Click here to load reader

Cisco Collaboration CHAPTER 23-1 Cisco Unified Communication SRND (Cisco Unified Communications Manager 7.x) OL-16394-05-J 23 Cisco Collaboration クライアントおよびアプリケーション

  • View
    0

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of Cisco Collaboration CHAPTER 23-1 Cisco Unified Communication SRND (Cisco Unified Communications...

  • Cisco Unified Communication SRND (C OL-16394-05-J

    C H A P T E R 23

    Cisco Collaboration クライアントおよびア プリケーション

    (注) この章は、このドキュメントの現在のリリースに新たに追加されました。Cisco Unified Communications システムにコラボレーション クライアントおよびアプリケーションを配置する前に、 この章全体を読むことをお勧めします。

    Cisco Collaboration クライアントおよびアプリケーションは統合的なユーザ エクスペリエンスを実現 し、Cisco Unified Communications システムの機能と操作性を拡張します。これらのクライアントお よびアプリケーションは、オンライン会議、プレゼンス通知、インスタント メッセージング、オー ディオ、ビデオ、ボイスメールなど、多数のアプリケーションを使い勝手の良い 1 つのコラボレーショ ン クライアントに統合することにより、企業境界内外のコラボレーションを可能にします。

    多数のコラボレーション クライアントおよびアプリケーションを使用でき、Cisco Unified Communications システムに統合する場合のアーキテクチャ ビュー、配置に関する考慮事項、プランニ ング、および設計ガイドラインがそれぞれに用意されています。この章を使用して、どのコラボレー

    ション クライアントおよびアプリケーションが配置に最も適しているかを確認してください。 • Cisco WebEx Connect

    Cisco WebEx Connect は、コラボレーティブな Software-as-a-Service(SaaS)型プラットフォー ムであり、開発者、パートナー、およびカスタマーはこれを利用して、コラボレーティブ ソ リューションを経由した到達可能範囲を拡大できる強力なコラボレーティブ ビジネス ソリュー ションを作成できます。Cisco WebEx Connect は、企業クラスのセキュリティ、スケーラビリ ティ、パフォーマンス、および可用性を強制的に確立するとともに、 Cisco Unified Communications ソリューションとの透過的な通信を可能にするための、拡張可能なオープン型コ ラボレーション プラットフォームを実現します。Cisco WebEx Connect には、Cisco WebEx Connect Client と Cisco WebEx Connect Platform の 2 つの主要コンポーネントがあります。

    • Cisco Unified Personal Communicator

    Cisco Unified Personal Communicator は、デスクトップ(PC または Mac)上のリッチ メディア インターフェイスから音声、ビデオ、Web 会議、インスタント メッセージング、ボイスメール、 およびプレゼンス情報への容易なアクセスを可能にするユーザ向けのデスクトップ アプリケー ションです。Cisco Unified Personal Communicator の利用によって、チーム間の生産性は高まり、 ナレッジ ワーカは便利なユーザ インターフェイスを通じていつでもどこでも簡単にコラボレート し、通信をエスカレーションすることが可能になります。詳細については、「Cisco Unified Presence」(P.22-1)の章を参照してください。

    23-1 isco Unified Communications Manager 7.x)

  • 第 23 章 Cisco Collaboration クライアントおよびアプリケーション Cisco WebEx Connect のアーキテクチャ

    • Cisco Unified Mobile Communicator

    Cisco Unified Mobile Communicator は、携帯電話から Cisco Unified Communications アプリケー ションにアクセスし、利用する機能をユーザに提供するモビリティ ソリューションです。Cisco Unified Mobile Communicator および Cisco Mobile グラフィカル クライアントは、Cisco Unified Mobility Advantage ソフトウェアを実行しているサーバと連動して、携帯電話の機能にアクセス し、制御するためのリッチ ユーザ インターフェイスを提供します。このシステムは既存の社内 LDAP ディレクトリに統合されるため、ユーザはすべてのデバイス上で単一のクレデンシャル セットを使用できます。詳細については、「シスコ モビリティ アプリケーション」(P.25-1)の章 を参照してください。

    Cisco WebEx Connect のアーキテクチャ Cisco WebEx Connect には、Cisco WebEx Connect Client および Cisco WebEx Connect Platform の 2 つの主要コンポーネントがあります。Cisco WebEx Connect は、セキュリティ、スケーラビリティ、パ フォーマンス、アベイラビリティを強制的に確立するための拡張可能なオープン型コラボレーション プラットフォームを実現します。

    Cisco WebEx Connect Client Cisco WebEx Connect Client は、エンド ユーザのパーソナル コンピュータにインストールするリッチ クライアントであり、多数の機能が装備されています。Cisco WebEx Connect Client は、Microsoft Windows XP、Vista、または Windows 7 オペレーティング システムが搭載された任意のパーソナル コ ンピュータにインストールできます。現在、Apple Macintosh および Linux オペレーティング システ ムはサポートされていません。

    Cisco WebEx Connect サイト管理者は、エンド ユーザのユーザ ID とパスワードを別個に作成するので はなく、シングル サインオンを使用して、エンド ユーザによる Cisco WebEx Connect に対する認証お よび署名を可能にすることができます。WebEx Connect でのシングル サインオンの詳細については、 次の Web サイトにある『WebEx Connect: User Provisioning and SSO Developer Technical Note』を参 照してください。

    http://developer.webex.com/c/document_library/get_file?folderId=11835&name=DLFE-244.pdf

    プレゼンス

    Cisco WebEx Connect(C6 リリース以降)では、プレゼンス機能に Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)を利用しています。XMPP は、リアルタイム通信用のオープン テクノロ ジーであり、インスタント メッセージング、プレゼンス、マルチパーティ チャット、音声コールとビ デオ コール、コラボレーション、軽量なミドルウェア、コンテンツのシンジケーション、および Extensible Markup Language(XML)データの汎用ルーティングなど、広範なアプリケーションの実 行を可能にします。XMPP の詳細については、次のソースを参照してください。

    • 「XMPP Standards Foundation」(http://www.xmpp.org/)

    • XMPP Community の Web ページ(http://www.jabber.org/)

    XMPP は、他のほとんどのインスタント メッセージングおよびプレゼンス ネットワークの標準として 採用されているため、Cisco WebEx Connect のプレゼンス情報と、XMPP をサポートする他のプレゼ ンス クラウドのフェデレーションが可能です。Cisco WebEx Connect ユーザには、フェデレーション によって Instant Messaging(IM; インスタント メッセージング)の連絡先リストに他のネットワーク

    23-2 Cisco Unified Communication SRND (Cisco Unified Communications Manager 7.x)

    OL-16394-05-J

    http://developer.webex.com/c/document_library/get_file?folderId=11835&name=DLFE-244.pdf http://www.xmpp.org/ http://www.jabber.org/

  • 第 23 章 Cisco Collaboration クライアントおよびアプリケーション Cisco WebEx Connect のアーキテクチャ

    からユーザを容易に追加でき、各ユーザのプレゼンスを確認できるという利点があります。他のネット

    ワークとのプレゼンスのフェデレーションについては、「Cisco WebEx Connect に関する設計上の考慮 事項」(P.23-10)を参照してください。

    エンドユーザのプレゼンス ステータスは、Cisco WebEx Collaboration Cloud 内の Cisco WebEx プレゼ ンス サーバによって保持されます。

    インスタント メッセージング ユーザは、他の Cisco WebEx Connect ユーザのほか、他のインスタント メッセージング プラット フォーム上のユーザにセキュアなインスタント メッセージを送信できます。Cisco WebEx Connect ユーザは、インスタント メッセージング セッションから PC 間の VoIP コール、音声会議、ビデオ会 議、デスクトップ共有セッション、または WebEx 会議へと容易にエスカレーションすることができま す。また、Cisco WebEx Connect ユーザは、インスタント メッセージング セッション中に他のユーザ とファイルを交換することもできます。

    Cisco WebEx Connect ユーザ間のインスタント メッセージング セッションはセキュリティで保護され、 クライアントから Cisco WebEx Collaboration Cloud への通信には TLS 暗号化が使用されます。TLS 暗号化は、Cisco WebEx のデフォルトで有効になります。WebEx Connect サイト管理者がサイト単位 で無効にすることはできません。必要に応じて、AES 256 ビット暗号化を使用して、インスタント メッセージ自体をエンドツーエンドで暗号化