---------------- ------------------ -------- ------------------- -------------- 0 TPP001 Available 30% 30days or more 134217728MB 1 TPP002 Available 50% calculating 128MB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

261

Page 262: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

create thin-pro-pool

指定したシン・プロビジョニングプール名、ドライブ属性、信頼性、暗号化および RAID グループでシン・プロビ

ジョニングプールを作成します。Deduplication 機能および Compression 機能の有効/無効も設定できます。作成

が完了すると、シン・プロビジョニングプールは自動的にフォーマットされます。ホットスペアを登録する場合は、set global-spare コマンドまたは set dedicated-spare コマンドを参照してください。

■ 構文

■ パラメーター

DX60 S4/DX60 S3 では、暗号化機能を使用できません。

• モデルによって、暗号化機能の対応状況が異なります。

• 本コマンドで作成したシン・プロビジョニングプールを拡張する場合は、expand thin-pro-pool コマンドを使

用します。

create thin-pro-pool -name alias_name -attribute {online | nearline | ssd | sed | online-sed | nearline-sed | ssd-sed} -level {0 | 1 | 5 | 6 | 10 | 6fr} [-warning warning] [-attention attention]-rg-mode {auto | manual} [-capacity capacity] [-disks disks][-assigned-cm {0 | 1 | 00 | 01 | 10 | 11 | 20 | 21 | 30 | 31 | 40 | 41 | 50 | 51 | 60 | 61 | 70 | 71 | 80 | 81 | 90 | 91 | a0 |a1 | b0 | b1 | auto}][-encryption {enable | disable}] [-stripe-depth { 64kb | 128kb | 256kb | 512kb | 1024kb }][-fr-consist {(4D+2P)x2+1HS | (6D+2P)x2+1HS | (8D+2P)x3+1HS | (4D+2P)x5+1HS}] [-fr-mode {less-disks | prior-fr}][-dedup {enable | deduplication-only | compression-only | ready | disable}][-chunk-size {21mb | 42mb | 84mb | 168mb}]

-name シン・プロビジョニングプール名を指定します。指定できる名前は 1 つだけです。指定方法の詳細

は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

alias_name シン・プロビジョニングプール名

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

262

Page 263: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

-attribute シン・プロビジョニングプールのドライブ属性を指定します。

online オンラインディスク

nearline ニアラインディスク

ssd SSD(SSD が搭載可能なモデルでのみサポート)

SSD タイプ(SSD の種別)は指定できません。

sed SED(SED が搭載可能なモデルでのみサポート)

online-sed オンライン SED(オンライン SED が搭載可能なモデルでのみサポート)

nearline-sed ニアライン SED(ニアライン SED が搭載可能なモデルでのみサポート)

ssd-sed 自己暗号化 SSD(自己暗号化 SSD が搭載可能なモデルでのみサポート)

SSD タイプ(SSD の種別)は指定できません。

-level 作成するシン・プロビジョニングプールの RAID レベルを指定します。

0 RAID0

1 RAID1

5 RAID5

6 RAID6

10 RAID1+0

6fr RAID6-FR(Fast Recovery)

-warning 省略可能です。シン・プロビジョニングプールの警告レベルを指定します。設定できる範囲は 5 ~

99% です。省略すると、デフォルト値(90%)が設定されます。警告レベルの範囲は、-attention 設

定の範囲以上にする必要があります。

warning シン・プロビジョニングプールの警告レベル

-attention 省略可能です。シン・プロビジョニングプールの注意レベルを指定します。設定できる範囲は 5 ~

80% です。省略すると、デフォルト値(75%)が設定されます。注意レベルの範囲は、-warning 設

定の範囲以下にする必要があります。

attention シン・プロビジョニングプールの注意レベル

-rg-mode RAID グループを作成するときのドライブの選択方法を指定します。

auto ドライブは自動的に割り当てられます。-capacity パラメーターでドライブ容量の指定が

必要です。

manual ドライブは手動で割り当てます。-disks パラメーターで使用するドライブを指定します。

-capacity 省略可能です。RAID グループを作成するドライブの容量を指定します。-rg-mode に auto を選択し

た場合、指定が必要です。

capacity ドライブ容量

例: 1tb, 900gb, 900mb

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

263

Page 264: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

-disks 省略可能です。RAID グループを構成するドライブを指定します。-rg-mode manual を選択した場合

のみ指定できます。複数のドライブを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの構

文」(P.31) を参照してください。

disks ドライブ

-assigned-cm省略可能です。指定した RAID グループの担当コントローラーを指定します。-rg-mode manual を選

択した場合のみ指定できます。auto を指定すると、システムによって自動計算された、固定のコント

ローラーが設定されます。省略すると、auto モードが選択されます。

0 CM#0(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

1 CM#1(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール(CM)番号です。

例:01 を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値を指定します。

コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

auto 自動(デフォルト)

-encryption 省略可能です。CM による暗号化を行うかどうかを指定します。enable を指定すると、指定したプー

ルボリュームのデータが暗号化されます。省略すると、disable が設定されます。

enable プールボリュームのデータが暗号化されます。

disable プールボリュームのデータは暗号化されません。

-stripe-depth省略可能です。作成するシン・プロビジョニングプールの Stripe Depth を指定します。省略すると

64kb を選択したものとして処理されます。RAID レベルやドライブ数により指定できる値が異なりま

す。-rg-mode に auto を指定した場合は 64kb 以外指定できません。

RAID レベルごとの指定できる値は以下のとおりです。

RAID レベル 設定可能な Stripe Depth

RAID1 -

RAID1+0、RAID0 64KB、128KB、256KB、512KB、1,024KB

RAID5(2+1) ~ RAID5(4+1) 64KB、128KB、256KB、512KB

RAID5(5+1) ~ RAID5(8+1) 64KB、128KB、256KB

RAID5(12+1) 64KB、128KB

RAID6 64KB

RAID6-FR 64KB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

264

Page 265: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

-fr-consist Fast Recovery のドライブ構成を指定します。-level で 6fr を指定し、かつ -rg-mode で manual を指

定した場合、必ず指定してください。

(4D+2P)x2+1HS RAID6(4+2)×2、HS×1(13 ドライブ構成)

(6D+2P)x2+1HS RAID6(6+2)×2、HS×1(17 ドライブ構成)

(8D+2P)x3+1HS RAID6(8+2)×3、HS×1(31 ドライブ構成)

(4D+2P)x5+1HS RAID6(4+2)×5、HS×1(31 ドライブ構成)

-fr-mode Fast Recovery RAID グループの構成を装置で決定するために指定します。

-level で 6fr を指定し、かつ -rg-mode で auto を指定した場合、必ず指定してください。

less-disks ドライブの数を少なくすることを優先します。

prior-fr Fast Recovery のリビルド速度を優先します。

-dedup 省略可能です。シン・プロビジョニングプールに対して Deduplication/Compression 設定を有効にす

る場合に指定します。省略すると、シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設

定は無効になります。

Deduplication/Compression モード設定が有効の場合のみ指定できます。

シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を有効にすると、作成したシン・

プロビジョニングプールに Deduplication/Compression システムボリューム(DEDUP_SYS ボリュー

ムおよび Dedup_MAP ボリューム)が作成され、Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)を作成できる状態になります。Deduplication/Compression 設定の詳細は、「3.4 重複排除/圧縮」(P.280) を参照してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

265

Page 266: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

• -rg-mode auto パラメーターを指定した場合、本パラメーターで -enable、-deduplication-only、-compression-only、または -disable を指定できます。

- -rg-mode auto パラメーターを指定し、本パラメーターで -disable を指定した場合、シン・

プロビジョニングプールを構成する RAID グループ数は 1 個になります。

- -rg-mode auto パラメーターを指定し、本パラメーターで -enable、-deduplication-only、ま

たは -compression-only を指定した場合、シン・プロビジョニングプールを構成する RAIDグループ数は 2 個以上になります。2 個以上の RAID グループを作成できない場合、 推奨構

成にならないため、エラーになります。

• -rg-mode manual パラメーターを指定した場合、本パラメーターで -ready または -disable を指

定できます。また、シン・プロビジョニングプールを構成する RAID グループ数は 1 個になり

ます。RAID グループが 1 個の場合でも以下の手順で Deduplication/Compression 設定を有効に

できますが、性能劣化のおそれがあるため推奨しません。-rg-mode manual パラメーターを指定した場合、本コマンドの実行のみで Deduplication/Compression 設定が有効なシン・プロビジョニングプールは作成されません。有効化するには、

以下の手順が必要です。

1 create thin-pro-pool -rg-mode manual -dedup ready コマンドを実行する。

2 expand thin-pro-pool コマンドで、シン・プロビジョニングプールの RAID グループを 2個以上に変更する(推奨構成への設定変更)。

3 set thin-pro-pool コマンドの -dedup パラメーターで、enable、deduplication-only、ま

たは compression-only を指定し、シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を有効にする。

enable Deduplication/Compression 設定が有効のチャンクサイズが 21MB のシン・

プロビジョニングプールを作成します。

deduplication-only Deduplication 設定が有効のチャンクサイズが 21MB のシン・プロビジョニ

ングプールを作成します。

compression-only Compression 設定が有効のチャンクサイズが 21MB のシン・プロビジョニ

ングプールを作成します。

ready Deduplication/Compression 機能を使用するためのチャンクサイズが 21MBのシン・プロビジョニングプールを作成します。

disable Deduplication/Compression 設定が無効のシン・プロビジョニングプールを

作成します。

-chunk-size省略可能です。作成するシン・プロビジョニングプールのチャンクサイズを指定します。通常、本パラメーターを指定する必要はありません。省略すると、設定値は以下のとおりです。

• -dedup パラメーターが enable、deduplication-only、compression-only、または ready の場合

21mb(21MB)が設定されます。

• -dedup パラメーターが disable、または -dedup パラメーターを省略した場合

装置の現在のデフォルトのチャンクサイズが設定されます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

266

Page 267: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > create thin-pro-pool

■ 例

21mb チャンクサイズが 21MB のシン・プロビジョニングプールを作成します。

42mb チャンクサイズが 42MB のシン・プロビジョニングプールを作成します。

84mb チャンクサイズが 84MB のシン・プロビジョニングプールを作成します。

168mb チャンクサイズが 168MB のシン・プロビジョニングプールを作成します。

4 つのオンラインディスク(#003 ~ #006)を使用するシン・プロビジョニングプール TPP001 を作成する例です。

CLI> create thin-pro-pool -name TPP001 -attribute online -encryption enable -level 10 -warning 90 -attention 80 -rg-mode manual -disks 003-006 -assigned-cm 0

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

267

Page 268: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set thin-pro-pool

set thin-pro-pool

既存のシン・プロビジョニングプールの情報(名前、警告レベル、注意レベル、Deduplication/Compression 設定)

を変更します。

■ 構文

■ パラメーター

set thin-pro-pool {-pool-number pool_number | -pool-name pool_name } [-name name] [-warning warning] [-attention attention] [-dedup {enable | deduplication-only | compression-only | disable}]

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。指定できるシン・プロビジョニングプール識別子は 1 つだけです。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-name 省略可能です。新しいシン・プロビジョニングプールの名前を指定します。省略すると、名前は変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.6 エイリアス名の構文」(P.31) を参照してください。

name シン・プロビジョニングプール名

-warning 省略可能です。シン・プロビジョニングプールの警告レベルを指定します。設定できる範囲は 5 ~

99% です。省略すると、警告レベルは変更されません。警告レベルの範囲は、-attention 設定の範囲

以上にする必要があります。

warning シン・プロビジョニングプールの警告レベル

-attention 省略可能です。シン・プロビジョニングプールの注意レベルを指定します。設定できる範囲は 5 ~

80% です。省略すると、注意レベルは変更されません。注意レベルの範囲は、-warning 設定の範囲

以下にする必要があります。

attention シン・プロビジョニングプールの注意レベル

-dedup 省略可能です。シン・プロビジョニングプールの Deduplication、Compression、またはその両方の設

定を有効にするかどうかを指定します。省略した場合、シン・プロビジョニングプールの現在の設定は変更されません。

Deduplication/Compression モード設定が有効の場合のみ指定できます。

シン・プロビジョニングプールに Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)が存在する場

合、シン・プロビジョニングプールのDeduplication/Compression設定を無効にすることはできません。

すでに Deduplication/Compression 設定が有効の場合、無効以外の設定変更はできません。

シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を有効にすると、指定したシン・

プロビジョニングプールに Deduplication/Compression システムボリューム(DEDUP_SYS ボリュー

ムおよび DEDUP_MAP ボリューム)が作成され、Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)を作成できる状態になります。

Deduplication/Compression 設定の詳細は、「3.4 重複排除/圧縮」(P.280) を参照してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

268

Page 269: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set thin-pro-pool

■ 例

• シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を有効にするには、シン・プ

ロビジョニングプール内に 4GB 以上の空き容量が必要です。

• 装置に対して I/O 負荷がある状態では、設定が反映されるまでに時間がかかることがあります。

enable シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を有効に

します。

deduplication-only シン・プロビジョニングプールの Deduplication 設定を有効にします。

compression-only シン・プロビジョニングプールの Compression 設定を有効にします。

disable シン・プロビジョニングプールの Deduplication/Compression 設定を無効に

します。

シン・プロビジョニングプールの名前を TPP0001 から TPP0010 に変更する例です。

CLI> set thin-pro-pool -pool-name TPP0001 -name TPP0010

シン・プロビジョニングプール #02 の注意閾値を 60% に、警告閾値を 80% に変更する例です。

CLI> set thin-pro-pool -pool-number 02 -attention 60 -warning 80

シン・プロビジョニングプール #02 の Deduplication/Compression 設定を有効にする例です。

CLI> set thin-pro-pool –pool-number 02 -dedup enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

269

Page 270: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > delete thin-pro-pool

delete thin-pro-pool

既存のシン・プロビジョニングプールを削除します。シン・プロビジョニングプール内にボリュームが存在する場合、シン・プロビジョニングプールは削除できません。指定したシン・プロビジョニングプールを削除する前に、そのシン・プロビジョニングプール内のすべてのボリュームを削除する必要があります。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

delete thin-pro-pool {-pool-number pool_numbers | -pool-name pool_names }

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照し

てください。

pool_numbers シン・プロビジョニングプール番号

pool_names シン・プロビジョニングプール名

シン・プロビジョニングプール #01 を削除する例です。

CLI> delete thin-pro-pool -pool-number 01

シン・プロビジョニングプール TPP05 を削除する例です。

CLI> delete thin-pro-pool -pool-name TPP05

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

270

Page 271: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > expand thin-pro-pool

expand thin-pro-pool

指定したドライブと担当 CM で既存のシン・プロビジョニングプールの容量を拡張します。シン・プロビジョニン

グプールは、新しい RAID グループを追加することによって拡張できます。

■ 構文

■ パラメーター

expand thin-pro-pool {-pool-number pool_number | -pool-name pool_name } -rg-mode {auto | manual}[-disks disks] [-capacity capacity] [-assigned-cm {0 | 1 | 00 | 01 | 10 | 11 | 20 | 21 | 30 | 31 | 40 | 41 | 50 | 51 | 60 | 61 | 70 | 71 | 80 | 81 | 90 | 91 | a0 |a1 | b0 | b1 | auto}]

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。 指定できるシン・プロビジョニングプール識別子は 1 つだけです。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・

プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-rg-mode 新しい RAID グループを作成するときのドライブの選択方法を指定します。

auto ドライブは自動的に割り当てられます。ドライブの容量は -capacity パラメーターで指定

します。

manual ドライブは手動で割り当てます。ドライブは -disks パラメーターで指定します。

-disks 省略可能です。RAID グループを構成するドライブを指定します。-rg-mode に manual を選択した場

合のみ指定できます。複数のドライブを同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.5 ドライブの

構文」(P.31) を参照してください。このパラメーターを指定する場合、-capacity は指定できません。

disks ドライブ

-capacity 省略可能です。RAID グループが作成されるドライブの合計容量を指定します。-rg-mode に auto を

選択した場合のみ指定できます。容量に対応するドライブが自動的に設定されます。このパラメーターを指定する場合、-disks は指定できません。

capacity ドライブの合計容量

例: 1tb, 900gb, 900mb

-assigned-cm省略可能です。RAID グループの担当コントローラーモジュール(CM 番号)を指定します。-rg-modeに manual を指定した場合のみ指定できます。auto を指定すると、システムによって自動計算された、

固定のコントローラーが設定されます。省略すると、auto モードが設定されます。

0 CM#0(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

1 CM#1(DX60 S4/DX100 S4/DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX60 S3/DX100 S3/DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、DX8100 S3、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650、および DX200F のみ)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

271

Page 272: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > expand thin-pro-pool

■ 例

wx CE#w-CM#x(DX8700 S3/DX8900 S3 のみ)

w はコントローラーエンクロージャ(CE)番号、x はコントローラーモジュール(CM)番号です。

例:01 を指定した場合は、CE#0-CM#1 です。

コントローラーエンクロージャの番号には、0 ~ b(16 進数)の範囲で値を指定します。

コントローラーモジュールの番号には、0 または 1 を指定します。

auto 自動(デフォルト)

RAID グループ(ドライブ 001 ~ 004/CM#0)を追加することによってシン・プロビジョニングプール #01 を拡張

する例です。

CLI> expand thin-pro-pool -pool-number 01 -disks 001-004 -assigned-cm 0

RAIDグループ(容量900GB/CM#1)を追加することによってシン・プロビジョニングプール#02を拡張する例です。

CLI> expand thin-pro-pool -pool-number 02 -capacity 900gb -assigned-cm 1

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

272

Page 273: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > format thin-pro-pool

format thin-pro-pool

シン・プロビジョニングプールをフォーマットします。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

format thin-pro-pool {-pool-number pool_number | -pool-name pool_name } -mode {all | unformatted}

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を同時に指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。

pool_number シン・プロビジョニングプール番号

pool_name シン・プロビジョニングプール名

-mode フォーマットの範囲を指定します。

all すべての領域がフォーマットされます(すべてのデータが削除されます)。

unformatted 未フォーマットの領域がフォーマットされます。未フォーマットの領域がない場

合、コマンドは通常どおり終了します(処理は不要です)。

すべての領域をフォーマットするために -mode all を指定すると、すべてのデータが削除されます。

通常は -mode unformatted パラメーターを使用して未フォーマットの領域のみをフォーマットしま

す。

シン・プロビジョニングプール #01 のすべての領域をフォーマットする例です。

CLI> format thin-pro-pool -pool-number 01 -mode all

シン・プロビジョニングプール TPP05 の未フォーマット領域をフォーマットする例です。

CLI> format thin-pro-pool -pool-name TPP05 -mode unformatted

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

273

Page 274: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

3.3.2 シン・プロビジョニングプールのエコモード管理

本項では、シン・プロビジョニングプールのエコモード機能に関連するコマンドについて説明します。これらの機能は、set eco-mode コマンドを使用してエコモードを有効にしている場合に使用できます。

エコモード機能を有効にするには、以下の手順を実行します。

1 エコモードを有効にします。

2 エコモードスケジュールを作成します。

3 エコモードスケジュールをシン・プロビジョニングプールに割り当てます。

エコモードおよびエコモードスケジュールの設定の詳細は、「3.1.3 エコモード管理」(P.127) を参照してください。

■ シン・プロビジョニングプールエコモード設定の概要

エコモードのシン・プロビジョニングプール(TPP)の設定手順は以下のとおりです。

1 エコモードを TPP に割り当てます。

set eco-thin-pro-pool コマンドを使用してエコモードスケジュールを TPP に割り当てます。

show eco-thin-pro-pool コマンドを使用して、エコモードスケジュールを確認します。また、release eco-thin-pro-pool コマンドを使用すると、TPP に割り当てたエコモードスケジュールを解除することができます。

本項に記載されているコマンドは、AF250 S2/AF650 S2、AF250/AF650 および DX200F ではサポートしていま

せん。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

274

Page 275: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理

シン・プロビジョニングプールのエコモード設定の概要を以下の図に示します。

図 3.2 シン・プロビジョニングプールのエコモード設定の概要

release eco-thin-pro-pool

TPP (Thin Provisioning Pool)

eco schedule

every-day10:00 - 20:00

set eco-thin-pro-pool

create eco-schedule

show eco-thin-pro-pool

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

275

Page 276: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > show eco-thin-pro-pool

show eco-thin-pro-pool

シン・プロビジョニングプールに関連付けられたエコモードスケジュールの一覧を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show eco-thin-pro-pool

項目名 意味

Thin Pro シン・プロビジョニングプールの識別子

No. シン・プロビジョニングプール番号

Name シン・プロビジョニングプール名

Disk attribute シン・プロビジョニングプールを作成するドライブ属性(Online / Nearline / Online SED / Nearline SED)

RAID Level RAID レベル

Status シン・プロビジョニングプールのステータス

ECO Schedule エコモードスケジュール

Action エコモードスケジュールのアクションエコモードスケジュールが関連付けられているかどうかを表す。

No. エコモードスケジュール番号(エコモードソフト連携によるスケジュールの場合は、[128] が表示される)

Name エコモードスケジュール名(エコモードソフト連携によるスケジュールの場合は、[External] が表示される)

Motor Status ドライブモーターの現在のステータス

Control Status 制御コマンドによる抑制ステータス

エコモードスケジュールが関連付けられたすべてのシン・プロビジョニングプールのリストを表示する例です。

CLI> show eco-thin-pro-pool Thin Pro Disk RAID Status ECO Schedule Motor ControlNo. Name attribute Level Action No. Name Status Status --- ---------------- ------------ -------- ------------------ --------------- --- ---------------- ------------------- ------- 0 TPP Nearline RAID1 Available Drive motor off 0 hoge Active [OFF]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

276

Page 277: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set eco-thin-pro-pool

set eco-thin-pro-pool

指定したシン・プロビジョニングプールにエコモードスケジュールを関連付けます。エコモードスケジュールを登録する場合は、create eco-schedule コマンドを参照してください。SSD を含むシン・プロビジョニングプールに

はエコモードは関連付けられません。

■ 構文

■ パラメーター

set eco-thin-pro-pool {-pool-number pool_numbers | -pool-name pool_names }[-schedule-number schedule_number | -schedule-name schedule_name]-action {enable | power-enable | disable}

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を同時に指定できます。ボリュームを含まないシン・プロビジョニングプールは指定できません。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照してください。

pool_numbers シン・プロビジョニングプール番号

pool_names シン・プロビジョニングプール名

-schedule-number または -schedule-name省略可能です。エコモードスケジュールの識別子を指定します。指定できるエコモードスケジュール識別子は 1 つだけです。

省略すると、このパラメーターは変更されません。指定方法の詳細は、「1.2.18 エコモードスケジュー

ルの構文」(P.43) を参照してください。

schedule_number エコモードスケジュール番号

schedule_name エコモードスケジュール名

-action エコモード機能を有効にするかどうかを指定します。

enable モーターを停止します(エコモード動作を有効にし、指定スケジュール以外の時

間帯はドライブのモーターを停止します)。

power-enable ドライブ電源を切断します(エコモード動作を有効にし、指定スケジュール以外

の時間帯はドライブ電源を切断します)。

disable 常時稼働します(エコモード動作を無効とし、指定スケジュールにかかわらず、常

時ドライブを稼働します)。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

277

Page 278: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > set eco-thin-pro-pool

■ 例

エコモードスケジュール SC001 をシン・プロビジョニングプール #01 に関連付ける例です。

CLI> set eco-thin-pro-pool -pool-number 01 -schedule-name SC001 -action enable

エコモードスケジュール SC001 をシン・プロビジョニングプール #01 ~ #05 に同時に関連付ける例です。

CLI> set eco-thin-pro-pool -pool-number 01-05 -schedule-name SC001 -action enable

シン・プロビジョニングプール の TPP01 のエコモード機能を無効にする例です。

CLI> set eco-thin-pro-pool -pool-name TPP01 -action disable

エコモードスケジュール #1 をシン・プロビジョニングプール の TPP001 に関連付ける例です。2 つめのコマンド

はエコモードスケジュール #2 を同じシン・プロビジョニングプールに関連付けます。この結果、エコモードスケ

ジュール #1 は解除されます。

CLI> set eco-thin-pro-pool -pool-name TPP001 -schedule-number 1 -action enableCLI> set eco-thin-pro-pool -pool-name TPP001 -schedule-number 2 -action enable

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

278

Page 279: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.3 シン・プロビジョニングプール管理 > release eco-thin-pro-pool

release eco-thin-pro-pool

特定のシン・プロビジョニングプールに関連付けられたエコモードスケジュールを解除します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

release eco-thin-pro-pool {-pool-number pool_numbers | -pool-name pool_names }

-pool-number または -pool-nameシン・プロビジョニングプールの識別子を指定します。複数のシン・プロビジョニングプール識別子を指定できます。指定方法の詳細は、「1.2.7 シン・プロビジョニングプールの構文」(P.32) を参照し

てください。

pool_numbers シン・プロビジョニングプール番号

pool_names シン・プロビジョニングプール名

シン・プロビジョニングプール TPP001 に関連付けられたエコモードスケジュールを解除する例です。

CLI>release eco-thin-pro-pool -pool-name TPP01

シン・プロビジョニングプール #01 ~ #05 に関連付けられたエコモードスケジュールを同時に解除する例です。

CLI>release eco-thin-pro-pool -pool-number 01-05

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

279

Page 280: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

3.4 重複排除/圧縮

本節では、Deduplication/Compression(重複排除/圧縮)機能の設定について説明します。

Deduplication/Compression 機能は、TPP 内で重複するデータの排除または圧縮、またはその両方を行う機能です。

TPP ごとに重複排除、圧縮それぞれの有効、無効を個別に設定することができます。

Deduplication/Compression 機能を使用するには、装置および TPP に対して、Deduplication/Compression 機能を有

効にし、TPP 内に Deduplication/Compression 対象シン・プロビジョニングボリューム(Deduplication/Compressionボリューム)を作成しておく必要があります。設定手順の詳細は、「Deduplication/Compression 機能の設定」(P.283) を参照してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

280

Page 281: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

• 本機能は、DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX200 S3、DX500 S3/DX600 S3、AF250 S2/AF650 S2、お

よび AF250/AF650 でサポートしています。ただし、ユニファイドストレージでは、サポートしていません。

ユニファイドストレージの NAS 運用ボリューム (nas-tpv)と SAN 用のボリューム(TPV)の両方で、重

複排除/圧縮を行えません。

• DX200 S4、DX500 S4/DX600 S4、DX200 S3、および DX500 S3/DX600 S3 で Deduplication/Compression機能を使用する場合は、「機能拡張メモリ」が必要です。機種によっては「機能拡張メモリ」が出荷時に搭載されています。

• 装置の Deduplication/Compression モード設定を有効から無効に変更する場合、装置の電源切断/再起動が

必要です。無効から有効に変更する場合、装置の電源切断/再起動は不要です。

• Deduplication/Compression モード設定を無効にするには、保守作業権限が必要です。

• サーバからの I/O と同期してデータの重複排除/圧縮を行います。I/O 環境によっては、Deduplication/Compression 機能を有効にした場合、性能が低下することがあります。

• I/O の負荷が高い場合は、1 TPP ずつ Deduplication/Compression 機能の設定を変更することを推奨します。

• CM 故障時や活性ファームウェア交換時に、容量削減率が一時的に低下する可能性があります。

• TPP 内に Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)が存在する場合、Deduplication/Compressionモード設定を無効にすることはできません。

• Deduplication/Compression 機能の仕様については、各モデルの『方式設計ガイド(基本編)』を参照してく

ださい。

• TPV ごとに Deduplication/Compression 機能を有効にするかどうかを指定します。ただし、NAS ボリューム

は対象外です。1 つの TPP 内で Deduplication/Compression 機能を有効にした TPV(Deduplication/Compression ボリューム)と無効にした TPV を混在させることができます。

• 重複チェックは、同一 TPP 内にあるすべての Deduplication/Compression ボリュームに対して行います。異

なる TPP 内の Deduplication/Compression ボリュームに対して重複チェックは行いません。

• 既存のボリュームに対して Deduplication/Compression 機能を有効にしたい場合は、RAID マイグレーション

機能を使用します。また、Deduplication/Compression ボリュームを既存のボリュームに変換する場合も

RAID マイグレーション機能を使用します。

• コピー元が Deduplication/Compression ボリュームの場合、データを伸長してからコピー処理を実施します。

コピー先が Deduplication/Compression ボリュームの場合、コピー元から転送されたデータに対して重複排

除を実施します。そのため、コピー性能に影響があります。

• ローカルコピーを行う場合、コピー元 Deduplication/Compression ボリュームとコピー先 Deduplication/Compression ボリュームは、異なる TPP 内の Deduplication/Compression ボリュームを指定することを推奨

します。

• リモートコピーを行うと、コピー先筐体には重複排除/圧縮されていないデータが送信されます。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

281

Page 282: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

以下に、Deduplication/Compression 機能で使用するボリュームを示します。

• Deduplication/Compression ボリューム

サーバから認識される仮想的なボリューム

• データ格納領域(DEDUP_SYS ボリューム)

重複排除/圧縮されたデータが格納される領域。データのほかに更新ログ(ジャーナル)情報などの制御情報が格納される。

• マッピングテーブル(DEDUP_MAP ボリューム)

サーバから認識できる論理データと、TPP に格納される重複/圧縮データをマッピングするためのテーブル

Deduplication/Compression 機能に関連するボリュームで使用するコマンドは以下のとおりです。

○:使用可能、×:使用不可

機能 使用するコマンド

Deduplication/Compression ボリューム

DEDUP_SYSボリューム

DEDUP_MAPボリューム

作成 create volume ○ 自動作成 自動作成

削除delete volume

delete all-volumes ○ 自動削除 自動削除

表示 show volumes ○ ○ ○

名前変更 set volume ○ × ×

フォーマット format volume ○ ○

○DEDUP_SYS と同

時にフォーマット

エコモード(プール指定)

set eco-thin-pro-pool × × ×

TPV 容量拡張 expand volume ○ ○ ×

ボリュームの各種設定変更

set volume-parameters × × ×

RAID マイグレーショ

ンstart migration ○ × ×

平準化 start balancing-thin-pro-volume × × ×

TPV / FTV 容量 適化 start zero-reclamation × ○ ○

アドバンスト・コピー機能(ローカルコピー)

start advanced-copy(source volume)

○ × ×

性能情報取得 show performance ○ × ×

QoS set volume-qos ○ × ×

ODX バッファー

ボリューム作成create odx-buffer-volume × × ×

Extreme Cachecreate volumeset volume-exc

× ○ ○

Extreme Cache Poolcreate volumeset volume-exc

× ○ ○

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

282

Page 283: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

■ Deduplication/Compression 機能の設定

Deduplication/Compression 機能の設定手順は以下のとおりです。

シン・プロビジョニングプールの操作については、「3.3 シン・プロビジョニングプール管理」(P.248) を参照して

ください。

1 装置の Deduplication/Compression モードの設定

Deduplication/Compression 機能を使用するには、あらかじめ装置の Deduplication/Compression モード設定

を有効にする必要があります。set dedup-mode コマンドを使用して Deduplication/Compression モード設定を有効にします。show dedup-mode コマンドを使用して確認します。

2 シン・プロビジョニング設定

TPP を作成する前に、シン・プロビジョニング機能を有効にする必要があります。

set thin-provisioning コマンドを使用してシン・プロビジョニング機能を有効にします。show thin-provisioningコマンドを使用して確認します。

3 TPP の作成と Deduplication/Compression 設定

TPP に Deduplication/Compression を設定する方法には、以下の 2 種類があります。

• TPP 作成時に、Deduplication/Compression 設定を行う(推奨)。

• TPP 作成後に、Deduplication/Compression 設定を行う。

● TPP 作成時に、Deduplication/Compression 設定を行う場合(推奨)

1 create thin-pro-pool コマンドの -rg-mode auto -dedup {enable | deduplication-only | compression-only} パラメーターを使用して、Deduplication/Compression 設定が有効な TPP を作成します。

担当 CM を分散させるため、TPP あたり 2 個以上の RAID グループの作成します。2 個以上の RAIDグループを作成できない場合はエラー終了します。

2 show thin-pro-pools コマンドを使用して TPP の状態を確認します。

● TPP 作成後に、Deduplication/Compression 設定を行う場合

1 create thin-pro-pool コマンドの -rg-mode manual -dedup ready パラメーターを使用して TPP を作

成します。この時点では、プールを構成する RAID グループ数は 1 個となります。

担当 CM を分散させるため、expand thin-pro-pool コマンドを使用して TPP あたり 2 個以上の RAIDグループの作成を推奨します。

装置に作成可能なプールの 大容量(-max-pool-capacity)は、装置あたりの 大値を設定します。この

大容量には、手順 3 の Deduplication/Compression システムボリューム(DEDUP_SYS ボリュームお

よび DEDUP_MAP ボリューム)が含まれます。Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)は

含まれません。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

283

Page 284: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

2 set thin-pro-pool コマンドの -dedup {enable | deduplication-only | compression-only} パラメーター

を使用して、Deduplication/Compression 設定を有効にします。

3 show thin-pro-pools コマンドを使用して TPP の状態を確認します。

4 DEDUP_SYS ボリュームの容量拡張

Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)を作成する前に、必要に応じて DEDUP_SYS ボリュー

ムの容量を拡張します。DEDUP_SYS ボリュームは 128TB まで容量拡張可能です。

expand volume コマンドを使用して DEDUP_SYS ボリューム領域を拡張します。show volumes コマンドを

使用して確認します。

5 Deduplication/Compression ボリューム(dedup-tpv)の作成

手順 3 で Deduplication/Compression 設定を有効にした TPP に、Deduplication/Compression ボリューム

(dedup-tpv)を作成します。

create volume コマンドの -type dedup-tpv パラメーターを使用して、Deduplication/Compression ボリューム

(dedup-tpv)を作成します。show volumes コマンドを使用して確認します。詳細は、Usage Details に表示

されます。なお、set volume コマンドでは Deduplication/Compression 設定の有効/無効は変更できません。

Block Dedup:Deduplication/Compression ボリューム

Dedup System:DEDUP_SYS ボリューム

Dedup Map:DEDUP_MAP ボリューム

• 担当 CM を分散させるため、TPP あたり 2 個以上の RAID グループの作成を推奨します。

• Deduplication/Compression 設定を有効にした TPP 内に Deduplication/Compression システムボ

リュームが自動的に作成されます。Deduplication/Compression システムボリュームとは、DEDUP_SYS ボリュームおよび DEDUP_MAP ボリュームの総称です。

- $DEDUP_SYSDEDUP_SYS ボリュームが 1 個作成されます。

- $DEDUP_MAPDEDUP_MAP ボリュームが 2 個(TPP 内に RAID グループが 1 個の場合は 1 個)作成されます。

• set thin-pro-pool コマンドの -dedup パラメーターで Deduplication/Compression 設定を無効に変更し

た場合、対象 TPP 内の Deduplication/Compression システムボリュームは削除されます。

• DEDUP_SYS ボリュームおよび DEDUP_MAP ボリュームの容量、Deduplication/Compression 設定可

能な 大 TPP 数については、「Deduplication/Compression 機能の仕様」(P.285) を参照してください。

DEDUP_SYS ボリュームの 大容量(128TB)に相当する Deduplication/Compression ボリュームの容量

が超えないように TPP 内の Deduplication/Compression ボリュームを RAID マイグレーションにより、

Deduplication/Compression 無効ボリュームまたは別の TPP へ移動してください。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

284

Page 285: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.4 重複排除/圧縮

■ 既存ボリュームを Deduplication/Compression ボリュームに変更

Deduplication/Compression 機能の非対象ボリューム(TPV)を対象ボリューム(Deduplication/Compression ボ

リューム(dedup-tpv))に変更できます。また、対象ボリューム(dedup-tpv)を非対象ボリューム(TPV)に変更

することもできます。start migration コマンドの -dedup パラメーターを使用して、Deduplication/Compression 機能の対象ボリューム

(dedup-tpv)に変更します。

■ Deduplication/Compression 機能の仕様

以下に、Deduplication/Compression 機能の仕様を示します。

*1: Deduplication/Compression 機能の効果が見積もれない場合、DEDUP_SYS ボリュームの論理容量未満にすることを推奨

します。Deduplication/Compression 機能の効果が見積もれる場合、TPP に作成する RAID グループ数によって、作成できる

Deduplication/Compression ボリュームの論理容量の合計が異なります。

• TPP が 2RAID グループ以上の構成の場合、DEDUP_SYS ボリュームの論理容量の 大 10 倍以下にする。

• TPP が 1RAID グループの場合、DEDUP_SYS ボリュームの論理容量の 大 5 倍以下にする。

*2: DEDUP_MAP ボリュームは、TPP 内に RAID グループが 1 つの場合は 1 個、RAID グループが 2 つ以上の場合は 2 個です。

モデル名

DX200 S4、DX200 S3、

AF250 S2、AF250

DX500 S4、DX500 S3

DX600 S4、DX600 S3、

AF650 S2、AF650

重複排除/圧縮 設定可能 TPP 数 4 4 8

シン・プロビジョニング 大容量 256TB 384TB 1,024TB

重複排除/圧縮対象にできる 大論理容量(プールあたり)

(*1)

DEDUP_SYS ボリュームの

論理容量(プールあたり)

初期状態 8TB

大 128TB

DEDUP_MAP ボリュームの

論理容量

ボリュームあたり 5,641,339MB(固定)

プールあたり 5.38TB x DEDUP_MAP ボリューム数(*2)

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

285

Page 286: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理

3.5 Flexible Tier の管理

本節では、Flexible Tier 機能に関連するコマンドについて説明します。

Flexible Tier の制御機能は以下のとおりです。

• FTRP の削除

• 既存の FTSP の変更

• FTRP に登録されている RAID グループの削除

• FTRPE マイグレーションの確認(マイグレーション未完了)

• Flexible Tier Pool の平準化の確認

• Flexible Tier Pool の平準化の開始(FTRP 指定)

• Flexible Tier Pool の平準化の停止

3.5.1 Flexible Tier Pool

本項では、Flexible Tier Pool(FTRP)の管理に関連するコマンドについて説明します。

• FTRP の削除

• 既存の FTSP の変更

Flexible Tier Volume(FTV)の管理については、「3.2.2 Flexible Tier Volume」(P.204) を参照してください。

本節に記載されているコマンドは、DX60 S4/DX60 S3 ではサポートしていません。

Flexible Tier(ストレージ自動階層化)の操作は、ETERNUS SF Storage Cruiser で行ってください。

ストレージ自動階層化の運用については、『ETERNUS SF Storage Cruiser 運用ガイド Optimization 機能編』を

参照してください。CLI で Flexible Tier を設定(変更/削除)した場合は、ETERNUS SF Storage Cruiser から状態更新の操作が必

要です。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

286

Page 287: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-mode

show flexible-tier-mode

Flexible Tier 機能の設定状況を表示します。

■ 構文

■ パラメーター

なし。

■ 出力

■ 例

show flexible-tier-mode

項目名 意味

Flexible Tier Mode Flexible Tier 機能が有効かどうかを示す(Enable/Disable)

Flexible Tier 機能の設定状況を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-modeFlexible Tier Mode [Disable]

CLI> show flexible-tier-modeFlexible Tier Mode [Enable]

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

287

Page 288: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pools

show flexible-tier-pools

登録されている Flexible Tier Pool(FTRP)の一覧や、指定した FTRP の詳細情報を表示します。FTRP 番号や FTRP名を入力した場合は、入力された FTRP の情報とその内部に登録された Flexible Tier Sub Pool(FTSP)の情報が

表示されます。FTRP 番号や FTRP 名を省略した場合は、登録されている FTRP の一覧が表示されます。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

• パラメーターを省略した場合

show flexible-tier-pools [-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name ]

-ftrp-number または -ftrp-name省略可能です。表示する FTRP の識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。

省略すると、装置に登録されているすべての FTRP が一覧で表示されます。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

項目名 意味

Flexible Tier Pool FTRP の識別子

No. FTRP 番号

Name FTRP 名

Status FTRP のステータス

Total Capacity FTRP の合計容量

Provisioned Capacity FTRP のプロビジョニング容量(FTRP に属する FTV の総論理容量)

Provisioned Rate FTRP のプロビジョニング率(FTRP に属する FTV の総論理容量と FTRP の総容量の比率

(%))

Used Capacity FTRP の使用済み容量

Used Status アラームのステータス(Normal / Warning / Attention)

Warning(%) 警告レベルの範囲

Attention(%) 注意レベルの範囲

Encryption 暗号化のステータス(Enable / Disable)

Chunk Size FTRP のチャンクサイズ

ホストからの Write I/O を受け付けた時点で、FTRP に作成した論理ボリュームに割り当て

る物理ボリューム容量の単位。FTRP を作成するとき、装置の 大プール容量に応じたチャ

ンクサイズが決定される。

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

288

Page 289: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pools

Shrinking FTRP の RAID 減設の実行状況

Executing FTRP の RAID 減設中

Error FTRP の RAID 減設に失敗

Error の場合、stop shrinking-flexible-tier-pool コマンドで FTRP の RAID 減設処理を停止さ

せる。

- FTRP の RAID 減設中ではない

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

289

Page 290: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pools

• パラメーターを指定した場合

項目名 意味

Flexible Tier Pool FTRP の識別子

No. FTRP 番号

Name FTRP 名

Status FTRP のステータス

Total Capacity FTRP の合計容量

Provisioned Capacity FTRP のプロビジョニング容量(FTRP に属する FTV の総論理容量)

Provisioned Rate FTRP のプロビジョニング率(FTRP に属する FTV の総論理容量と FTRP の総容量の比率

(%))

Used Capacity FTRP の使用済み容量

Used Status アラームのステータス(Normal / Warning / Attention)

Warning(%) 警告レベルの範囲

Attention(%) 注意レベルの範囲

Encryption 暗号化のステータス(Enable / Disable)

Chunk Size FTRP のチャンクサイズ

ホストからの Write I/O を受け付けた時点で、FTRP に作成した論理ボリュームに割り当て

る物理ボリューム容量の単位。FTRP を作成するとき、装置の 大プール容量に応じたチャ

ンクサイズが決定される。

Shrinking FTRP の RAID 減設の実行状況

Executing FTRP の RAID 減設中

Error FTRP の RAID 減設に失敗

Error の場合、stop shrinking-flexible-tier-pool コマンドで FTRP の RAID 減設処理を停止さ

せる。

- FTRP の RAID 減設中ではない

Flexible Tier Sub Pool FTSP の識別子

No. FTSP 番号

Name FTSP 名

Disk Attribute FTSP を作成するドライブ属性

(Online / Nearline / SSD / Online SED / Nearline SED / SSD SED)

RAID Level FTSP を作成する RAID レベル

Status FTSP のステータス

Total Capacity FTSP の合計容量

Used Capacity FTSP の使用済み容量

Shrinking FTRP の RAID 減設の実行状況

Executing FTRP の RAID 減設中

Error FTRP の RAID 減設に失敗

Error の場合、stop shrinking-flexible-tier-pool コマンドで FTRP の RAID 減設処理を停止さ

せる。

- FTRP の RAID 減設中ではない

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

290

Page 291: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pools

■ 例

登録されている FTRP の概要一覧を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-poolsFlexible Tier Pool Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk ShrinkingNo. Name Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) --- ---------------- ------------- ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- --------- 0 FTRP001 Available 129.00 GB 0.0GB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 - 1 FTRP_NAME#0 Available 0.00 MB 0.00MB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 42 -

FTRP001 という FTRP の詳細情報を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-pools -ftrp-name FTRP001Flexible Tier Pool Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk ShrinkingNo. Name Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) --- ---------------- ------------- ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- --------- 0 FTRP001 Available 258.00 GB 0.0GB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 Executing<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Disk RAID Status Total Used ShrinkingNo. Name Attribute Level Capacity Capacity --- ------------------ ------------ -------- ------------- ----------- ----------- --------- 0 FTSP000 Nearline SED RAID0 Available 129.00 GB 0.00 MB Executing 1 FTSP001 Nearline SSD RAID0 Available 129.00 GB 0.00 MB -

FTRP#00 の詳細情報を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-pools -ftrp-number 0Flexible Tier Pool Status Total Provisioned Used Used Warn- Atten- Encryp- Chunk ShrinkingNo. Name Capacity Capacity Rate(%) Capacity Status ing(%) tion(%) tion Size(MB) --- ---------------- ------------- ----------- ----------- ------- ----------- --------- ------ ------- ------- -------- --------- 0 FTRP001 Available 129.00 GB 0.0GB 0 0.00 MB Normal 90 75 Disable 21 -<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Disk RAID Status Total Used ShrinkingNo. Name Attribute Level Capacity Capacity --- ------------------ ------------ -------- ------------- ----------- ----------- --------- 0 FTSP Nearline SED RAID0 Available 129.00 GB 0.00 MB -

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

291

Page 292: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pool-progress

show flexible-tier-pool-progress

登録されている Flexible Tier Pool(FTRP)のフォーマットの進捗率を表示します。FTRP 番号や FTRP 名を入力

した場合は、入力された FTRP の進捗率を表示します。ただし、入力された FTRP がフォーマット中でない場合は

表示されません。FTRP 番号や FTRP 名を省略した場合は、登録済みでフォーマット実行中の FTRP のフォーマッ

ト進捗率を一覧で表示します。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

show flexible-tier-pool-progress [-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name ]

-ftrp-number または -ftrp-name省略可能です。表示する FTRP の識別子を指定します。複数のパラメーターを同時に指定できます。

省略すると、登録されているフォーマット中のすべての FTRP が一覧で表示されます。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

項目名 意味

Flexible Tier Pool FTRP の識別子

No. FTRP 番号

Name FTRP 名

Status FTRP のステータス

Flexible Tier Sub Pool FTSP の識別子

No. FTSP 番号

Name FTSP 名

Status FTSP のステータス

Format フォーマットの進捗情報

Progress 進捗ステータス(0 - 100%)

Estimated time left フォーマットの推定残り時間

- フォーマット未実施または完了済み

calculating 残り時間計算中

30days or more 推定残り時間≧ 30 日

Xday Yh Zmin 30 日 > 推定残り時間≧ 1 日

Yh Zmin 1 日 > 推定残り時間≧ 1 時間

Zmin 1 時間 > 推定残り時間≧ 1 分

Less than 1min 1 分 > 推定残り時間

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

292

Page 293: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pool-progress

■ 例

Remaining size フォーマットの残り容量

- フォーマット未実施または完了済み

XMB 残り容量X:10 進数

フォーマット中の FTRP の概要一覧を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-pool-progressFlexible Tier Pool StatusNo. Name--- ---------------- ------------- 0 FTRP000 Available<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Status FormatNo. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ------------------ ------------- --------- -------------------- -------------- 0 FTSP0000 Available 84% 30min 1MB 1 FTSP0001 Available 20% calculating 512MB

Flexible Tier Pool StatusNo. Name--- ---------------- ------------- 3 FTRP003 Available<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Status FormatNo. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ------------------ ------------- --------- -------------------- -------------- 16 FTSP0016 Available 99% Less than 1min 32MB

FTRP001 という FTRP のフォーマット進捗率を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-pool-progress -ftrp-name FTRP001Flexible Tier Pool StatusNo. Name--- ---------------- ------------- 1 FTRP001 Available<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Status FormatNo. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ------------------ ------------- --------- -------------------- -------------- 4 FTSP0004 Available 50% calculating 512MB

項目名 意味

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

293

Page 294: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-pool-progress

FTRP#00、FTRP#02 のフォーマット進捗率を表示する例です。

CLI> show flexible-tier-pool-progress -ftrp-number 0,2Flexible Tier Pool StatusNo. Name--- ---------------- ------------- 0 FTRP000 Available<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Status FormatNo. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ------------------ ------------- --------- -------------------- -------------- 0 FTSP0000 Available 84% 01day 23h 59min 128MB 1 FTSP0001 Available 20% 23h 00min 1024MB

Flexible Tier Pool StatusNo. Name--- ---------------- ------------- 2 FTRP002 Available<Flexible Tier Sub Pool List>Flexible Tier Sub Pool Status FormatNo. Name Progress Estimated time left Remaining size--- ------------------ ------------- --------- -------------------- -------------- 17 FTSP0017 Available 99% 05min 99MB 18 FTSP0018 Available 10% 01h 01min 256MB 19 FTSP0019 Available 0% calculating 134217728MB

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

294

Page 295: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > delete flexible-tier-pool

delete flexible-tier-pool

登録されている Flexible Tier Pool (FTRP)を削除します。指定した FTRP 内の Flexible Tier Sub Pool(FTSP)も

すべて削除されます。指定された FTRP 内に 1 つでもボリュームが登録されている場合、FTRP は削除できません。

■ 構文

■ パラメーター

■ 例

指定した FTRP 内のボリュームをすべて削除してから、FTRP を削除する必要があります。

delete flexible-tier-pool {-ftrp-number ftrp_number | -ftrp-name ftrp_name }

-ftrp-number または -ftrp-name削除する FTRP の識別子を指定します。複数の FTRP を同時に指定できます。

ftrp_number FTRP 番号

ftrp_name FTRP 名

FTRP#01 を削除する例です。

CLI> delete flexible-tier-pool -ftrp-number 01

FTRP05 という FTRP を削除する例です。

CLI> delete flexible-tier-pool -ftrp-name FTRP05

ETERNUS CLI ユーザーズガイド

Copyright 2020 FUJITSU LIMITED P2X0-1210-27Z0

295

Page 296: ETERNUS CLI ユーザーズガイド - Fujitsu...FUJITSU Storage ETERNUS AF series, ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイ, ETERNUS DX S4/S3 series ハイブリッドストレージシステム

第 3 章 構成の設定と表示

3.5 Flexible Tier の管理 > show flexible-tier-sub-pools

show flexible-tier-sub-pools

登録されている Flexible Tier Sub Pool(FTSP)の一覧や、指定した FTSP の詳細情報を表示します。FTSP 番号や

FTSP 名を入力した場合は、入力された FTSP の情報とその内部に登録された RAID グループの情報が表示されま

す。FTSP 番号や FTSP 名を省略した場合は、登録されている FTRP の一覧が表示されます。

■ 構文

■ パラメーター

■ 出力

• パラメーターを省略した場合

show flexible-tier-sub-pools [-fts