of 77 /77
ESF16-Troubleshoot-15 20204FUJITSU Storage ETERNUS SF Express 16 / Storage Cruiser 16 / AdvancedCopy Manager 16 トラブルシューティングガイド

AdvancedCopy Manager 16 Express 16 / Storage Cruiser 16 / ETERNUS SF FUJITSU Storage · 2020-04-03 · まえがき 本書の目的 本ドキュメントは、以下の製品の導入時・運用時にトラブルが発生した場合の対処方法を説明しています。

  • Author
    others

  • View
    0

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of AdvancedCopy Manager 16 Express 16 / Storage Cruiser 16 / ETERNUS SF FUJITSU Storage ·...

  • ESF16-Troubleshoot-152020年4月

    FUJITSU StorageETERNUS SF Express 16 / Storage Cruiser 16 / AdvancedCopy Manager 16

    トラブルシューティングガイド

  • まえがき

    本書の目的本ドキュメントは、以下の製品の導入時・運用時にトラブルが発生した場合の対処方法を説明しています。

    ・ FUJITSU Storage ETERNUS SF Express 16 (全レベルが対象)

    ・ FUJITSU Storage ETERNUS SF Storage Cruiser 16 (全レベルが対象)

    ・ FUJITSU Storage ETERNUS SF AdvancedCopy Manager 16 (全レベルが対象)

    本書の表記についてオペレーティングシステム

    正式名称 略称

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2019 StandardMicrosoft(R) Windows Server(R) 2019 Datacenter

    Windows Server 2019 Windows

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2016 StandardMicrosoft(R) Windows Server(R) 2016 Datacenter

    Windows Server 2016

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 R2 StandardMicrosoft(R) Windows Server(R) 2012 R2 Datacenter

    Windows Server 2012 R2

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 StandardMicrosoft(R) Windows Server(R) 2012 Datacenter

    Windows Server 2012

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2 FoundationMicrosoft(R) Windows Server(R) 2008 R2 StandardMicrosoft(R) Windows Server(R) 2008 R2 EnterpriseMicrosoft(R) Windows Server(R) 2008 R2 Datacenter

    Windows Server 2008 R2

    Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Standard (32-bit)(64-bit)Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Standard without Hyper-V(TM) (32-bit)(64-bit)Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Enterprise (32-bit)(64-bit)Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Enterprise without Hyper-V(TM) (32-bit)(64-bit)Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Datacenter (32-bit)(64-bit)Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 Datacenter without Hyper-V(TM) (32-bit)(64-bit)

    Windows Server 2008

    Windows(R) 10 HomeWindows(R) 10 ProWindows(R) 10 Mobile

    Windows 10

    Windows(R) 8.1Windows(R) 8.1 Pro

    Windows 8.1

    Windows(R) 8Windows(R) 8 Pro

    Windows 8

    Windows(R) 7 Home BasicWindows(R) 7 Home PremiumWindows(R) 7 ProfessionalWindows(R) 7 EnterpriseWindows(R) 7 Ultimate

    Windows 7

    Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 8 (for Intel64) RHEL8 Linux

    Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 7 (for Intel64) RHEL7

    - i -

  • 正式名称 略称

    Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6 (for x86)Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6 (for Intel64)

    RHEL6

    Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5 (for x86)Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5 (for Intel64)

    RHEL5

    SUSE(R) Linux Enterprise Server 15 for AMD64 & Intel64 SUSE Linux EnterpriseServer 15

    SUSE(R) Linux Enterprise Server 12 for AMD64 & Intel64 SUSE Linux EnterpriseServer 12

    Oracle Solaris 11 Solaris 11 SolarisまたはSolaris OS

    Oracle Solaris 10 Solaris 10

    HP-UX 11i v3 HP-UX

    AIX(R) V7.1 AIX

    VMware vSphere(R) 6 VMware vSphere 6 VMware

    Oracle SolarisはSolaris、Solaris Operating System、Solaris OSと記載することがあります。

    FUJITSU Storage ETERNUS

    正式名称 略称

    FUJITSU Storage ETERNUS DX60 S5FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S5FUJITSU Storage ETERNUS DX200 S5

    - ETERNUS DX S5 series ETERNUS DXseriesまたはETERNUS ディスクアレイFUJITSU Storage ETERNUS DX500 S5

    FUJITSU Storage ETERNUS DX600 S5FUJITSU Storage ETERNUS DX900 S5

    -

    FUJITSU Storage ETERNUS DX60 S4FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S4FUJITSU Storage ETERNUS DX200 S4

    - ETERNUS DX S4 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX500 S4FUJITSU Storage ETERNUS DX600 S4

    -

    FUJITSU Storage ETERNUS DX8900 S4 ETERNUS DX8000 S4 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX60 S3FUJITSU Storage ETERNUS DX100 S3FUJITSU Storage ETERNUS DX200 S3

    - ETERNUS DX S3 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX500 S3FUJITSU Storage ETERNUS DX600 S3

    -

    FUJITSU Storage ETERNUS DX8700 S3FUJITSU Storage ETERNUS DX8900 S3

    ETERNUS DX8000 S3 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX60 S2FUJITSU Storage ETERNUS DX80 S2FUJITSU Storage ETERNUS DX90 S2

    - ETERNUS DX S2 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX410 S2FUJITSU Storage ETERNUS DX440 S2

    ETERNUS DX400 S2 series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX8100 S2FUJITSU Storage ETERNUS DX8700 S2

    ETERNUS DX8000 S2 series

    - ii -

  • 正式名称 略称

    FUJITSU Storage ETERNUS AF150 S3FUJITSU Storage ETERNUS AF250 S3FUJITSU Storage ETERNUS AF650 S3

    ETERNUS AF S3 series ETERNUS AF オールフラッシュアレイ

    FUJITSU Storage ETERNUS AF250 S2FUJITSU Storage ETERNUS AF650 S2

    ETERNUS AF S2 series

    FUJITSU Storage ETERNUS AF250FUJITSU Storage ETERNUS AF650

    ETERNUS AF series

    FUJITSU Storage ETERNUS DX200F -

    FUJITSU Storage ETERNUS LT20 S2FUJITSU Storage ETERNUS LT40 S2FUJITSU Storage ETERNUS LT60 S2FUJITSU Storage ETERNUS LT140FUJITSU Storage ETERNUS LT260FUJITSU Storage ETERNUS LT270 S2

    ETERNUS テープライブラリ

    文中における個々の装置の表記では、"FUJITSU Storage"を省略しています。

    ソフトウェア製品

    正式名称 略称

    Windows(R) Internet Explorer(R) Internet Explorer

    Mozilla(R) Firefox(R) Firefox

    Google Chrome(TM) Chrome

    Microsoft(R) Windows Server(R) Failover Clustering WSFC

    Microsoft(R) Exchange Server Exchange Server

    Microsoft(R) SQL Server(R) SQL Server

    VMware(R) ESX(R) VMware ESX

    VMware(R) ESXi(TM) VMware ESXi

    VMware(R) vCenter(TM) Server VMware vCenter ServerまたはvCenter Server

    Veeam(R) Backup & Replication(TM) Veeam

    FUJITSU Software Symfoware Server Enterprise Extended EditionFUJITSU Software Symfoware Server Enterprise Edition

    Symfoware

    FUJITSU Software PRIMECLUSTER GDFUJITSU Software PRIMECLUSTER GDS

    PRIMECLUSTER GD

    マニュアル

    正式名称 略称

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager クイックリファレンス

    ETERNUS SF クイックリファレンス

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager リリース情報

    ETERNUS SF リリース情報

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager 導入ガイド

    ETERNUS SF 導入ガイド

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager 移行ガイド

    ETERNUS SF 移行ガイド

    - iii -

  • 正式名称 略称

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager Webコンソール説明書

    ETERNUS SF Webコンソール説明書

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Storage Cruiser / AdvancedCopy Manager クラスタ適用ガイド

    ETERNUS SF クラスタ適用ガイド

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Storage Cruiser / AdvancedCopy Manager 運用ガイド VMware vSphere Virtual Volumes編

    ETERNUS SF 運用ガイド VMware vSphereVirtual Volumes編

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager メッセージ説明書

    ETERNUS SF メッセージ説明書

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser イベント説明書 ETERNUS SF イベント説明書

    FUJITSU Storage ETERNUS SF Express / Storage Cruiser / AdvancedCopyManager 用語集

    ETERNUS SF 用語集

    その他の表記

    - ETERNUS SF Webコンソールを、“Webコンソール”と表記します。

    - 本ドキュメントにおいて、特別な断り書きがない場合の「ETERNUS ディスクアレイ」には、ETERNUS AF オールフラッシュアレイおよびETERNUS DX200F オールフラッシュアレイを含みます。ただし、以下の機能は、ETERNUS AF オールフラッシュアレイおよびETERNUS DX200F オールフラッシュアレイを未サポートです。

    - 装置の省電力運用

    - 装置のNAS運用

    以下の機能は、ETERNUS DX200F オールフラッシュアレイを未サポートです。

    - 複数階層(2階層以上)でのストレージ自動階層制御運用

    輸出管理規制について本ドキュメントを輸出または第三者へ提供する場合は、お客様が居住する国および米国輸出管理関連法規等の規制をご確認のうえ、必要な手続きをおとりください。

    商標について

    ・ Microsoft、Windows、Windows Server、またはその他のマイクロソフト製品の名称および製品名は、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

    ・ UNIXは、米国およびその他の国におけるThe Open Groupの登録商標です。

    ・ OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

    ・ Linuxは、Linus Torvalds氏の登録商標です。

    ・ Red Hat、RPMは、米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。

    ・ HP-UXは、Hewlett-Packard Companyの米国およびその他の国における登録商標です。

    ・ AIXは、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

    ・ VMware、VMwareロゴ、Virtual SMPおよびvMotionは、VMware, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

    ・ その他の会社名および製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

    出版年月および改版履歴

    - iv -

  • 版数 年月 改版内容

    15版 2020年 4月 以下の項を追加。

    ・ ETERNUS NR1000 seriesの情報変更操作がswsag0018メッセージで失敗する (2.1.30項)

    ・ FCスイッチに対する操作が完了しない (2.3.7項)

    ・ VVOLデータストアがオンラインにならない (2.3.11項)

    ・ Linux環境でPostgresのエラーメッセージがsyslogに出力される (2.3.41項、2.4.49項)

    ・ クラスタ環境でstgxfwcmmodsrvコマンドがswstf5016メッセージで失敗する(Linux版、Solaris版) (2.4.15項)

    14版 2019年11月 以下の節を追加。

    ・ ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストール中にPulseAudio機能の警告メッセージが出力される (1.22節)

    以下の節の記事を修正。

    ・ Windows環境でETERNUS SF製品のインストールに失敗する (1.9節)

    13版 2019年4月 以下の項を追加。

    ・ SNMPトラップを受信できない(Windows環境) (2.2.3項)

    ・ SNMPトラップを受信できない(Windows環境) (2.3.16項)

    ・ Copy Control ModuleのコマンドがSTXC1002メッセージで失敗する (2.4.18項)

    以下の項の記事を修正。

    ・ ETERNUS ディスクアレイへのライセンス登録が失敗する (2.1.16項)

    ・ ETERNUS ディスクアレイの登録時、パスワードに使用できない記号がある (2.1.26項)

    12版 2018年4月 以下の節/項を追加。

    ・ Windows環境でSystemwalker Centric Manager 32bit版へのイベント連携が失敗する (2.3.37)

    ・ Linux環境でSDXオブジェクトのバックアップ/レプリケーションがswst0740/swsrp0740/swst0635メッセージで失敗する (2.4.46)

    以下の記事を修正。

    ・ Copy Control ModuleのコマンドがSTXC1903メッセージで失敗する (2.4.19)

    11版 2017年12月 以下の節/項を追加。

    ・ ETERNUS SF ManagerまたはAdvancedCopy Manager Copy Control ModuleのWindows Server2008へのインストールに失敗する (1.12)

    ・ ETERNUS SF Manager(Windows版)のサービスの開始に失敗する (1.21)

    ・ レプリケーショングループにレプリケーションペアを追加できない (2.1.28)

    ・ レプリケーショングループの状態によって、操作できないアクションがある (2.1.29)

    以下の節/項に記事を追加。

    ・ ETERNUS SF Manager(Windows版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する (1.11)

    ・ Storage Cruiserエージェント(Windows版)またはAdvancedCopy Managerエージェント(Windows版)のアンインストール中にダイアログが表示される (1.17)

    ・ 異常な性能情報が表示される (2.3.20)

    以下の項の記事を修正。

    - v -

  • 版数 年月 改版内容・ VVOLアクセスパスを設定できない (2.1.27)

    10版 2017年5月 以下の記事を追加。

    ・ コピーペアを作成できない (2.1.12)

    ・ アドバンスト・コピーを実行/キャンセルできない (2.1.13)

    ・ アドバンスト・コピーを実行していたボリュームを削除できない(アクションペインの[削除]がグレーアウトされている) (2.1.14)

    ・ FCスイッチにおいて、メッセージが空欄のイベントが表示される (2.3.5)

    ・ FCスイッチに対する情報更新処理が完了しない (2.3.6)

    ・ ストレージ自動階層制御が階層化ポリシーに設定した時刻に動作しない (2.3.29)

    ・ Solaris環境でETERNUS Multipath Driverのイベントメッセージを表示できない (2.3.36)

    ・ バックアップウィザード(for Exchange Server)を実行すると、esgui04007メッセージが表示される (2.4.45)

    以下の記事を修正。

    ・ ライセンスの登録に失敗する (1.8)

    9版 2016年10月 以下の記事を追加。

    ・ ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストールに失敗する (1.13)

    ・ ETERNUS SF Manager(Linux版)のデーモンの起動/停止に失敗する (1.19)

    ・ VVOLアクセスパスを設定できない (2.1.24)

    ・ シン・プロビジョニングボリュームの作成処理が、ssmgr3428メッセージで失敗する (2.2.2、2.3.30)

    ・ VVOLアクセスパスの設定がssmgr3489メッセージ(詳細メッセージIDはED2B2)で失敗する(2.3.7)

    ・ Windows環境でクラスタシステムのフェイルバックが失敗する (2.3.32、2.4.44)

    以下の記事を削除。

    ・ swsrpvssbackup_exchangeコマンドがswsrp4719メッセージで失敗する (8版での2.4.24)

    8版 2016年6月 以下の記事を追加。

    ・ Storage Cruiserエージェントを導入したサーバの装置登録がesccs02015メッセージで失敗する(2.3.29)

    7版 2016年4月 以下の記事を追加。

    ・ CFX2000 series、PRIMERGY コンバージドファブリックスイッチブレード(10Gbps 18/8+2)のポートがWebコンソールに表示されない (2.3.28)

    ・ 仮想マシンバックアップがvmlink00052メッセージで失敗する (2.4.34)

    ・ クローンバックアップからのリストアがvmlink00052メッセージで失敗する (2.4.35)

    ・ コピーグループ数に比例して、ETERNUS SF Manager Tomcatデーモン/サービスのCPU使用率が高くなる (2.4.44)

    6版 2015年11月 以下の記事を追加。

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module(Linux/Solaris版)の旧バージョンレベルのデータをバックアップ/リストアできない (1.17)

    ・ Internet Explorer 8でファイルのダウンロードが失敗する (2.1.4)

    - vi -

  • 版数 年月 改版内容・ ETERNUS ディスクアレイの登録時、パスワードに使用できない記号がある (2.1.23)

    ・ Hyper-Vホストの登録/再読込みがesccs02015で失敗する (2.3.2)

    ・ vSphere Web ClientでVVOLデータストアが表示されない (2.3.8)

    ・ クローンバックアップからリストアした後に、Linuxの仮想マシンでネットワークを使用できない (2.4.33)

    以下の記事を修正。

    ・ Webコンソールの装置検索で装置を検出できない (1.2)

    ・ ETERNUS SF Managerのクラスタ構築時にストレージの登録でesgui01005のエラーとなる(1.5)

    ・ 仮想サーバのすべてのIPアドレスが表示されない (2.3.6)

    ・ ETERNUS ディスクアレイのトラップ監視ができない (2.3.14)

    ・ 異常な性能情報が表示される (2.3.17)

    5版 2015年3月 以下を追加。

    ・ ライセンスの登録に失敗する(1.8)

    ・ ETERNUS SF Storage CruiserからETERNUS ディスクアレイに対する操作がssmgr3489メッセージ(詳細メッセージIDはED180)で失敗する(2.3.4)

    ・ VVOLデータストアの空き容量が十分あるにも関わらず、VVOLデータストアの容量不足が原因で仮想マシンの作成に失敗する(2.3.6)

    ・ VMware vSphere High Availability環境で、VVOLデータストアを削除できない(2.3.7)

    ・ 仮想マシンの作成、または削除に失敗した後にVirtual Volumeが残る(2.3.8)

    ・ VMware vSphere Virtual Volumes環境で、複数の仮想マシンに対して同時に操作を実施した場合、操作が失敗する(2.3.9)

    ・ VMware vSphere Virtual Volumes環境で、その他のトラブルが発生する(2.3.10)

    ・ クローンバックアップからリストアした後に、Windowsの仮想マシンが起動しない(2.4.32)

    以下を修正。

    ・ VMware社の表記に合わせ、VMware Virtual VolumesをVMware vSphere Virtual Volumesに変更しました(全体)。

    ・ VMware vSphere(R) 6についての情報を追加しました(まえがきの「本書の表記について」)。

    4版 2015年2月 以下を追加。

    ・ クラスタ環境でETERNUS SF Manager(Windows版)をバージョンアップした後に設定の再読み込みを行うと、ssmgr3489で失敗する(1.6)

    ・ サーバのデバイスの削除でesccs00191のエラーが発生する場合がある(2.1.16)

    ・ NAS環境のバックアップ設定が失敗する(2.1.20)

    ・ 共有フォルダの削除が失敗する(2.1.21)

    ・「第2章 運用時のトラブルシューティング」に「2.2 ETERNUS SF Express」を追加しました。

    ・ NASボリュームのスナップショット採取が失敗する(2.2.1、2.3.19)

    ・ 登録したサーバの状態がUnknownと表示される(2.3.2)

    ・ 異常な性能情報が表示される(2.3.9)

    - vii -

  • 版数 年月 改版内容・ 帯域制限を行っているRECパスの状態がErrorとなる(2.3.18)

    ・ クラスタ環境でAdvancedCopy ManagerのSymfowareログを監視できてしまう(2.4.15)

    以下を修正。

    ・ Windows環境でETERNUS SF製品のインストールに失敗する(1.8)

    ・ ETERNUS SF Manager(Windows版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する(1.10)

    3版 2014年8月 以下を追加。

    ・ ETERNUS SF Manager(Windows版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する

    ・ コピーグループに関する操作がグレーアウトされる

    ・ FCスイッチの削除の操作で無応答になる場合がある

    ・ 性能管理機能の動作状態がErrorとなる

    ・ Copy Control Moduleのコマンドが、STXC1903で失敗する

    ・ VMware仮想マシンの自動バックアップ/リストアスクリプトでの仮想マシンのリストア時にスクリプトがエラー終了する

    以下を修正。

    ・ ETERNUS SF Web コンソールの装置検索で装置を検出できない

    ・ ETERNUS SF Web コンソールの装置検索でesgui01013のエラーになる

    ・ ETERNUS ディスクアレイへのライセンス登録が失敗する

    ・ ETERNUS ディスクアレイのトラップ監視ができない

    2版 2014年3月 以下を追加。

    ・ Windows環境でETERNUS SF製品のインストールに失敗する

    ・ NASインターフェースの作成失敗時、冗長化ポートがActive/Standbyとなる

    初版 2014年1月 -

    お願い

    ・ 本ドキュメントの内容を、無断でほかに転載しないようお願いします。

    ・ 本ドキュメントは、予告なしに変更されることがあります。

    著作権表示Copyright 2014-2020 FUJITSU LIMITED

    - viii -

  • 目 次第1章 導入時のトラブルシューティング.........................................................................................................................................1

    1.1 Webコンソールのサーバ登録に時間がかかる....................................................................................................................... 11.2 Webコンソールの装置検索で装置を検出できない............................................................................................................... 11.3 Webコンソールの装置検索でesgui01013のエラーになる.....................................................................................................11.4 Webコンソールの装置検索でswsag0105のエラーになる..................................................................................................... 21.5 ETERNUS SF Managerのクラスタ構築時にストレージの登録でesgui01005のエラーとなる................................................21.6 クラスタ環境でETERNUS SF Manager(Windows版)をバージョンアップした後に設定の再読み込みを行うと、ssmgr3489で

    失敗する............................................................................................................................................................................ 21.7 ライセンスの登録時に、メッセージが表示され失敗する................................................................................................... 31.8 ライセンスの登録に失敗する................................................................................................................................................. 31.9 Windows環境でETERNUS SF製品のインストールに失敗する................................................................................................. 41.10 ETERNUS SF Managerのインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する............................................. 51.11 ETERNUS SF Manager(Windows版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する........................ 61.12 ETERNUS SF ManagerまたはAdvancedCopy Manager Copy Control ModuleのWindows Server 2008へのインストールに失敗す

    る........................................................................................................................................................................................71.13 ETERNUS SF Manager(Solaris版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する............................ 71.14 ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストールに失敗する.................................................................................................. 81.15 ETERNUS SF Manager(Solaris版)のアンインストール中にメッセージが出力されアンインストールに失敗する............. 81.16 サーバの登録/変更操作が失敗する...................................................................................................................................... 91.17 Storage Cruiserエージェント(Windows版)またはAdvancedCopy Managerエージェント(Windows版)のアンインストール中

    にダイアログが表示される.............................................................................................................................................. 91.18 AdvancedCopy Manager Copy Control Module(Windows版)の旧バージョンレベルのデータをリストアできない........... 101.19 AdvancedCopy Manager Copy Control Module(Linux/Solaris版)の旧バージョンレベルのデータをバックアップ/リストアで

    きない.............................................................................................................................................................................. 111.20 ETERNUS SF Manager(Linux版)のデーモンの起動/停止に失敗する....................................................................................121.21 ETERNUS SF Manager(Windows版)のサービスの開始に失敗する.......................................................................................121.22 ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストール中にPulseAudio機能の警告メッセージが出力される............................. 13

    第2章 運用時のトラブルシューティング.......................................................................................................................................142.1 Webコンソール...................................................................................................................................................................... 14

    2.1.1 Internet ExplorerでWebコンソールにログインできない............................................................................................... 142.1.2 Internet Explorer 8で画面が遷移しない..........................................................................................................................142.1.3 Internet Explorer 8でWebコンソールの[システム]-[システム設定]を選択すると"セキュリティ強化の構成によってブ

    ロックされています。"と表示される.................................................................................................................... 142.1.4 Internet Explorer 8でファイルのダウンロードが失敗する........................................................................................... 142.1.5 Webコンソールの操作時に画面が遷移しない.............................................................................................................. 152.1.6 Windows Server 2008またはWindows Server 2008 R2のInternet Explorerで画面が正しく動作しない..........................152.1.7 Windows Server 2012のInternet Explorerで画面が正しく動作しない............................................................................162.1.8 最新情報が表示されない................................................................................................................................................162.1.9 「設定の再読み込み」操作が失敗する......................................................................................................................... 17

    2.1.9.1 ssmgr3000メッセージが表示される場合................................................................................................................ 172.1.9.2 ssmgr3212メッセージが表示される場合................................................................................................................ 172.1.9.3 ssmgr8025メッセージが表示される場合................................................................................................................ 172.1.9.4 swstf5412メッセージが表示される場合................................................................................................................. 17

    2.1.10 シン・プロビジョニングプールを作成できない........................................................................................................182.1.11 コピーグループに関する操作がグレーアウトされる................................................................................................ 182.1.12 コピーペアを作成できない.......................................................................................................................................... 182.1.13 アドバンスト・コピーを実行/キャンセルできない................................................................................................... 192.1.14 アドバンスト・コピーを実行していたボリュームを削除できない(アクションペインの[削除]がグレーアウトされ

    ている)..................................................................................................................................................................... 192.1.15 トラブルシューティングのエクスポートが終了しない............................................................................................ 192.1.16 ETERNUS ディスクアレイへのライセンス登録が失敗する.........................................................................................20

    - ix -

  • 2.1.17 テープライブラリが検出できず登録できない............................................................................................................202.1.18 デバイスの追加で"デバイスは既に管理されています"のメッセージが出力される................................................ 212.1.19 デバイスを追加/再読込みすると時間がかかる...........................................................................................................212.1.20 サーバのデバイスの削除を実施すると、esccs00191のエラーが発生する............................................................... 212.1.21 表示される情報に文字化けが発生する....................................................................................................................... 212.1.22 NASの認証サーバ設定時、ssmgr3533メッセージが表示される................................................................................ 222.1.23 NASインターフェースの作成失敗時、冗長化ポートがActive-Standby接続となる................................................... 232.1.24 NAS環境のバックアップ設定が失敗する.................................................................................................................... 232.1.25 共有フォルダの削除が失敗する.................................................................................................................................. 232.1.26 ETERNUS ディスクアレイの登録時、パスワードに使用できない記号がある...........................................................242.1.27 VVOLアクセスパスを設定できない.............................................................................................................................. 242.1.28 レプリケーショングループにレプリケーションペアを追加できない......................................................................252.1.29 レプリケーショングループの状態によって、操作できないアクションがある.......................................................252.1.30 ETERNUS NR1000 seriesの情報変更操作がswsag0018メッセージで失敗する............................................................ 25

    2.2 ETERNUS SF Express.................................................................................................................................................................262.2.1 NASボリュームのスナップショット採取が失敗する................................................................................................... 262.2.2 シン・プロビジョニングボリュームの作成処理が、ssmgr3428メッセージで失敗する........................................... 262.2.3 SNMPトラップを受信できない(Windows環境).............................................................................................................. 27

    2.3 ETERNUS SF Storage Cruiser..................................................................................................................................................... 272.3.1 サーバを選択した場合の設定の再読込みに時間がかかる...........................................................................................272.3.2 Hyper-Vホストの登録/再読込みがesccs02015メッセージで失敗する.......................................................................... 282.3.3 登録したサーバの状態がUnknownと表示される.......................................................................................................... 282.3.4 FCスイッチの削除の操作で無応答になる場合がある.................................................................................................. 282.3.5 FCスイッチにおいて、メッセージが空欄のイベントが表示される............................................................................282.3.6 FCスイッチに対する情報更新処理が完了しない.......................................................................................................... 292.3.7 FCスイッチに対する操作が完了しない......................................................................................................................... 292.3.8 Storage CruiserからETERNUS ディスクアレイに対する操作がssmgr3489メッセージ(詳細メッセージIDはED180)で失敗

    する.......................................................................................................................................................................... 302.3.9 仮想サーバのすべてのIPアドレスが表示されない.......................................................................................................302.3.10 VVOLアクセスパスの設定がssmgr3489メッセージ(詳細メッセージIDはED2B2)で失敗する................................... 302.3.11 VVOLデータストアがオンラインにならない............................................................................................................... 302.3.12 VVOLデータストアに十分な空き容量があっても、VVOLデータストアの容量不足が原因で仮想マシンの作成に失敗す

    る.............................................................................................................................................................................. 312.3.13 vSphere Web ClientでVVOLデータストアが表示されない............................................................................................ 312.3.14 VMware vSphere High Availability環境でVVOLデータストアを削除できない..............................................................312.3.15 仮想マシンの作成/削除に失敗した後にVirtual Volumeが残る................................................................................... 322.3.16 VMware vSphere Virtual Volumes環境で複数の仮想マシンに対して同時に操作を実施した場合、操作が失敗する322.3.17 VMware vSphere Virtual Volumes環境でその他のトラブルが発生する....................................................................... 332.3.18 SNMPトラップを受信できない(Windows環境)............................................................................................................ 332.3.19 SNMPトラップを受信できない(Linux環境)................................................................................................................. 332.3.20 ETERNUS ディスクアレイのトラップ監視ができない................................................................................................ 342.3.21 Windowsサーバのマウントポイントが表示されない................................................................................................. 352.3.22 新しく作成したボリュームの性能情報を取得できない............................................................................................ 352.3.23 異常な性能情報が表示される...................................................................................................................................... 352.3.24 性能管理機能が正しく動作しない...............................................................................................................................362.3.25 性能監視間隔を指定できない...................................................................................................................................... 362.3.26 性能管理機能の動作状態がRecoveringのままで復旧しない...................................................................................... 362.3.27 性能管理機能の動作状態がErrorとなる....................................................................................................................... 362.3.28 性能管理の操作時にswsag0679またはssmgr3212メッセージが表示される............................................................. 372.3.29 ストレージ自動階層制御がswsag0652メッセージで失敗する.................................................................................. 372.3.30 ストレージ自動階層制御でTierプールの作成がエラー終了した後に同じ名前のTierプールを再作成すると、登録済み

    のエラーとなる....................................................................................................................................................... 382.3.31 ストレージ自動階層制御の状態更新の操作が失敗する............................................................................................ 38

    - x -

  • 2.3.32 ストレージ自動階層制御が階層化ポリシーに設定した時刻に動作しない.............................................................. 382.3.33 帯域制限を行っているRECパスの状態がErrorとなる.................................................................................................. 382.3.34 NASボリュームのスナップショット採取が失敗する................................................................................................. 392.3.35 CFX2000 series、PRIMERGY コンバージドファブリックスイッチブレード(10Gbps 18/8+2)のポートがWebコンソールに

    表示されない........................................................................................................................................................... 392.3.36 Storage Cruiserエージェントを導入したサーバの装置登録がesccs02015メッセージで失敗する............................ 402.3.37 シン・プロビジョニングボリュームの作成処理が、ssmgr3428メッセージで失敗する......................................... 402.3.38 Windows環境でクラスタシステムのフェイルバックが失敗する.............................................................................. 402.3.39 Solaris環境でETERNUS Multipath Driverのイベントメッセージを表示できない.........................................................412.3.40 Windows環境でSystemwalker Centric Manager 32bit版へのイベント連携が失敗する............................................... 422.3.41 Linux環境でPostgresのエラーメッセージがsyslogに出力される................................................................................43

    2.4 ETERNUS SF AdvancedCopy Manager....................................................................................................................................... 432.4.1 デバイス情報の取込みに失敗する.................................................................................................................................432.4.2 OSが複写先ボリューム("-Xgroup"オプションで複製)を認識しない............................................................................ 432.4.3 バックアップがswst0604/swsrp2604メッセージで失敗する........................................................................................ 432.4.4 swsrpstatコマンドのコピー状況で"Status"に"?????"が表示される................................................................................ 442.4.5 OPC実行時にARCserveのバックアップが失敗する........................................................................................................ 442.4.6 Backup Exec System Recoveryを使用している環境でswstdrvunsetコマンドがswst1030メッセージで失敗する.........442.4.7 ETERNUS ディスクアレイのコピーテーブルサイズの変更で"処理中にエラーが発生しました"のメッセージが出力される

    ..................................................................................................................................................................................452.4.8 RECの開始時にswsrp0719メッセージで失敗する.......................................................................................................... 452.4.9 swsrpmakeコマンドがswsrp0740メッセージで失敗する.............................................................................................. 452.4.10 構成管理コマンドがswstf5412メッセージで失敗する............................................................................................... 462.4.11 サービスの起動時に"0016 : stgxfws socket error."で失敗する..................................................................................... 462.4.12 WindowsのOS再起動時にイベントID:7023が出力される............................................................................................ 462.4.13 Windowsのイベントログにqdg13315uのメッセージが出力される........................................................................... 472.4.14 クラスタ環境でswstbackupコマンドがswst0624メッセージで失敗する................................................................... 472.4.15 クラスタ環境でstgxfwcmmodsrvコマンドがswstf5016メッセージで失敗する(Linux版、Solaris版)........................ 472.4.16 クラスタ環境でAdvancedCopy ManagerのSymfowareログを監視できてしまう........................................................ 492.4.17 Webコンソールまたはstgxfwcmdelsrvコマンドで管理対象サーバの情報が削除できない.......................................502.4.18 Copy Control ModuleのコマンドがSTXC2069メッセージで失敗する........................................................................... 502.4.19 Copy Control ModuleのコマンドがSTXC1002メッセージで失敗する........................................................................... 502.4.20 Copy Control ModuleのコマンドがSTXC1002またはSTXC1905メッセージで失敗する.................................................512.4.21 Copy Control ModuleのコマンドがSTXC1903メッセージで失敗する........................................................................... 522.4.22 Copy Control Moduleのコマンドがccm5004メッセージで失敗する............................................................................ 542.4.23 Copy Control Moduleのコマンドでアドバンスト・コピー状態に"?????"が出力される.............................................. 542.4.24 Copy Control Moduleで実行したコピーの進捗率が100%にならない.......................................................................... 542.4.25 stgxfwcmsetdevコマンドに時間がかかる.................................................................................................................... 542.4.26 ExchangeデータベースのバックアップのQuickOPCに時間がかかる..........................................................................552.4.27 QuickOPC運用でリストアがswsrp0634メッセージで失敗する....................................................................................552.4.28 レプリケーション運用のリストア(逆方向コピー)がswsrp2605メッセージで失敗する.......................................... 552.4.29 Hyper-Vの連携機能でリストアを実施すると、ゲストOSのVLAN ID情報が引き継がれない.................................. 562.4.30 Hyper-VのゲストOSのバックアップをCopy Control Moduleで実施するとコピー先をOSが認識できず、テープへのバ

    ックアップが失敗する............................................................................................................................................ 562.4.31 VMware仮想マシンの自動バックアップ/リストアスクリプトでの仮想マシンのリストア時にスクリプトがエラー終了

    する.......................................................................................................................................................................... 562.4.32 VMware SRMの「リカバリプランのテスト」または「リカバリプランの実行」がエラーコードadv0010で失敗する572.4.33 クローンバックアップからリストアした後に、Windowsの仮想マシンが起動しない............................................ 572.4.34 クローンバックアップからリストアした後に、Linuxの仮想マシンでネットワークを使用できない................... 582.4.35 仮想マシンバックアップがvmlink00052メッセージで失敗する............................................................................... 582.4.36 クローンバックアップからのリストアがvmlink00052メッセージで失敗する.........................................................582.4.37 RHEL KVMのWindowsゲストOSでExchange Server連携コマンドが失敗する...............................................................592.4.38 RHEL KVMのWindowsゲストOSでSQL Server連携コマンドが失敗する........................................................................ 59

    - xi -

  • 2.4.39 RHEL6でEC/REC運用を行っている場合、/var/log/messagesにエラーメッセージが出力される................................ 592.4.40 RHEL5のパッチの適用で、"修正適用管理簿に登録されていません"が出力され失敗する...................................... 602.4.41 Solaris版のデーモンの起動/停止コマンド、構成管理のコマンド、クラスタシステムの環境設定/解除コマンドが失敗

    する.......................................................................................................................................................................... 602.4.42 RHEL6で作成したマルチパスデバイス(Device Mapper Multipathデバイス)上のパーティションがstgxfwcmsetdevコマ

    ンドで検出されない................................................................................................................................................612.4.43 RHEL6で削除したマルチパスデバイス(Device Mapper Multipathデバイス)上のパーティションがstgxfwcmsetdevコマ

    ンドで検出される....................................................................................................................................................612.4.44 構成管理のコマンドがswstf5013メッセージで失敗する............................................................................................612.4.45 コピーグループ数に比例して、ETERNUS SF Manager Tomcatデーモン/サービスのCPU使用率が高くなる............. 622.4.46 Windows環境でクラスタシステムのフェイルバックが失敗する.............................................................................. 622.4.47 バックアップウィザード(for Exchange Server)を実行すると、esgui04007メッセージが表示される..................... 632.4.48 Linux環境でSDXオブジェクトのバックアップ/レプリケーションがswst0740/swsrp0740/swst0635メッセージで失敗

    する.......................................................................................................................................................................... 632.4.49 Linux環境でPostgresのエラーメッセージがsyslogに出力される................................................................................64

    - xii -

  • 第1章 導入時のトラブルシューティング

    1.1 Webコンソールのサーバ登録に時間がかかる

    現象Webコンソールで、Storage Cruiserエージェントを導入したAIXのサーバを登録する際に非常に時間がかかる。さらに、当該サーバに関するHBAポート情報が正しく認識されない場合がある。

    対処

    ・ すべてのHBAポートについて、正しく結線されているか確認してください。

    ・ 結線していないHBAポートに対応するファイバーチャネルデバイスが存在する場合は、削除してください。HBAポートとファイバーチャネルデバイスの対応の確認方法は、AIXのドキュメントを参照してください。なお、サーバを再起動すると、再度本操作が必要となる場合があります。

    <作業例>

    ファイバーチャネルデバイスfcs3を使用していない場合

    # /usr/sbin/rmdev -Rdl fcs3

    上記に該当しない場合は、『ETERNUS SF Storage Cruiser 運用ガイド』の「調査資料の採取」を参照して調査資料を採取し、当社技術員(SE)に連絡してください。

    1.2 Webコンソールの装置検索で装置を検出できない

    現象ストレージ装置またはスイッチ装置が接続されているにもかかわらず、Webコンソールの装置検索で、当該装置を検出できない。

    対処

    ・ ストレージ装置またはスイッチ装置の、SNMPエージェント機能が稼働しているか確認してください。

    ・ 利用している製品のマネージャープログラム(ExpressマネージャーまたはStorage Cruiserマネージャー)のバージョンに応じて、ストレージ装置またはスイッチ装置のSNMPエージェント機能が使用するSNMPプロトコルのバージョンを以下のように設定にしてください。 マネージャープログラムのバージョン 設定するSNMPプロトコルのバージョン

    16.2以前 SNMPv1プロトコル

    16.3以降 SNMPv1プロトコルまたはSNMPv3プロトコル

    ・『ETERNUS SF Storage Cruiser 運用ガイド』の、対象装置の「対処(FAQ)」に記載されている、装置を検出できない場合の対処方法を確認してください。

    上記に該当しない場合は、利用している製品の運用ガイド(『ETERNUS SF Express 運用ガイド』または『ETERNUS SF Storage Cruiser運用ガイド』)の「調査資料の採取」を参照して調査資料を採取し、当社技術員(SE)に連絡してください。

    1.3 Webコンソールの装置検索でesgui01013のエラーになる

    現象Webコンソールの装置検索で、esgui01013のエラーとなる。

    - 1 -

  • 対処ストレージ登録画面のストレージ装置のユーザー名およびパスワードに、以下の情報を入力してください。

    ・ ETERNUS DX60/DX80/DX90, DX400 series, DX8000 series、ETERNUS LT250/LT270の場合管理者権限のユーザー名とパスワード

    ・ 上記以外のETERNUS ディスクアレイの場合Softwareロールのユーザー名とパスワード

    1.4 Webコンソールの装置検索でswsag0105のエラーになる

    現象Webコンソールの装置検索で、swsag0105のエラーとなる。

    対処SNMPコミュニティー名をpublic以外で使用しETERNUS ディスクアレイにSlave CMのIP設定がされている場合、『ETERNUS SF Webコンソール説明書』の「ETERNUS ディスクアレイの登録」の「手順3 - IPアドレスを検索し登録する場合」を参照して、装置を登録してください。

    1.5 ETERNUS SF Managerのクラスタ構築時にストレージの登録でesgui01005のエラーとなる

    現象

    ETERNUS SF Managerのクラスタ構築時に、『ETERNUS SF クラスタ適用ガイド』および『ETERNUS SF 導入ガイド』を参照し、ストレージ装置を登録([ストレージの追加]ボタンを選択したあと、[検出]ボタンを選択)したが、装置が存在しているにもかかわらず、esgui01005のエラーとなる。

    対処ETERNUS ディスクアレイ側のSNMPエージェントの設定で、クラスタシステムの論理IPアドレス、およびクラスタシステムを構成する各物理ノードのIPアドレスからのアクセスの許可を設定してください。

    1.6 クラスタ環境でETERNUS SF Manager(Windows版)をバージョンアップした後に設定の再読み込みを行うと、ssmgr3489で失敗する

    現象以下の条件でマイクロソフトフェールオーバークラスタ環境を構築し、ETERNUS SF Manager (Windows版)をバージョンアップしたあとに「設定の再読み込み」を行うと、ssmgr3489で失敗する。

    1. ETERNUS SF Manager 16.0(Windows版)または16.1(Windows版)でクラスタ環境を構築

    2. 手順1のあと、ETERNUS SF Managerのバージョンアップを実施

    対処ストレージ管理の詳細設定ファイルを退避して、Storage Cruiserマネージャーの環境設定を行い、ストレージ管理の詳細設定ファイルを復元することで対処します。対処は以下の手順で実施してください。

    1. フェールオーバークラスタマネージャーを利用して、ETERNUS SF Managerが属する業務を停止します。ただし、ETERNUS SF Managerで使用していた共有ディスクはプライマリノードでオンラインにしてください。

    - 2 -

  • 2. プライマリノードで、以下に示すストレージ管理の詳細設定ファイルを任意の作業用ディレクトリ(例: c:\temp)にコピーしてください。

    ファイル名: \ESC\Manager\etc\opt\FJSVssmgr\current\sanma.conf

    3. プライマリノードで、Storage Cruiserマネージャーの環境設定ディレクトリと作業用ディレクトリの配下にあるすべてのファイルを、共有ディスクにコピーします。エクスプローラなどを使用して、Storage Cruiserマネージャーの以下のディレクトリを共有ディスクにコピーしてください。

    コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ

    \ESC\Manager\etc \ESC\Manager\etc

    \ESC\Manager\var \ESC\Manager\var

    4. 手順2でコピーしたストレージ管理の詳細設定ファイルを共有ディスクの以下へコピーします。

    ファイル名: \ESC\Manager\etc\opt\FJSVssmgr\current\sanma.conf

    作業後は、手順2で作業用ディレクトリにコピーしたファイルは削除しても問題ありません。

    5. フェールオーバークラスタマネージャーを利用して、ETERNUS SF Managerが属する業務を起動します。

    注1: 手順1でのETERNUS SF Managerで使用していた共有ディスク注2: クラスタセットアップ前の、ETERNUS SF Manager 16.0または16.1のインストール時に指定したディレクトリ

    1.7 ライセンスの登録時に、メッセージが表示され失敗する

    現象ETERNUS Web GUIでライセンスの登録をすると以下のメッセージが表示され失敗する。

    ・ 処理中にエラーが発生しました。詳細情報 入力されたアドバンスト・コピーライセンスが正しくありません。

    ・ ライセンスキーが無効です。

    対処ETERNUS SF Managerのライセンスの登録をETERNUS Web GUIで実施していることが原因です。ライセンスの登録は、Webコンソールで実施してください。

    1.8 ライセンスの登録に失敗する

    現象1

    ライセンスの登録が、以下のエラーメッセージで失敗する。

    ・ コマンドを利用したとき

    ERROR:1012:License ID, Serial Number, or License Key is incorrect.

    ・ Webコンソールを利用したとき

    esgui02002 指定されたライセンスキーに誤りがあります。License = "licenseName" Code = 1012

    または

    esgui02002 The specified license key is incorrect. License = "licenseName" Code = 1012

    - 3 -

  • 現象1の対処

    指定した情報(ライセンスID、シリアル番号、ライセンスキー)に、不正なものがあります。指定した情報が正しいか確認してください。

    ・ 指定した情報が誤っていた場合正しい情報を指定して、ライセンスの登録を再実施してください。

    ・ 指定した情報が正しい場合不正なライセンスキーを取得している可能性があります。ライセンスキー取得時にメールで通知されたシリアル番号が、装置のシリアル番号と一致しているか確認してください。一致していない場合は、不正なライセンスキーが取得されています。御社担当の弊社営業に連絡して、正しいライセンスキーの再発行を依頼してください。正しいライセンスキーを取得したあと、ライセンスの登録を再実施してください。

    現象2

    Windows環境において、ライセンスの登録が、以下のエラーメッセージで失敗する。

    ・ コマンドを利用したとき

    ERROR:1030:The specified IP address or host name cannot be found on network.

    または

    ERROR:1032:Registration of license information failed.

    ・ Webコンソールを利用したとき

    esgui02003 指定されたデバイスをネットワーク内で検出できません。License = "licenseNname" Code = 1030

    または

    esgui02003 The specified device cannot be found in the network. License = "licenseNname" Code = 1030

    または

    esgui02011 装置のライセンス登録に失敗しました。 License = "licenseName" Code = 1032

    または

    esgui02011 Registration of license information failed. License = "licenseName" Code = 1032

    現象2の対処

    運用管理サーバとETERNUS ディスクアレイの名前を解決できるようにDNSサーバに登録するか、hostsファイルに装置のIPアドレスとホスト名を定義してください。

    1.9 Windows環境でETERNUS SF製品のインストールに失敗する

    現象Windows環境において、次のどれかのプログラムのインストール中に以下のメッセージを含むダイアログが出力され、インストールに失敗することがあります。

    ・ ETERNUS SF Manager

    ・ Storage Cruiserエージェント

    ・ AdvancedCopy Managerエージェント

    Error 1330.A file that is required cannot be installed because the cabinet file cabinetFileName has an invalid digital signature.This may indicate that the cabinet file is corrupt. Error 266 was returned by WinVerifyTrust.

    - 4 -

  • 対処プログラムをインストールするサーバをインターネットに接続した状態でインストールするか、以下の手順でセキュリティ証明書ファイルを更新してからインストールしてください。

    1. インターネットに接続できるPCで以下のURLを開きます。

    https://www.symantec.com/theme/roots/

    2. VeriSign Root Packageの項目にある「Download a root package」のリンクからroots.zipファイルをダウンロードします。

    3. ダウンロードしたroots.zipファイルを展開して、プログラムをインストールするサーバに以下のセキュリティ証明書ファイルをコピーします。

    \VeriSign Root Certificates\VeriSign Universal Root CA\VeriSign Universal Root Certification Authority.cer

    以降の手順は、プログラムをインストールするサーバで実施します。

    4. スタートメニューを開き、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

    5. [名前]に"mmc.exe"と入力し、[OK]ボタンをクリックしてマイクロソフト管理コンソールを起動します。

    6. ユーザーアカウント制御のダイアログが表示された場合は、許可する、または、管理者ユーザーで認証します。

    7. 起動されたウィンドウで、[ファイル]-[スナップインの追加と削除]を開きます。

    8. [利用できるスナップイン]の中で"証明書"を選択して[追加]をクリックします。

    9. [コンピュータ アカウント]を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

    10. [ローカル コンピュータ]を選択し、[完了]ボタンをクリックします。

    11. [選択されたスナップイン]に"証明書(ローカル コンピュータ)"が追加されたことを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

    12. マイクロソフト管理コンソールのウィンドウで、次の場所を開きます。

    [コンソール ルート] - [証明書 (ローカル コンピュータ)] - [信頼されたルート証明機関] - [証明書]

    13. メニューで[操作]-[すべてのタスク]-[インポート]を実行します。

    14. 開かれたウィザードで、[次へ]ボタンをクリックします。

    15. [ファイル名]で[参照]ボタンをクリックし、手順3でコピーした証明書ファイルを選択します。[次へ]ボタンをクリックします。

    16. [証明書をすべて次のストアに配置する]が選択され、[証明書ストア]に"信頼されたルート証明機関"が表示されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

    17. [完了]ボタンをクリックします。

    18.「正しくインポートされました。」のメッセージが表示されるので、該当の証明書が追加されたことを確認します。

    1.10 ETERNUS SF Managerのインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する

    現象

    ETERNUS SF Managerのインストール時に、以下のメッセージが出力されインストールに失敗する。

    ERROR:Since following product exists, cannot be installed:Symfoware Server

    - 5 -

  • 条件サーバでSymfowareが起動している。

    対処以下のSymfowareのプロセスを停止した状態で、ETERNUS SF Managerをインストールしてください。インストールしたあと、停止したSymfowareのプロセスを起動してください。

    ・ Symfoware/RDB

    ・ WebDBtools

    ・ RDA-SV

    1.11 ETERNUS SF Manager(Windows版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する

    現象1

    ETERNUS SF Managerのインストール時に、以下のメッセージが出力されインストールに失敗する。

    システムの内部エラーにより、リポジトリの作成に失敗しました。再実行しても、問題が解決しない場合は、富士通技術員(SE)に連絡してください。

    現象1の対処

    ETERNUS SF Managerインストール先ドライブのUsersグループのアクセス権限を確認してください。以下の権限が付与されていなかった場合は、権限を付与してインストールを再実行してください。

    ・ フォルダの作成/データの追加

    現象2

    ETERNUS SF Manager 16.5のインストール時に、以下のメッセージが出力されインストールに失敗する。

    サービスの開始に失敗しました。サービス名:ETERNUS SF Manager Postgres Service

    現象2の条件

    ・ OSがWindowsである。かつ、

    ・ ほかの製品で、以下の範囲のバージョンのPostgresサービスを起動している

    - Postgres 9.5.0~9.5.4

    - Postgres 9.4.0~9.4.9

    現象2の対処

    以下の手順を実施してください。

    ・ 新規インストールの場合

    1. インストール先サーバで動作しているPostgresのサービスを停止します。

    2. ETERNUS SF Managerをインストールします。

    3. インストールが完了したあと、緊急修正T013975XP-01以降を適用します。

    4. 手順1で停止したPostgresのサービスを開始します。

    - 6 -

  • ・ アップグレードインストールの場合

    1. インストール先サーバで動作しているPostgresのサービスを停止します。

    2. バージョン16.5の『ETERNUS SF 移行ガイド』の「トラブルシューティング」の章を参照して、アップグレードインストールが異常終了した場合の手順を実行します。

    3. アップグレードインストールが完了したあと、緊急修正T013975XP-01以降を適用します。

    4. 手順1で停止したPostgresのサービスを開始します。

    1.12 ETERNUS SF ManagerまたはAdvancedCopy Manager Copy ControlModuleのWindows Server 2008へのインストールに失敗する

    現象

    Windows Server 2008環境へのETERNUS SF ManagerまたはAdvancedCopy Manager Copy Control Moduleのインストール時に、以下のエラーメッセージを出力してインストールが失敗する。

    システムの内部エラーにより、ショートカットの作成に失敗しました。再実行しても、問題が解決しない場合は、当社技術員(SE)に連絡してください。

    条件

    ・ ETERNUS SF Manager 16.5の新規インストールを実行する。または、

    ・ ETERNUS SF Manager 15.xの16.5へのアップグレードインストールを実行する。または、

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 16.5の新規インストールを実行する。または、

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 15.xの16.5へのアップグレードインストールを実行する

    対処以下の手順を実施してください。

    ・ ETERNUS SF Manager 16.5を新規にインストールする場合

    一旦、ETERNUS SF Manager 16.4を新規にインストールしたあと、16.5へアップグレードしてください。

    ・ ETERNUS SF Manager 15.xを16.5へアップグレードする場合

    一旦、ETERNUS SF Manager 15.xを16.4へアップグレードしたあと、16.5へアップグレードしてください。

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 16.5を新規にインストールする場合

    一旦、AdvancedCopy Manager Copy Control Module 16.4を新規にインストールしたあと、16.5へアップグレードしてください。

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 15.xを16.5へアップグレードする場合

    一旦、AdvancedCopy Manager CCM 15.xを16.4へアップグレードしたあと、16.5へアップグレードしてください。

    参考

    ETERNUS SF Express 16.4 / Storage Cruiser 16.4 / AdvancedCopy Manager 16.4のDVD-ROM媒体の入手方法は、当社技術員(SE)まで問い合わせてください。

    1.13 ETERNUS SF Manager(Solaris版)のインストール中にメッセージが出力されインストールに失敗する

    - 7 -

  • 現象ETERNUS SF Managerのインストール時に、以下のどちらかのメッセージが出力されインストールに失敗する。

    ・ ERROR : Failed to create a RDB dictionary and RDB directory file.

    ・ ERROR : Failed to create a log management file.

    対処環境変数LD_LIBRARY_PATH_64の値に"/opt/FSUNrdb2b/lib"を設定した状態で、ETERNUS SF Managerをインストールしてください。

    1.14 ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストールに失敗する

    現象Linux環境において、ETERNUS SF Manager 16.2のインストール時に、以下のメッセージを含むエラーメッセージが複数行出力され、インストールが失敗する。

    そのようなファイルやディレクトリはありません

    条件

    ・ OSがRed Hat Enterprise Linux 5 (for Intel64)またはRed Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)である。かつ、

    ・ 以下のどれかの製品がインストールされている

    - ServerView Operation Manager V7.02以降

    - ServerView Agents V7.00以降

    - ServerView Agentless Service V7.00以降

    対処/usr/lib/systemd/systemディレクトリの影響で、ETERNUS SF Manager 16.2の一部のプログラムだけがインストールされていて不完全な状態です。このため、以下の手順を実施してください。

    1. /usr/lib/systemd/systemディレクトリの名前を、任意の名前に変更します。

    2. サーバの環境をETERNUS SF Manager 16.2のインストール前の状態に戻すため、ETERNUS SF Manager 16.2をアンインストールします。

    アンインストール手順は、バージョン16.2の『ETERNUS SF 導入ガイド』の「ETERNUS SF Managerのアンインストール」を参照してください。

    3. ETERNUS SF Manager 16.2を再インストールします。

    インストール手順は、バージョン16.2の『ETERNUS SF 導入ガイド』の「ETERNUS SF Managerのインストール」を参照してください。

    1.15 ETERNUS SF Manager(Solaris版)のアンインストール中にメッセージが出力されアンインストールに失敗する

    現象

    ETERNUS SF Managerのアンインストール時に、以下のどちらかのメッセージが出力されアンインストールに失敗する。

    ・ ERROR : Failed to delete the RDB archive log file.

    ・ ERROR : Failed to activate RDB.

    - 8 -

  • 対処環境変数LD_LIBRARY_PATH_64の値に"/opt/FSUNrdb2b/lib"を設定した状態で、ETERNUS SF Managerをアンインストールしてください。

    1.16 サーバの登録/変更操作が失敗する

    現象以下のどちらかの場合、Webコンソールにおいて、サーバの登録/変更操作が失敗する。

    ・ サーバの登録画面で[このサーバにAdvancedCopy Managerを使用]に[はい]を選択し、IPアドレス欄にIPv6形式でIPアドレスを指定したあと、サーバを登録する。

    ・ IPv6アドレスで登録済みのサーバに対して、サーバの変更画面で[このサーバにAdvancedCopy Managerを使用]に[はい]を選択してサーバを変更する。

    対処

    AdvancedCopy Managerのstgxfwcmdispsrvコマンドを使用して、運用管理サーバのIPアドレスを確認してください。コマンドの使用方法は、『ETERNUS SF AdvancedCopy Manager運用ガイド』の「stgxfwcmdispsrv(サーバ情報表示コマンド)」を参照してください。

    運用管理サーバのIPアドレスがIPv4だけの場合は、Webコンソールのサーバの登録/変更操作を実施する前に、『ETERNUS SFAdvancedCopy Manager運用ガイド』の「運用管理サーバのIPアドレスの変更」を参照して、運用管理サーバのIPアドレスをIPv6に変更、またはIPv6のIPアドレスを追加してください。

    上記に該当しない場合は、操作履歴の操作詳細画面に出力されているメッセージの対処に従ってください。

    1.17 Storage Cruiserエージェント(Windows版)またはAdvancedCopyManagerエージェント(Windows版)のアンインストール中にダイアログが表示される

    現象

    Storage Cruiserエージェント(Windows版)またはAdvancedCopy Managerエージェント(Windows版)のアンインストール中に確認のダイアログが表示され、ボタンの選択が必要になることがある。

    条件1

    Exchange Server 2013をインストールしている。

    条件1の対処

    ダイアログに次の内容が表示されます。

    ・ ダイアログの内容

    使用中のファイル現在使用中で、更新が必要なファイルがあります。次のアプリケーションは、このセットアップで更新が必要なファイルを使用しています。このアプリケーションを終了して、[再試行]をクリックして続行してください。

    ・ ボタン[再試行]、[無視]、[終了]

    ダイアログが出ている状態のままで、Exchange Health Manager Serviceサービスを停止させて、[再試行]ボタンをクリックし、アンインストールを完了させてください。Exchange Server 2013に集約修正(CU1以上)を適用すると、本現象を回避できます。

    - 9 -

  • 条件2

    イベントビューアを起動している。

    条件2の対処

    ダイアログに次の内容が表示されます。

    ・ ダイアログの内容

    使用中のファイル更新が必要なファイルが現在使用中になっています。

    ・ ボタン[OK]、[キャンセル]

    [キャンセル]ボタンをクリックしてアンインストールを中断したあと、起動中のイベントビューアを閉じてください。そのあと、アンインストールを再実行してください。

    1.18 AdvancedCopy Manager Copy Control Module(Windows版)の旧バージョンレベルのデータをリストアできない

    現象『ETERNUS SF 移行ガイド』で説明しているAdvancedCopy Manager Copy Control Module 15.x(Windows版)からのバージョンアップの手順は、以下のとおりである。

    a. esfccmpreinst.bat(クラスタ運用の場合は、esfccmpreinst_cluster.bat)で環境設定ファイルのバックアップ

    b. バージョンアップインストール

    c. esfccmpostinst.batまたはesfccmpostinst_cluster.batで環境設定ファイルのリストア(復元)

    手順cの環境設定ファイルのリストア処理で以下のメッセージが出力されリストアできない場合がある。

    An invalid argument was specified.Specify directory name using any characters other than the following symbols and blank. "|:*?/.,%&^=!;()

    対処以下の2つの手順を実施することで、esfccmpreinst.bat(クラスタ運用の場合は、esfccmpreinst_cluster.bat)でバックアップした旧バージョンレベルのデータをesfccmpostinst.batでリストアする代わりに、環境設定ファイルをリストア(復元)できます。この処理はリストアを成功させるために行う対処手順ではありませんので、この手順のあとにリストアのコマンド実行は不要です。なお、$BAK_DIR、$INS_DIR、$ENV_DIR、$TMP_DIR、$SHARE_DL、$SHARE_TOPの意味は以下のとおりです。

    変数 説明

    $BAK_DIR 旧版資材のバックアップ時に指定したディレクトリ

    $INS_DIR AdvancedCopy Manager Copy Control Moduleをインストールしたときの「プログラムディレクトリ」(初期値はC:\ETERNUS_SF)

    $ENV_DIR AdvancedCopy Manager Copy Control Moduleをインストールしたときの「環境設定ディレクトリ」(初期値はC:\ETERNUS_SF)

    $TMP_DIR AdvancedCopy Manager Copy Control Moduleをインストールしたときの「作業用ディレクトリ」(初期値はC:\ETERNUS_SF)

    $SHARE_DL AdvancedCopy Manager Copy Control Module共有データ用共有ディスクのドライブレター

    $SHARE_TOP AdvancedCopy Manager Copy Control Module共有データ用共有ディスクの「環境設定ディレクトリ」および「作業用ディレクトリ」が格納されているディレクトリ

    - 10 -

  • 1. エクスプローラなどで、以下のコピー元のディレクトリをコピー先のディレクトリに上書きでコピーします。クラスタ運用の場合は、プライマリノードおよびセカンダリノードで実施してください。

    コピー元のディレクトリ コピー先のディレクトリ

    $BAK_DIR\esf_manager_backup\CCM\local\ETC\etc $ENV_DIR\CCM\etc

    $BAK_DIR\esf_manager_backup\CCM\local\VAR\var $TMP_DIR\CCM\var

    なお、クラスタ運用の場合、プライマリノードでは、以下のディレクトリについても上書きコピーを実施してください。

    コピー元のディレクトリ コピー先のディレクトリ

    $BAK_DIR\esf_manager_backup\CCM\shdisk_c\SHARE_MNT_ETCディレクトリ配下のすべての資材

    $SHARE_DL:$SHARE_TOP\etc

    $BAK_DIR\esf_manager_backup\CCM\shdisk_c\SHARE_MNT_VARディレクトリ配下のすべての資材

    $SHARE_DL:$SHARE_TOP\var

    2. 以下のコマンドを実行して、旧バージョンレベルで登録していたライセンス情報をリストアしてください。クラスタ運用の場合は、プライマリノードおよびセカンダリノードで実施してください。

    $INS_DIR\LM\bin\esflm restore $BAK_DIR\ esf_manager_backup\LM\esflmbkup

    1.19 AdvancedCopy Manager Copy Control Module(Linux/Solaris版)の旧バージョンレベルのデータをバックアップ/リストアできない

    現象『ETERNUS SF 移行ガイド』で説明しているAdvancedCopy Manager Copy Control Module 15.x(Linux/Solaris版)からのバージョンアップ手順で使用するコマンドを実行すると、以下のメッセージが出力され、環境設定ファイルのバックアップ/リストアに失敗する。

    ERROR: Environment to execute command is wrong.

    条件

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 15.x (Linux版またはSolaris版)がインストールされている。かつ、

    ・ AdvancedCopy Managerエージェントがインストールされている。かつ、

    ・ AdvancedCopy Manager Copy Control Module 16.0/16.1/16.2への移行手順において、以下のコマンドを実行して環境設定ファイルをバックアップ/リストアする。

    - esfccmpreinst.sh

    - esfccmpreinst_cluster.sh

    - esfccmpostinst.sh

    - esfccmpostinst_cluster.sh

    対処以下の手順を実施してください。

    1.『ETERNUS SF 移行ガイド』の「バージョンアップインストール前の作業」または「バージョンアップインストール後の作業」の手順でマウントしたDVD-ROMのすべての内容を、任意のディレクトリにコピーします。

    - 11 -

  • 2. /Manager_unix/vuptools/esfccmpreinst_exec.shファイルの99行目を、以下のように編集します。編集後は、強制書込みで保存してください。

    編集前: $PKGINFO_Q "FJSVswstf"編集後: $PKGINFO_Q "FJSVssmgr"

    3. /Manager_unix/vuptools/esfccmpostinst_exec.shファイルの101行目を、以下のように編集します。編集後は、強制書込みで保存してください。

    編集前: $PKGINFO_Q "FJSVswstf"編集後: $PKGINFO_Q "FJSVssmgr"

    4. AdvancedCopy Manager Copy Control Moduleの運用環境のバックアップ/リストアを実施します。実施時は、コピー先のesfccmpreinst.shおよびesfccmpostinst.shを、『ETERNUS SF 移行ガイド』に記載の手順に沿って実行してください。

    1.20 ETERNUS SF Manager(Linux版)のデーモンの起動/停止に失敗する

    現象Linux環境において、ETERNUS SF Manager 16.2のデーモンを起動/停止しようとすると、以下のメッセージを含むエラーメッセージが複数行出力され、デーモンの起動/停止に失敗する。

    そのようなファイルやディレクトリはありません

    条件

    ・ OSがRed Hat Enterprise Linux 5 (for Intel64)またはRed Hat Enterprise Linux 6 (for Intel64)である。かつ、

    ・ ETERNUS SF Manager 16.2がインストールされている。かつ、

    ・ 以下のどれかの製品がインストールされている。かつ、

    - ServerView Operation Manager V7.02以降

    - ServerView Agents V7.00以降

    - ServerView Agentless Service V7.00以降

    ・ 以下のどれかのコマンドを実行する

    - startesf.sh

    - start-webservice.sh

    - stopesf.sh

    - stop-webservice.sh

    対処

    /usr/lib/systemd/systemディレクトリの名前を、任意の名前に変更してください。

    1.21 ETERNUS SF Manager(Windows版)のサービスの開始に失敗する

    現象Windows環境において、ETERNUS SF Manager Postgres Serviceの開始時に以下のメッセージがシステムのアプリケーションログに出力されて、サービスの開始に失敗する。

    FATAL: could not create shared memory segment

    - 12 -

  • 条件

    ・ OSがWindowsである。かつ、

    ・ ETERNUS SF Manager 16.5をインストールしている。かつ、

    ・ ほかの製品で、以下の範囲のバージョンのPostgresサービスを起動している

    - Postgres 9.5.0~9.5.4

    - Postgres 9.4.0~9.4.9

    対処緊急修正T013975XP-01以降を適用してください。

    1.22 ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストール中にPulseAudio機能の警告メッセージが出力される

    現象

    ETERNUS SF Manager(Linux版)のインストール中に、以下の警告メッセージが出力される。

    W: [pulseaudio] authkey.c: Failed to open cookie file '/home/esfpostgres/.config/pulse/cookie'W: [pulseaudio] authkey.c: Failed to load authentication key '/home/esfpostgres/.config/pulse/cookie'W: [pulseaudio] authkey.c: Failed to open cookie file '/home/esfpostgres/.pulse-cookie'W: [pulseaudio] authkey.c: Failed to load authentication key '/home/esfpostgres/.pulse-cookie'

    対処

    ETERNUS SF Managerプログラムのインストールおよび動作に影響はないため、対処は不要です。上記の警告メッセージは無視してください。

    - 13 -

  • 第2章 運用時のトラブルシューティング

    2.1 Webコンソール

    2.1.1 Internet ExplorerでWebコンソールにログインできない

    現象Internet ExplorerでWebコンソールのログイン画面を表示し、[ログイン]ボタンをクリックしても、"ロード中"と表示されたまま画面が遷移せず、ログインできない。

    対処Internet Explorerで「互換表示機能」が無効になっているか確認してください。確認方法は、『ETERNUS SF Webコンソール説明書』の「Internet Explorerの互換表示の設定」を参照してください。有効になっている場合は、マニュアルの手順に従って無効に設定し、Internet Explorerを一度すべて閉じて、再起動してから、Webコンソールへログインしてください。なお、再ログイン時に、強制ログインの確認ダイアログが表示された場合、[OK]ボタンをクリックしてそのままログインしてください。

    2.1.2 Internet Explorer 8で画面が遷移しない

    現象Internet Explorer 8上のWebコンソールで画面遷移すると、画面がLoadingのまま遷移しない。

    対処Internet Explorer 8の修正プログラム(KB976662)を適用してください。修正プログラムの詳細は、以下のURLを参照してください。

    https://support.microsoft.com/kb/976662

    2.1.3 Internet Explorer 8でWebコンソールの[システム]-[システム設定]を選択すると"セキュリティ強化の構成によってブロックされています。"と表示される

    現象

    Internet Explorer 8でWebコンソールの[システム]-[システム設定]を選択すると、以下のメッセージが表示される。

    セキュリティ強化の構成によってブロックされています。

    対処『ETERNUS SF Webコンソール説明書』の「HTTPS通信」を実施してください。

    2.1.4 Internet Explorer 8でファイルのダウンロードが失敗する

    現象Internet Explorer 8を使用して、ETERNUS SFシステムが保持している性能情報のエクスポートや調査資料採取など、ファイルのダウンロードを伴う処理を実行すると、以下のメッセージが表示される。

    - 14 -

  • このインターネットのサイトを開くことができません。要求されたサイトが使用できないか、見つけることができません。後でもう一度やり直してください。

    対処本現象はInternet Explorer 8の問題であり、Microsoftサポートから情報公開されています。詳細は、以下のURLを参照してください。

    https://support.microsoft.com/kb/323308

    2.1.5 Webコンソールの操作時に画面が遷移しない

    現象Webコンソールを操作したときに、画面がLoadingのまま遷移しない。

    対処以下の操作をしてください。

    1. 運用管理サーバが起動していること、および運用管理サーバとWebブラウザの端末の間のネットワークが正常につながっていることを確認します。

    2. Webブラウザの[閉じる]ボタンをクリックして、ブラウザを閉じます。

    3. しばらく待ってから、再度Webブラウザを開き、Webコンソールにアクセスします。

    4. ログイン画面が表示されることを確認します。ログイン画面が表示されない場合、手順2からやり直します。

    5. ログイン画面からログインし、操作を再開します。

    2.1.6 Windows Server 2008またはWindows Server 2008 R2のInternet Explorerで画面が正しく動作しない

    現象

    Windows Server 2008またはWindows Server 2008 R2でInternet Explorerを利用してWebコンソールを操作したが、以下のどれかの現象が発生することがある。

    ・ 画面遷移中に、画面がLoadingのままとなり遷移しない。

    ・ リンク、メニュー、タブ、ボタン、チェックボックス、ラジオボタンが作動しない。

    ・ ツールチップが消えない。

    ・ ボタンや入力フィールド(プルダウン、テキストボックスなど)が有効にならない。

    ・ 日付指定のカレンダーをクリックしても、日付が画面に反映されない。

    ・ ダイアログの右上の[X]ボタンをクリックしても、ダイアログが閉じない。

    対処Internet Explorerの「セキュリティ情報」の「IE ESCの構成」がオフかを確認し、オンになっている場合は、以下の操作でオフに設定してください。なお、設定するサーバ上のセキュリティ強度が下がるため、作業完了後は、手順4の設定でオンに戻すことを推奨します。

    1. Internet Explorerのすべてのインスタンスを閉じます。

    2. [スタート]メニューから[サーバマネージャー]を起動します。

    3. [セキュリティ情報]の[IE ESCの構成]をクリックします。

    - 15 -